優し さ 名言。 優しくない優しさだってある。

本当の優しさとは?条件・名言(本当の優しさを持つ人の特徴)【類語】

優し さ 名言

『たとえ(易しい)行為でも、そこに(優しさ)があるのであれば、それは尊い。 』 なるほど。 こうも毎日と向き合って、あるいはと向き合って、私が陥りやすいのは当然、『傲慢不遜』である。 積極的に自分とは違う視野、境地を見出すことを忘れたら最後、私は衰退していくだろう。 子供が花をむしり取って、大好きな母親や落ち込んだ兄弟に手渡した。 それはもちろん、安易な行動だ。 花は生きている。 それをむしり取ることは決して褒められた行動ではない。 だが、そこには彼ら彼女らの『優しさ』がある。 やった行動は安易でも、優しくしたいと思ったその心は尊いことは確かだ。 きっとその花を貰った人は、その行為の根幹にある優しさをくみ取り、生きる勇気を貰うだろう。 は言った。

次の

癒しの言葉。心の名言・格言集。

優し さ 名言

実写版シンデレラの心に染みる英語の名言&名セリフ・トップ10 1、I like to see the world not as it is, but as it could be. 世界がどんなところかより、どんなふうになるかを考える(見る)のが好きなの。 常に明るい未来を見るというエラの性格を表したセリフ。 2、 母親:I believe in everything. 私はなんでも信じるわ。 子供のエラ:Well then, I believe in everything too. あら、それなら私もなんでも信じる。 母親からエラにポジティブな考え方が受け継がれていくところを表現したセリフ。 3、Sorrow can come to any kingdom, no matter how happy. 悲しみはどんな王国(家族)にも訪れるもの、たとえどんなに幸せだとしても。 フェアリーゴッドマザーのナレーション。 エラの母親が病気になったときのセリフです。 sorrowは「悲しみ」、「悲痛」といった意味があります。 kingdomは「王国」という意味ですが、この場合は「場所」や「人」と置き換えることもできます。 4、Time passed, and pain turned to memory. 時間が過ぎて、痛みは思い出に変わった。 フェアリーゴッドマザーのナレーション。 母親が亡くなり、時間が過ぎてまたエラに幸せが訪れたことを表現したセリフ。 to turn to ~でこの場合「~に変わる」、「~に変換する」といった意味になります。 5、Have courage and be kind. 勇気と優しさを持つのよ。 死ぬ前に母親がエラに言ったセリフ。 あなたたちは彼をひどく怯えさせたのよ。 キット王子:Who? 誰のことだい? エラ:The Stag. キット王子:But we were hunting, you see. でも僕らは狩をしているんだよ、分かるかい。 (狩とは)そういうものなんだよ。 そういうものだからといって、そうするべきだということ(意味)じゃないわ。 二人の出会いのシーンのセリフ。 to frighten the life out of~で「ひどく怖がらせる」、「死ぬほど震え上がらせる」といった表現になります。 7、Marry for love, not advantage. 愛のために結婚するのであって、得するためじゃない。 エラのセリフ。 advantageはこの場合「得」、「利益」を指します。 8、Kindness is free, love is free. 優しさは無償なの、愛も無償よ。 エラが継母に言ったセリフ。 9、Where there is kindness, there is goodness. And where there is goodness, there is magic. 優しさがあるところには善がある。 善があるところには魔法があるの。 母親のセリフ。 Where there is are ~there is are ~で「~があるところに~がある」という文章になります。 10、I forgive you. あなたを許すわ。 エラが継母に言ったセリフ。 to forgive someoneで「誰かを許す」という意味になります。 ずっと継母にひどい仕打ちを受けてきたエラが最後に言ったセリフです。

次の

優しさで……救える程人間は甘くない:るろうに剣心の名言

優し さ 名言

1-2. 集団内への優しさ さて、同じく他者に対してでも、対象人数が複数になったのが「集団内への優しさ」です。 集団の複数人の人間に対しての直接的な親切ももちろんなのですが、集団を維持することや集団への利益に対することへの親切も含まれてきます。 例えば、会社へお土産のお菓子を持っていくときに人数分持っていくのは当然です。 しかし、その当日に新入社員が入ったため、お菓子が一つ足りなくなったとします。 その帳尻を合わせるために別なお菓子を渡す…ということは、その「新入社員」への優しさのみならず、会社の雰囲気を良くし、円滑にする「集団の維持」に対しての配慮です。 関係が複数になっただけではなく、関係の間に横たわる「コト」に対しても優しくするのが集団内への優しさです。 1-4. 社会全体への優しさ 集団への優しさがさらに拡大したのが社会全体への優しさです。 これは、国であったり、ひいては世界全体と言っても過言ではないでしょう。 例えばゴミをポイ捨てしないことは、ポイ捨てされたゴミを拾う労力削減につながり、その労力削減によって浮いた労力が別のもっと有意義なことに使えるといった、壮大な優しさの連鎖につながります。 この優しさは、自分の目に見えるものでも、コントロールできるものでもありません。 そのため、一番わかりづらくやりがいのない優しさと言えます。 しかし、この優しさは動物としてのヒトが種として繁栄していくために不可欠なもの。 自分で把握できる優しさだけを発揮していては、自分の見えない場所に優しさを施すことはできません。 優しさを知らない誰かに託す行為、それが社会全体への優しさと言えます。 3-2. 身内の関係にのみ引きこもる優しさ 対象が複数人にわたる時、そのグループ内のみに優しくすることが「身内の関係にのみ引きこもる優しさ」です。 これは対象を制限したものであり、逆に言えばその対象グループに入っていない人間には優しくしないというルールが設けられた優しさと言えます。 これは、想定できる見返りを要求しているからです。 同じグループ内にいると、こちらからした親切をまったく同じ形で返してもらえます。 それは安心できる承認のされ方であり、自らが認められていることを確認できる現象なのです。 そのため、自分の会社の人間には挨拶をしても、同じエレベーターに乗り合わせた掃除のおばさんには挨拶をしないというようなことが起こります。 3-3. 自らを省みない優しさ 他人にはとも優しいのに、自分を大切にできない。 仕事を引き受けすぎて残業続きになってしまい、体を壊してしまった。 これも、優しいとは言えません。 なぜなら、生き物の基本である自己への優しさを発揮できていないからです。 他者へ優しくできているように見えるのは、周囲との摩擦を避けているからです。 断るより、自分が困っても受けてしまった方がもめごとが少ないという思考なのです。 その結果、自らに優しくないことがダイレクトに結果に出て、自らのことを傷つけてしまうことになるのです。 自己へ優しくできない事例は増え続けており、社会的に言えば過労死であったり自殺、個人的に言えば自信がないなどの症状が叫ばれるようになっています。 4-1. 時間軸をイメージできる その場のみの親切を行うことは、浅慮な人間がやりがちな行為です。 例えば親が、こどもが泣くからと言ってすぐにお菓子などを買い与えるなどです。 その場を収めたいがゆえにやってしまいがちな優しさですが、これはその後のこどもの性格形成などに悪影響を及ぼします。 それはつまり、その子供のためにならない、本当に優しくはできていないということです。 その後1年は、ひょっとしたらお互い叱ったり泣いたりといった摩擦を避けることができて、すぐに要求を満たすことも優しさであると思えるかもしれません。 しかし、5年後はどうでしょう。 10年後、30年後はどうでしょうか。 時間をイメージせずに行う優しさは、無責任な優しさと言えます。 4-4. 自己犠牲と優しさをはき違えない 自己犠牲と優しさは、似ているようで全く異なるものです。 優しさのレイヤーは、自己から他者へ、他者からグループへ、グループから社会へと広がっていきます。 もっとも根幹となる当人に優しくできていない自己犠牲は、イレギュラーな優しさであり本当の優しさではありません。 言うなれば反則の優しさと言ってもいいでしょう。 自分の身を削っている分、ほかの人より優しさに振り分ける部分が多いのですから、それを優しい人、慈悲深い人ととらえるのは違います。 まずは、自分をいたわること。 自分のできる範囲の親切を行うこと。 限度なしの優しさより、節度を持った優しさこそ本当の優しさと認識するべきです。 5-1. 自信のある人 いつでも自信たっぷりの人は、本当の優しさを持てる人間です。 自信たっぷりと言っても、仕事ができて優越感を持っていそうな人であったり、美しい外見を持って生き生きとしている人という意味ではありません。 毎日を穏やかに暮らし、自分のやっていること、置かれている環境に迷いを持たず、自らの存在に絶対的な信頼を置いている人こそ、ここで言う「自信のある人」という特徴に該当します。 自信のある人は、心に余裕を持っています。 些末なイレギュラー事態や予定変更なども受け入れることができるのです。 そういった余裕こそ、本当の優しさを発揮できる条件です。 心に余裕がなければ、想像力も死んでしまいます。 5-2. 共感力の高い人 先ほど優しいという漢字の由来について触れましたが、積極的な優しさばかりが優しさではありません。 ただ共感し、話を聞くことだって、本当の優しさになり得るのです。 人間は困っていることをすぐに解決したいと考えている人ばかりではありません。 心の負荷を減らすため、愚痴という形で吐き出して、ストレス解消をしている人は多いものです。 そんな人へ、いろいろと想像力を働かせて解決案を出してあげることは逆効果です。 ただ聞いてほしい人へは、ただ聞いてあげる。 その話を聞いて、自分のことのように共感ができる人であればなおのこと良いでしょう。 消極的な優しさの形です。 しかし、求めている人にとっては本当の優しさと受け取ってもらえます。 5-3. 物事を合理的に考えることができる人 意外かもしれませんが、合理性は優しさと相反するものではありません。 合理主義というと計算高く、優しさなど持ち合わせていないイメージを与えてしまいますが、そんなことはありません。 そもそも、優しさとは究極の合理思考。 優しくすることによりメリットがあるから、ヒトという生命体は優しさという手段を獲得したのです。 今、ここで優しくすることによってこんなことが起こり、それはひるがえっては自分のメリットにもなり得る。 そんな考え方ができる人は、人間という種の持つ正しい優しさを持っていると言えます。 実際、根拠のないおせっかいよりは合理的に考えられた親切の方が的確で、ひいてはその人のためになります。 5-4. 対象に深い愛情を持っている人 ここで言う愛情とは、親子の愛情でも、恋人、友人、または食べ物や趣味など多岐にわたります。 深い愛情を持っている人が愛情をはき違えることはあまりありません。 愛情ゆえ、対象のことを考え尽くしているからです。 例えば、とても好きなミュージシャンが結婚すると知った時に、SNSなどを使って祝福するなどの行為も本当の優しさです。 中途半端な愛情で接した場合、ここを誤ってしまうことがあります。 先の例で言えば、好きなミュージシャンのCDの不買運動をしたり、SNSで中傷するなどです。 もちろん、これは優しさではありません。 しかし恐ろしいことに、これを優しさと勘違いしてしまうこともまた愛情によって起こり得るのです。

次の