一眼 レフ ピント が 合わ ない。 マニュアルフォーカスに挑戦する前に覚えておきたいコツ

マニュアルフォーカスに挑戦する前に覚えておきたいコツ

一眼 レフ ピント が 合わ ない

Contents• 一眼レフカメラがいつもと変わっていてもそれは故障では無く単なるミスかも しに行った時にちょっと残念な失敗をおかしまして、カメラに付けたレンズはでウロチョロする娘の後ろ姿を撮っていたんですが飽きたので標準のキットレンズに交換。 キャップを取り、電源を入れてちょっとシャッターを半押しにして構えてみたらいつもと違う。 あれれ?に違和感が? ピントが合わないピピッと鳴らない?? さっきまで確実に鳴っていたピントが合った時のピピッと言う音が鳴らない? ファインダーを覗いて半押ししてもピントが合っていないのか自分のしたのかピントが合っていない感じがするのです。 おかしい・・・に合わせてあげれば良いだろうと言う安易な発想でグルグル回して判押ししてもフラッシュは立ち上がるが音は鳴らない。 今度は電源を落としてからもう一度電源を入れてみるが全く反応が無い。 「ヤバイ・・・カメラ壊れたかも」と嘆くパパを悲しい目で見つめる娘・・・ ツーボタンリセット そんなわけで原因がわからない、さっきまでちゃんと作動していたのにレンズをに換えてからの症状なのでカメラ本体が壊れている可能性は低いだろうと勝手に憶測する。 そして以前どこかで見た記憶のあるツーボタンリセットを試してみることにした。 「MENUボタン」と「infoボタン」を同時に押すとすべての設定がリセットされると言う機能。 これを使って駄目ならあきらめようと思い2秒押して試してみる。 が、症状が治らなくてただメンドクサイことになっただけでした(撮影サイズ変えたり、今まで設定したとかやり直しが出てくる) とある気付で解決した アレコレやって解決せず・・・ふとレンズを見ていて気がつきました。 前日の夜にした時にフォーカスモードのスイッチと、 手振れ補正のスイッチを切ってマニュアルにしていたんです(笑) いや笑うところじゃない、本人真剣ですからw そっか、 フォーカスモードのスイッチ切っちゃうとマニュアルになるからオートフォーカスにならないんだと気がつきました。 今までこのスイッチを切ったことがあるのは夜景撮影のときだけ、ってか前々回に行ったは切るのを忘れていたはずで今回は切ってみただけでした。 その他のピントが合わない原因は? そんなわけでピントが合わない原因って他にあるのか探してみました。 AFモードがマニュアルモードになっている 2. 電池の残量が無い 3. カメラとレンズの接点異常 4. レンズまたはカメラ内部電子機器の故障 5. 視度調節ダイヤルが動いている 6. レンズの異常 7. オートフォーカスが苦手としている被写体に向けている 8. 被写体が近すぎる 9. レンズが曇っている 10. 対象物にフォーカスポイントが合っていない 11. マクロレンズを使っている 12. 実は手ブレ 上記はさんの記事の一部を抜粋しています。 こんなにピントが合わない原因があるとなるとかなり気をつけていないと見過ごしそうで怖いですね。 僕の場合だと一番上の「1」AFモードがマニュアルモードになっていると言う状態でした。 夜景撮影後の設定を確認と元通りに戻す癖をつける 夜景撮影など普段やらないことをした後はちゃんと元どおりにしておかないといけませんね。 もそうなんですが、ズボンのポケットに入れたまま車に乗ったりして無くしそうで怖いです。 たまたま嫁が見つけてくれたので良かったのですが洗濯されちゃう危険も出てきますのでやっぱり元に戻す癖をつけましょう。 その中でも毎回ちゃんと元通りにするのは、なぜなら大きいままだと持ち運びがメンドクサイからですが、小さいものは余計に気をつけないといけません。 今回の反省 怠け者の僕ですからそのうち色んな物を無くす予感がありますのでちゃんと片付けること。 普段のカメラ設定にちゃんと戻すこと。 カメラバックの定位置にすべての機材を戻すことを徹底しようと思います。 レンズのオンオフスイッチも同じですね。

次の

一眼カメラのシャッターが切れない時のよくある原因と対処方法

一眼 レフ ピント が 合わ ない

Contents• まずは確認!! ピントが合わないからといって故障や自分のテクニックを疑わないでください。 最初に上手く行かない時には以下の項目を試してみて下さい。 マニュアルフォーカスになっている フォーカス自体ができない時に考えられるのがマニュアルフォーカスになっている事です。 まずレンズの側面に付いているツマミを見て下さい。 AF・MFというツマミがあるはずです。 この黄色い枠のツマミがMFになっていると手動でフォーカスします、という事になりますので、AFに切り替えましょう。 例えばカバンにしまった時に切り替わる事もあるのでチェックしてください。 これに似た事で言えば、モードダイヤルが勝手に切り替わるという事もありますので落ち着いて対処しましょう。 電池が無い 撮影に夢中になっているとうっかり電池残量が無くなっていた…なんてこともあります。 まずは撮影する前にバッテリー残量を確認してから撮影しましょう。 あとモニターをチェックして何も表示されていなければ電池を充電するか、予備バッテリーを使いましょう。 僕は一応いつもバッテリーを2個持ち歩いていますので、あなたもできればバッテリーを2個持ち歩くことをおススメします。 レンズの接触異常 カメラとレンズの接触異常もピントが合わない原因の一つになります。 しっかり接触していないとピントが合わないばかりかシャッターが切れない事もありますのでモニターを確認しましょう。 原因はカメラのメンテナンスをしていない・カメラにレンズがしっかりはまっていない・気温が暑かったり、寒かったりすると起きます。 モニターを見れば表示されているので撮影前に確認しましょう。 レンズの異常 レンズに異常があればフォーカスできない事もあります。 例えばレンズにゴミが挟まっていたり、テープで固定してあるとかが考えられます。 そもそもレンズが動かないのですぐ気づくと思いますが状況によってはその場で対処できない事もあるので無理にいじらずお店で見てもらう事が最適です。 あとカビが発生してレンズが汚れてピントが合わない事もありますので、乾燥した場所で保管する事をおススメします。 保管に関する記事はコチラ 近すぎるとピントが合わない 接写でピントが合わないのはカメラ本体ではなく、レンズに原因があるのです。 レンズには撮影距離がありこの撮影距離と被写体が合わないとピントが合わないというトラブルになります。 一つの例にしてみて見ましょう。 この写真の某クマのキャラクターに近づいて接写してみます。 シャッターは切れますがピントが合っていません。 最短撮影距離が近いと撮りたい被写体にピントが合わず後ろの白枠にピントが合ってしまいました。 カメラが一番合いやすい所にピントが合ったという事になります。 対処としては、少し離れてピントが合う位置まで移動する事が大切です。 接写はできませんが撮りたい被写体にピントが合うことが出来ます。 マクロレンズをつかう もっともな対処法になりますがマクロレンズ 接写専用レンズ を使うのが最適でまず間違いないでしょう。 マクロレンズを使うと簡単に接写できます。 但し、マクロレンズは非常に高価なレンズになりますので、興味半分でなかなか買えないレンズになります。 僕は主にポートレートを撮っていますがマクロレンズ一本は欲しいですね。 クローズアップレンズ さすがに高くてマクロレンズは買えないというあなたに接写用のフィルターがあります。 レンズの保護フィルターにセットするだけで簡単に接写を楽しむ事ができます。 価格も3000円しないフィルターもあるので手軽にマクロの世界を楽しむ事ができます。 例えば、撮影距離が近いとこんな風にピントが合わずにぼけてしまいます。 でも同じ撮影距離でクローズアップレンズを使うと こんな風にマクロに撮れます。 このレンズはリーズナブルな割によく使えるので一つ持っておいて損はないです。 このフィルターはマクロの段階 1. の数字がありますが、数字が多いほどマクロが強くなります を選んで使用する形になりますのでチェックしてみて下さい。 購入する際はレンズ口径をお間違えの無いようにして下さい。 トリミングする できるだけ近づいて撮影し後でトリミングしてマクロを作る、この方法ならすぐ実践できます。 最近の一眼レフは画素数が多いので画質が荒くなりにくくなってますし、自分の好きな構図で設定できるので楽にできます。 ただし、カメラマン的に満足できるやり方ではないし、被写体の雰囲気が分かりにくい等のデメリットもあります。 なのでマクロに関するアクセサリーがそろうまではこのやり方を試してみてもいいと思います。 まとめ 1. 撮影する前にカメラをチェックする 2. 撮影距離に気をつける 3. マクロレンズ以外にもフィルターやエクステンションチューブがある 4. アマチュアで試合に出場し、県で3位になる。 プロボクサーを目指すも目の病気があり断念する。 工業高校在学中に自分は工業系に向いてないと思い、両親の職業の理容をめざす。 地元の専門学校に入学すると同時に走り屋としても目覚め、ガソリンスタンドのバイトと走り屋をメインに生活を送る。 無事専門学校を卒業し同時に理容師国家資格を取得する。 東京で理容師として働く。 地方出身という事で訛りで苦労する。 アシスタント時代に先輩に「いい所が全くない」と言われ本気で地元に帰ろうとするが、辞めたら負けだと思い留まる。 後にお店のチーフに昇格し、後輩育成に取り組む。 それと同時にお店で一眼レフを使い撮影会を始める。 機材も知識もない全て一からのスタートでモデルさんを撮り続ける日々が続く。 しかし上手く行かず独学では無理があると感じ、キャノンのスクールに通う。 技術よりも教育に興味が出て、現場を離れ専門学校の教員になる。 専門学校でも撮影会を行う。 一眼レフ初心者に向けたブログを作成中である。

次の

単焦点レンズの使い方と撮り方のコツ|おすすめレンズも紹介

一眼 レフ ピント が 合わ ない

カメラレンズが原因でピントが合わない主な理由はこの2つです。 まずは簡単にチェックできるポイントを見ていきましょう! かめこ レンズのAFモードがマニュアルモード設定となっている まずはレンズの側面についているスイッチに注目してください。 AF側にスイッチする カメラレンズのスイッチが、すでにAFモードになっている場合は次に進みましょう! レンズの最短焦点距離より短い距離の被写体を撮ろうとしている レンズに記載されている最小焦点距離を確認してください。 画像はズームレンズです。 この写真のズームレンズの場合、 焦点距離は18 〜 55mmで 18 mmが最短焦点距離となります。 使用しているレンズに記載がない場合やわかりづらい場合は、インターネットで下記のように調べると良いです。 「使用しているレンズ名 + 最短焦点距離」 ちなみに表で簡単に説明するともっと分かりやすいです。 レンズの焦点距離が被写体との距離以下にならないように気を付けること! そこを抑えておけばOKです! かめこ その他カメラレンズが要因でピントが合わないケース• AFモードにスイッチ• 最短焦点距離以下にピントを合わせている 上記2つを実施し、それでもピントが合わない場合は カメラレンズそのものが壊れている可能性があります。 カメラレンズの破損はレンズがパキッと割れている以外にも、内部的に不具合を起こしてピントが合わないことが考えられます。 その場合レンズの見た目でどこが問題なのか判断が難しいです。 自分でいくら調整しても合わない場合の 解決方法はメーカーへ修理依頼をすることです。 そもそも破損していたら直す手段は修理しかないため、早めに修理依頼をかけてしまいましょう! カメラボディが原因でピントが合わない2つの理由 カメラボディが原因でピントが合わない理由は大きくわけて2つあります。 ボディ側のAF設定がMF(マニュアル)モードになっている• 視度設定ダイヤルの設定がおかしい カメラボディが原因でピントが合わない主な理由はこの2つです。 レンズ同様にまずは簡単にチェックできるポイントを見ていきましょう! かめこ カメラボディの設定がMFモードとなっている カメラレンズのスイッチをAFモードにしていても、カメラ本体であるカメラボディの設置がMFモードに設定されていることでピントが合わない場合があります。 カメラはCanon Kiss X7 カメラ設定画面のオレンジ枠が、AI FOCUSやAFとなっていることを確認します。 カメラレンズ側でAF側にスイッチ設定している場合自動で設定されるカメラもあるのでささっと見ておきましょう。 視度設定ダイヤルの設定値がおかしい カメラボディのファインダーの横についているダイヤルの設定値のことです。 ) 視度設定の役割はファインダーで見える度数を設定しています。 眼鏡屋さんでレンズの度数を調整するイメージです。 かめこ ダイヤルの設定値がおかしい場合、ピントは合ってるけどファインダーでのぞくとボケて見えることがあります。 ダイヤルを回すだけで簡単なのでぐるぐる回してみましょう! その他カメラボディ要因のピントが合わないケース• カメラボディの設定がAFモードになっている• 視度設定値が正しい 上記2つが合っていて、それでもピントが合わない場合は カメラボディそのものが壊れている可能性があります。 カメラレンズ同様に、内部的に不具合を起こしている場合は見た目上で判断ができないため、メーカーに修理依頼をしてもらうことが良いです。 被写体にピントを合わせる簡単なコツ ここではAF(オートフォーカス)モードで被写体にピントを合わせる簡単なコツを教えます。 紹介するテクニックを覚えておくだけで、シャッターを切るのが早くなり 決定的な瞬間を逃すことが少なくなります。 簡単なテクニックですのでぜひ身につけてくださいね! ここで紹介するのはAFの仕組みではなく、ピントを合わせるコツです。 アクティブ方式、パッシブ方式や位相差AFなどの仕組みを教えてません。 仕組みについては現在解説記事の作成中のためもうしばらくお待ちください。 ・AFの仕組み仕組みを紹介(更新準備中) ピントを合わせる簡単なコツ1:色の境界面(境目)にピントを合わせる AFモードでピントを合わせる簡単なコツは、 色の境界面に(境目)にピントを合わせることです。 この青空の画像の場合、色境界面(青い空と白い雲)にAFの点を合わせることでピントを合わせることができます。 もちろん手前の緑と黒い岩や青い海でピントを合わせることも可能です。 ちなみに、AFモードでは色の差がないポイントにピントを合わせるのが難しいです。 例えば青空のみを撮ろうとしてもピントが合わない……そんな経験ありませんか? AFモードで簡単にピントを合わせるには、 色と色の境目にピントを合わせると すばやく被写体にピントを合わせることができるため覚えておいてくださいね! カメラを持ちたての人にはぜひ知ってもらいたいコツです! かめこ ピントを合わせる簡単なコツ2:F値(絞り値)を上げ下げする 2つ目のピントを合わせる簡単なコツは、F値(絞り値)を上げ下げすることです。 F値は下げるほど被写体前後にボケ感ができ、被写体をくっきりと映し出すことができます。 つまりピントがなかなか合わない場合は、 F値を下げるのではなく逆にF値を上げることで被写体にピントが合いやすくなります。 ただ、F値を上げ過ぎても映し出す写真にメリハリがなくなるので、はじめにF値を上げて被写体にピントを合わせることに慣れてきたらF値を下げて写真にボケ感を出し映える写真を撮っていきましょう! ピントを合わせる簡単なコツ3:被写体より前に自分の手を撮ってみる 最後に紹介するピントを合わせる簡単なコツは、被写体を撮影する前に自分の手を撮ってみることです。 なぜ? と思うかもしれませんが、これは多くのカメラマンが実践していることでもあります。 【まとめ】被写体にピントを合わせる簡単なコツ 被写体にピントを合わせる簡単なコツを紹介しました。 AFのポイントを色境界面(境目)に合わせること• F値を上げてピントを合わせる幅を広げる• 自分の手を撮ってピントが合うか確認する 被写体のピントを合わせることに慣れるまでは紹介したコツを実践すると簡単にピントを合わせることができます。 特に自分の手を撮ってピントが合うかどうかを確認することは、 ピントを合わせる以外にも明るさの確認、カメラボディやカメラレンズの故障にいち早く気付くことができます! どうしてもピントが合わない場合は、カメラ本体のボディ、もしくはレンズが原因で不具合が起きているかもしれません。 この記事に書いてますが、使用しているものに不具合がないか下のリンクからジャンプして確認してみてくださいね。 ・ それでは最後までみていただきありがとうございました!.

次の