旦那の小遣い。 旦那を小遣い制にする方法【無駄な抵抗はやめろ!】

旦那のお小遣いは年収の何割が相場?世間の金額や割合を調べてみた

旦那の小遣い

この記事の目次• 旦那さんのお小遣いは毎月いくら?使い道を教えます! 使い道の例を紹介していきます。 お小遣いが月1万円の場合 お弁当は持参のためお弁当代はかからず、ガソリン代はカード支払いのため基本的にお金を使う事はないようです。 なので、そのお金は貯めておいて、イベント事のときに使うケーキ代やプレゼント代として取っておいているようです。 後はたまに軽食を買うぐらいですが、後輩のためにお金を使う事もあります。 欲しいものがあるときや飲み会代はその都度妻から貰うので1万円でも困らないようです。 お小遣いが月5万円の場合 お弁当はないので、お昼代込みでのお小遣いになります。 その為、お昼代を計算して家計簿をつけるのが習慣になっているようです。 お店を変えながら節約したり、たまに奮発したりと自分で管理するお金があることは楽しみになるようですね。 食費以外にもお金は余るので、本を買ったり軽食を買ったりしているようです。 それでもあまるお金はパチンコ代に費やしているようです。 旦那のお小遣いの使い道。 子供がいるいないで金額も異なる? 子どもがいるかいないか、共働きかどうかによってお小遣いの金額は異なるようです。 ある調査では、子どもがいなくて共働きの家族は経済的に余裕があり、お小遣いの金額も高いです。 そして子どもがいて共働きの家族の旦那さんのお小遣いの金額がもっとも低いという結果になりました。 お互いお金を稼ぐことの大変さを知っているので、その分家計にシビアなのかもしれません。 収入の約一割が旦那さんの小遣いといわれるのが一般的のようです。 もし旦那さんのお小遣いの金額を聞かれたら、収入の約一割と答えるのがスマートな回答なのかもしれませんね。 そのお小遣いの使い道としては、趣味に使うお金や交際費、携帯代など様々です。 しかしその中でお昼代がもっともお小遣いの使い道になっているようなのです。 お小遣いの中にお昼代を含めるか含めないかはそれぞれですが、食べ物代に消える場合が多いようですね。 旦那のお小遣い使い道にお昼代は含まれている? では、果たしてお昼代はお小遣いに含めている家庭はどれくらいでしょうか。 あるアンケート調査では、お小遣いに昼食代を含めているという家庭は約2割強ほどという結果になりました。 多くの家庭がお小遣いとは別に昼食代を渡しているようです。 昼食代は家計の支出に大きく関わってくるため、効率よく調整する事が大切ですね。 ではお小遣いの使い道として昼食代以外に多いのはどういったものなのでしょうか。 それは飲み会やギャンブルなどといった家計からはお金を出してもらえないような事に使っているようです。 しかし、中には家族のためにお小遣いを使ってくれる優しい旦那さんもいます。 休みの日に外食に連れて行ってくれたり、飲み会時の家族へのお土産代として使ってくれる旦那さんもいます。 あまったお小遣いは妻へのプレゼントを買ったり、貯金もする素敵な旦那さんもいるようですね。 旦那のお小遣いに含まず家計費から出しているもの お小遣いには含まないで家計から出すものもあります。 仕事関係の出費 会社の歓迎会などの飲み会は家計から出している人もいるようです。 仕事関係でかかる雑費やガソリン代も家計から出す人が多いようです。 生活するうえで必要なもの 散髪代や携帯料金などは家計から出す家庭が多いようです。 携帯代はかなりの金額がかかりますので、家計を圧迫してしまいます。 その為、格安スマホに乗り換えたりと工夫が必要でしょう。 そして昼食代を込みにしていない場合は、別途昼食代を家計から出しているようです。 お弁当を作らなかったらお金を渡すという仕組みにしている人もいるようで、お弁当を作る事で節約に努めている家庭も多いのではないでしょうか。 服は生活必需品なので家計からだす家庭が多いです。 あまり高すぎる服は良くはありませんが、事前にこの服が欲しいなど相談してくれる場合が多いようですね。 旦那さんへ臨時収入の渡し方はどのようにしている? お小遣いのほかに、臨時収入の渡し方はどのようにしているのでしょうか。 不定期に渡す 毎月何日にあげると期間を決めるはやめましょう。 旦那さんがよい行いをしたときにすぐ渡してあげた方が喜びも大きいのでお勧めです。 お小遣いではなく、旦那さんが欲しいものをプレゼントしてあげるのも良いのかもしれませんね。 金額を決めない 毎回渡す金額を一定にしてしまうのはやめましょう。 そのときそのときの行いによって、金額を五千円にしたり一万円にしたりと変化をつけて渡しましょう。 そのほうが貰った満足度も高くなりますし、旦那さんがいかに動いてくれるかにも影響します。 金額と期間を決めずに臨時収入を渡す事で旦那さんのモチベーションを上げる工夫をしてみてくださいね。

次の

月収18万の夫のお小遣いが月6万ってどう思われますか?

旦那の小遣い

共通の家計では、家賃や水道光熱費などの固定費や家での食事の材料などの購入を賄っています。 家計へ入れるお金は定額制で、残りは自由に使えるお金ですので、お互いにストレスがなく、一見理想的なルールのように見えます。 しかし、自由に使えるお金をお互いに干渉しないことで、あまり考えずにお金を使ってしまったり、衝動買いをしすぎてしまったりということが起こります。 山田さんの場合、自由に使えるお金の中の「お小遣い」と「共通口座以外の家計費」の線引きがあいまいなままでした。 最新の便利家電を買ったり、洋服や靴を買ったり、ふたりで夕食を外食したり…というお金は、お互いに「お小遣い」というより「必要経費」というような、ぼんやりしたルール。 いわゆる「どんぶり勘定」となっていました。 結果、 気がついたらお互いに貯金がまったくできていない…ということになってしまいました。 そろそろ子どもを持ちたいと考えているので、お小遣いのルール、このままじゃいけないと思い始めています。 山田家のお小遣いルールを改善するヒント: ・お小遣いの定義自体があいまいであることが問題 ・夫婦でお互いの懐事情をオープンにすることがカギ ・妻が専業主婦の鈴木家のケース では、専業主婦の鈴木さん 仮 のケースをみてみましょう 図表4。 鈴木さんの夫は、お給料の全額を、家計管理をされている妻にいったん全額渡します。 妻は、毎月そこから「家計用」「貯金用」のお金を分別し、お小遣いも決まった金額をそれぞれ取り分けています。 妻はやりくりをしっかりしているつもりでしたが、子どもが産まれてからは家計がちょっとずつ苦しくなり、貯金額を維持するため、夫のお小遣いを減らそうかと考えていますが、言い出すタイミングがなかなかありません。 一方夫のほうは、会社での付き合いなども増え、できればお小遣いをアップしてほしいと思っているようです。 このまま、妻から一方的に「お小遣いを減らす」と言い出したら、きっとケンカになってしまうでしょう。 鈴木家のルールを改善するヒント: ・家計のやりくりがもう少し改善できないか ・将来に向けての貯金の方法を工夫できないか ・お互いが幸せなお小遣いルールの決め方 ・お小遣いに黄金ルールはあるか 2つの家庭の例から分かるように、お小遣いの金額の大小は、お小遣いの範囲の認識の違いや、家計の管理の方法によって違うので、 それぞれの世帯を一律に比較するのが難しいという事情があるというのが筆者の考えです。 前述のアンケートで、妻が働いているかいないかがお小遣いの金額に明確に反映されていないのは、こんな理由もあるのではないでしょうか。 お小遣いのルールは、絶対的なものはありません。 夫婦それぞれの生活パターンや考え方、生まれ育った環境などが複雑に影響していますから、当然です。 でも、お互いが納得いくルールを作るコツはあります。 その内容については後述します。 ちなみに:「お給料の全額を家庭に入れている」男性は3人に2人 さて、最後に、夫婦で納得できるお小遣いのルールを決めておくためのコツをいくつか考えます。 お小遣いのルールを曖昧なままにしておくと、お互いの不満につながってしまいがちですし、貯金ができないからという理由だけでまずお小遣いを減らそうと考えるのは、夫婦関係悪化の原因となってしまいます。 ポイントをおさえたうえで、自分たちにとってはどんなルールがベストなのか、考えてみてくださいね。 ・ポイント 1 :いちばん大切なのは、夫婦のオープンコミュニケーション ベストなお小遣いルールを選ぶには、夫婦でお金のことについてオープンに話し合える関係でいることが大前提です。 センシティブなことですので難しい面もあるかもしれませんが、生涯のイベントを共に過ごすパートナーと同じ価値観を持つためにも、円満な関係を続けるためにも、必要なことです。 お互いに忙しくてゆっくり話す時間がとれないという人も、いちばん大切なことですから、ぜひ時間を作りましょう。 ちなみに、これは「ヘソクリをしてはいけない」ということではありません。 その辺はうまくマイルールを作ってくださいね。 ・ポイント 2 :お小遣いの範囲をきちんと決めましょう 携帯電話の料金やランチ代、交際費など、お互いのお小遣いでやりくりする範囲は、きちんと合意しておきましょう。 お小遣いといっておきながら、ここが曖昧になってしまうケースは実はとても多いです。 また、買い忘れた夕食の食材の買い物を夫にお願いしたときには、後で共通の財布からお金を渡す、などの細かい配慮を忘れないこともお小遣い制をスムーズにするためのコツです。 ・ポイント 3 :使い道は干渉しない お小遣い制を円満に運用するために一番大切なルールは、「使い道に口を出さないこと」です。 夫の趣味やセンスにひと言いいたくなる気持ちはよーーーく分かりますが、そこはぐっとガマン。 お小遣いなのですから、お互いに楽しく自由に使いましょう。 ・ポイント 4 :「お小遣い制」自体を嫌がる夫の場合は 「お小遣い制」という言葉自体に拒否感を感じる男性は、一定数います。 『自分が稼いできたお金を全額召し上げられてお小遣いをもらうなんて我慢ならん!!意味が分からない!!』 …という気持ちがあるのでしょう。 まずはその気持ちを理解するようにします。 そのうえで、お互いに妥協できる方法を決めましょう。 このタイプの夫は、家計のやりくりは「一定額を家計に入れる」方法を好みます。 ですから、夫が好む方法を採用しつつも、お互いの懐事情、つまり貯金残高などはオープンにして、いつでも家庭全体のお金の状況が把握できるようにしておくことが理想的です。 ・ポイント 5 :「貯金のためにお小遣いを減らす」はNG 子どもの将来のため、自分の老後のために、貯金したいけれど、ちょっと家計が苦しい…となった場合、あなたはどうやって貯金する金額を増やそうと考えますか? まずは夫や自分のお小遣いを減らしますか? 実は、 「貯金をするためにお小遣いを減らす」は、ファイナンシャル・プランナーの立場からみてもまったくおすすめしません。 やむなく減らすという苦渋の決断をするにしても、優先順位は最後です。 それはなぜか? 夫婦円満のためです。 だってそうですよね。 自分も自由に使えるお金が減るのは嫌です。 お小遣いが減ったことでお互いにガマンが増えたりストレスがたまったりすることで、ケンカにもなりかねません。 ではどうするか。 答えは簡単です。 収入を増やすか、支出を減らすか、どちらか(もしくは両方)です。 収入を増やす方法は、専業主婦やパートの女性でしたら、働く時間を増やせないか、検討してみること。 会社員でしたら、副業やアルバイトが考えられるかもしれません。 月に1万円お小遣いを減らすよりも、月に3万円分働いた方が、効果もメリットもずいぶん大きいはずです。 当面使う予定のない貯金があれば、リスクが少ない方法で投資などにチャレンジしてみるのも一案です。 支出を減らす場合は、 まずお小遣い以外の支出を見直します。 支出の見直しは、まず固定費をチェックするのが王道です。 効果が大きく、手間やストレスが小さいからです。 【お小遣いを減らす前に見直す固定費(例)】 ・住宅ローン ・生命保険料 ・携帯電話代 ・定期購入しているもの ・休みがちな習いごとやスポーツジムなどの自己投資 固定費は一度見直すと、その後は手間がかからずにずっと効果が続くので、忙しい女性には本当におすすめです。 そうはいっても、自分だけで支出の見直しをするのは難しい、という人は、「家計の見直し相談」を行っているファイナンシャル・プランナーなどの専門家の力を借りてみてはいかがでしょうか。 ・ポイント 6 :お小遣いの金額の平均値はあくまで参考にして それから、お小遣いの 金額の決定方法についても触れておきます。 他の家庭の夫がどのくらいの金額の小遣いを使っているか、というのはすごく気になるでしょうから、先述した平均額をお小遣いの金額を決めるときの参考にする人もいるでしょう。 でも、 平均はあくまでも「参考」までにしましょう。 論理的な方法でお小遣いの金額を決めるためにおすすめなのは、「ライフプラン」を作ってみることです。 ライフプランは、住宅費用・子どもにかかる費用・老後のお金などを含めた将来の家計収支をすべて反映させて作るキャッシュフロー表です。 『お小遣い、いくら使っても大丈夫なの?』という疑問に答えるために、とても効果的なツールです。 男性は理屈で責められると弱いので、ライフプランを作って冷静に話し合いをすれば、お小遣いの金額もスムーズに決めることができるでしょう。 ライフプランは、自分でエクセルなどで作ってみてもいいですし、より正確なものを作りたいときはファイナンシャル・プランナーに依頼して作ってもらうとよいでしょう。 ファイナンシャル・プランナーに相談することで、ライフプランを作成するだけでなく、よりよい方向に家計を改善していくためのアドバイスを受けることができますから、お小遣いアップもうまくできる…かもしれません。 shinseibank. pdf.

次の

旦那を小遣い制にする方法【無駄な抵抗はやめろ!】

旦那の小遣い

一番多いのは20,000円~30,000円未満で24%! 100人に聞いた結果、一番多かったお小遣いの額は24%で20,000円~30,000円未満となりました。 次いで22%で10,000円~20,000円未満、19%で30,000円~40,000円未満となっています。 それでは、なぜそのお小遣い額なのか理由を見ていきましょう。 【1位】20,000円~30,000円未満 24人• 旦那がきちんとセーブしてほしいと言うため 20代前半・結婚1年目• 趣味はないけど仕事中の昼食は全て外食のため 30代前半・結婚2年目• 家から会社まで自転車通勤でお弁当持ちなので、お酒とたばこ代があればいいということなので。 40代前半・結婚11年目以上• 会社での付き合いで飲み会が月2,3回あるので 30代前半・結婚2年目• 外食が多いので。 40代前半・結婚8年目• お昼はお弁当持参で、普段は特にお金を使わないためです。 30代後半・結婚9年目• 趣味がなくお金はあまり使わないが、外出が多いため 30代前半・結婚4年目• お酒も飲まないし、タバコもすいません。 お昼は、お弁当を持っていってるので、3万円で充分みたいです。 40代後半・結婚11年目以上• アクアリウムが趣味なので主に生態や水草等買ってます 30代後半・結婚10年目• 旦那自身が昔から月々のお小遣いの金額を決めて居る為 20代前半・結婚1年目• 貰っている金額から必要な経費を引いた金額になります。 あとは自分の中で倹約して貰うことになっています。 60代後半・結婚11年目以上• お弁当を作っているので、ほとんどが飲み物代やたばこ代になるので多めにしていないです。 30代後半・結婚11年目以上• 給料から生活費などを差し引いた額だから。 20代後半・結婚3年目• 旦那は役職の為、月に一回は必ず東京へ出張があり、ミーティングと言う名の飲み会に行くためにお小遣いを渡しています。 30代前半・結婚7年目• ランチはお弁当を持って行くし、仕事の後に飲み会もほとんどないので。 30代前半・結婚6年目• 営業職で昼食が外食になることが多いので。 40代前半・結婚10年目• 旦那さんが稼いだお金なので、私が縛る理由がないので。 20代後半・結婚2年目• 飲み会などが少ないのと、給料の10パーセントぐらいにしてるため 30代前半・結婚1年目• 必要経費を除いてお小遣いとして出せる金額がそれだけだったので。 夫婦で話し合って決めました。 30代前半・結婚3年目• 昼食くらいしかお金を使わないから。 30代前半・結婚2年目• 運送業で、コンビニにいく回数が多いため 30代前半・結婚11年目以上• あまりお金を使わないので 30代前半・結婚6年目• きっちりは決まってませんが、飲みにとかもそんなに行かないので、これくらいでいいようです。 40代前半・結婚10年目 【2位】10,000円~20,000円未満 22人• 自分でこれぐらいでいいといったのでその金額になりました。 30代前半・結婚1年目• お酒も煙草もしない人で、昼弁も食べないのでこれぐらいの値段にしました。 趣味のスポーツジムや衣服はこちらで買うので丁度よい値段かなと思っています。 40代前半・結婚9年目• お互い相談して家計にとって必要な金額を差し引き、自由にできる金額が上記の金額だったためです。 20代後半・結婚2年目• 会社での飲料代、タバコ代くらいなので。 20代後半・結婚3年目• 金額は本人の希望に沿って渡しています。 旦那はお昼はお弁当、夕食もほぼ毎日家で食べ、酒タバコもたしなまないので普段これといってお金を使う必要はありません。 自分で出すものは車のガソリン代と、数ヶ月に一度行く散髪代です。 残りはプールして、お祝いの席が設けられたときの食事代、欲しい家電などに使っています。 別に不満を言われたことがないので、現状のまま当分行くのだと思います。 50代後半・結婚11年目以上• 嗜好品 タバコ を吸うため 20代前半・結婚2年目• タバコを止めたお陰であまり使わなくなりました。 この金額内で飲み物を買ったり、我が家の猫のおもちゃを買うことに使っています。 40代後半・結婚11年目以上• 旦那が必要だと言われたときに補充しているため平均をとって上記の金額になったため 40代前半・結婚8年目• 飲み会もなく、殆ど遊びに行かないのでご飯代だけ渡している。 20代後半・結婚5年目• 薄給なのでもっとあげたいがこれが限界なので 30代前半・結婚2年目• もともと3万円お小遣いとして渡していたが、浮気・ギャンブルなどをしたので減額した結果1万5千円になりました。 30代前半・結婚9年目• 本人が申し出た金額 30代後半・結婚11年目以上• お昼ご飯はお弁当を詰めて持たせているし、さほど外食もしないからです。 20代後半・結婚1年目• 単に収入が少ないので。 60代前半・結婚11年目以上• 私のために使うばかりで、趣味などないため。 30代後半・結婚1年目• ほぼ昼のランチ代しか払ってないので少なめで。 20代前半・結婚1年目• お昼はお弁当で、基本的にお金を使わないタイプのため。 20代後半・結婚1年目• 経済的にあまり余裕がないので少なめです。 20代後半・結婚4年目• 我が家の家計は旦那がやりくりしています。 旦那が決めた額です。 30代後半・結婚5年目• 夫婦で共に二万ときめました。 20代後半・結婚4年目• 毎日お弁当と水筒を用意する為に 20代後半・結婚3年目• 特に趣味もなく旦那が決めた金額です。 30代後半・結婚8年目 【3位】30,000円~40,000円未満 19人• 月によって給料の額が違うので、給料の1割という事になっています。 あまり行きませんが、飲みに行くときはまた別に渡します。 お弁当代も別です。 40代前半・結婚11年目以上• 特にお金のかかる趣味もなく、社員食堂での昼食代と毎日の飲み物代程度しか出費がないので、これくらいの金額でよいと本人が言ったから。 30代後半・結婚11年目以上• 結婚した当初に小遣いの話になったときに最低でも3万円は欲しいと言われたので決まりました。 30代前半・結婚4年目• 昔からの友人との飲み会が多いので 60代前半・結婚11年目以上• 食費や飲み代は含まれていないので、話し合いの結果決めました。 50代前半・結婚11年目以上• 収入とのバランス、あと後輩を飲みに連れて行けるくらいの金額で設定。 30代前半・結婚8年目• お昼ご飯と飲み物代がいるからです。 30代後半・結婚2年目• 旦那さんの趣味は読書で購入する本は文庫本で3冊程度と金額は低いのですが、喫煙者の為タバコ代をお小遣いから出しています。 30代後半・結婚1年目• 煙草を含めてなので、妥当な金額かと思って。 40代前半・結婚11年目以上• 旦那は少ないと愚痴をこぼしていますが、結婚した当初からお小遣いは手取りの一割と決めていたからです 40代前半・結婚5年目• 夫婦で同じ金額をお小遣いにしているから 40代前半・結婚2年目• 大体の相場くらいなので 20代後半・結婚3年目• 土木系の仕事に就いているのですがなかなか経験年数も多くなり一緒に働いている人たちに休憩の際のジュースなどおごるため。 40代前半・結婚11年目以上• 飲み会が多いので少なめに渡しています。 足りなくなったらその都度渡します。 30代後半・結婚2年目• 一旦固定の金額でやってもらい、会社経費の立替、飲み会等でオーバーの際にはその都度申告してもらっています。 40代前半・結婚8年目• 旦那があまり欲しいものがなく昼食代くらいしか使わないので 20代後半・結婚3年目• あげすぎるとある分だけ使ってしまうので、1週間ごとに8,000円程度渡しているので、1か月で40,000円以下にしている。 30代前半・結婚7年目• 部下との飲み代で必要なので毎月3万円です。 20代後半・結婚1年目• 給料の1割をあげているから 40代前半・結婚11年目以上 【4位】0円~5,000円未満 9人• あまり遊びに行かないし、お金を持ったらすぐパチンコ使うから 20代前半・結婚2年目• 家が好きで、休日はほぼ家から出ない人なので、お金を使わないから 30代前半・結婚9年目• 本人は要らないと言っているので、5000円はジュース代として渡しています。 20代後半・結婚3年目• お小遣いというシステムは使っておらず、必要な時に申告してもらってお金を渡す感じです。 30代後半・結婚11年目以上• 主人は副業をしていて家計費からは出さなくてもいいと言ってくれるから。 30代後半・結婚8年目• 必要に応じて使っているため、特に決まっていません。 使う暇もないので少ないです。 30代後半・結婚10年目• 節約を覚えさせるため 20代後半・結婚1年目• 主人は外であまりお金を使わないため 20代後半・結婚2年目• 主人は趣味などには多くお金をつかわないので、欲しいときに渡す小遣いとしています。 40代前半・結婚8年目 【5位】40,000円~50,000円未満 9人• 単身赴任の生活費を含んでいるから 40代後半・結婚11年目以上• 営業で、昼食は外食になるため。 40代後半・結婚11年目以上• 昼休憩の時間が決まっておらず、外食することの方が多いため。 30代前半・結婚8年目• 家計は夫主導で、私は生活費だけをもらってます。 夫は収入から家計費を支払った残りを自由に使ってると思われます。 恐らく、これ位かと…. 50代前半・結婚11年目以上• 追加なしですべて賄ってもらうため。 30代前半・結婚7年目• ガソリン代、子供との交際費、医者代なども含まれているため 30代前半・結婚10年目• ほぼ毎日ランチは外食、週に1回以上は飲み会がある為、この額でも足りなくなり追加することも多々ある。 40代前半・結婚11年目以上• 外食も多く、趣味のゴルフにお金がかかるため。 40代前半・結婚11年目以上• 食事は家で食べる事が多く、お昼はお弁当を持って行きます。 会社の行事などの時は別途あげているし、ガソリン代なども別途渡しているのでこのくらいで大丈夫かと思っています。 40代前半・結婚11年目以上 【6位】5,000円~10,000円未満 7人• 3万くらいはあげていたが、旦那の借金が発覚してからは1万になりました。 30代前半・結婚5年目• あまり使っていないから 40代前半・結婚8年目• 特に使うこともなく、お昼もお弁当なので。 40代前半・結婚11年目以上• 趣味がドライブなので、かかるガソリン代はお小遣いとは別に交通費として計算しています。 30代前半・結婚4年目• 趣味がなく毎日キチンと帰ってくるので無駄遣いをしないのでこれぐらいで充分です 30代前半・結婚1年目• 普段ガソリン、タバコ、コーヒー代しか使わないから 30代後半・結婚11年目以上• 外食や飲みに行ったりあまりしないため 20代前半・結婚2年目 【7位】50,000円~60,000円未満 4人• 交通費、昼食費 40代前半・結婚11年目以上• 休みの日はひたすら、遠出してキャンプや温泉などの予定を詰め込むタイプなので 40代前半・結婚8年目• 必要な時に必要なだけ使っているので実際は幾ら使っているのかは分かりません。 お付き合いで恥をかかせてしまうのも嫌ですし無駄な事には使ってない事は分かっているので自分の稼ぎの範囲内であれば何も文句は言いません 40代後半・結婚11年目以上• とりあえずです。 足りない場合は理由によってその都度渡しています。 40代後半・結婚11年目以上 【8位】80,000円~90,000円未満 2人• お昼は必ず外食で、私との外食等もそこから出してもらうため。 20代前半・結婚1年目• お付き合いも多いので。 40代前半・結婚11年目以上 【8位】90,000円~100,000円未満 2人• 多趣味で休日は高速を使って出かけることが多い旦那なので多めに渡しています。 外食や交際・接待費など全て含めてお小遣いの中からやり繰りしてもらっています。 30代前半・結婚1年目• 昼食代と車の維持費を含めてです。 共働きです。 30代前半・結婚2年目 【9位】100,000円~150,000円未満 1人• 自営業で、駐車場代やガソリン代、またタバコやコーヒー代、また趣味の魚釣りやゴルフ代もここから出してもらうため、少し多めに渡しています。 40代前半・結婚11年目以上 【9位】150,000円~200,000円未満 1人• 通帳を私に渡さないので入った給料分が全部お小遣い。 全くふざけてると思う。 30代前半・結婚4年目 まとめ 今回は 100人の現役主婦に聞いた旦那様へのお小遣い額を理由と共にご紹介してきました。 皆様の旦那様のお小遣い比べてみていかがでしたでしょうか?お小遣い額を変更しようと考えている方は是非参考にしてみてくださいね!.

次の