かくしごと 母親 死亡。 #かくしごと X 後藤ロク

『かくしごと』第8話あらすじ! 第1巻特典の描き下ろし漫画サンプル公開

かくしごと 母親 死亡

「かくしごと」ラストや結末はどうなるのか? 18歳と小学4年生の2つのストーリーを同時進行しているのがめっちゃ好き😆🎺 — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp マンガ「かくしごと」では冒頭と末端のカラーページが18才になった姫が登場しています。 なのでマンガ「かくしごと」は ・小学4年生の姫 ・18才の姫 の同時進行で物語が進んでいる作品になります。 小学4年生の姫は中目黒に住んでいますが、18才になった姫は七里ヶ浜にいます。 なぜかそこには中目黒と同じ間取りの家があります。 そこに後藤のアシスタントの墨田羅砂(すみたもすな)と十丸院五月(とまるいんさつき)が案内しています。 なぜかそこを案内しているのは後藤ではなくアシスタントです。 またアシスタントの墨田羅砂は意味しげな発言をしています。 墨田「ついに知っちゃったか」 十丸院「鍵渡したの?羅砂ちゃん?」 墨田「まさか、わたしにそんな権利あるわけないでしょう」 このやり取りからして ・姫は可久士が漫画家だということに気づくことになる ・アシスタントの墨田羅砂は可久士から頼まれて姫を七里ヶ浜につれてきた ・可久士は自ら連れていっていない ということがわかります。 中学生になった姫は可久士の職業に気づくことになる バレたとしても隠してきたことに意味はあるよね! — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp Sponsored Link 中学生の姫は七里ヶ浜の可久士の家を訪れています。 その家はなんと中目黒の家とまるで同じ間取りだったのです。 そして その家には大量の漫画がありました。 姫はその時、父は漫画家だったということを知ったのです。 zuJzOooivPJBuwp 可久士の娘の姫は可久士のアシスタントの墨田に連れられて七里ヶ浜の家を訪ねています。 普通なら、可久士がみずから連れて行くはずですが、 可久士の姿はありません。 これは可久士に頼まれていたのではないかと考えれます。 ここで疑問が浮かびます。 それは アシスタントに可久士が頼んだのはいつなのか? ということです。 墨田は可久士からいつ頼まれていたのか? 七里ヶ浜の家には年齢の書かれた箱がありました。 これは中目黒の家にもありました。 中目黒の家の箱は姫の母が、姫がその年になったら開けるように用意してくれていたものです。 それが七里ヶ浜にもありました。 しかし姫はそれが開ける前から、今までの箱と違うことを見抜いているようでした。 そして開けてみるとそこには漫画が入っていました。 なのでこれは可久士が作ったと考えれます。 出典:かくしごと(作者:久米田康治) しかも年齢は17歳~20歳までの箱です。 姫が七里ヶ浜の家を訪ねたのは18歳です。 つまり、 可久士は姫が17歳の時点で本来七里ヶ浜の家に行かせる手はずを組んでいた と考えれます。 なので可久士はアシスタントの墨田に少なくとも1年以上前に姫を七里ヶ浜の家につれていくように頼んでいたと考えられます。 ではそんなことをする必要があったのでしょうか? 可久士は自分の手で渡せなかった可能性があります。 可久士はすでに死亡しているのか? 死亡フラッグたってるよね・・・ — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp 可久士は墨田に少なくとも1年以上も前に姫を七里ヶ浜の家に連れていくように頼んでいたと考えられます。 なぜそんな前もって頼んでいたのでしょうか? おそらく病気ではなく、漫画が書けなくなったか、何かしらの事情があって失踪したからだと予測しています。 引用元:「かくしごと」10巻より 可久士は記憶喪失になってい ました。 可久士は何かしらの理由があって漫画家を引退したと考えられます。 そのあと肉体労働をしていました。 しかし ある日工場で高く積まれていたマンガが倒れてきて事故にあいます。 そして病院に運ばれますが、意識は回復しませんでした。 しかしある時可久士は目覚めます。 ただ 姫を見てもそれが誰だか分からないという状態になっていました。 姫はその時もう高校生にです。 がしかし可久士は 「姫はまだ10才だ」 引用元:「かくしごと」10巻より と言い出しました。 昏睡状態は1年近くということが判明しているので 事故に会ったのは姫が高校生の時だと推測できます。 なので 可久士は最近の記憶は失って1番楽しかったころの記憶に戻ってしまったのでしょう。 「かくしごと」ラストのその後は? 可久士の記憶は戻るかどうかはわかりません。 しかしここからは ・記憶は戻らず、全てを誰かから聞き理解して生きていく ・記憶は戻り、隠していたことを白状して生きていく のどちらかになるでしょう。 この 「かくしごと」は漫画家が漫画家の苦労を作品(かくしごと)に込めた物語だと感じられます。 なので 作者はヒロインの姫にそういった漫画家としての可久士の苦労や葛藤をすべて受け止めて生きていく姿を書いていくのではないでしょうか。 まとめ ついに「かくしごと」スタートしたーーーーー! — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH ・可久士の娘の姫は父が漫画家だったということに気づきます。 またそれを中目黒の家と同じ間取りをした七里ヶ浜の家で知ります。 ・姫は可久士が隠していた嘘などを見抜き、すべて受け止めて立派に生きていくと考えられます。

次の

後藤姫の母親や祖父は誰?日本画家と歌舞伎役者の血筋|声優やプロフィールも【かくしごと】

かくしごと 母親 死亡

アニメ「かくしごと」が放送開始されてもう折り返し地点になってきました。 ご注意ください。 17歳の姫のそばには可久士の姿は見えず、どこに行ってしまったのか... と気になりますね。 タイトルの「かくしごと」は「隠し事」や「描く仕事」そして可久士の悲しい過去に対する「かくしごと」などたくさんの言葉がかかっています。 父と娘で二人暮らしをしていますが、可久士の生い立ちや姫の母親がどんな人かということはあまり描かれません。 母のことを可久士は「自分の妻」と言ったこともないので、原作で解明されるまではもしかしたら可久士は実の父ではないのでは?という疑惑が考えられないでもないです。 この記事では原作から 姫の血筋 は最終回か未来の真相が分かった時点でこうなってしまうんだろうな いや、これよりズタボロになる可能性が…もうop聴くだけで泣きそうになるよ最近 — Ryo太郎 Ryo23899563 未来編の七里ヶ浜の家で、姫はある少年に「姉さん」と声を掛けられます。 姫は父・可久士の隠し子かと思い尋ねますが、彼は可久士の 腹違いの妹の子。 血縁上は「いとこ」に当たる人物でした。 父方の祖父(=可久士の父)は有名な歌舞伎役者 そこから可久士の父は有名な歌舞伎役者であることが判明します。 結果、姫は可久士が本当の血のつながった親であることが分かります。 母方の祖父は、毎年ランドセルを送ってくる「だてなおと」 ランドセルを毎年贈ってくるのは母方の祖父・ 戒潟魁吏(いましがた かいり)です。 日本画の巨匠で、アニメ4話の絵画展の広告で登場していました。 また、可久士としても芸術家同士色々と(プライド的な)複雑な事情があるようで、姫の祖父とはあまり仲良くない様です。 ちょっとホラーな絵画展 — laki0814 laki0814.

次の

【かくしごと】の解説!弟の正体についても

かくしごと 母親 死亡

アニメ「かくしごと」の姫のお母さん、可久士とは離婚している?生きている?それとも…?についての考察 今回は独自に考察してみたので、興味のある方はぜひ最後までご覧くださいね。 まずはじめに、姫の母親である可久士の「妻」ですが、マンガでは1シーンの登場しかありませんでした。 後藤家の家のシーンは結構たくさんありますし、普段登場していないだけということは内容的に考えられないので、もう存在していないのか?など気になるところではあります。 考えられることは、離婚説、入院説、そして死亡説の3つの可能性です。 かくしごとのお母さんは生きているのか?入院や離婚しているのか? 1.離婚説 ヒントとして考えられるのは、 「10才」、「12才」と書いてある箱が押入れの中にあるというシーンがありました。 その箱に書かれた年齢の意味というのは、娘である姫ちゃんが10才になったとき、そして12才になったときに開ける、といった設定でした。 ではもし仮に、可久士とすでに離婚していたとなると、母親といえどもこんな箱を用意して置いておくことはないのでは?と考えられます。 さらに別居しているとしても、送りたい日に配送会社を利用して宅配便で送るなどすれば、娘に届けることは当然可能ですよね。 可久士と姫ちゃんの母親が離婚をしているなら、これほど後藤家のシーンを描いているのにもかかわらず母親が少しも登場していないのは、以上のことも考えると不自然だと思うのが妥当ではないでしょうか。 また、ツイッターを見ているとこんな声もありました。 RT あっあっダメですそれは 最近久米田先生のかくしごとで見たやつですそれダメですそれ 先立った親が娘のために「〇〇才の箱」とか言って一年おきに娘に必要そうなものを入れて押入れに あーーあーーーダメです死んでしまいます — 愉悦 fgoyuetsubuin これはやはり、離婚説ではなく「死亡説」ということでしょうか…?汗 とりあえず、以上のことからも離婚したという可能性は非常に低くなっています。 2.入院説 ではつぎに、離婚の可能性は低いとなると「入院」しているという可能性も考えられます。 長期入院であれば、難病や重い病気を患っているのか、交通事故などで重傷を負って治療に時間がかかっているのか?などいろいろと思いつきますね。 だとすると、家の中のシーンに母親が登場していなかったのも当然のことだと思います。 ですがよーく考えてみると、母親が入院をしているなら、普通の家庭であればお見舞いに行きますよね。 しかし、可久士や姫ちゃんが母親のお見舞いに行くシーンは1度もないのです。 あと、姫ちゃんは小学4年生という設定ですので、本来であれば母親と一緒に暮らしていないとなると寂しく感じる年頃なのに、母親の話をしている場面はほぼ描かれていないのです。 入院しているとしたら、少なからず、自然と母親の話が出てくるものだと思いませんか? それが全くないというわけですから、「入院説」の可能性も低いと考えられます。 3.死亡説 となると、残るは「死亡説」となります。 かくしごとの可久士の妻の事実が判明! なんと単行本8巻で、可久士の妻は「行方不明だった」というシーンがあり、ここで事実が判明しています。 その行方不明となった原因は、悲しくも海難事故だったのです。 ここまで捜索しているのに発見に至らなかったとするならば、残念ながらもう死亡しているという「死亡説」が一番有力ですし、その可能性が非常に高いと思われます。 かくしごとお母さんのまとめ 海難事故が起きたのは、姫ちゃんがまだ幼い頃だったと考えられます。 物心がつく前だと記憶に残っていないので、姫ちゃんは母親の話をほとんどしない、できないのではないでしょうか。 そして、母親のいない「寂しさ」を姫ちゃんに感じさせないよう努力している可久士の強さであったり、思いやりを見ていると、やはり胸にぐっとくるものがありますね。 以上、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

次の