石油 ファン ヒーター 換気 エラー。 ダイニチ石油ファンヒーターの修理

ファンヒーターの換気エラー対策をしてみた【4回目】。E13だけじゃなくHHHも出ました。

石油 ファン ヒーター 換気 エラー

こんにちは、ゆんつです。 僕の家には DAINICHIの 「FHY-32GS7」という型番の石油ファンヒーターがあります。 購入したのはもう10年近く前だと思います。 今年は例年に比べて寒いのでよくヒーターを付けるんですが、最近1つ困った問題が起きました。 それは ヒーターのスイッチを入れて10分くらいで「ピーッピーッピーッ」と換気の警告音が鳴り響き、ディスプレイには「E13」というエラーが表示され、それから少しすると勝手にヒーターが切れてしまう という問題です。 半日以上窓を開けて完全に部屋の空気の入れ替えをしていても、ヒーターを付けると間もなくこの警告が出てヒーターが勝手に消えてしまうので、付けては消え、付けては消えで全く部屋が暖まりません。 去年の冬まではこんなことは無く、今年の冬から始まった症状です。 フィルターの掃除をしたりしても全く直りません。 保証期間の3年もとっくに過ぎているので保証の対象にもならず、修理に出せば有料となってしまいます。 作業開始 1. コンセントを抜いてしばらく本体を冷ます 2. 前のカバーを外す 本体の下側にある2つのネジを外して、カバーをやや持ち上げ気味にするとあっさり外れます。 燃焼部分のカバーを外す カバーの下の方にあるネジを2か所外します。 外カバーのネジよりやや固めに感じましたが割とすんなり外れました。 外し終わったら両サイドに爪がありますのでこれを指で外側にグニっと開きます。 カバーは一旦上に軽く持ち上げ気味にして手前に引くとあっさりはずれました。 フレームロッドを磨く 向かって右側の「くの字」に曲がっているのが「フレームロッド」らしいです。 そしてフレームロッドについた白い粉がシリコーンらしいです。 だいぶ白いのが落ちたね 右側のフレームロッドが終わったら向かって左側の「点火プラグ」も同様に磨きます。 「点火プラグ」の先端のとがった部分はやすりがけしない方がいいらしいので、 先端以外の部分をゴシゴシします。 こんな感じになりました。 作業前 作業後 白かった「点火プラグ」も金属っぽい色になりました。 「フレームロッド」と「点火プラグ」を紙やすりで磨いた後で、下に敷いてたメモ用紙を出してみると、小麦粉のような白い粉がパラパラと落ちていました。 ついでに手の届く範囲を綺麗にする 購入して初めてカバーを開けたので、内部の手の届く範囲のほこりや汚れを掃除機で吸ったり、古布で拭いたりしておきます。 燃焼部分のカバーを取り付ける 取り外した時と逆のやりかたです。 少し上に持ち上げ気味にして軽く押してやるとスルッと入ります。 開いていた爪を閉じてネジを閉めます。 燃焼チェック この状態で一旦コンセントをさして電源を入れて、ちゃんと燃焼するか確かめます。 結果 いつものように電源を入れます。 電源を入れて間もなく燃焼が開始し、温かい空気がヒーターから流れてきます。 5分経過・・・ 10分経過・・・ 換気の警告音は鳴りません。 20分・・・ 30分・・・ 1時間以上経過してから換気の警告音が鳴りました。 警告音が鳴るまでの時間は大幅に伸び、10分で換気の警告音が出て「E13」が表示される前の状態にほぼ戻りました。 これで部屋も充分暖まります。 この後もずっとこのヒーターを使っていますが、換気の警告が出る時間は平均して1時間以上になり調子が良かった時と同様に働いてくれています。 これでダメだったら買い替えを考えていましたが、あと何年か頑張ってくれそうです。

次の

ファンヒーターの換気ランプが頻繁に点灯する理由と対処法を大公開!

石油 ファン ヒーター 換気 エラー

ファンヒータの換気ランプがついてすぐ止まります。 今年のお正月に買って、夏の間は使用しないので実質使った期間はあんまりないのですがすぐ止まってしまいます。 フィルター掃除や油受け皿も掃除してみましたが全く改善せず今日修理に出したのですが、借りてきたファンヒータもすぐ換気ランプがついて止まってしまいます。 置き場所がだめなのでしょうか?リビングから玄関に続く扉近くなので人が出入りして空気は入れ替わってるとは思ったんですが。。 調べてみたらシリコンの付着等あるようですが、今日借りてきたばかりのファンヒータでも同じ症状が出るので不思議です。 赤ちゃんがいるのに寒い部屋で過ごすことになり困っています。 ついでにエアコンも冷風は出るのに暖房が出なくてこれまた近々修理を依頼しないといけない始末です。。 補足補足です。 ファンヒータはダイニチで07年製のFW-433NEです。 修理を依頼した電気店で「換気ランプがつくっていうのはちょっと大変なんだよね~」みたいな事を言われて、買ったばかりなのに何が原因なんだろうかと思ったのです。 シリコン付着はネットで調べたら修理を依頼される原因としてそれと水混入が殆どだという修理屋さんのコメントを見てそうなのかと思っただけで 我が家には当てはまらないかなと思っています。 石油ファンヒーターのエラーがすべて「シリコン」じゃないんですよ。 いちばん疑わしいのが「シリコン」というだけで、小さなのぞき窓から燃焼室が見えますから、そこに見える「バーナーロッド」の表面が白くなっているとシリコンを疑ったほうがいいというだけです。 バーナーロッドは火炎に炙られる鉄の棒で、ようするに温度計の役目をしています。 火炎のある・なしと火炎の温度を測っていて、不完全燃焼の状態だと火炎の温度は低いんです。 このパターンだと、ある程度のスキルがあるなら分解してバーナーロッドの表面を紙やすりで磨けば、火炎温度の誤検知からは脱却できますよ・・と言ってるだけです。 シリコンが原因かどうかは、その使用状況を省みればわかるでしょう? 燃焼中にヘアスプレーのようなシリコンを多く含むものを多用すれば、カンタンにトラブルを起こします。 またホコリも吸い込みますが、キレイに掃除できていないと、燃焼空気の不足で不完全燃焼になりますから、換気サインがでます。 他にも「換気ランプ」のつく要素はいくつもあります。 最低限度のこととしてメーカー名とか型式くらい書き込まないと質問としては成立しません(笑) 借りてきたファンヒーターというのは、修理店の出す代替機のことでしょうか? 代替機なんて廃棄処分するボロ機械を、とりあえず運転できる程度に整備した機械のことですよ(笑) カネにもならないことにワザワザ新品の機械を用意するわけないじゃないですか・・・その程度のことはよくあります。 エアコンの温風が吹き出さないのも、いくつか原因は考えられます。 冷風しか出てこないのでしたら、一番単純な原因は「ガス不足」です。 それだって、機械に実際に触ってみないとわかりません(笑)・・・そのままで自然復旧するわけはないんですから、要修理ですね。 自分で故障箇所の診断できるわけでもないし、まして分解修理できるスキルもないだろう? 外形的な事実と伝聞だけ寄せ集めて、勝手に想像膨らませてナニが得られるんだろう? 修理に出して戻ってきてるワケでもないし、故障箇所が判明したわけでもない。 そのまま機械が戻ってくるのを待てばいいだけなんじゃないの?.

次の

DAINICHIファンヒーターの換気エラーを改善してみた

石油 ファン ヒーター 換気 エラー

ダイニチの公式サイトでの説明 ダイニチの公式サイトに詳しい説明があります。 燃焼途中で灯油の供給が停止し消火した。 (燃焼制御装置が作動) 炎検出装置が炎を検出できなくなった。 ここで見つけた情報を見る限り、石油タンクの下にあるフィルターが汚れていることが原因のようです。 このフィルターは石油タンクの中にある石油が気化器にたどり着く前に必ず通るところのようです。 さっそく石油タンクを石油ファンヒーターから取り出してみると、確かにフィルターがありました。 円形のフィルターが入っています。 これを取り出してみてみると、フィルター部にホコリがいっぱいついていました。 このゴミのせいで、石油の供給がうまくいかずに、炎が消えてしまっていたようです。 このフィルターを掃除するときには水などで洗っては絶対にいけません。 油のとおりが更に悪くなってしまうことがあるようです。 こちらのサイトに写真入りで対応に関する詳しい説明があります。 また、災害が発生してもしも停電になってしまったときの非常用としても石油ファンヒーターは機能しないので、今度はレトロなイメージが少し漂う、対流型のトヨトミのストーブを購入しました。 こちらの商品になります。

次の