天王寺 アルバイト 募集。 ドン・キホーテ あべの天王寺駅前店のバイト求人情報(W008572314)|シフトワークス

天王寺区のアルバイト・バイト求人特集

天王寺 アルバイト 募集

高校2年生の冬からこのショップで働き始めて、もうすぐ1年。 アルバイト先にミスタードーナツを選んだのは、明るくて落ち着いたショップの雰囲気が自分に合っていると思ったからです。 もちろんドーナツが大好きだったことも大きな理由でした。 お気に入りの空間で、大好きなドーナツに囲まれて働いていると、あっという間に1日の勤務時間が過ぎちゃうから不思議ですよね。 そんな私のもう1つのお気に入りが、一緒に働いているショップスタッフのみんな。 高校生だけでなく、大学生も多いのですが、みんな本当に仲がいいんです。 仕事だけじゃなく、プライベートの話で盛り上がることも多くて。 たとえば進路について悩んでいたとき、大学生の先輩たちが親身になって相談に乗ってくれました。 普段の高校生活では大学生と接する機会はなかなかないので、とっても参考になりましたね。 これまではレジなどのセールス(販売)を担当していたのですが、この前初めてキッチン(製造)をさせてもらいました。 自分でつくったドーナツをお客様がトレイにのせている姿を見て、思わず感動しちゃいました。 心から「この仕事をしていてよかった!」と思えた瞬間でした。 キッチンについてもっと詳しくなれたら、セールスの仕事にも絶対に活かせるはず。 これからも、新しいことにどんどんチャレンジしていきたいと思っています。 ミスタードーナツで働いていて一番やりがいを感じるのは、どんな小さな努力でも社員や周りのショップスタッフの方がしっかり見ていてくれること。 「よくできたね」「ありがとう」と言ってもらえるから、次も頑張ろうと思えるんです。 大学に進学してもこのショップでのアルバイトを続けて、今度は新しく入ってくる高校生たちのお手本になれたらなって考えています。 ショップがあるのは、自宅と大学の中間にある乗換駅。 違う大学の友だちもいっぱいできて、学生生活はとっても充実しています。 励まし合い、笑い合える仲間がいるのって、ホントにいいですよね。 実は去年の秋、店主のすすめもあって「シフトマネジャー」になりました。 アルバイトさんを取りまとめる立場ですので、常にショップスタッフ全員の動きに気を配ることが求められます。 正直、初めは「私にできるかな」と不安でしたが、これからの人生にとってきっとプラスの経験になるはずだと思い、挑戦を決めました。 今は、自分がどう動けばみんながスムーズに働けるかを最優先に考えながら、責任感をもって毎日の仕事に臨んでいます。 楽しく働けて、同時に成長もしっかりと実感できるミスタードーナツで一緒に働いてみませんか。 上の子が小学校へ入学するタイミングで「もう一度仕事がしたい」と思い、かつて専門学校時代にアルバイトをしていたミスタードーナツへ。 子どもが小さいうちは、10時から14時という短時間の勤務でしたが、「ランチタイムが一番忙しいから」と歓迎してもらえて、勤務当初から気持ちよく働くことができました。 シフトは個別に希望を出せるので、幼稚園や小学校の行事がある日はきちんと休むことができるのもいいところ。 ショップには同じように子どもを持つ主婦が多く、子どもが急に熱を出した際には「うちの子はもう中学生だから1人でも大丈夫!」と言って代わってくださるので大助かりです。 みんなに助けていただいたおかげで、家庭とも両立しながら仕事を続けています。 よかったのは、「ミスタードーナツで働く母」を、子どもが喜んでくれたこと。 かわいくておいしいドーナツがずらりと並ぶショップは、子どもにとっては夢のような場所です。 どうやら「そこでお母さんが働いていたら、自分たちもドーナツをたくさん食べられる」と思ったらしいですね(笑)。 だから、「買ってきて!」というおねだりを受けて、仕事帰りにドーナツを買って帰ったことも少なくありません。 また、働くことがいいリフレッシュにもなりました。 女性にとって、母でも妻でもない、1人の人間として世の中と向き合う時間は、とても貴重です。 ミスタードーナツで仕事を始めて、その切り替えが自然にできるようになり、生活のペースがよくなった気がします。 だから、迷っている方にはぜひチャレンジしてほしい。 毎日がとても楽しくなると思いますよ。 ミスタードーナツで働き始めて、はや30年。 ずっとセールス(販売)を担当し、接客の楽しさを実感する毎日です。 実は前職は秘書。 一見畑違いの仕事のようですが、人が好きで接客にも興味があったので、始めるのに特に抵抗はありませんでした。 当初は早い時間や平日中心で働いていましたが、子育てが終わった今は、夜や土日にシフトを入れることも増えました。 学生など若い人ばかりになるタイミングには、「入ってほしい」と望まれることも。 ある程度歳を重ねた人間がショップにいることで、仲間にもお客様にも安心感を持っていただけるようです。 実際、ほんのちょっとしたお客様との行き違いでも、人生経験がないとうまく対処できないことがありますしね。 そんな場合は、アドバイスをしたり、一緒に応対したりしています。 この仕事を始めてから、とにかく人間関係が広くなりました。 年齢が上がるとともに、周囲から頼られることも多くなりました。 接客の悩みなどはもちろんですが、人生相談をされることもあります。 時には一緒に働いている学生さんに就職の相談をされることも。 そうして親身になって話をしていると、「第2のお母さん」なんて呼んでくれる人もいて、なんだかうれしくなってしまいます。 こんなことは、ミスタードーナツならではでしょうね。 一緒に働いている仲間はもちろん、すっかり顔なじみになったお客様もおられます。 その誰もが、ミスタードーナツでなければ出会えなかった人たちです。 こんなにも自分の世界が広がるなんて、働き始めたときは想像していませんでした。 この仕事を選んで本当によかったと思います。

次の

天王寺駅のバイト・アルバイト求人情報【フロムエー】|パートの仕事も満載

天王寺 アルバイト 募集

高校2年生の冬からこのショップで働き始めて、もうすぐ1年。 アルバイト先にミスタードーナツを選んだのは、明るくて落ち着いたショップの雰囲気が自分に合っていると思ったからです。 もちろんドーナツが大好きだったことも大きな理由でした。 お気に入りの空間で、大好きなドーナツに囲まれて働いていると、あっという間に1日の勤務時間が過ぎちゃうから不思議ですよね。 そんな私のもう1つのお気に入りが、一緒に働いているショップスタッフのみんな。 高校生だけでなく、大学生も多いのですが、みんな本当に仲がいいんです。 仕事だけじゃなく、プライベートの話で盛り上がることも多くて。 たとえば進路について悩んでいたとき、大学生の先輩たちが親身になって相談に乗ってくれました。 普段の高校生活では大学生と接する機会はなかなかないので、とっても参考になりましたね。 これまではレジなどのセールス(販売)を担当していたのですが、この前初めてキッチン(製造)をさせてもらいました。 自分でつくったドーナツをお客様がトレイにのせている姿を見て、思わず感動しちゃいました。 心から「この仕事をしていてよかった!」と思えた瞬間でした。 キッチンについてもっと詳しくなれたら、セールスの仕事にも絶対に活かせるはず。 これからも、新しいことにどんどんチャレンジしていきたいと思っています。 ミスタードーナツで働いていて一番やりがいを感じるのは、どんな小さな努力でも社員や周りのショップスタッフの方がしっかり見ていてくれること。 「よくできたね」「ありがとう」と言ってもらえるから、次も頑張ろうと思えるんです。 大学に進学してもこのショップでのアルバイトを続けて、今度は新しく入ってくる高校生たちのお手本になれたらなって考えています。 ショップがあるのは、自宅と大学の中間にある乗換駅。 違う大学の友だちもいっぱいできて、学生生活はとっても充実しています。 励まし合い、笑い合える仲間がいるのって、ホントにいいですよね。 実は去年の秋、店主のすすめもあって「シフトマネジャー」になりました。 アルバイトさんを取りまとめる立場ですので、常にショップスタッフ全員の動きに気を配ることが求められます。 正直、初めは「私にできるかな」と不安でしたが、これからの人生にとってきっとプラスの経験になるはずだと思い、挑戦を決めました。 今は、自分がどう動けばみんながスムーズに働けるかを最優先に考えながら、責任感をもって毎日の仕事に臨んでいます。 楽しく働けて、同時に成長もしっかりと実感できるミスタードーナツで一緒に働いてみませんか。 上の子が小学校へ入学するタイミングで「もう一度仕事がしたい」と思い、かつて専門学校時代にアルバイトをしていたミスタードーナツへ。 子どもが小さいうちは、10時から14時という短時間の勤務でしたが、「ランチタイムが一番忙しいから」と歓迎してもらえて、勤務当初から気持ちよく働くことができました。 シフトは個別に希望を出せるので、幼稚園や小学校の行事がある日はきちんと休むことができるのもいいところ。 ショップには同じように子どもを持つ主婦が多く、子どもが急に熱を出した際には「うちの子はもう中学生だから1人でも大丈夫!」と言って代わってくださるので大助かりです。 みんなに助けていただいたおかげで、家庭とも両立しながら仕事を続けています。 よかったのは、「ミスタードーナツで働く母」を、子どもが喜んでくれたこと。 かわいくておいしいドーナツがずらりと並ぶショップは、子どもにとっては夢のような場所です。 どうやら「そこでお母さんが働いていたら、自分たちもドーナツをたくさん食べられる」と思ったらしいですね(笑)。 だから、「買ってきて!」というおねだりを受けて、仕事帰りにドーナツを買って帰ったことも少なくありません。 また、働くことがいいリフレッシュにもなりました。 女性にとって、母でも妻でもない、1人の人間として世の中と向き合う時間は、とても貴重です。 ミスタードーナツで仕事を始めて、その切り替えが自然にできるようになり、生活のペースがよくなった気がします。 だから、迷っている方にはぜひチャレンジしてほしい。 毎日がとても楽しくなると思いますよ。 ミスタードーナツで働き始めて、はや30年。 ずっとセールス(販売)を担当し、接客の楽しさを実感する毎日です。 実は前職は秘書。 一見畑違いの仕事のようですが、人が好きで接客にも興味があったので、始めるのに特に抵抗はありませんでした。 当初は早い時間や平日中心で働いていましたが、子育てが終わった今は、夜や土日にシフトを入れることも増えました。 学生など若い人ばかりになるタイミングには、「入ってほしい」と望まれることも。 ある程度歳を重ねた人間がショップにいることで、仲間にもお客様にも安心感を持っていただけるようです。 実際、ほんのちょっとしたお客様との行き違いでも、人生経験がないとうまく対処できないことがありますしね。 そんな場合は、アドバイスをしたり、一緒に応対したりしています。 この仕事を始めてから、とにかく人間関係が広くなりました。 年齢が上がるとともに、周囲から頼られることも多くなりました。 接客の悩みなどはもちろんですが、人生相談をされることもあります。 時には一緒に働いている学生さんに就職の相談をされることも。 そうして親身になって話をしていると、「第2のお母さん」なんて呼んでくれる人もいて、なんだかうれしくなってしまいます。 こんなことは、ミスタードーナツならではでしょうね。 一緒に働いている仲間はもちろん、すっかり顔なじみになったお客様もおられます。 その誰もが、ミスタードーナツでなければ出会えなかった人たちです。 こんなにも自分の世界が広がるなんて、働き始めたときは想像していませんでした。 この仕事を選んで本当によかったと思います。

次の

天王寺駅のバイト・アルバイト求人情報【フロムエー】|パートの仕事も満載

天王寺 アルバイト 募集

高校2年生の冬からこのショップで働き始めて、もうすぐ1年。 アルバイト先にミスタードーナツを選んだのは、明るくて落ち着いたショップの雰囲気が自分に合っていると思ったからです。 もちろんドーナツが大好きだったことも大きな理由でした。 お気に入りの空間で、大好きなドーナツに囲まれて働いていると、あっという間に1日の勤務時間が過ぎちゃうから不思議ですよね。 そんな私のもう1つのお気に入りが、一緒に働いているショップスタッフのみんな。 高校生だけでなく、大学生も多いのですが、みんな本当に仲がいいんです。 仕事だけじゃなく、プライベートの話で盛り上がることも多くて。 たとえば進路について悩んでいたとき、大学生の先輩たちが親身になって相談に乗ってくれました。 普段の高校生活では大学生と接する機会はなかなかないので、とっても参考になりましたね。 これまではレジなどのセールス(販売)を担当していたのですが、この前初めてキッチン(製造)をさせてもらいました。 自分でつくったドーナツをお客様がトレイにのせている姿を見て、思わず感動しちゃいました。 心から「この仕事をしていてよかった!」と思えた瞬間でした。 キッチンについてもっと詳しくなれたら、セールスの仕事にも絶対に活かせるはず。 これからも、新しいことにどんどんチャレンジしていきたいと思っています。 ミスタードーナツで働いていて一番やりがいを感じるのは、どんな小さな努力でも社員や周りのショップスタッフの方がしっかり見ていてくれること。 「よくできたね」「ありがとう」と言ってもらえるから、次も頑張ろうと思えるんです。 大学に進学してもこのショップでのアルバイトを続けて、今度は新しく入ってくる高校生たちのお手本になれたらなって考えています。 ショップがあるのは、自宅と大学の中間にある乗換駅。 違う大学の友だちもいっぱいできて、学生生活はとっても充実しています。 励まし合い、笑い合える仲間がいるのって、ホントにいいですよね。 実は去年の秋、店主のすすめもあって「シフトマネジャー」になりました。 アルバイトさんを取りまとめる立場ですので、常にショップスタッフ全員の動きに気を配ることが求められます。 正直、初めは「私にできるかな」と不安でしたが、これからの人生にとってきっとプラスの経験になるはずだと思い、挑戦を決めました。 今は、自分がどう動けばみんながスムーズに働けるかを最優先に考えながら、責任感をもって毎日の仕事に臨んでいます。 楽しく働けて、同時に成長もしっかりと実感できるミスタードーナツで一緒に働いてみませんか。 上の子が小学校へ入学するタイミングで「もう一度仕事がしたい」と思い、かつて専門学校時代にアルバイトをしていたミスタードーナツへ。 子どもが小さいうちは、10時から14時という短時間の勤務でしたが、「ランチタイムが一番忙しいから」と歓迎してもらえて、勤務当初から気持ちよく働くことができました。 シフトは個別に希望を出せるので、幼稚園や小学校の行事がある日はきちんと休むことができるのもいいところ。 ショップには同じように子どもを持つ主婦が多く、子どもが急に熱を出した際には「うちの子はもう中学生だから1人でも大丈夫!」と言って代わってくださるので大助かりです。 みんなに助けていただいたおかげで、家庭とも両立しながら仕事を続けています。 よかったのは、「ミスタードーナツで働く母」を、子どもが喜んでくれたこと。 かわいくておいしいドーナツがずらりと並ぶショップは、子どもにとっては夢のような場所です。 どうやら「そこでお母さんが働いていたら、自分たちもドーナツをたくさん食べられる」と思ったらしいですね(笑)。 だから、「買ってきて!」というおねだりを受けて、仕事帰りにドーナツを買って帰ったことも少なくありません。 また、働くことがいいリフレッシュにもなりました。 女性にとって、母でも妻でもない、1人の人間として世の中と向き合う時間は、とても貴重です。 ミスタードーナツで仕事を始めて、その切り替えが自然にできるようになり、生活のペースがよくなった気がします。 だから、迷っている方にはぜひチャレンジしてほしい。 毎日がとても楽しくなると思いますよ。 ミスタードーナツで働き始めて、はや30年。 ずっとセールス(販売)を担当し、接客の楽しさを実感する毎日です。 実は前職は秘書。 一見畑違いの仕事のようですが、人が好きで接客にも興味があったので、始めるのに特に抵抗はありませんでした。 当初は早い時間や平日中心で働いていましたが、子育てが終わった今は、夜や土日にシフトを入れることも増えました。 学生など若い人ばかりになるタイミングには、「入ってほしい」と望まれることも。 ある程度歳を重ねた人間がショップにいることで、仲間にもお客様にも安心感を持っていただけるようです。 実際、ほんのちょっとしたお客様との行き違いでも、人生経験がないとうまく対処できないことがありますしね。 そんな場合は、アドバイスをしたり、一緒に応対したりしています。 この仕事を始めてから、とにかく人間関係が広くなりました。 年齢が上がるとともに、周囲から頼られることも多くなりました。 接客の悩みなどはもちろんですが、人生相談をされることもあります。 時には一緒に働いている学生さんに就職の相談をされることも。 そうして親身になって話をしていると、「第2のお母さん」なんて呼んでくれる人もいて、なんだかうれしくなってしまいます。 こんなことは、ミスタードーナツならではでしょうね。 一緒に働いている仲間はもちろん、すっかり顔なじみになったお客様もおられます。 その誰もが、ミスタードーナツでなければ出会えなかった人たちです。 こんなにも自分の世界が広がるなんて、働き始めたときは想像していませんでした。 この仕事を選んで本当によかったと思います。

次の