まんが タイム きらら。 まんがタイムきらら

19年12月号 まんがタイムきらら 感想 全作品サクッとレビュー|きららの日々

まんが タイム きらら

・ポリエステルならではの、あざやかな発色と、精密なディティールが楽しめます。 ・速乾性が高く、サラっとした着心地です。 ・シワになりにくく、色落ちにも強い、光沢を抑えたポリエステル生地を使用しています。 ・お部屋に飾ってインテリアとしても楽しめます。 ・新食品衛生法に適合しておりますので、安心してご使用いただけます。 ・電子レンジ・食器洗浄機使用可。 ・直火・オーブンでのご使用は、本体破損や絵柄部分が変色する原因となります。 ・研磨付きタワシ・クレンザーは表面を傷つけることがあります。 ・前後、袖、首まわりまで、全面にプリントが入ったフルグラフィックTシャツ。 ・ポリエステルならではの、あざやかな発色と、精密なディティールが楽しめます。 ・速乾性が高く、サラっとした着心地です。 ・シワになりにくく、色落ちにも強い、光沢を抑えたポリエステル生地を使用しています。 大容量フルグラフィックトート! ・イベントやお買い物で活躍! ・プリント面が大きいのでデザインが映える! ・背面は無地になります。

次の

〈まんがタイムきらら展 in 新潟〉限定販売情報|二次元キャラクターグッズ製作販売の二次元コスパ|NijigenCOSPA

まんが タイム きらら

『 まんがタイムきららMAX』(まんがタイムきららマックス)は、発行の。 原則として毎月19日に発売されている(ただし、地域によっては発売日が異なることがある)。 B5判、平綴じである。 まんがタイムきららMAX MANGA TIME KIRARA MAX ジャンル 読者対象 17歳 - 27歳男女 刊行頻度 月刊(原則毎月19日発売) 発売国 言語 出版社 編集部名 まんがタイムきららMAX編集部 発行人 東敬彰 編集人 小林宏之 08407 刊行期間 2004年5月 - (増刊誌時代含む) 発行部数 8万部(2010年調べ) レーベル まんがタイムKRコミックス 姉妹誌 ウェブサイト 『』など他のきらら系雑誌とは姉妹誌の関係にある。 歴史 増刊誌 通巻号数は Vol. 1まで刊行。 - 『まんがタイムきらら』2004年7月号増刊として創刊( Vol. 増刊誌は1冊のみ刊行。 月刊誌 2020年1月19日現在、通巻号数は NO. 185まで、創刊年数は 16年目。 - 『まんがタイムきららMAX』 2004年11月号として独立創刊。 毎月29日刊行で創刊。 - 『まんがタイムきららMAX』 2005年11月号発売号より、 毎月29日から 毎月19日に変更、定価も改訂。 - 『まんがタイムきららMAX』 2006年9月号発売号より、創刊以来使用してきた(文字飾り)のついた "MAX" のロゴを変更するなど、デザインをポップに大幅リニューアル。 - 『まんがタイムきららMAX』 2008年12月号が刊行。 この号で通巻号数が No. 50になる。 - 『まんがタイムきららMAX』 2009年11月号が刊行。 この号で、 独立創刊5周年になる。 また、5周年記念付録として「かなめもアンソロジー」を付録している。 - 『まんがタイムきららMAX』 2010年5月号が刊行。 - 『まんがタイムきららMAX』 2013年2月号が刊行。 この号で通巻号数が No. 100になる。 また、100号記念ふろくとして、メモリアルブックカバーを付録している。 - 『まんがタイムきららMAX』 2013年8月号が刊行。 「2013年夏の読書感想文コンクール」の開催を告知。 MAX誌で連載された作品を対象に感想文を募集。 11月号で優秀作品の発表。 - 『まんがタイムきららMAX』 2014年10月号が刊行。 創刊10周年記念号。 10周年記念冊子「MAXX(マックステン)」が付録。 - 『まんがタイムきららMAX』 2017年4月号が刊行。 この号で通巻号数が No. 150になる。 掲載作品のドラマCD化タイトル 各作品に詳細あり。 2013年7月19日現在。 『』 - 発売日:• 『』 - 発売日:• 『』 - 発売日:• 『』 - 発売日:2011年 掲載作品のアニメ化タイトル 各作品に詳細あり。 『』 - 2009年7月 - 9月放送• 第1期 - 2013年7月 - 9月放送• 第2期 - 2015年4月 - 6月放送• 劇場版 - 2016年11月12日公開• 第1期 - 2014年4月 - 6月放送• 第2期 - 2015年10月 - 12月放送• 第3期 - 2020年10月放送予定• 劇場版 - 2017年11月11日公開• OVA - 2018年9月26日発売• 『』 - 2016年10月 - 12月放送• 『』 - 2018年4月 - 6月放送 掲載作品のゲーム化タイトル 2018年11月現在。 - 2016年3月3日発売、機種:• - 2015年12月17日発売、機種:PlayStation Vita、参加作品:『きんいろモザイク』『ご注文はうさぎですか? (、2010年2 - 3月号ゲスト、6月号 - 2020年5月号、特別編 Best wishes. として 2020年7月号 - ・コミックFUZでは土曜枠)• (、2010年12月号ゲスト、2011年3月号 - ・コミックFUZでは金曜枠)• (、2012年10月号 - 11月号ゲスト、2013年2月号 - )• (、2014年5月号 - 7月号ゲスト、8月号 - )• (原作:・作画:、2017年4月号 - ・コミックFUZでは連載が終了 )• (、2018年2月号 - 4月号ゲスト、5月号 - )• (、2018年1月号 - 4月号ゲスト、6月号 - )• (、2018年8月号 - 9月号ゲスト、11月号 - )• (、2018年8月号 - 9月号ゲスト、12月号 - )• (、2018年8月号 - 9月号ゲスト、12月号 - )• (、2018年9月号 - 11月号ゲスト、2019年1月号 - )• (、2018年11月号 - 2019年1月号ゲスト、3月号 - )• (、2019年2月号 - 4月号ゲスト、6月号 - )• (、2019年1月号 - 3月号ゲスト、7月号 - )• (、2019年5月号 - 6月号ゲスト、9月号 - )• (、2019年8月号-10月号ゲスト、12月号 - )• (、2019年9月号-10月号ゲスト、2020年2月号 - )• (、2020年1月号 - 2月号ゲスト、2020年4月号 - )• (、2020年2月号 - 4月号ゲスト、2020年5月号 - )• (、創刊号 - 2004年11月号)(以降は『まんがタイムきらら』のみで連載し終了)• (、創刊号 - 2004年12月号)(以降は『まんがタイムきららキャラット』のみで連載し終了)• (、創刊号 - 2004年12月号)(以降は『まんがタイムきららキャラット』のみで連載し終了)• (、創刊号 - 2004年12月号)(以降は『まんがタイムきららキャラット』のみで連載し終了)• (、創刊号 - 2005年5月号、隔月連載)(以降は『まんがタイムきららキャラット』のみで連載し終了)• (、創刊号 - 2005年10月号)(以降は『まんがタイムきららキャラット』のみで連載し終了)• (、創刊号 - 2006年2月号、隔月連載)• (、創刊号 - 2006年3月号)• (、創刊号 - 2008年4月号)• (、創刊号 - 2008年12月号)• (、創刊号 - 2009年6月号)• (、創刊号 - 2009年9月号)• (、創刊号 - 2011年5月号、9月号 - 2012年8月号)• (、2004年11月号 - 2005年10月号)• (、2004年11月号 - 2006年3月号)• (、2004年11月号 - 2006年8月号)• (、2004年11月号 - 2006年9月号)• (石見翔子、2004年11月号 - 2007年5月号 )• (、2004年11月号 - 2007年6月号)• (、2004年11月号 - 2007年7月号)(2006年6月号から産休のため休載含む)• (、2004年11月号 - 2009年1月号)• (、2004年11月号 - 2015年12月号)• (、2004年12月号 - 2006年3月号)• (、2004年12月号 - 2009年5月号)• (、2005年1月号 - 2015年4月号)• (、『まんがタイムきらら』単発掲載数回を経て2005年6月号 - 2010年5月号)• (、2005年7月号 - 2009年10月号)• (、2005年8月号 - 2006年11月号)• (、2005年9月号 - 2008年4月号)• (、2005年10月号 - 2014年2月号)• (、2005年11月号 - 2006年2月号)(これ以前に『まんがタイムきらら』で2002年7月号 - 2004年2月号)• (、2005年11月号 - 2006年11月号)• (、2006年3月号 - 2010年6月号)• (、2006年7月号 - 2011年1月号)• (、2006年11月号 - 2008年8月号)• (、2006年10月号 - 2010年12月号)• (、2006年10月号 - 2009年11月号)• (、2007年6月号 - 2011年4月号、2012年4月号 - 2013年12月号)• (、2007年10月号 - 2008年12月号)• (、2007年11月号 - 2009年11月号)• (、2007年11月号 - 2014年2月号)• (、2007年8 - 9月号、2008年3月号ゲスト、2008年4月号 - 2010年5月号)• (、2008年6月号 - 2010年7月号)• (、2008年7月号 - 2009年12月号)• (、2008年7月号 - 2010年9月号)• (、2008年1、3、6 - 8月号ゲスト、10月号 - 2010年9月号)• (、2008年11月号 - 2010年12月号)• (、2004年11月号、2005年4、6、10月号、2006年4月号、2007年3、8月号、2008年5月号掲載の後、2009年2月号 - 2010年10月号、偶数号隔月連載)• (、2009年7月号 - 2012年10月号)• (、2009年7 - 8月号ゲスト、10月号 - 2011年1月号)• (、2009年10月号 - 2010年12月号)• (、2009年10月号 - 2012年3月号)• (、2009年11月号 - 2011年1月号)• (、2009年9月号ゲスト、12月号 - 2012年1月号)• (、2009年12月号 - 2011年1月号)• (、2009年9 - 10月号ゲスト、2010年1月号 - 2012年1月号)• (、2009年11月号 - 2010年1月号ゲスト、3月号 - 2011年11月号)• (、2009年12月号ゲスト、2010年4月号 - 2011年3月号)• (、2010年7月号 - 2014年6月号)• (、2010年7月号、9月号ゲスト、11月号 - 2011年10月号)• (、2010年7 - 8月号ゲスト、11月号 - 2012年5月号)• (、2010年9月号ゲスト、2011年1月号 - 2013年1月号)• (、2010年10 - 11月号ゲスト、2011年2月号 - 2014年5月号)• (、2011年1月号 - 2012年1月号)• (、2011年4月号 - 2014年4月号)• (、2011年1 - 2月号ゲスト、5月号 - 2013年5月号)• (、2011年3 - 5月号ゲスト、6月号 - 2013年4月号)• (、2011年6月号 - 2013年7月号)• (、2011年6 - 7月号ゲスト、8月号 - 2013年12月号)• (、2010年12月号ゲスト、2011年10月号 -2014年6月号 )• (、2011年4 - 6月号ゲスト、11月号 - 2014年1月号)• (、2011年8 - 9月号ゲスト、2012年2月号 - 2013年5月号)• (、2011年10月号ゲスト、2012年2月号 - 2014年2月号)• (、2011年12月号 - 2012年1月号ゲスト、4月号 - 2014年3月号)• (、2012年1 - 2月号ゲスト、6月号 - 2016年3月号)• (、2012年7月号 - 8月号ゲスト、10月号 - 2014年8月号)• (、2012年11月号 - 2018年3月号)• (、2013年3月号 - 2015年4月号)• (、2013年5月号ゲスト、8月号 - 2015年7月号)• (、2013年6月号 - 7月号ゲスト、10月号 - 2015年11月号)• (、2013年8月号 - 10月号ゲスト、2014年1月号 - 2015年9月号)• (、2013年9月号、2014年2月 - 3月号ゲスト 、2014年4月号 - 2016年1月号)• (、2013年9月号 - 11月号ゲスト、2014年4月号 - 2016年4月号)• (、2013年11月号 - 2014年1月号ゲスト、2014年4月号 - 2016年4月号)• (、2014年6月号 - 2016年6月号)• (、2014年6月号 - 2015年4月号 、2016年7月号 - 2017年11月号)• (、2013年7月号、2014年1月号 - 2月号、4月号、6月号 - 8月号ゲスト、9月号 - 2015年2月号)• (、2014年4月号 - 6月号ゲスト、9月号 - 2016年10月号)• (、2014年9月号 - 2017年1月号)• (、2014年7月号 - 9月号ゲスト、10月号 - 2016年8月号)• (原作:・作画:、2014年2月号 - 4月号ゲスト、11月号 - 2016年9月号)• (、2015年3月号 - 4月号ゲスト、7月号 - 2016年5月号)• (、2015年4月号 - 5月号ゲスト 、9月号 - 2017年10月号)• (、2015年6月号・8月号ゲスト 、9月号 - 2018年9月号)• (、2015年7月号 - 9月号ゲスト、10月号 - 2017年8月号)• (、2015年7月号 - 8月号ゲスト、11月号 - 2017年10月号)• (、2015年9月号 - 11月号ゲスト、12月号 - 2017年10月号)• (、2015年10月号 - 11月号ゲスト、2016年1月号 - 2017年12月号)• (、2015年11月号 - 12月号ゲスト、2016年1月号 - 2019年1月号)• (、2016年2月号 - 2019年4月号)• (、2016年1月号 - 2月号ゲスト 、4月号 - 2018年3月号)• (、2016年3月号 - 5月号ゲスト、6月号 - 2019年5月号)• (、2016年4月号 - 5月号ゲスト、7月号 - 2018年6月号)• (、2016年5月号 - 6月号ゲスト、8月号 - 2018年7月号)• (、2016年6月号 - 7月号ゲスト、8月号 - 2018年7月号)• (、2016年5月号 - 6月号ゲスト、8月号 - 2019年3月号)• (、2016年11月号 - 12月号ゲスト、2017年2月号 - 2018年1月号)• (、2017年5月号 - 6月号ゲスト 、8月号 - 2019年7月号)• (、2017年6月号 - 8月号ゲスト、9月号 - 2019年7月号)• (、2017年7月号 - 8月号ゲスト、11月号 - 2019年12月号)• (、2017年9月号 - 11月号ゲスト 、2018年1月号 - 2020年4月号)• (、2017年11月号 - 2018年1月号ゲスト、3月号 - 2020年1月号)• (、2019年1月号 - 2020年1月号) 表紙の変遷 4コマ誌においては、他のジャンルの漫画雑誌と異なり、表紙イラストが1名の作家によって複数月連続して担当されることが多いという特徴がある。 またテレビアニメが放送されている期間は、その作品が表紙を担当する。 ここでは、本誌の表紙イラストを担当していた作品・作家と、その担当していた期間を記す。 【増刊誌時代】• (水瀬凛) (創刊号(Vol. 1)) 【月刊誌】• (あらきかなお)(2004年11月号(独立創刊号)、2005年2月号、5月号)• (濱元隆輔)(2004年12月号、2005年3月号 - 4月号)• (中平凱)(2005年1月号)• (門井亜矢)(2005年6月号 - 2006年8月号、2008年5月号、10月号)• (未影)(2006年9月号 - 2008年1月号、3月号、6月号、8月号 - 9月号、2009年2月号、4月号)• (真田一輝)(2008年2月号、7月号、12月号、2009年5月号、2010年7月号、12月号、2011年6月号、12月号)• (すか)(2008年4月号、11月号、2010年6月号、2012年1月号)• (荒木風羽)(2009年1月号)• (石見翔子)(2009年3月号、6月号 - 2010年5月号、11月号、2011年3月号 - 4月号、2012年5月号)• (未影)(2010年8月号、10月号、2011年1月号 - 2月号、7月号 - 8月号、10月号 - 11月号)• (鈴城芹)(2010年9月号)• (原悠衣)(2011年5月号、9月号、2012年2月号、6月号、9月号、11月号、2013年1月号 - 12月号、2014年2月号、10月号 - 11月号、2015年1月号、3月号、5月号 - 8月号、2016年9月号、2017年3月号、7月号、9月号、2018年9月号、11月号、2019年7月号、9月号、2020年3月号、5月号)• (ほた。 )(2012年3月号)• (Koi)(2012年4月号、7月号、10月号、12月号、2013年4月号、2014年1月号 - 10月号、12月号、2015年2月号、4月号、9月号 - 2016年2月号、8月号、10月号、2017年4月号、6月号、10月号、12月号 - 2018年2月号、4月号、10月号、12月号、2019年2月号、5月号、11月号、2020年2月号)• (仏さんじょ)(2012年8月号)• (くろば・U)(2016年3月号 - 5月号、11月号 - 2017年2月号、5月号、2019年3月号)• (はんざわかおり)(2016年6月号、2017年8月号、11月号、2018年3月号、5月号 - 8月号、2019年1月号、6月号、2020年6月号)• (荒井チェリー)(2016年7月号)• (はまじあき)(2019年4月号、2020年4月号)• (春雨)(2019年8月号)• (タツノコッソ)(2019年10月号)• (永山ゆうのん)(2019年12月号)• (森永ミキ)(2020年1月号)• (なじみ)(2020年7月号)• 2013年4月号、2014年2月号、10月号は『きんいろモザイク』と『ご注文はうさぎですか? 』の合同表紙• ポータルサイトあり。 連載が最新話に追いついているため、単行本にある全話が配信されている状態。 2013年6月号にて休載の告知があり、同年7月号から2014年2月号まで休載した。 休載中は読者欄で『FREE! SPACE』と題された4コマ1本を掲載。 ゲスト1作目は「髪長の女」、2作目は「ハラる」、3作目は「きさまのまなざし」のタイトルで掲載。 2015年5月号においてしばらく休載する旨の告知が掲載され、2016年6月号まで休載した。 2015年5月号までのタイトルは『楽園ふぇいく』。 ゲスト時のタイトルは『ぱぺっとと栞のラペル』。 ゲスト時のタイトルは『ハンドスタンド! ゲスト時のタイトルは『まかろにエトワール』。 ゲスト時のタイトルは『お兄ちゃんって呼ばないで』。 ゲスト時のタイトルは『これが私の食べる道!

次の

まんがタイムきらら漫画家リスト

まんが タイム きらら

・ポリエステルならではの、あざやかな発色と、精密なディティールが楽しめます。 ・速乾性が高く、サラっとした着心地です。 ・シワになりにくく、色落ちにも強い、光沢を抑えたポリエステル生地を使用しています。 ・お部屋に飾ってインテリアとしても楽しめます。 ・新食品衛生法に適合しておりますので、安心してご使用いただけます。 ・電子レンジ・食器洗浄機使用可。 ・直火・オーブンでのご使用は、本体破損や絵柄部分が変色する原因となります。 ・研磨付きタワシ・クレンザーは表面を傷つけることがあります。 ・前後、袖、首まわりまで、全面にプリントが入ったフルグラフィックTシャツ。 ・ポリエステルならではの、あざやかな発色と、精密なディティールが楽しめます。 ・速乾性が高く、サラっとした着心地です。 ・シワになりにくく、色落ちにも強い、光沢を抑えたポリエステル生地を使用しています。 大容量フルグラフィックトート! ・イベントやお買い物で活躍! ・プリント面が大きいのでデザインが映える! ・背面は無地になります。

次の