にゃんこ大戦争 敵キャラ ステータス。 【射程や火力の高さがヤバい】最強の敵キャラランキング【にゃんこ大戦争】

【射程や火力の高さがヤバい】最強の敵キャラランキング【にゃんこ大戦争】

にゃんこ大戦争 敵キャラ ステータス

480の長い射程から白い敵に超ダメージを与え、さらに動きを止める特性も持っています。 動きを止める特性の効果時間は短めですが、一瞬でも止めることができれば壁役への負担も減らすことができます。 白い敵に対しての妨害能力が高く、登場するステージでは妨害要員として活躍できるでしょう。 しかし白無垢のミタマの方が全ての敵(白い敵など一部を除く)が対象なので、使い勝手がいいですね。 特に他の属性が多く登場するステージでは、黒無垢のミタマは使いにくいかと思いますね。 コストも安めなので量産型の壁役で使える!・・・と思いきや(苦笑) 真価を発揮するのは、 に進化からになりそうですね。 進化前の幼獣ガオは量産型のアタッカーとして使え、 は射程が長く、幼獣ガオでは射程が足りないときに使える主力として活躍できます。 進化前後共に『全ての敵にめっぽう強い特性』があるので、汎用性が抜群! 進化後限定ですが波動無効&クリティカル攻撃も持っているので、隙きがないほぼ完璧はキャラと言っていいでしょうね。 しかし!感知射程の短さから、風の精霊エアルでは使えない場面が多いですね。 に進化させると、特性発動率が100%上がります! またエイリアンに打たれ強い、ワープ無効、バリアブレイクの特性も追加されるので、進化後のホイが安定して起用できます。 特性発動率は50%ですが、3連続攻撃を持っているので、思ったよりも特性が入りやすい感じ。 気をつけたいのが特性:3連続攻撃を持っているので、ふっとばす特性&KBで敵をふっとばしすぎること。 ステータスは同じなので、必要なければ第3形態はしばらく見送ってもいいでしょう。 生産速度もコスト帯の割りに早いので、ステージによってはためる戦法もイケそうな感じです。 ふっとばし無効の特性もあるので、真っ先に壁役を思い浮かべますが、実はDPSも高め! ただし射程が非常に短いので、ダメージを稼いでくれたらもうけくらいに考えておきましょう。 射程が短いせいで、せっかくの1度だけ生き残る特性も腐りやすいのが欠点です。 第三形態のなると特性発動率が100%にアップ! しかしコストが高いこと&移動速度の遅さから、他のキャラ使いにくいと思われます。 頭の上にノッているにゃんこが、アレに見えてくるのは僕だけじゃないと思う。 コイツデス! 攻撃力低下無効も地味に役に立つ場面があるので、対赤い敵に対して相当強いキャラですね。 第三形態進化前だと射程が心もとないので、使えるステージが限定されてきます。 真価を発揮できるのが第三形態からになるので、早い段階で進化させてあげよう! ももたろうと比較されることがありますが、僕ならももたろうの方が使いやすいと答えるでしょう。 良い言い方をすれば器用なのですが、悪い言い方をするなら中途半端。 ステータスが低めで、特に射程がちょっと短いのが気になりますね。 感知射程も長いので、射程負けする心配もあまりないのがいいですね。 これは余談になってしまいますが、攻撃後のおじぎがめちゃくちゃかわいいのです。 『ギガントゼウスガチャ』の超激レアの中では、1番の当たりを言ってしまってもいいでしょう。 全ての敵の動きを止める特性は非常に使えますね! ただし!効果時間が2~3秒弱なので、過信が禁物です。 進化前のトゲルガ、トゲランパサランはほぼ使えませんが、第三形態のデイダラトゲランに進化すると、非常に使えるようになります! 攻撃速度が遅いので、メインのアタッカーとして使うのは難しいですね。 他の主力キャラと合わせて使った方がいいでしょう。 性能は悪くないものの、攻撃速度が遅いのが気になりますね。 どうしてもアフロディーテと比べてしまう、ハズレあつかいされることも(苦笑) 残り体力80%で攻撃力が50%上がる特性どう活かすか?が課題ですね。 残り体力によって攻撃力も上がるので、火力も期待できます! あつかいは難しいのですが、再生産が68. 20秒とそこそこコンスタントに生産できるのが強みですね。 幅広いステージで活躍はできますが、超ダメージ持ちよりは火力が低め。 その代わりKBが5もあることもあり、超ダメージ持ちより場持ちはいいですね。 攻撃頻度が17. 97秒と攻撃速度が遅いのも気になるところ。 しかし体力が低いので、壁役には向きません。 DPSが高いので、対天使&黒い敵のサブアタッカー的なポジションで使うといいかも。 移動速度を活かしてふところにもぐりこみ、一気に攻撃を叩き込むことも可能です。 高速攻略もできそうなので、覚醒のネコムートと併用してもよさそうですね! 非常に使える超激レアの内の1体です。 攻撃力もが高めなので、汎用性あ高いですね! しかしふっとばす確率が40%と低めで、攻撃力も超ダメージやめっぽう強いキャラよりは劣ります。 しかし射程180と非常に短いので、使えるステージがかなり限定されるようです。 動きを止める時間も長く、黒い敵に非常に有効な特性なのですが、射程負ける敵にはもちろん機能しません。 クロサワ監督などの敵には、移動速度も速くないし厳しいかな?と思いますね。 しかし射程に難があり、使えるステージは限られてくるかな?という感じです。 僕的にはねこナースの方を好んで使うので、そんなに使っていなかったりしますね。 射程と攻撃速度のせいで、赤い敵の動きを遅くできる特性もお飾り程度となってしまっているかわいそうな性能となってしまっています。 早い段階で第三形態に進化させて、低コストアタッカーとして運用したいところ。 早期に入手していると、土日ステージやゲリラ経験値ステージなどで使える可能性がありますね。 一方で射程が220しかないので、ちょっと前線を突破されるだけでダメージをもらう可能性があります。 ダメだぞ?ネコボンバーがいれば、土日ステージとかは無課金編成でも勝てるとか言っちゃ。 攻撃力が高く、敵を倒したらお金が2倍になる特性も持っています。 もねこと発動するにゃんコンボ『アイドル志望』が、ニャンピューターでの自動をジャマしにくいので、にゃんコンボ要員として使えます。 アイテムのスニャイパーのキャラ版といった感じです。 再生産時間の長さと単体攻撃など悪い部分をどうカバーしていくか?が課題。 コストが非常に高いので、赤い敵が多く登場するステージ以外ではなかなか使い所がなかったりします。 ねこたつのようにコストが低ければもっと使いやすかったのにね。 いくら射程があっても狙った敵に攻撃できなけば意味はありません。 早い段階で範囲攻撃で敵に攻撃を当てやすい、ネコハッカーにした方がいいでしょうね。 攻撃頻度が少なく、大きいダメージも『1ダメージ』にしてしまうので、使えるステージではマジで使えます! ただし体力が非常に少ないので、攻撃頻度が多い敵には弱いので、起用は控えましょう。 しかし!実は貴重な低コストキャラであり、序盤に来てくれたら非常にありがたい存在となります。 経験値はにゃんこ大戦争において、パワーアップするために必要。 ジャナイ! しかしコストが1,440円と高いので、ちょっと使いにくい。 射程も340と非常に使いやすいのですが、攻撃力が低いのが悩みの種。 倒した敵が落とすお金が2倍になる特性を持ち、攻撃力も高いので、自身で敵を倒すことも難しくはないです。 しかし射程が絶望的に短いので、一方的に攻撃される可能性もあります。 ねこ泥棒はステータスが低いので、敵を倒すだけでも難しいと考えられます。 なので全く使えないキャラと言っても過言ではないでしょう。 ステータス的には壁役に向いていますが、コスパが非常に悪いので、余程壁役に困らない限りは使わないですね。 第三形態で多少の使い道があるかも?というレベルのキャラです。 メタルな敵の動きを遅くできますが、現在では使えるステージがない模様。 使えそうなステージが見つかるまで、にゃんコンボ要員になる予感。 移動速度もそこそこ速いのですが、敵の射程敵に活躍するのは難しい状況。 なので射程勝ちできていれば使える!キャラになりますね。 しかし動きを遅くするキャラは超激レアに多くいるので、まず出番がないw コストも645円と高く、そうそうデッキにお呼びはかからないかな?と思われます。 ねこファイターとよく比較されますが、ネコファイターはより攻撃に特化したキャラとなっております。 しかし射程が残念なことになっているので、敵の動きを止める特性と一緒に使ってあげましょう! もしくは使うのをやめましょう。 逆に射程が短い場合、敵に近づいて攻撃をもらってくれるので、優秀な壁役になります。 射程が270と物足りないのですが、赤い敵は射程が短い敵が多いので、使えると言った感じでしょう。 ただしふっとばしている最中はコチラの攻撃も当たらないので、ふっとばしすぎ注意報です。 サイキックネコの評価が高い理由は『長い射程』にあります。 しかも意外と攻撃速度も速く、ダメージも期待できる良キャラです。 再生産時間• 範囲攻撃• しかし実用度は非常に低いため。 タイトル通り購入は後回しで問題ありません。 後に回したところで、買ってもらえるか?は謎ですが。 なのでにゃんコンボ要員で使うのが1番いいんじゃないか?と思いますね。 移動速度もそこそこ速く、使いやすいのですが・・・ 特性発動率20%と低め。 しかし戦力が揃ってくると段々使われなくなってくるんですよね。 どうしても射程が短いので、すぐやられてしまうのが欠点になります。 にゃんこ大戦争序盤では貴重な低コストの壁役となるため、早い段階でに入手をおすすめしております。 イベント限定キャラで低コストのキャラがいない場合は必須キャラとなります• ネコ阿波踊り• キリンネコ• 芸者ねこ これらのキャラがこれにあたります。 しかしにゃんコンボが使えるので、使う場面になったら取得しよう! Mr. と一緒に取得すると幸せになれる?らしい(笑) Mr. ネコゾンビと一緒に取得するとにゃんコンボが発動するので、欲しいときに取得しましょう! それまでにネコカンをためておきたいところです。 移動速度を上げる効果なので、必要な場面でデッキに入るかも? 生産はしないでしょうけどね。 『アイラブジャパン』などが優秀ですね! 盾向きのキャラと解説がありますが、コストが高く、タンクネコやネコの方が使い勝手はいいです。 ただし!第三形態で壁役として使える性能になります。 その代わり多彩なにゃんコンボ要員なので、必要なにゃんコンボがあるなら、購入を検討してみるものいいでしょう。 ただし!ネコカン150個消費は痛いので、無課金プレイヤーは序盤での購入は控えましょう。 必要になったら買う感じにした方がいいと思いますね。 にゃんコンボも多いので、にゃんコンボ要員でも使うことができます。 筆者は購入しなくても、未来編は攻略していけたので、急いで購入することはないでしょう。 使い時になって始めて購入を検討しても遅くはありませんね。 にゃんコンボ『アイラブジャパン』が優秀なので、その発動要員となるでしょう。 アイラブジャパンが発動できない状態で購入するのはおすすめできませんね(苦笑) ねこ寿司を引いた状態で、アイラブジャパンが必要になったら、発動要員をまとめて購入するといいでしょう。 第三形態まで使ってみましたが、使える場面が見つかりませんでした。 購入はしない方がいいでしょう。 にゃんコンボ要員になりますが、冥界のカリファor玉座のミイラ姫レイカのどちらかを引いていないと発動できません。 なのでこの2体を引くまで購入する必要はありませんね。 第三形態でバリアブレイク要員になるので、その場合は購入してもOKです。 にゃんコンボ『薄着コーデ』が一考の余地がアリ! しかしにゃんコンボ要員である玉座のミイラ姫レイカを入手していないと発動できません。 性能は今となっては時代遅れ感があり、購入しなくても日本編は攻略できます。 にゃんコンボ要員としては使えますので、先行投資で購入していいかも? 個人的には、にゃんコンボ要員で必要になってから購入しても、遅くはないと思っています。 低コストと生産力を活かして、前線の壁となり、散っていくにゃんこ。 移動速度は狂乱のネコに敵いませんが、プラス値を上げていくとドンドン強くなります。 ネコよりもコストは高いですが、体力が高く壁役に向いています。 移動速度はネコよりも遅いのですが、どのステージでもレギュラークラスで使える壁役になるキャラですね! 個人的にはネコよりもプラス値を上げていきたいキャラです。 低コストの狂乱キャラが加わるとめっきりと出番が減り、赤い敵用の壁キャラとなります。 前に壁役を置いて、後ろから生産して攻撃していくスタイルで使っていきます。 体力が少なく、射程も短いので、使えるステージは限られてきます。 しかし日本編や未来編ではなかなか出番がありません。 しかしネコドラゴンの方が優秀なため、本格的に使えるようになるのは、第三形態のネコジャラミになってから。 攻撃力は低いものの、クリティカルの発生率は100%! 対メタル用キャラとして期待されましたが・・・ 管理人はネコハリケーンで良かった模様。 天使と黒い敵相手には最強クラスの壁役ですね! DPSも高いので、火力も期待できる優等生ですが、唯一(ゆいいつ)移動速度がカメ並なのが残念。 ふっとばす特性• 動きを止める特性• 射程650 こんな感じで色々とおヤバイ性能のキャラ。 攻撃力を下げる特性の効果時間は6~7秒もありますが、動きを止める特性は3秒強ほどと短め。 使い所は多少あるので、本能でカスタムしつつ起用したいですね。 ステータスのアップするのですが、範囲攻撃取得は非常に大きい! 射程が短いのは相変わらずですが、高い攻撃力で敵を倒して、お金を2倍GETしましょう! 再生産時間が短いので、フィッシュ・ド・ノエルを複数生産することも可能です。 射程が390にアップし、移動速度16になってきて帰ってきた! しかしステータスが低いことから、浮いている敵に超ダメージを与えても、そこまでのダメージが期待できない模様。 ただし!他の赤い敵対策のキャラが強いので、無理に使う必要もないという程度。 壁役にも使い分けが必要なんですね。 攻撃速度も相変わらず速く、ダメージも期待できます。 攻撃が当たれば黒い敵を必ず止めるようになり、範囲攻撃取得でヤバイキャラに! コストも安いので、ピンポイントで黒い敵を止めるときにも使えます。 ただし!第三形態に進化されるまでが、非常に困難なキャラですね。 攻撃力も高いのですが、体力が低く射程が短いのが難点。 移動速度も遅いので、クセがある扱いづらいキャラですね。 しかし移動速度が遅いことから、狂乱の低コストシリーズを押しのけてまで入れるか?と言われると首をかしげるレベル(苦笑) にゃんこ大戦争序盤は低コストの壁役がいなくて困りがちですが、進行していくとあまり必要じゃなくね?と思ってしまうのが現状です。 瞬間的に叩き出すダメージが恐ろしく、スコアが影響する採点ステージでも活躍が見込めます。 進化したもののコストが下がる以外プラスの要素はなし。 スモウネコ時代のにゃんコンボも使えるので、壁役をやりつつ、にゃんコンボ要員でも使えますね。 相変わらずステータスは絶望的で、戦闘には向きません。 性能的にまだ厳しく、出場機会は『一部出撃制限があるところならワンチャンあるか?』というレベル。 ほぼどこでも使っていけるザ・壁役ですね! 悩みは移動速度の遅さ。 プラス値で強化していけますが、移動速度で狂乱キャラにはどうしても勝てない模様です。 これからも使ってみたキャラや何か変更があったキャラについては、追加、修正していく予定です。 orooroKT.

次の

にゃんこ大戦争 第3形態最強キャラをおすすめ順にご紹介!

にゃんこ大戦争 敵キャラ ステータス

手始めにまずは1位から。 1位:狂乱のタンクネコ 「狂乱キャラ」の1体でべらぼうに高い体力を誇る強敵。 その数値はなんと 320万となっており、全敵キャラの中でもトップクラスの体力を持ちます。 この敵に挑戦する時はだいたい 「日本編」3章をクリアしてからの人が大半だと思いますのでゲームの進行速度に見合わぬステータスで初心者を脱したプレイヤーを絶望の淵に追い込むでしょう。 射程と攻撃力も抜かりなくそれぞれ 390と約3万となりますので大半の味方を一撃で片づける辺り、さすが 「狂乱キャラ」といった所です。 「大狂乱のゴムネコ」はこれを超えたステータスで襲い掛かってきますがその頃には強力なガチャキャラが何かしら手に入っているのと取り巻きの方が厄介なのでこの敵キャラほど脅威には感じないでしょう。 それでも強敵には違いありませんが ステータスもさることながら挑戦する時の戦力差に大きな開きが出来やすい事から筆者の中では堂々の強さ1位です。 主な出現ステージ: 「絶対防壁 超激ムズ 」 ・関連記事 2位:イノヴァルカン イノシシ系キャラの 「エイリアン」。 イノシシらしく突破力が非常に高く、体力も高いので対策キャラがいないと倒す前に自拠点を落とされてしまいがちです。 主に 「未来編」の終盤で初めて見る方も多いかと思いますが 「エイリアン」の属性を持つため今までクリアしてきたステージの 「お宝」 正確には 「レッドクリスタル」と 「ブルークリスタル」 をフルコンプしていないとまず勝てないでしょう。 無課金の編成だとこの敵キャラを妨害できる味方がほぼいないのでガチンコで勝負するしかなく、 「未来編」3章だと1ステージで3体出てきますのでトラウマを植え付けられやすい点は 「狂乱のタンクネコ」と同じことが言えます。 「エイリアン」の属性を持つので先述した 「狂乱のタンクネコ」よりは対策がしやすく 「サイキックネコ」等のキャラを入れておけば幾分か楽になりますので2位となりました。 主な出現ステージ: 「浮遊大陸」、 「蝶!猪鹿鳥 極ムズ」など スポンサーリンク 3位:ぶんぶん先生 「日本編」3章でラスボスを飾る強敵。 初見の時は今までの敵とはけた違いの強さを見せつけてくるので初心者の登竜門的な立ち位置にいるキャラだと思います。 射程は200と短めですが攻撃間隔が短く、壁キャラを次々となぎ倒していくので数が少ないとあっという間に前線が崩壊。 「日本編」での挑戦時は 「ネコムート」といった強力なキャラも使えないのでそれも難易度を上げている要因の一つでしょう。 「日本編」クリア後もたびたび戦うことがあり、3体以上まとめて戦うことになるステージもありますので存在感をいやというほど見せつけてくれます。 最初は恐ろしいですが、戦力が揃えばそこまで苦戦しなくなりますので3位に。 主な出現ステージ: 「西表島」、 「マルコ・ポーロード」等 ・関連記事 4位:ブラックマ 戦闘が開始してから一定時間が経つと出現する事が多い 「黒い敵」。 移動速度150からの連続攻撃で味方を次々倒していくので何も知らないプレイヤーが初見で驚く事間違いなし。 大量に出てくるときもあるので一見、倒す事は不可能と思われがちですが基本体力がわずか550程度しかないので 「にゃんこ砲」で瞬殺も可能。 それでも 「にゃんこ砲」が貯まっていなければ正攻法で倒すのは不可能に近いので十分に厄介な敵だと言えます。 トラウマになりかねない敵ですがそもそも出てくるステージが限られている上に 「にゃんこ砲」で倒せることが多いので個人的にはこの順位で落ち着くかと。 主な出現ステージ: 「ラスト・ギャング」、 「拷問部屋」など 5位:メタルカオル君 「カオル君」が 「メタルな敵」になったバージョン。 ただメタル仕様になっただけならよかったのですが、この 「メタルカオル君」は攻撃力99,999からの拠点ダメージが4倍になりますので一撃食らえばまず敗北。 さらに追い打ちをかけるように強力な 「波動攻撃」を仕掛けてきますので先手で 「クリティカル」を出さないとほぼ負けます。 対処法が分かってても勝てない可能性がありますがそうそうお目にかかる事はありませんのでこの順位にランクインです。 主な出現ステージ: 「変覧会の絵」、 「逆襲のカオル君」など.

次の

にゃんこ大戦争 射程距離一覧 敵キャラ&味方キャラ|にゃんこ大戦争攻略ノート

にゃんこ大戦争 敵キャラ ステータス

教授の特徴 射程が非常に長い 「教授」は大半の味方のキャラを上回るほどの超長射程を持つ敵です。 妨害効果により殴り合いにも持ち込みにくいため、射程勝ちできるキャラを持っていないと突破が非常に難しくなります。 攻撃頻度が非常に高い 「教授」は攻撃頻度が非常に高いのも大きな特徴です。 射程内の味方が絶えず攻撃を受け続けてしまうため、強さ倍率次第では低体力のキャラは全く役割を果たせずに倒されてしまいます。 動きを遅くしてくる 「教授」は「動きを遅くする」特性によりこちらの行動を妨害してきます。 発動率が低めながら攻撃頻度が非常に高いため、まともに近づけないことも多い厄介な敵です。 教授の対策・倒し方 射程勝ちしているキャラで攻撃する 「教授」は移動が遅く、敵との距離を保ちやすいため、「」や「」のように射程勝ちしているキャラで一方的に攻撃すれば比較的容易に倒すことができます。 高耐久キャラで殴り合いをする 「教授」に射程勝ちできるキャラが手持ちにいない場合、高耐久キャラで攻撃を耐えながら近づいてダメージを与えましょう。 「教授」は「動きを遅くする」特性を持っている上にDPSも高いため、赤い敵に対する「打たれ強い」や「めっぽう強い」特性を持つキャラで効率よく戦うことが重要です。 遠方攻撃や波動で攻撃 「教授」の前衛に常に敵がいる状態であれば、射程の奥に攻撃できる遠方攻撃や波動でも一方的にダメージを与えられる可能性があります。

次の