定額 小 為替。 定額小為替の購入方法。便利な送金方法でスムーズなお取引を

定額小為替の購入時・使用時における処理について

定額 小 為替

定額小為替の購入方法と、発行時に発生する手数料についてご紹介します。 ・購入場所 定額小為替は郵便局か、ゆうちょ銀行の窓口でのみ購入することができます。 コンビニや銀行などの金融機関では購入できません。 ちなみに定額小為替証書には、50円、100円、150円、200円、250円、300円、350円、400円、450円、500円、750円、1,000円の12種類の金種があり、そのなかから必要な送金額分を組み合わせて購入します。 ・手数料 定額小為替を購入(発行)する際には、手数料が100円(消費税込)かかります。 この手数料は一度の発行に100円かかるというのではなく、定額小為替1枚を発行するごとに発生するため注意が必要です。 たとえば800円分の定額小為替を購入するとき、500円の定額小為替1枚と300円の定額小為替1枚、計2枚の発行が必要となります。 このとき定額小為替発行手数料は2枚分の200円かかることになり、トータルの料金は1,000円です。 定額小為替証書の発行が済むと、購入した金額分(枚数分)の定額小為替を受け取れます。 その際に何点か記入が必要になる部分があるため、書き方を覚えておきましょう。 記入欄は3つありますが、購入者側が関係するのはそのうち2つです。 ・指定受取人 おなまえ(表面) 定額小為替を購入した人が記入する欄で、受取人本人が記入する必要はありません。 この欄に関しては一般的に空欄にしておきます。 ・おところ おなまえ(表面) この欄は受取人が必ず記入する必要があります。 住所と氏名を記入し、押印(シャチハタ不可)しましょう。 ・委任欄:代理人、委任者(裏面) この欄は表面の「指定受取人」に受取人が指定されていて、他の人が代理で郵便局またはゆうちょ銀行の窓口に行って換金する場合に書かなければなりません。 実際に換金に来る人が名前を記入する欄と、委任者(指定受取人)の欄があります。 委任者は代理人に換金を依頼する前にあらかじめ住所と氏名を記入し、押印(シャチハタ不可)しておきましょう。 受け取りの方法によっては記入する必要がない部分もあり、ケースバイケースです。 不明な点は窓口の方に尋ねてみましょう。 定額小為替と間違えやすいものとして、普通為替というものがあります。 普通為替は「普通為替証書」や「郵便為替」と表現される場合があり、一方の定額小為替は「定額為替」や「小為替」「郵便小為替」などと呼ばれます。 普通為替も定額小為替と同様に、郵便局かゆうちょ銀行の窓口で発行できる商品です。 この2つの明確な違いは、発行できる金額にあります。 定額小為替が最大1,000円の証書を発行できるのに対し、普通為替は最大500万円までの為替発行(現金送付)に対応が可能。 また普通為替の発行手数料は5万円未満なら430円、5万円以上は650円で、定額小為替同様に1枚当たりの手数料です。 ちなみに普通為替は指定した金額の証書が発行できるため、送り先が1件であれば1枚分の手数料で済みます。 これらを簡単に覚えるのであれば、「定額小為替=少額」「普通為替=高額」と認識しておけば十分でしょう。 少額送金に便利な定額小為替ですが、何点か注意事項があります。 そのひとつが「有効期限」です。 定額小為替は証書が発行された日を起点として、6ヶ月の有効期限が設けられています。 それを過ぎても換金することは可能ですが、手数料100円に加え場合によっては本人確認書類が必要になるでしょう。 できるだけ期限内に換金するのがベストです。 また同一金種を100枚以上購入する予定の方は、定額小為替を発行して欲しい金融機関にあらかじめ連絡をしておくことも忘れずに。 証書は汚したり破ったりせず大切に扱いましょう。 少額の送金を手軽に送金できる定額小為替。 使いこなすことができれば、公的書類の発行申請などもスムーズに行うことができます。 ぜひマスターして便利に活用しましょう。

次の

小為替の消費税の処理

定額 小 為替

定額小為替の払い戻しはできるの? わざわざ郵便局に出向いて定額小為替を発行してもらったのに、不要になったら困ってしまいますよね。 はたして、払い戻しはしてもらえるのでしょうか? 払戻すことは可能ですが… ゆうちょ銀行の送金サービスである 定額小為替は、ゆうちょ銀行か郵便局の窓口で定額小為替証書を発行し、その証書を受け取った人が窓口で換金します。 この方法だと、相手に銀行口座を教えずに済むので安心ですよね。 また、少額の支払いにも向いていることから、個人で売買をする際の支払い方法として好まれているようです。 もし、一度発行した定額小為替証書が不要になり、使わずに手元に残ってしまった場合は、 為替に組んだ金額分だけ払い戻しが可 能です! 受取人欄に名前が書かれていなければ 持参人に払い渡しされるので、自分で換金(払い渡し)できるのです。 ただし、 発行してもらった時に支払った 手数料は、残念ながら戻ってきません。 払い戻し請求をする際は、次のものが必要になります。 <払戻請求に必要な持ち物>• 定額小為替証書(有効期間経過や汚損、き損により再交付をしている場合は 再交付証書)• 本人確認書類 定額小為替の書き方ですが、 金額の左隣りの「指定受取人」の欄は記入しなくてOKです。 この欄は、本来送金する側の人が記入しますが、一般的に間違いを避けるために無記名で送ることが多いです。 換金者が記入するのは、 指定受取人の下の「おところ・おなまえ」の欄です。 氏名と住所を記入後、名前の横の「印」のところに押印します。 もし書き方がよくわらないという場合は、窓口で教えてもらうとよいでしょう。 定額小為替の払い戻しでは、手数料ってかかるの? 定額小為替を 発行する時には、 証書1枚につき 100円の手数料がかかります。 民営化される前は10円だったので、大幅に値上げされて「高い!」という声もあがっていますよね。 ただし、 払い戻しをする場合には 手数料はかかりません。 使わなくても発行する手間はかかっているので、当然ながら発行時にかかった手数料分までは払い戻しにはなりません。 受取人が換金する 「払い渡し」の場合も、発行したものを使わずにお金に戻す 「払い戻し」の場合も、 換金するのに手数料は不要ということなんですね。 期限切れの定額小為替でも払い戻しができる!ただし注意点あり 定額小為替証書の有効期間は 発行日から6ヶ月で、その期間内ならば払い戻しはスムーズにできます。 期限切れの小為替というのは、この有効期間を過ぎた状態ということになりますが、6ヶ月経過後でも換金はできるのでご安心ください! 有効期間を経過した定額小為替は、 為替証書の再発行手続きが必要になるので、 本人確認書類と印鑑を持参して窓口へ行く必要があります。 その手続きが済めば小為替が郵送されてくるので、再び現金との交換ができるようになりますよ。 ただし、 発行日から5年間を過ぎても、為替証書の再発行や換金の請求を行わなかった場合、 受取人は為替金を受け取れなくなってしまうので注意が必要です。 「使うかもしれない」と言って、大事に持っているうちに5年が経過してしまうと換金できなくなってしまいます。 そのため、未使用分があったり自分が受取人になったりした時には、速やかに換金することをオススメします! 定額小為替はもちろん、普通小為替も郵便局の 貯金窓口のみでの取り扱いとなっています。 万が一、忙しくて郵便局に本人が出向けない場合はどうすればよいのでしょう? そこで、次章では 「払い戻しの手続きは代理人OKなの?」という疑問を解決します。 払い戻しの手続きは代理人でもOKなの? 定額小為替を受け取って払い戻しをしたいものの、 「平日の昼間は忙しくて窓口まで行ってられない!」という方もいることでしょう。 その場合、代理人にお願いしたいところですが…。 定額小為替の払い戻しは、代理人に手続きを依頼できます! 代理人に手続きを委任する場合は、別途 委任状が必要なので少し面倒ですが、わざわざ窓口へ行く時間を作るよりは融通が利きますよね。 また換金(払い渡し)の場合は、 証書の委任欄に受取人名を記入すればよく、委任状は不要なのでもっと簡単です。 いずれにしても、代理の人にお願いする場合はいくつか注意点があるので、以下の内容をきちんと伝えましょう。 払い戻しを委任する際はここに注意! 前述しましたが、代理人に委任する際には 委任状が必要になり、こちらは 委任者が自筆で記入しなければなりません。 委任状のダウンロードや書き方に関しては、ゆうちょ銀行の以下のページで確認してください。 【参照:】 また、 定額小為替は、購入(発行)、換金(払い渡し)、払い戻しの全てが貯金窓口でしか行えません。 なので、 コンビニでは簡易局併設の店舗を除いて取り扱えないので、注意が必要です。 また、 土日や祝祭日は貯金窓口が休みなので、為替の取り扱いはできません。 土日営業の郵便局もあるのですが、郵便窓口の業務はあっても貯金窓口の業務は行っていないので、為替の換金や払い戻しはできないんです。 定額為替を換金したり購入したりする際には、取り扱いの時間も押さえておきましょう。 一般的に、郵便局での 現金の取り扱いは 16時までのところがほとんどです。 ただし、まれに 18時まで為替の取り扱いをしてくれる局もあります! もし遅めの時間にしか行けない場合、以下のサイトで 「平日・17~18時・為替」で指定して検索してみてくださいね。 【参照:】 まとめ 最後に、今回の内容を再確認しましょう!• 定額小為替は為替に組んだ金額分だけ 払い戻しが可能• 払い戻しや払い渡しに 手数料はかからない• 定額小為替の有効期間は 発行から6ヶ月• 6ヶ月以降~5年までは 再発行手続きで現金化が可能• 5年を過ぎても換金や再発行の手続きをしないと 換金できなくなる• 手続きは委任状があれば 代理人が行ってもOK• 定額小為替は貯金窓口のみで取り扱われ、 土日や夜間は手続き不可 定額小為替は、郵便局へ行けば切手のような感覚で発行できるため、 手軽な支払方法ですよね。 ですが 有効期間があるので、切手のように 何年たっても使えるわけではないというところに注意が必要です。 また、貯金窓口のみでの取り扱いなので時間帯に制限はありますが、手続き自体は簡単です。 5年以上たってしまい、換金できなくなるともったいないので、使わなかった為替は早めに払い戻しをしておきましょう。 これもお金の管理のうちですよ! 最近はクレジットカードでの決済が主流で、それ以外でもコンビニ決済や電子マネーなどの支払い方法が多いです。

次の

定額小為替の購入方法!コンビニや銀行でも可能?

定額 小 為替

定額小為替の購入方法や送り方の体験談やその他の基本を説明します。 調べてみると、ようするに ・郵送できる、郵便局でお金に換金できる券(証書) だと分かりました。 なぜこれがあるかといえば 現金は、郵便でもゆうぱっくでもそのまま郵送することはできません。 千円札とか5百円玉をそのまま封筒に入れては送れないので、 手軽にお金を郵送したい方はどうするかといえば 定額小為替を郵便局で買って、それを封筒に入れて送ると早くて便利です。 定額小為替は、小さい金額を手軽に安い手数料で、 相手が換金できる券(為替証書)にして送ることができる というイメージです。 他に押さえておくべき基本は 定額小為替 購入の基礎知識 ・種類 定額で金額が買える種類は12種類 ・手数料 1枚につき100円 ・購入場所 郵便局のゆうちょ窓口 ・営業時間 平日9時~16時までが多い(ゆうちょ窓口) ・持ち物 特に必要なし(10万円分以下まで) ・証書には何も記入しないで送る です。 種類 全部で10種類の金額が用意されている 50円、100円、150円、以下円は略 200、250、300、350、400、450、500、750、1000円 ようするに、 ・50円~500円分までは50円きざみ で券が用意され ・500円以上の金額は、750円と1000円が用意 されています。 他に押さえておきべきなのは 購入場所 郵便局のゆうちょ窓口 *コンビニや銀行では買えない 定額小為替が買える場所は、郵便局です。 ・コンビニ・銀行・スーパー では残念ですが買えません。 さらに郵便局の中の「ゆうちょ窓口」のコーナーでの購入です。 郵便局は、 ・荷物や郵便の手続きをする「郵便窓口」 と ・貯金やお金の手続きをする「貯金窓口」 で手続きをします。 このうち定額小為替の購入は「貯金窓口」で行ないます。 ちなみに、買った後の送る段階となれば、封筒等に入れた小為替を送るのは普通の郵送と変わりませんから ・郵便窓口 で行ないます。 注意点としては、貯金窓口の営業時間です。 土日祝はやってない となります。 一部の大きな郵便局では18時まで貯金窓口は営業してますが、ほとんどの郵便局は午後4時までです。 だから購入は平日に済ませなければいけません。 ・持ち物 特に必要なし ・券には何も記入しないで送るケースが多い 定額小為替の購入方法:体験談 実際に僕が300円分の定額小為替を購入した時の体験談で説明します。 まずは郵便局に行きます。 そして貯金窓口に行き 「定額小為替を300円分ください」とスタッフの人に伝えました。 「定額小為替振出請求書」という申込み用紙を渡されました。 ここに スポンサーリンク 定額小為替の送り方:体験談 封筒に先ほど買った300円分の小為替を入れます。 何も記入せずに、ただ入れるだけで大丈夫です。 入れたら封をテープや、のりで閉じます。 あとは普通に郵便を送るのと同じです。 封筒の表に切手を貼り、表面に送りたい相手先の ・郵便番号 ・名前 ・住所 を記入 裏面に自分の ・郵便番号 ・名前 ・住所 を記入します。 そしてポストに投函もしくは、郵便局の窓口に持っていって終わりです。 注意しないといけないのは ・中身の定額小為替には何も記入しないで送る ・送る封筒には、相手先と自分の名前と住所を書く です。 封筒に何も書かないと、どこに送るか分かりませんから相手に届きませんからね。 他 定額小為替には特に何も記入しないで送る *盗難防止のために受取人に名前を書く人もいる 通常、小為替には何も記入せずにそのままの状態で送ります。 ・「指定受取人」 ・「上記の金額を受け取りました」 という箇所が空欄になっていますが、どちらにも何も書かなくても大丈夫です。 空欄のものをそのまま送るのは、何か気持ち悪いですが、仕組みとしては 受け取った人が、郵便局に行って、空欄に記入をしてお金を受け取るようになっています。 ただし、まったく別の人が換金しないようにする目的のため ・指定受取人 の箇所に、受け取る人の名前を書くのも1つです。 郵便局の「貯金窓口」での販売です。 コンビニでも買える「切手」等とはちがい、この定額小為替は「ゆうちょ銀行」の金融商品です。 コンビニで株式投資の株券が買えないのと似たような話となります。 封筒の送り方は3つある 小為替を入れた封筒を入れる方法は3つの種類があります。 1番安くすむのは ・普通郵便 ですし、普通郵便で送るのもノーマルです。 しかしこれは、追跡や保証がありません。 もし心配なら ・簡易書留 ・特定記録 をつけることで、相手にちゃんと届いたかが分かるようになります。 定額小為替は、50円ごとでしか種類がないので50円未満の端数のちょうど分にはできません。 630円分などといった金額はどうするかといえば方法は2つあります。 1.定額小為替でなく、普通為替に変更してお金を送る 500万円以下で、自分の好きな金額に指定できます。 2.相手に端数分の返金は不要もしくは違う機会に、端数分のお金は返してもらうようにする の2つです。 1番安く済むように封筒を大きくせず ・82円 の切手で送ることができます。 深夜や早朝に買うことができれば便利ですが、しかしこの窓口で定額小為替を買うことはできません。 購入するのに中学生・高校生で大丈夫か? 特に年齢制限はないので、購入できる.

次の