きめ つの や い ば 最新 話 漫画。 【205話鬼滅の刃ネタバレ最新話】最終回で炭治郎たちの子孫が現代で平和に暮らす?

鬼滅の刃ネタバレ204話最新確定!平穏な世の訪れと残された者の想い!

きめ つの や い ば 最新 話 漫画

前回、これは夢だと気付いた炭治郎。 家族たちに引き止められるも、夢から目覚めるため走り出した炭治郎! そして自分の頸を斬って現実世界に戻ろうと決めたのでした。 それでは気になる続きを見てみましょう! 58話の感想とあらすじ 「あああああ!!」 大声とともに現実の世界に戻ってきた炭治郎。 伊之助と善逸はまだ眠っています。 炭治郎は切符に血鬼術が仕掛けられていたことに気がつきました。 切符を切ったことで眠らされていたのです。 そして、寝ているみんなが縄でつながれていることに気がつきました。 「禰豆子、頼む。 縄を燃やしてくれ」と炭治郎。 禰豆子は言われた通り、みんなの縄を焼き切りました。 「起きろ!!」とみんなに声をかける炭治郎。 すると人間たちが襲ってきました?! 「夢を見せてもらえないじゃない!」と女の子。 炭治郎は人間たちを峰撃ちして眠らせると、鬼の匂いを頼りに汽車の上へ上がりました。 (007みたいになっとる) 鬼と対峙した炭治郎。 「あれぇ起きたの。 おはよう」 「今度は父親が生き返った夢を見せてやろうか」と魘夢。 炭治郎は怒りの表情を浮かべました。 つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 で使える 600 ポイント( 600 円分)がすぐ貰えますので、 実質無料で遂に目覚めた炭治郎が拝め ちゃいます!• U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントで新刊を購入• 新刊を読む!• valuecommerce. valuecommerce.

次の

【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』72話(9巻)【感想】

きめ つの や い ば 最新 話 漫画

漫画「鬼滅の刃」ネタバレ204話最新確定速報!本編の内容は? 鬼滅の刃本編は、残念ながらあと少しで終わりそうな勢いですね…。 もっと続いてほしい!と個人的には思いますが、感動のラストをしっかり見届けたいと思います! それでは早速、確定情報をみていきましょう! タイトルは「鬼のいない世界」ということで、ストーリーの終結を予感させますね…。 多くの犠牲! 炭治郎に最後の望みを託していた無惨は、前話で完全に朽ち果てることとなりました。 それは無惨の支配下にいた「悪い鬼」もこの世から消え去ったということ。 物語のテーマであった「日本一慈しい鬼退治」はついに終わりを迎えることとなったのです。 しかしそのための代償は非常に大きく、鬼殺隊は多くの大切な命を失うこととなってしまいました。 悲願達成のためとはいえ、その事実は炭治郎にとってつらく悲しいことです。 それでも残された者たちは、これからの人生を歩んでいかなければなりません。 岩柱をはじめとする亡き柱達、そして同期の玄弥、鬼の珠世。 ともに戦った仲間達は、炭治郎の無事を見届け、微笑みをみせています。 そして役目を終えたことを悟り、その場から去っていきます…。 それぞれ「あの世」へ旅立っていったということでしょう。 多くの犠牲の上に勝ち取った「平穏な世の中」。 その重みを誰もが実感しているようです。 残された仲間たち! 激しい戦いをようやく終え、炭治郎たちは蝶屋敷に戻ってきます。 炭治郎の戦いのダメージはかなり大きかったようで、握力や腕の感覚は戻っていないようです。 さらに、右目の視力も完全に失われてしまいました。 鬼化で体の機能が復活しているかのように見えましたが、そうではなかったようですね。 損傷部位はそのまま回復していませんでした。。 当の本人は、自身の体のダメージよりも、鬼化している際に自我を失い、大切な仲間達を傷つけてしまったことを深く後悔しています。 妹の禰豆子は、そんな炭治郎をみて叱りつけています。 人間の禰豆子と炭治郎のやりとりはこれまで見られなかったので、なんともほほえましい限りです! 愈史郎との絆! ここで、愈史郎と茶々丸が炭治郎の元へ訪れます。 大怪我を負った炭治郎を心配してくれているようです。 無惨戦では、愈史郎は懸命に隊員たちの応急処置をしてくれていました。 愈史郎と茶々丸がいなかったら、勝利を掴み取ることは非常に難しかったと思います。 炭治郎もそのことは十分理解しており、愈史郎に深く感謝の念を伝えます。 愈史郎もまた、炭治郎のおかげで珠世の願いをかなえることができたことを褒めたたえます。 そして炭治郎は、これからもずっと愈史郎には生き続けてほしい、と願いを口にします。 思いがけない台詞に、歩みを止める愈史郎。 この世で唯一の存在となった愈史郎は、この先どう生きていくことになるのか…。 役目を終えた鬼殺隊! 鬼殺隊を率いる柱たちの中で、生存しているのは水柱・義勇と風柱・実弥の2人となってしまいました。 残りの7人は、これまでの戦いの中で命を落としてしまったということになります。 義勇、実弥は他の柱達の想いを胸に、最後の柱合会議に臨みます。 義勇も実弥も先の戦いで負傷していたものの、今は回復しているようです。 お館様をはじめ、産屋敷家の者たちは義勇や実弥を労い、感謝の意を表します。 そして、「鬼の撲滅」という役目を果たした鬼殺隊は、 この日をもって解散することとなります! 鬼殺隊がここまでやってこれたのも、お館様や産屋敷一族の指導力があってこそ。 実弥も義勇も逆にお礼を伝えます。 二人からの労いの言葉に、あふれる涙をおさえきれなくなってしまうお館様。 平和の訪れをひしひしと感じる瞬間です!! 元柱たちの想い! 場面は蝶屋敷に戻り、元音柱の天元とくの一の3人、そして煉獄家の槇寿郎と千寿郎が炭治郎の元を訪れています。 これまで起こった様々な出来事を思い返し、感傷的になっているのでしょうか。 元炎柱の槇寿郎は、杏寿郎の想いとともに死闘を繰り広げてきた炭治郎に対し、改めて感謝の気持ちを表します。 炭治郎もまた、ずっと杏寿郎の信念に支えられてきたことを槇寿郎に伝えます。 ここで善逸が目を覚まし、村田や他の隊員たちも続々と姿を見せます! 刀鍛冶の面々も登場し、炭治郎の周辺が一気ににぎやかになりました! 漫画「鬼滅の刃」ネタバレ204話最新確定!考察・予想は? 漫画「鬼滅の刃」前話では、潜在意識の中で無惨と対峙した炭治郎。 これまで犠牲になった多くの家族や仲間達の助けを借りて、無事に無惨の細胞を克服することができました! ついに無惨はこの世から消え去ったのか、そしてこの後物語はどう進むのか、非常に気になるところです。 早速、最新204話のネタバレ考察・予想をしていきたいと思います! 無惨は滅亡? 炭治郎に自身の想いを全て託し、鬼の頂点に君臨するよう願いを込めてた無惨。 前話では、自我を取り戻しそうな炭治郎に対し、必死で説得を試みていましたね! 泣きながらすがりつく様子は、あまりにも哀れで、若干同情してしまうほどでした…。 無惨も元は一人の人間、ただ「生への執着」が強すぎただけ。 だからといって、多くの人を殺めたことは簡単に許せることではありません。 できれば「改心」して、人間としての死を迎えてほしかったですが…。 前話では、仲間たちに引っ張られる炭治郎を引きとめることは叶わず、ただひたすら叫び続けていました。 そして一人精神世界の中に取り残された無惨は、そのまま 完全に消滅してしまったと考えてよさそうです。 現実世界では、無惨の姿はもはや巨大化して原型をとどめていなかったので、きちんと本来の姿で最期を迎えられたことは、個人的には安心しました…。 愈史郎も元の姿へ? 前話の終盤で、炭治郎が自我を取り戻したことに涙を流して喜んでいた愈史郎。 無惨がいなくなると全ての鬼が消滅するということでしたが、無惨の支配を解いている愈史郎については、例外だと思われます。 この後愈史郎がどうなるのか、第204話で描かれる可能性が高そうですね!! 珠世は、病弱だった愈史郎を救うために彼を鬼に変化させました。 しかし、珠世の中でもその選択が正しかったのか、ずっと心の中で葛藤していたのだと思います。 炭治郎にはしのぶの薬が効果を発揮したことから、愈史郎に託されたと思われる薬がただ一つだけ余っていることになります。 無惨亡き今、「最後の鬼」となった愈史郎は、珠世の残した薬を使って 人間に戻るのではないでしょうか!? 炭治郎は長生きできる? 無惨との戦いの中で、より濃い痣を発現させてしまった炭治郎。 すでに無惨や黒死牟の発言からもわかる通り、 痣による戦力増強は、自身の命を削ることと直結しています。 いったん痣が浮き上がったものの、戦いが終わって痣が消失したのは義勇。 実弥については、しばらく登場していないので痣が消失しているかどうか判定不能な状況です。 義勇、実弥が命を消耗してしまったのか、また炭治郎はどうなるのかは重要な点だと思われます。 人間に戻れたとはいえ、この先の人生が伊之助や善逸たちとは違い、保証されていない炭治郎。 鬼殺隊のメンバーがこのことをどの程度重視しているか微妙なところですが、今話でなんらかの情報が得られる可能性が高いです。 せっかく平穏が訪れたのだから、なんとか炭治郎たちには長生きしてもらいたいと強く願っています! 漫画「鬼滅の刃」ネタバレ204話最新確定!感想や期待の声は? 前話では、同期たちの厚い友情、炭治郎の復活、感動の再会と盛りだくさんの内容でしたね! 完結に向けたファンの声を、少しご紹介していきたいと思います。 無惨様との決闘が始まってからずっと読まずに溜めてきた鬼滅の刃を最新話まで一気読みして涙だばだばのアカウントがこちらです。 — りん RinSuzuBell.

次の

きめつのやいば最新195話ネタバレ・画バレねずこ登場!196話考察も!鬼滅の刃感想・解説【週刊少年ジャンプ13号】

きめ つの や い ば 最新 話 漫画

な、なんてことでしょう 笑 思いっきり予想を裏切ってくれました・・・ そんな蛇柱の 伊黒小芭内 いぐろおばないを見て即座に対応して攻撃を 伊黒小芭内 いぐろおばないに集中しようとする 鬼憮辻無残 きぶつじむざんでしたが、 冨岡義勇 とみおかぎゆうと 不死川実美 しなずがわさねみがその状態を見て間一髪助けに入ります! そのおかげでなんとか助かりますが空中高く舞い上がってしまいました。 すかさず空中の 伊黒小芭内 いぐろおばないを追撃しようとする 鬼憮辻無残 きぶつじむざんでしたが・・・ 攻撃している最中に空中で 伊黒小芭内 いぐろおばないはありえない避け方を見せます!まる見えない誰かに横に引っ張られるように・・・ そしてその攻撃をしようとしたときに何者かによって触手を斬られてしまいます。 鬼憮辻無残 きぶつじむざんは攻撃された触手の断面を見て考えます。 「おかしい。 この ギザギザの断面は鋭利な刃物ではない。 」と・・・ 鉄球を持った岩柱の 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいと風柱の 不死川実美 しなずがわさねみの斬り口でも違う、 冨岡義勇 とみおかぎゆうは助太刀に入っていたし、赫刀になった 伊黒小芭内 いぐろおばないの日輪刀でも伸びたりはしない・・・ どう考えてもこの者達の日輪刀による断面ではないことから即座に思考をめぐらせます。 そこへまた見えない攻撃が! こ、この日輪刀は・・・!? 「なるほど、いるな!」 「姿は見えないが いる!」 「珠世の鬼の術で姿をかくしても、動く限りは存在を消せない」 「見えずとも 埃 ほこりが舞い風を切る音がする!」 「1人、2人、3人!!」 と、目には見えないなにものかがいることに気付いてしまいます。 そして、 無惨 むざんが 埃 ほこりの舞う方向、風を切る方向に攻撃をすると・・・ 札を切り刻むと、なんとそこには同期3人組の 嘴平伊之助 はしびらいのすけ、 我妻善逸 あがつまぜんいつと 栗花落 つゆりカナヲの3人がすでに透明になり戦闘に加わっていたのです! そう!彼ら3人はどういうことか、 愈史郎 ゆしろうが使う札を何枚も持ち、その姿を透明にすることに成功し 無惨 むざんへ見えない攻撃をして、先ほど空中で 伊黒小芭内 いぐろおばないのピンチを助けていたのでした! 登場した3人を見て、 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは「お前達生きていたのか・・・!! 」と驚きをかくせません! そして 嘴平伊之助 はしびらいのすけは来る途中で沢山の札を拾ったため、まだ隠れることが出来ると勇敢に戦闘に参加しようとします。 無残 むざんに姿がバレてしまった 善逸 ぜんいつは例のごとく騒ぎますが 笑 ガクブル状態がひどいです 笑 その後、新たな3人の応援を見てすかさず 伊黒小芭内 いぐろおばないが攻撃を仕掛け、 なんか日輪刀が赫刀になったせいか蛇の型のエモーションも赫くなってきてます 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは「助かった!これであれが出来る!」となにやら自身ありげに自身の日輪刀を叩きつけ、ものすごい火花を散らします。 その結果見事に前回の 黒死牟 こくしぼう戦の時同様に自身の日輪刀を 赫 あかくさせることに成功します! そしてすかさず強烈な一撃を 無惨 むざんに放ちました! そして 不死川実美 しなずがわさねみもまた 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいと同様に日輪刀を 赫 あかくさせようと水柱の 冨岡義勇 とみおかぎゆうに向かって「とみおかァァ!受けろォォ!! 」と叫びますが、 冨岡義勇 とみおかぎゆうは状況を把握することができないまま 不死川実美 しなずがわさねみの日輪刀を自身の日輪刀でうけたところ、 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいの日輪刀同様に火花を散らして 赫 あかくさせることに成功します。 黒死牟 こくしぼう戦に参加していなかった 冨岡義勇 とみおかぎゆうはなにがなにやらわからないままされるがままでしたが 笑 そうです! 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいと 不死川実美 しなずがわさねみの2人はしっかりと 黒死牟 こくしぼう戦での出来事、何が有効だったのかを把握し覚えていたのです! 実に頼もしい柱の2人ですね! そこへカラスの掛け声で「夜明けまで1時間3分!」と聞こえてきますが、 不死川実美 しなずがわさねみは「余裕余裕!糞味噌にしてやらぁああ!!! かなり危ない状態の 炭治郎 たんじろうを見て 愈史郎 ゆしろうは何本もの注射を打ちますが、 他の隊士がそれを見て、そんなに何本も注射を打って大丈夫か!? と心配して尋ねますが 愈史郎 ゆしろうはギロリを睨み 「うるさいだまれ!攻撃を受けてから時間がたっているからまずい状態なんだ!! 」 と怒鳴り返します。 そして 炭治郎 たんじろうが握り締めている日輪刀を 炭治郎 たんじろうの手から離そうとしますが、 炭治郎 たんじろうがものすごい握力で握り締めているために離すことが出来ません・・・ その時 愈史郎 ゆしろうが打った注射の効果があらわれたのか、 炭治郎 たんじろうの脈が戻ってきました! その後も鬼殺隊の隊士の 村田さんは必至に 炭治郎 たんじろうに呼びかけますが、 またすぐに 炭治郎 たんじろうの脈は弱ってしまいます。 炭治郎 たんじろうを助けるために必死で大きな声で呼びかけます。 「脳と心臓が複数ある!信じがたしこの男!しかもそれが移動するとは!? 無惨 むざんが今まで以上の速度、威力で凄まじい音をたてながら攻撃した直後 その場にいたすべての者達が吹き飛んでしまいました。 この時の 無惨 むざんの凄まじい攻撃でその場にいた全員が吹き飛び戦況が一変してしまったのです。 目の前にはそれまでと打って変わって絶望的な光景が広がっています・・・ 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは… 壁に背中から突っ込んでいて、両腕にも瓦礫が落ちて使えない状態なうえに左足の膝から下がなくなっているように見えます。 不死川実美 しなずがわさねみは… 建物の上部に頭から突っ込んだ状態で足しか見えません。 伊黒小芭内 いぐろおばないは… うつぶせで右足が建物に突っ込んだ状態で左腕が見えません・・・ 冨岡義勇 とみおかぎゆうは… うつぶせで左半身が壁につっこんだ状態で出血がすごく、右腕が見えません・・・ 嘴平伊之助 はしびらいのすけは… 背中にバッサリと切り傷を受けてしまい、うつぶせで倒れてしまっています。 我妻善逸 あがつまぜんいつは… 壁にめり込んだ状態で右足が見えていません・・・。 善逸がやられるところを見ると心が痛いのは何故なのでしょう!? そして、唯一意識のある 栗花落 つゆりカナヲは、 額と口から血を流しながら、 「速すぎる・・・」 「こんなに差があるなんて・・・」 と、日輪刀を持つ手も震え、まともに動くことすら出来ないでいましたが とどめを刺そうとする 無惨 むざんに鬼殺隊の隠しがやめてくれ!と物陰から飛び出ます。 ・ ・ ・ そこへ・・・突如! そこで 無惨 むざんの目の前で炎の柱が上がり、 無惨 むざんの腕が間一髪で切り落とされました! 切断面は焼け焦げ、「ジジ」と、皮膚の焼ける音も聞こえます。 そうです!待望の瞬間がやってきたのです!! すかさず後方にいた鬼殺隊の隠しの人に 栗花落 つゆりカナヲを預け、 そんな 炭治郎 たんじろうの姿をみた 栗花落 つゆりカナヲは涙があふれ、 「炭治郎」「炭治郎・・・」と必死に声をだします。 それを聞いた 炭治郎 たんじろうは「うん、遅くなってゴメン」と・・・ その後、 無惨 むざんに向き合う 炭治郎 たんじろうを見て、 無惨 むざんは・・・ 「酷い姿だ」「これでは」 「どちらが鬼かわからないな 竈門炭治郎 かまどたんじろう」と・・・ そして、言葉の後に 炭治郎 たんじろうを見るとそこにはかつて自分を死の淵まで追い込んだ『 継圀緑一 つぐくによりいち』の姿とかぶる 炭治郎 たんじろうの姿を重ねて見てしまいます。 炭治郎 たんじろうはとてもおだやかに、 無惨 むざんに話しかけます。 義勇さん・・・右腕ちゃんとついてますか!? 伊黒さん・・・左腕がないような気がするんですけど!? 善逸・・・右足・・・ この曖昧な描写にドキドキして仕方がありません。 本当にみんなが無事であることを祈ります。 炭治郎が復活し戦闘に参加しましたね! 私はまだ2週は先になると思っていたのですが、ねずこが来る前に復活しちゃいました。

次の