第 98 回 全国 高校 サッカー 選手権。 【結果一覧】第98回全国高校サッカー選手権大会(2020年1月13日更新)

【結果一覧】第98回全国高校サッカー選手権大会(2020年1月13日更新)

第 98 回 全国 高校 サッカー 選手権

13日、中国メディアの新浪体育は、第98回全国高校サッカー選手権大会決勝について紹介する記事を掲載した。 これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。 2020年1月13日、中国メディアの新浪体育は、第98回全国高校選手権大会決勝について紹介する記事を掲載した。 第98回全国高校サッカー選手権大会は13日、さいたま市の埼玉スタジアム2002で決勝が行われ、静岡学園が0-2の劣勢から3ゴールを奪って青森山田を逆転し、24年ぶりの優勝を果たした。 記事はこの結果に加えて、決勝戦の来場者数が5万6025人に達したことも伝えている。 これに対し、中国のネットユーザーから「サッカー愛というのはこういうことを言う」「うらやましくてねたましくてたまらない」「まるでプロリーグのような試合だ」「中国のプロサッカーリーグより見応えがあるね」などのコメントが寄せられた。 また、「全面的に差がある。 これこそサッカー文化だ」「日本サッカーは、選手、放送、ファン、メディアのすべてで中国サッカーを上回っている」「来場者5万人は難しいことではない。 難しいのは第98回というところ」など、さまざまな面で日本との差を感じたユーザーも多かったようだ。 ほかには、「ぜひとも中国代表には日本の高校生と対戦してもらいたい」「わが国のU-23は日本の高校生に勝てないと思う」「中国代表はテクニックで日本の高校生に劣ると思う。 体格では勝るだろうけど」などの意見もあった。

次の

第98回全国高校サッカー選手権大会をPlayer!が全試合リアルタイム速報!|ookamiのプレスリリース

第 98 回 全国 高校 サッカー 選手権

13日、中国メディアの新浪体育は、第98回全国高校サッカー選手権大会決勝について紹介する記事を掲載した。 これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。 2020年1月13日、中国メディアの新浪体育は、第98回全国高校選手権大会決勝について紹介する記事を掲載した。 第98回全国高校サッカー選手権大会は13日、さいたま市の埼玉スタジアム2002で決勝が行われ、静岡学園が0-2の劣勢から3ゴールを奪って青森山田を逆転し、24年ぶりの優勝を果たした。 記事はこの結果に加えて、決勝戦の来場者数が5万6025人に達したことも伝えている。 これに対し、中国のネットユーザーから「サッカー愛というのはこういうことを言う」「うらやましくてねたましくてたまらない」「まるでプロリーグのような試合だ」「中国のプロサッカーリーグより見応えがあるね」などのコメントが寄せられた。 また、「全面的に差がある。 これこそサッカー文化だ」「日本サッカーは、選手、放送、ファン、メディアのすべてで中国サッカーを上回っている」「来場者5万人は難しいことではない。 難しいのは第98回というところ」など、さまざまな面で日本との差を感じたユーザーも多かったようだ。 ほかには、「ぜひとも中国代表には日本の高校生と対戦してもらいたい」「わが国のU-23は日本の高校生に勝てないと思う」「中国代表はテクニックで日本の高校生に劣ると思う。 体格では勝るだろうけど」などの意見もあった。

次の

全国高等学校サッカー選手権大会

第 98 回 全国 高校 サッカー 選手権

三阪咲さんの「繋げ!」が第98回全国高校サッカー選手権大会の応援歌に決定!大会史上初!デビュー前、史上最年少の現役高校生が今大会を盛り上げて下さいます! 【三阪咲 プロフィール】 2003年 4月 23日 16歳 、大阪出身。 幼少の頃から、ダンス・ピアノ・ギターを習っており、12歳頃から、路上ライブにて定期的にライブを行なっていた。 とあるTV番組出演をきっかけに爆発的に注目されることになり、現在ではTwitterのフォロワーが約14万人、Instagramのフォロワーは、約17万人となり注目度が急上昇。 各種SNSでも「三阪咲」関連の動画が約5億回と爆発的に視聴されているものや、動画配信サイトでアップされている歌唱動画も関連動画再生数は合計約4000万回再生を超える。 8月にオリジナル曲「今だけは好きなものを好きでいたい」のミュージックビデオを公開し、1週間で約50万回再生突破。 さらには10月に新曲「Say Good Night」のミュージックビデオを公開し、2日で約20万回再生を突破し、現在10代で最も注目されている女性シンガーである。 『夢への強い思いが未来を 切り開いていく』という放送コンセプトです。 このコンセプトに合った応援歌を検討し始めたのは、前回大会が終わった直後の今年1月でした。 半年以上に渡ってスタッフ間で検討 していく中で浮上してきたのが三阪咲さんでした。 SNSや動画サイトで注目を浴びていて、地元大阪では、人が集まりすぎて路上ライブが出来ないほどの人気。 歌手になりたいという夢に向かって自ら行動し、応援してくださる皆さんの支えもあって、一歩一歩未来への階段を登っています。 そんな選手と同年代の三阪咲さんに応援歌をお願いすれば、選手権に挑む高校生たちが 心から共感出来る曲を歌ってもらえるのではと考えました.

次の