山崎 あおい 歌詞。 山崎あおいさんの歌詞研究

「山崎あおい」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】

山崎 あおい 歌詞

山崎あおいは、北海道札幌市出身で1993年8月28日生まれの女性シンガーソングライター。 2017年まで株式会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスに所属し2017年10月からは株式会社SKIYAKIが運営。 レーベルは、2012年から2017年まで株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、2018年からSPACE SHOWER MUSICに所属。 2012年8月22日、株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントからアルバム「ツナガル」でメジャーデビュー。 」、NHK-FM 「ミュージックライン」 平成30年度12・1月オープニングテーマソング「Singing Life」などがタイアップ曲に抜擢された。 透明感のあるピュアな歌声と、リアリティをもったセンチメンタルな歌詞が同世代をはじめ、幅広い層の男女から支持を受けている。 山崎あおいデビューライブツアー2012「アオイナツ」 〜ツナガル〜や山崎あおい バースデイライブ〜Happy LIVE Day with YOU 2016〜、山崎あおい アコースティックワンマンライブシリーズ 2017〜会いにゆくよ〜などのライブの他に、ラジオ山崎あおいのオールナイトニッポンRやニコニコ生放送「山崎あおいのニコ生でやってみたいこと(案)」など多方面でも活躍している。 遠距離トレイン 2. あなただけが 3. 缶コーヒー 4. maboroshi 5. 鯖鯖 6. 口先 7. ナニモシラナイ 8. アイソレイト 9. 夜の散歩 10. friends 2018アコースティックVer.

次の

「山崎あおい」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】

山崎 あおい 歌詞

『 彼氏、遠洋漁業の人がいい。 』んん?一瞬聞き間違いかと思いましたが、検索すると 山崎あおいさんの『 鯖鯖』と言う曲のようです。 私はこの 山崎あおいさんと言う歌手をまったく存じあげなかったので、ちょっとプロフィールを調べてみました。 1993年8月28日生まれの 現在25歳で北海道札幌市出身のシンガーソングライターです。 昨年2017年までヤマハミュージックエンターテインメントに所属。 高校生の頃に出場した第3回 Music Revolutionの北海道地区代表に選ばれ、全国大会となるJAPAN FINALに進出。 同年12月6日、16組が争った決勝では、ギターの弾き語りでオリジナル曲「 ユメノナカ」を歌い、グランプリと特別審査員賞をダブル受賞し、特別審査員の 秋元康は、詞やメロディーを高く評価しつつも、「(歌唱は)もっと良くなると思う」と講評したそうです。 これがきっかけで大学進学と共に上京し、2012年8月22日 ビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。 これまでに 6枚のシングルと 4枚のアルバムをリリースしてます。 また並行して、【 安倍なつみ】や【 ベビーレイズ】や【 ハロプロ】等アイドルへの楽曲提供も積極的に行っております。 過去の楽曲に関しては色々なCMやテレビ番組のテーマ曲にタイアップもされてたようですが、あまり大ヒットまでには行かなかったようですね。 その曲とは『 鯖鯖』というタイトル笑。 何かネーミングセンスを疑いますが、、、。 「 彼氏、遠洋漁業の人がいい。 」と聞こえたとたん、ええ?何その歌詞??と思いましたが、 その歌詞に似合わずに美しい声と綺麗なメロディーが包み込み見事にマッチさせてます。 こんなに一つの曲で 衝撃を受けたのは本当に久しぶりですね。 そんなこんなで10月にリリースした楽曲ですが、今頃になって有線の HOT SELECTIONに入ってかなり流れてるんで、これから ロングチャートでどんどん上がってくるのかもしれないですね。 歌詞の内容としては、 サバサバな性格の女の子が結果、彼氏にフラれてしまうと言うちょっと切ない女ゴコロを歌った楽曲。 遠洋漁業の人で良いと言う事は 3ヵ月くらいに1回会えればいいと言う感じなんでしょうか。 でもこの女の子はそのくらいが丁度いいと言ってますが、さすがに彼氏はこれじゃ不満でしょうね。 『 サバサバ』と『 魚の鯖』をかけたこの語呂は確かに面白いと思いましたし、この歌詞とメロディーのアンバランスなところに きっちり一つの曲として完成させているところが素晴らしいですね。 過去にも、リリースしてから1年後にヒットした曲なんかもたくさんありますし、 長い目で応援していきたいと思います。 このまま埋もれていてはもったいない。

次の

うたまっぷ歌詞検索/歌手:山崎あおい/歌詞一覧

山崎 あおい 歌詞

この女性は強く生きなきゃいけないという強迫観念があり、自分の弱さを誰かに見抜いてもらいたいと思っている。 「強い」というレッテルを貼られ本当の自分を見せられなくなっており、他人に作られたキャラクターを演じなきゃいけなくなっている。 最終的には「ひとりで生きること」に自信を持っている。 「こんなに好きだった」と1年前から男性に抱いていた感情に女性は気づいてしまった。 ずっと友達でいるという約束があったものの、自分で自分の気持ちに気づいてしまい男性に対して気持ちに気づく前のように優しく接することができないでいる。 好きという感情がばれないように意地を張ってしまっている。 主人公はありのままの自分でいられる環境があり夢を見ている女の子。 家では反抗期だが、学校では真面目で大人な自分を演じている。 家と学校での自分を使い分けていて、家ではありのままの自分でいる。 しかし、自分が反抗期であるということを理解しており、それに対して親に反省と感謝の気持ちをもっている。 「父さんは仕事で不機嫌で今日のイライラ リビングタイム」という歌詞から、父も家ではありのままの自分でいることと家と会社で自分を使い分けているということが分かる。 自分を使い分けるというのは反抗期特有のものではなく大人になってからも同じということを主人公は理解している。 他にハロプロに歌詞を提供してくれている人達ごとに曲に登場する女性の特徴を掴んでいきたいと思っています。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 チームメンバー=すず、さおり、あおい、まなみ.

次の