ブラン ニュー ストーリー 歌詞。 【ディズニー35周年の曲】「Brand New Day」歌詞&原曲!ショー・パレード使用曲まとめ!

BRAND NEW FIELD パート分け歌詞:カラオケ用パート別歌詞置き場

ブラン ニュー ストーリー 歌詞

「ブランニュー」は "brand new" 「ブランニュー」は " brand new" あるいは " brand-new(間にハイフンが入っている)" という英語をカタカナで表記した言葉です。 "brand" は「ブラン ド」と発音しますが、"brand new" は 「ブラン・ニュー」と発音する( "d" を発音しない)ことが多いようです。 "brand new" の意味 "brand new" は「 まっさらな」とか「 一度も使用されたことがなく完全に新品の」という意味の形容詞です。 "brand-new" も同じです。 「ブランニュー」の意味 カタカナの「 ブランニュー」はカタカナ語として定着していません。 したがって "brand new" からの意味の変質も生じていないでしょうから、「ブランニュー」の意味は "brand new" と同じ( まっさらな、新品の)だと考えて差し支えありません。 というわけで、「 ブランニュー・デー」であれば「まっさらな日」、「 ブランニュー・ワールド」であれば「まっさらな世界」という意味になります。 この「まっさらな」とは「 それまでの生活や人生のしがらみから解き放たれてゼロからやり直す」という感じでしょう。 "brand new" の語源 "brand new" の語源は明確ではありませんが、「 鍛冶で作られたばかりの(金属製品)」という意味が転じて「新品の」という意味で使われるようになったのだと考えられています。 古英語(古い時代の英語)においては、"brand" に「 火」や「 炎」という意味がありました。 火や炎は鍛冶に深く関わっています。 参考: "brand" の現在の意味 現代英語における "brand" の意味は次のようなものです(下記は "brand" の全ての意味を完全には網羅していません):• 〈名詞〉製品・サービス・企業の商標(「ブランド」というカタカナ語になっている)• 〈名詞〉焼き印• 〈名詞〉燃えている木片、焼け焦げた木片• 〈動詞〉特定の商品やサービスを特定のブランドとして扱う• 〈動詞〉焼き印を押す• 〈動詞〉(裏切り者などとしての)烙印を押す、汚名を着せる• 〈動詞〉記憶に刻みつける 現代英語の "brand" には上記のように色々な意味がありますが、「 焼き印」や「 燃えている木片」といった辺りの意味に火や炎との関連が窺(うかが)えます。 "brand new" の例文.

次の

モーニング娘。'17 BRAND NEW MORNING 歌詞

ブラン ニュー ストーリー 歌詞

来歴 [ ] ブラン・ニュー・ヘヴィーズは1980年代に、ブラザー・インターナショナル Brother International というインストゥルメンタルグループとして結成された。 彼らは最初のレコード契約の後、が彼のシングルので"Minister of New Super Heavy Funk"(新しいスーパーヘビーファンクの大臣)と称されていたことから、ヘビーズという名前を冠し、現在のグループ名となった。 ブラン・ニュー・ヘヴィーズとして、彼らはロンドンのクラブシーンで熱烈な支持を得てからすぐに、クラブのを受け継ぐアシッドジャズミュージシャンとしてと契約することになった。 1990年に、Jay Ella Ruthをリードボーカルとしてのアシッドジャズレーベルで初レコーディングを行い、シングル"Got to Give"をCooltempoレコードからリリースしている。 1990年、と契約し、ブラン・ニュー・ヘヴィーズが決定的な賞賛を得ることとなったアルバム をリリースした。 次いで、の一部門と契約すると、 アメリカではによって販売されることとなった。 そして、Delicious Vinylからメジャーデビューしていたがメンバーとして加わり、彼女をボーカルとしたファーストアルバム Brand New Heaviesの再版バージョンがリリースされた。 シングル"Dream Come True"、"Never Stop"および"Stay This Way"はおよびでヒットし、後にMTVのヘビーローテーションを見たDouglas Gayetonによってミュージックビデオが作られた。 ニューヨークでの 元 およびのとの共演によって、彼らはの要素を取り入れることを思いついた。 セカンドアルバム は、のおよびとのコラボレーションを含み、大きな賞賛を得た。 この作品では女性ボーカルの曲は含まれなかった。 1994年、とIan McAndrewのWildlife Entertainmentのマネージメントの下、 をリリースした。 そして、エンディア・ ダヴェンポートは彼女のソロアルバム(ブラン・ニュー・ヘヴィーズに加入するために先延ばしにしていた)を完成させるため、しばらくブラン・ニュー・ヘヴィーズのボーカルを抜けることとなる。 このアルバムには多くのシングルが含まれている。 の"真夜中のオアシス Midnight at the Oasis " をカバーしたものは、USバージョンのアルバムには含まれず、UKでヒットした。 1997年のアルバム では、がメンバーに加わった。 このアルバムには、のヒット作である作曲の""も含まれているが、この曲もまたUSバージョンのアルバムには含まれなかった。 このアルバムにはヒットシングル"Sometimes"も含まれている。 "Sometimes"のリミックスはQ-ティップがラッパーとして参加している。 2000年、ブラン・ニュー・ヘヴィーズはベストアルバム をリリースした。 このアルバムでは、がいくつかの新しくレコーディングされた曲のボーカルを務めている。 2003年には様々なボーカリストを迎えた日本限定アルバム We Won't Stopを、2004年にはイギリスの歌手をボーカルとして迎えた をリリースした。 2006年4月、ブラン・ニュー・ヘヴィーズは再びエンディア・ ダヴェンポートをボーカルに迎え、以前のDelicious Vinylレーベルへ移籍した。 ニューアルバム Get Used to Itは2006年6月27日にとCDショップから販売している。 このアルバムはニューヨークとロンドンでレコーディングされ、リードシングル"I Don't Know Why I Love You " が3月初旬にリリースされた。 このシングルは、少ししてからにリミックスを依頼してTom Moultonミックス版がリリースされた。 同年、"Jump 'N' Move"が2006年のCGアニメ のサウンドトラックおよび2004'年のゲーム のサウンドトラックとして使われた。 2006年の終わりにはツアーライブを行った。 2009年10月、ブラン・ニュー・ヘヴィーズはライブアルバム Live In Londonをリリースし、2010-2011年に2つのニューアルバムをリリースする計画を発表した。 1つ目の"Heavy Rhyme Experience Vol. 2"は1992年の"Heavy Rhyme Experience Vol. 1"の続編となる予定である。 Dizzee RascalとRoots Manuvaがこのプロジェクトに参加すると噂されている。 2つ目のアルバムは、2006年の"Get Used To It"に続くエンディア・ ダヴェンポートがボーカルのものとなる予定である。 これらのアルバムの正式な発売日は未定である。 メンバー [ ] 名前 楽器 期間 1966年5月17日イーリング生まれ ドラム、キーボード 1985— 1965年10月16日イーリング生まれ ギター、ボーカル 1985— 1966年7月20日イーリング生まれ ベース、キーボード、作詞・作曲、プロデューサー 1985— パーカッション、ギター デビューアルバム 1991 、、キーボード デビューアルバム 1991 1966年5月6日アメリカジョージア州アトランタ生まれ ボーカル 1990—1995, 2005— キーボード 1985—1992 Jay Ella Ruth ボーカル 1990 1960年6月24日アメリカカリフォルニア州ロサンゼルス生まれ ボーカル 1997 ボーカル 2000 ボーカル 2004 ボーカル 2003 1971年1月15日生まれ ライブパーカッション、ライブキーボード ディスコグラフィ [ ] スタジオアルバム [ ]• 1990:• 1991: The Brand New Heavies featuring• 1992: featuring vocals by various hip hop groups and rappers• 1994: featuring N'Dea Davenport• 1997: featuring• 2003: We Won't Stop Japan only release; featuring vocals by Sy Smith• 2004: featuring• 2006: featuring N'Dea Davenport• 2013: Forward featuring N'Dea Davenport• 2014: Sweet Freaks featuring Dawn Joseph• 2019: TBNH featuring Angela Ricci ライブ、リミックス、コンピレーションアルバム [ ]• 1995:• 1995:• 1996: Excursions, Remixes, Rare Grooves And More• 1999: featuring• 2002:• 2006:• 2007:• 2008: featuring N'Dea Davenport• 2009: featuring N'Dea Davenport シングル [ ]• 1988: "Got to Give"• 1990: "Dream Come True Brand New Mix " Acid Jazz; 2年後にリリースされたシングルからの別バージョン• 1991: "" 43位• 1991: "Stay This Way" UK 24• 1992: "Dream Come True '92" UK 24• 1992: "Don't Let It Go to Your Head" UK 24• 1992: "Stay This Way" UK 40• 1994: "" UK 15• 1994: "Back to Love" UK 23• 1994: "" UK 13• 1994: "Spend Some Time" UK 26• 1994: "Brother Sister"• 1995: "Close to You" UK 38• 1995: "Mind Trips"• 1996: "World Keeps Spinning" サウンドトラックより• 1997: "" UK 11• 1997: "" UK 21• 1997: "" UK 9• 1997: "Shelter" UK 31• 1997: "Top 5 Heavy Hits"• 1997: "You Can Do It"• 1999: "Saturday Nite" UK 35• 1999: "Apparently Nothing" UK 32• 2003: "What Do You Take Me For" Flower Records• 2005: "Surrender" OneTwo Records• 2006: "Get Used to It"• 2006: "I Don't Know Why I Love You "• 2009: "C'est Magnifique" 脚注 [ ].

次の

Brand New Vibeの歌詞一覧リスト

ブラン ニュー ストーリー 歌詞

来歴 [ ] ブラン・ニュー・ヘヴィーズは1980年代に、ブラザー・インターナショナル Brother International というインストゥルメンタルグループとして結成された。 彼らは最初のレコード契約の後、が彼のシングルので"Minister of New Super Heavy Funk"(新しいスーパーヘビーファンクの大臣)と称されていたことから、ヘビーズという名前を冠し、現在のグループ名となった。 ブラン・ニュー・ヘヴィーズとして、彼らはロンドンのクラブシーンで熱烈な支持を得てからすぐに、クラブのを受け継ぐアシッドジャズミュージシャンとしてと契約することになった。 1990年に、Jay Ella Ruthをリードボーカルとしてのアシッドジャズレーベルで初レコーディングを行い、シングル"Got to Give"をCooltempoレコードからリリースしている。 1990年、と契約し、ブラン・ニュー・ヘヴィーズが決定的な賞賛を得ることとなったアルバム をリリースした。 次いで、の一部門と契約すると、 アメリカではによって販売されることとなった。 そして、Delicious Vinylからメジャーデビューしていたがメンバーとして加わり、彼女をボーカルとしたファーストアルバム Brand New Heaviesの再版バージョンがリリースされた。 シングル"Dream Come True"、"Never Stop"および"Stay This Way"はおよびでヒットし、後にMTVのヘビーローテーションを見たDouglas Gayetonによってミュージックビデオが作られた。 ニューヨークでの 元 およびのとの共演によって、彼らはの要素を取り入れることを思いついた。 セカンドアルバム は、のおよびとのコラボレーションを含み、大きな賞賛を得た。 この作品では女性ボーカルの曲は含まれなかった。 1994年、とIan McAndrewのWildlife Entertainmentのマネージメントの下、 をリリースした。 そして、エンディア・ ダヴェンポートは彼女のソロアルバム(ブラン・ニュー・ヘヴィーズに加入するために先延ばしにしていた)を完成させるため、しばらくブラン・ニュー・ヘヴィーズのボーカルを抜けることとなる。 このアルバムには多くのシングルが含まれている。 の"真夜中のオアシス Midnight at the Oasis " をカバーしたものは、USバージョンのアルバムには含まれず、UKでヒットした。 1997年のアルバム では、がメンバーに加わった。 このアルバムには、のヒット作である作曲の""も含まれているが、この曲もまたUSバージョンのアルバムには含まれなかった。 このアルバムにはヒットシングル"Sometimes"も含まれている。 "Sometimes"のリミックスはQ-ティップがラッパーとして参加している。 2000年、ブラン・ニュー・ヘヴィーズはベストアルバム をリリースした。 このアルバムでは、がいくつかの新しくレコーディングされた曲のボーカルを務めている。 2003年には様々なボーカリストを迎えた日本限定アルバム We Won't Stopを、2004年にはイギリスの歌手をボーカルとして迎えた をリリースした。 2006年4月、ブラン・ニュー・ヘヴィーズは再びエンディア・ ダヴェンポートをボーカルに迎え、以前のDelicious Vinylレーベルへ移籍した。 ニューアルバム Get Used to Itは2006年6月27日にとCDショップから販売している。 このアルバムはニューヨークとロンドンでレコーディングされ、リードシングル"I Don't Know Why I Love You " が3月初旬にリリースされた。 このシングルは、少ししてからにリミックスを依頼してTom Moultonミックス版がリリースされた。 同年、"Jump 'N' Move"が2006年のCGアニメ のサウンドトラックおよび2004'年のゲーム のサウンドトラックとして使われた。 2006年の終わりにはツアーライブを行った。 2009年10月、ブラン・ニュー・ヘヴィーズはライブアルバム Live In Londonをリリースし、2010-2011年に2つのニューアルバムをリリースする計画を発表した。 1つ目の"Heavy Rhyme Experience Vol. 2"は1992年の"Heavy Rhyme Experience Vol. 1"の続編となる予定である。 Dizzee RascalとRoots Manuvaがこのプロジェクトに参加すると噂されている。 2つ目のアルバムは、2006年の"Get Used To It"に続くエンディア・ ダヴェンポートがボーカルのものとなる予定である。 これらのアルバムの正式な発売日は未定である。 メンバー [ ] 名前 楽器 期間 1966年5月17日イーリング生まれ ドラム、キーボード 1985— 1965年10月16日イーリング生まれ ギター、ボーカル 1985— 1966年7月20日イーリング生まれ ベース、キーボード、作詞・作曲、プロデューサー 1985— パーカッション、ギター デビューアルバム 1991 、、キーボード デビューアルバム 1991 1966年5月6日アメリカジョージア州アトランタ生まれ ボーカル 1990—1995, 2005— キーボード 1985—1992 Jay Ella Ruth ボーカル 1990 1960年6月24日アメリカカリフォルニア州ロサンゼルス生まれ ボーカル 1997 ボーカル 2000 ボーカル 2004 ボーカル 2003 1971年1月15日生まれ ライブパーカッション、ライブキーボード ディスコグラフィ [ ] スタジオアルバム [ ]• 1990:• 1991: The Brand New Heavies featuring• 1992: featuring vocals by various hip hop groups and rappers• 1994: featuring N'Dea Davenport• 1997: featuring• 2003: We Won't Stop Japan only release; featuring vocals by Sy Smith• 2004: featuring• 2006: featuring N'Dea Davenport• 2013: Forward featuring N'Dea Davenport• 2014: Sweet Freaks featuring Dawn Joseph• 2019: TBNH featuring Angela Ricci ライブ、リミックス、コンピレーションアルバム [ ]• 1995:• 1995:• 1996: Excursions, Remixes, Rare Grooves And More• 1999: featuring• 2002:• 2006:• 2007:• 2008: featuring N'Dea Davenport• 2009: featuring N'Dea Davenport シングル [ ]• 1988: "Got to Give"• 1990: "Dream Come True Brand New Mix " Acid Jazz; 2年後にリリースされたシングルからの別バージョン• 1991: "" 43位• 1991: "Stay This Way" UK 24• 1992: "Dream Come True '92" UK 24• 1992: "Don't Let It Go to Your Head" UK 24• 1992: "Stay This Way" UK 40• 1994: "" UK 15• 1994: "Back to Love" UK 23• 1994: "" UK 13• 1994: "Spend Some Time" UK 26• 1994: "Brother Sister"• 1995: "Close to You" UK 38• 1995: "Mind Trips"• 1996: "World Keeps Spinning" サウンドトラックより• 1997: "" UK 11• 1997: "" UK 21• 1997: "" UK 9• 1997: "Shelter" UK 31• 1997: "Top 5 Heavy Hits"• 1997: "You Can Do It"• 1999: "Saturday Nite" UK 35• 1999: "Apparently Nothing" UK 32• 2003: "What Do You Take Me For" Flower Records• 2005: "Surrender" OneTwo Records• 2006: "Get Used to It"• 2006: "I Don't Know Why I Love You "• 2009: "C'est Magnifique" 脚注 [ ].

次の