クチート 夢特性。 【ポケモン剣盾】クチートの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ちからずく

クチート 夢特性

ゲーム 【ポケモン剣盾】クチート、ポケモンバトルの才能がない【ソード&シールド育成論失敗】 最近、ポケモン剣盾でのクチートの活用方法を考えていたのですが、ある結論にいたりました。 その驚きの活用方法とは… そんなものない もうクチートはゲーフリにポケモンバトルの才能を与えてもらえなかったということであきらめようかなと思っています。 クチートとは クチートは第三世代から登場したポケモンで、根強い人気を誇っています。 長くはがね単体でしたが、前作ではフェアリータイプが追加され、 はがね・フェアリーという優秀なタイプになりました。 強力なとくせいの一つである『いかく』を持ち、夢特性では 設計ミス仕様によっていのちのたまのダメージを打ち消しながらさらに火力をあげられる『ちからずく』を持っています。 はがね、フェアリーのわざをタイプ一致で放てるほか、それ以外にも広い技範囲を持ちます。 クチートが使えない理由 ではなぜそのような優秀なはずのクチートが全然使えないのかといえば、 単に数値が足りないからです。 ポケモンには種族値というポケモンの種類別の才能みたいなものがあるんですよ。 クチートの種族値は以下です。 HP 50 こうげき 85 ぼうぎょ 85 とくこう 55 とくぼう 55 すばやさ 50 合計 380 ミミッキュと比べてみましょう HP 55 こうげき 90 ぼうぎょ 80 とくこう 50 とくぼう 105 すばやさ 96 合計 476 なんやねん クチートの種族値合計は、剣盾に登場する全ポケモン中8位です。 もちろん下からです。 クチートより種族値の合計が低いポケモンは、そもそも特殊な姿だったり、特別なとくせいを持っていたり、進化前だったりするので、数値の低さが問題になりません。 たとえば、メタモンは合計種族値288しかないポケモンですが、とくせい『かわりもの』によって、場に出た瞬間相手ポケモンのわざ・能力・能力上昇をコピーします。 こうなるともともとの種族値はHPしか関係なくなります。 こういうことを加味すると、 クチートの種族値はポケモン剣盾最底辺であるといえます。 クチー最トより純粋に数値が低いポケモンはデリバードくらいですね。 それでもたすきカウンターやみちづれでにわか殺しする運用方法があるだけましです。 フェアリー・はがねというタイプで、物理ドラゴンに強く出たいですね。 HBに極振りしてしっかり受けましょう。 この型のなにより悪いところは、こちらからも有効打がないということです。 こうげきに振らないとタイプ一致のじゃれつくを打っても1発じゃ落ちないので。 ダイマックスしてもダメです。 見てくださいよこのオノノクスの種族値 HP 76 こうげき 147 ぼうぎょ 90 とくこう 60 とくぼう 70 すばやさ 97 合計 540 全部負けてるじゃねーか 化け物じみたこうげき種族値147はもう仕方ないですが、とくこうすらクチートのほうが低いっていうのはひどいですね。 クチートの紙耐久では、耐えるという方向性はダメなことがわかりました。 対策されると何もできず終わるのですが、にわか殺しには使えます。 問題は、 今作ではカウンターもメタルバーストも覚えられないということです。 残念でした。 威力450を超えるので、オノノクスやドラパルトなどの強力無比なドラゴンを確定1発で仕留めることが出来ます。 ただし、これには多くの問題があります。 まず、クチートは遅いんですよ。 すばやさ50しかないんです。 上から殴られるため何もできないんですよ。 これにはおいかぜなりトリックルームなりでお膳立てするという方法もなくはないですが…問題はこれだけではありません。 ダイマックスされると耐えられてしまうんですわ。 こちらもダイマックスをきれば良さそうですが、それをしたところで一発耐えられるんですよ。 なんでタイプ一致ダイフェアリー耐えんねんとその時点で理不尽ですが、むこうのタイプ不一致技でこっちの方が先に落とされるんですわ。 ドラパルトはじゃくてんほけん持ってることも多いですから、仮に先攻をとれたところで耐えられてかえしのダイホロウなりダイバーンで終わります。 しかも、今作のダイマックスではちからずくが意味ないので価値が下がっています。 クチートを入れたパーティーで上位に行くのは無理なのか? クチートを構築に入れたパーティーで勝ち進むことが無理かといえば、そんなことはないと思います。 他のポケモンでたくさんお膳立てをすればクチートを使って相手ポケモンを倒していくことも可能ですし、補助型でステロを撒くというようなこともできます。 パーティーに入れるだけでよいのであれば、他の5体から強い3体を選出すれば当然勝てます。 しかし、それはクチートのおかげで勝っているということになるのでしょうか。 ポケモン育成でよく言われるのが 差別化という言葉です。 これは、他のポケモンではできないことをするということです。 他の誰かの劣化では意味がないんです。 クチートを入れたパーティーで、他のポケモン達が強くて勝てたとしても、バトルがうまくて勝てたとしても、 別のポケモンをいれた方が明らかに強いのは変わらないんですわ。 その時点で クチートにはポケモンバトルの才能がないということなのです… 400匹まで減らしたわけですから、もう少しゲーフリにはポケモンの性能調整をしてほしかったですね。 今からでもパッチでなんとかしてほしいくらいです。 137• 342•

次の

【ポケモンGO】クチートの色違いとおすすめ技&弱点

クチート 夢特性

種族値:50-85-85-55-55-50(合計380) 一見、なんだこの種族値!と思えます。 実際そうです。 努力値:CS252 A4 性格:うっかりや 準速クチートは無振り81族まで抜けます。 つまりS振ってないポケモンには大抵先手がとれます。 性格はCに+補正、AとSが無補正であればなんでもOK つまりうっかりやかおっとりですね。 Bを活かすためにもうっかりやがオススメです。 個体値もACSがVであればOKです。 最悪ACだけVでも使えそう。 努力値C252 S136 A120 素早さを4振りハッサム抜き調整、残りA、Cに252です。 これによりラティオスを冷B+ふいうちで確定で倒せます。 こちらも性格はうっかりやかおっとり、うっかりや推奨ですね 狩れるポケモン 氷4倍群:ガブリアス・ボーマンダ・カイリュー等 炎4倍群:ハッサム・シュバルゴ・ナットレイ 岩4倍群:ウルガモス・リザードン 火力がないので弱点頼みです。 2倍弱点が入るポケモンでも、2倍+ふいうちで倒せることも。 詳しくはダメージ計算にて。 力ずく適用技について 前提として、補正有りC252と補正有りA252設定で、 メタモンに攻撃した結果が、以下の通りです。 冷Pと冷Bは1%程度しか差がないですが、冷Pのが少し上です。 ダメージ計算(与ダメ) VSウルガモス H252ガモスが無補正無振りいわなだれで95. 6%〜114. 8%(高乱1 VSナットレイ D特化ナットレイが補正有りC252きあいだま41. 4 VSカイリュー H252精神力カイリューに補正有り252振り冷凍ビームで92. ダメージ計算(被ダメ) 不一致抜群どころか等倍でも持っていかれます。 そのため、必要そうなダメ計だけします。 クチートは耐久D下降補正無振りです。 補正無しA252振りガブリアス げきりん:47. 補足事項 ・ 冷Pよりも冷Bなのはマンダやグライオン意識と考えてもらってOKです。 ・ きあいだま不採用は、バンギが倒せない・ナット乱3だからです。 ・ メタバ不採用はこの型でやる必要がないからです。 ・ アイアンヘッド不採用は他の技に比べ技の範囲が狭いからです。 ・ 珠は無理です。 耐久がなさすぎます。 HCにしても無理です。 ・ クチートを使いたい方への育成論です。 型としてはニドキングの劣化です。 威嚇との立ち回りの違い 威嚇型は4世代の技も使えますし、やれることが多いです。 何より威嚇の恩恵がかなり大きく、並みの攻撃も1発受けれます。 鋼の耐性を活かし、強気に後だしでも出ていくことができます。 先発怒りの前歯や、みがわり剣舞と、相手を翻弄します。 威嚇をまき、相手の行動をみながら攻撃するのが威嚇型だと思います。 それに加え力ずくは、耐久に努力値を振らないので、想像以上に速いです。 基本的に後手後手だと思われがちなクチートが先に殴ってきます。 それに加え、抜群がとれれば1発・2発で落とせる火力を持っています。 力ずくは、鈍足相手なら先に殴って確2に、速攻相手なら技+ふいうちで 倒すといった、かなりアタッカー要素の強い型です。 威嚇じゃないのでメタルバーストを読ませてしまうのも面白いところかと。 使った感想 意外に早い。 S70族以下は特に、S無振りのことが多い。 そのため先に弱点技で殴って確2に持ち込める。 あと悠長に積み技を選択するポケモンも多い。 ウルガモス・カイリュー・オノノクス等。 弱点をつければ割りと火力を発揮してくれます。 目立ったデメリットが、弱点がとれないときついこと。 等倍ごり押しがほぼ通用しない。 特殊寄りなので、大文字・冷凍Bが入らない相手は特に無理。 (岩等倍の炎など) しんそくで上から殴られる。 最後っ屁のふいうちが通りにくい。 以上になります。 夢クチートの個体を見つけ次第、育ててみたいと思います。 まだ洋館解禁から1度も洋館に行けてないんですけどね;; ニドキングの劣化になってしまう部分はもうどうしようもないと割り切るしかないですよね。。。 評価は文句をつけるところも見当たらないので5です。 劣化が言われてますが、そこはマイナーの宿命なので仕方ないですね… 育成論はいいと思うので評価5入れときます。 可愛い故と思っておきます 無論の評価5で。 グロスとも炎技の有無が差別化要素ですかね。 駄文失礼致しました。 それを否定するのであれば、「新手のギャグですか?」などという中身のない煽りなのではなく、 きちんと具体的に劣化ではない理由を説明すべきでしょう。 攻撃技のレパートリーもキングのほうが上ですし。 耐久面もタイプは優秀ですが種族値(特にD が低いのでダメ計のとおり余裕でもってかれますから厳しい。 でもまあクチート好きだったりクチートを使いたい人からすればさらに可能性が広がったということで万々歳ですね。 ということで評価5入れさせていただきます。 抜群でないとちからずく適用技でも残念な火力なので火力・範囲の補強としての意義は大いにありますし、 (H無振りVでの実数値は125、この型ですと仮想敵は炎氷等倍以下の高速ATなのでCS振りでも威力は十分でしょう) メタバ以外の候補技も仮想敵に威力不足のきあいだま、ピンポイントのいわなだれやくさむすび程度ですので。 他の2特性との差別化は単純に仮想敵への火力や火力UPアイテム分の枠で出来ていますし、 メタバの搭載によってニド夫妻との差別化も問題なく出来ます。 もちろんメタバ採用は読みへの依存度が大きくなりますし、メタバを主軸に据えて最大限に生かすのなら型を変えた方が良いのですが、 この型にそのままメタバを突っ込んでも問題ないと思いますよ。 (これは力づくでなくても他の型にもいえる) ヤミラミのメタバは特性あとだしとの相性が抜群なのは勿論の事、夢特性の悪戯心もメタバ後に先制で補助技を使える。 エルフーンのトリルもトリル下であっても特性悪戯心によって補助技(置き土産など)を先制して出すことができるため役割遂行的に問題はない。 元々優秀な技なら恩恵を受けなくても採用されるではなく、特性との相性がいい・他の役割遂行ができるから採用される。 ではこのクチートにメタバはどうかといわれれば、素早さに振っているこの型では本来抜けない相手を抜いてしまう可能性もあり使いにくい。 メタバを使うなら正直ほかの型でした方がいい。 それに素早さに振ってるとはいえ種族値50ですし、素早さもインフレ状態の環境ではまだまだ遅い部類ですし、それでも気になるならある程度素早さを切って攻撃に回せば火力も少しはあがるでしょうよ。 まあつまるところ個人の選択でいいんじゃないですか?.

次の

ちからずく

クチート 夢特性

戦闘に出たときに相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 第8世代からは、特性『きもったま』『せいしんりょく』『どんかん』『マイペース』の相手には無効。 3倍になる。 また、追加効果がある技を使うと、道具『いのちのたま』の反動効果や『かいがらのすず』の回復効果を受けない。 攻撃対象の相手の道具『だっしゅつボタン』『レッドカード』『アッキのみ』『タラプのみ』および特性『にげごし』『ききかいひ』『へんしょく』『わるいてぐせ』『ぎゃくじょう』の効果も発動させない。 なお、自分の能力ランクを下げる技や反動技、ダイマックス技は追加効果の対象ではない。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 技『のみこむ』『はきだす』の効果を上げる。 3回までたくわえることができる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 1つの時は100、2つの時は200、3つの時は300になる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 Lv. 相手の回避率を2段階下げる。 第6世代までは草むらなどフィールドで使うと野生のポケモンが出現。 第6世代では群れバトル発生 Lv. 変化技を使えなくする Lv. 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 21 XY〜GBA ,Lv. [Lv. 26 XY〜GBA ,Lv. 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5倍をその相手に与える。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。

次の