引越し 相場。 引越し料金相場【東京(関東)⇔福岡(九州)】|単身・夫婦(2人)・家族(3人~)

引越し料金相場&費用ガイド【引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し】

引越し 相場

新居で家具を買う 12万円 福岡県福岡市〜沖縄県那覇市(860km) 4トン2台 38万円 東京都八王子市〜茨城県水戸市(130km) 4トン1台 32万円 神奈川県平塚市〜藤沢市(10km) 2トン1台 18万円 静岡県沼津市〜静岡市(60km) 2トン1台 14万円 兵庫県加古川市〜大阪府生野区(70km) 2トン2台 16. 8万円 愛知県名古屋市〜大府市(20km) 3トン1台(ピアノ搬送、ウオシュレット外し) 20万円 富山市〜東京23区内(250km) 2トン1台 44. 8万円 東京都調布市柴崎〜東京都調布市若葉町(2km) 4トン1台 16. 9万円 だいたいの相場はこの通りですが、業者によって差が出ますよ!中小業者の方が安いですよ。 1人暮らし単身の引越し 費用・相場 距離 3月 4月〜2月 近所の引越し 半日 12万円 7万円 近距離 丸1日 東京ー小田原 18万円 10万円 中距離 2日 東京ー大阪 33万円 18万円 長距離 3日 東京ー福岡 札幌 60万円 28万円 3〜4人家族の引越し 費用・相場 3月 4〜2月 近所の引越し 半日で終わる 19万円 12万円 近距離 丸1日 25万円 17万円 中距離 2日 53万円 30万円 長距離 3日 80万円 45万円 安いところを知るにはまずは、大体の 費用の目安・相場を知ることが大切です。 3月〜4月上旬は引越し会社としても一番の稼ぎ時なので 値段は割り引けないのです。 割り引かなくても引っ越したい人はたくさんいるからです。 急に転勤を言われたサラリーマンは、引越し費用がいくらでも引っ越します。 この時期はそういうお客さんがいることがわかっているのです。 まけてもらいにくいこの時期、、、 処分費用をまけてもらうとか、 ダンボールを無料でもらう、半額にしてもらう オマケをつけてもらって契約する。 そんな契約をすると良いです。 おまけはプラスアルファなので、つけてもらいやすいです。 例えば、おまかせパックにしてしまうとか。 どちらにせよ、スタッフはやってくるわけです。 ダンボール詰めをしてもらう場合、2時間前に来てもらうこともできます。 引越し業者の負担はあまり変わりません。 引越し業者はそれで通常の2〜3倍取れるわけですから、値引き、妥協点を見つける相談に乗ってもらいましょう。 3月の長距離 東京〜福岡(1090km)、東京〜札幌(1150km) 3月、4月最初の土日の1000km超の長距離ですと、100万円の見積もりを提示されます。 特に大手は90万円、100万円の見積もりが出ますので、中小引っ越し業者も検討することをおすすめします。 大手業者は料金を下げてくれないので、中小の見積もり比較で勝負です。 大手は高値を出しても契約を取れるので安くはなりにくいです。 530km。 普段だったら20万円の引越しです。 4トントラック1台• エアコン取り外し• 大きなソファー• ベッド がありました。 3月上旬に引越し業者を決定。 引越し2週間前に引越し業者を決めたので意外とばたばたした中で 決めた割には安い引っ越しができたと自分では思っています。 385,000円ならば、相場よりもちょっと安いかと思います。 3月20日 20万円 大人2名夫婦、東京都中野区から千葉県船橋市まで(18km) 主な大きい荷物 婚礼家具3点、食器棚、冷蔵庫、洗濯機、 ダイニングテーブル、テレビボード、液晶テレビ、デスクトップPC 引越し業者は アート引越しセンター。 相場からは少々高かったかも、と少し思いますが、家具に傷ついたりはしませんでした。 大手のアートですし、成功例です。 ・24万円(1日トラックを借りた場合) ・14万円(半日トラックを貸りた場合) と言われました。 引越しの経験は過去7回あったのですが、 3月の引越しは初めてでした。 やはり3月の引越しピークだけあって 高いと思いました。 営業の見積もり担当者も「3月は高いのは仕方ないです、 人・トラックが足りないこともあり 値引きできません」と強気でした。 引越し業者もアルバイトの確保に追われています。 トラック2tロングが2台。 5倍 202,500円 合計 202,500円 (だいたい20万円) 3月の引越しなので20万円でも安いほうです(1. 5倍増ですから)。 2倍でもおかしくありません(27万円)。 過去の経験と積算資料より、これが3月の相場です。 東京〜千葉市内、東京〜神奈川県小田原市辺りですと、中距離(80km)なので、 中途半端に遠い。 すなわち、夕方からの予約が取れないスケジュールは、安くなりにくいのです。 千葉県船橋市〜東京都杉並区(40km 中距離) 千葉県船橋市飯山満町から東京23区杉並区阿佐ヶ谷への引越し。 女性、単身、2トン1台。 3月、4月の引っ越し相場は20万円前半です。 ちゃんと運んでくれるスタッフを確保できる業者に頼む 安く引越しすることは大事ですが、部屋の中まで しっかり運んでくれる業者を確保することを先決にした方が良いです。 ・家具を大切に運んでくれる。 紛失しない。 ・家具に傷がついたら嫌ですよね。 引越し料金を値引きしてもらったとしても、後で高くつきます。 引越し業者は、• 安いこと• 家具をちゃんと運んでくれる• 時間を守ってくれる この3点が大事です。 3月このシーズンは1年に1度の繁忙期です。 大手の引越し業者は、優秀な正社員から大口のお客さんの引越しに回ってしまいます。 一般家庭の引越しはアルバイトを使わないと回らない状態になります。 家具をちゃんと運んでくれるスタッフを確保するほうが大事です。 3月の引越しは値引き交渉が難しくなる理由 とりつく島がない 3月の引越しは、通常の時期で通用する値引きの方法が効きません。 特に、有効なのが午前希望のところ、引越し業者の都合に合わせる代わりに値引きしてもらう技なのですが、、、 3月、特に3月の土日祝日は引越し業者の予約が一杯なので、時間指定が効かないところから交渉スタートなのです。 値段は下がらないし、時間の要望も効かないのが3月のおそろしいところです。 引越し業者の言うことがそのまま通ってしまいがちです。 取りつく島がないと感じるでしょう。 毎年専属契約をしています。 一般客が入れる枠はないのです。 たまたま空くと入れますが、その枠が空かなかったら引越しできないことになるので、期待してその枠を待つのは危険です。 それでも割引を引き出す方法・言い方 引越しシーズンの3月、4月は一括見積もりを取り「A社はこうだった」と他社の見積もりを見せないと、業者は料金を下げてきません。 (ただまけてくれでは、それが目一杯の値段ですと言われるだけ) 「他社は20万円でした」と言わないと、交渉に応じてくれません。 3月だけは「他社はいくらでやる」を見せるしかないのです。 金額の割引をしてもらえない場合 「契約即決を条件にオマケしてくれませんか?^^」と言うと 見積もりの段階でダンボールをプレゼントしてくれることもあります。 何らかのオマケ・サービスが付くことはあります。 お正月、お盆シーズンにホテルを予約するのは高いです。 それはホテル側も夏休み、特にお盆、冬休み、年越しカウントダウンやお正月は 混むことを知っているので、料金を高めに設定します。 毎年のことなので、分かっていることです。 それと同じく、引越しも3月、4月上旬は需要期なのです。 日にちが近くなってくると、気持ちが焦りますし、交渉の余地がなくなってきます。 早めに引越し業者を手配するか、日にちが近づいてまだ業者が決まってない場合は一括見積もりを取って安い業者に依頼しましょう。 3月20日〜4月に引越しするときの注意点・まとめ 人事異動の季節である3月、4月の引越しにおいて「考えて、後で連絡します」と言うと、 「もう埋まりました」と言われることもよくあります。 ・日本全体が移動シーズン ・引越しシーズンだから空いている枠がすぐに埋まってしまう ・会社員(転勤)の駆け込み申込みがこわい! ・会社員の転勤による引越しは「会社持ち」だから、見積もりが高くても予約してしまう ・引越しの枠も埋まってしまうが、訪問見積もりでさえも予約が取りにくい ・賃貸の退去日が近くなると気持ちが焦る すぐの引っ越しだと、値段相場を比較している暇はないかもしれません。 予約が埋まってしまうことが心配です。 引越し業者のキャパが埋まってしまえば、予約すること自体が不可能になります。 引越し業者に一社一社電話するのではなく、 一括見積もりを取り、各業者の金額を比較してパパッと決めると良いですよ。

次の

単身の引越し費用相場はどれくらい?コツを抑えて安く済ませよう

引越し 相場

引越しといえば、「単身や家族で一緒に旧居から新居へ移動する」というのが定番ですが、中にはそれ以外のパターンもあります。 例えばカップルで初めて同棲するときや、新婚さんが結婚後始めて同居するときなどです。 このようなパターンでは、別々の家から新居に荷物を運ぶ形になります。 それぞれが単身引越しプランを利用して、荷物を搬出搬入してももちろん問題ありませんが、実はそのような場面でこそ使えるプランもあります。 今回の記事では、そんな別々の場所から1つの場所へ引越しをするときにこそ便利なプラン。 イレギュラー引越し用の 「立ち寄りプラン」についてと、「立ち寄りプラン」を取り扱っている引越し業者について視点を当てて、詳しくご紹介していきます。 立ち寄りプランとは!目的地に行く前に別の場所に寄るプラン! 立ち寄りプランとは、その名の通り目的地(新居)に荷物を搬入する前に、一旦別の場所に立ち寄るプランです。 それぞれ別のお家からということが定番ですが、場合によってはトランクルームへの立ち寄りで依頼されることもあります。 最近ではトランクルームを気軽に提供している業者もあり、トランクルームを利用するユーザーが増えています。 別々の家からではなく、トランクルームに一旦預けていた荷物を引越しのタイミングで回収してから新居へというパターンもあります。 通常の引越しというと、1箇所から新居となる1箇所への荷物の輸送ですが、状況によっては別々の箇所から新居となる1箇所への荷物の輸送が必要になることがあります。 普段から頻繁に申し込まれるプランではありませんが、自分のニーズに当てはまれば非常に便利で、ありがたく感じやすいプランです。 基本的に別々の箇所での荷物回収も、同日に、1台のトラックで対処することが多いです。 そのため引越し業者によっては、2人の家の距離が同日の荷物搬出ができる範囲の場合のみ対応していることもありますが、相談すれば遠距離でも対応してくれる可能性はゼロではありません。 立ち寄りプランが気になる方はまずは気軽に引越し業者に相談してみましょう。 カップルや別の場所に荷物を預けている人におすすめ! 上記でご紹介した、トランクルームに立ち寄るパターンもありますが、立ち寄りプランの中心利用層はカップルや新婚さんです。 あとは、友達同士でルームシェアを開始する場合などです。 違う場所に住んでいる同士がそれぞれ同じ場所に引越しときのためのプランでもあります。 それぞれがという方法もありますが、それでもやはり立ち寄りプランは、それぞれが単身プランを使用するよりリーズナブルな傾向があります。 もちろん遠距離恋愛で住んでいる場所の距離がとても離れている場合は別ですが、同じ県に住んでいるなら、基本的には立ち寄りプランがお得になりやすい傾向にあります。 立ち寄りプランの料金相場について!本当に安いの? 立ち寄りプランは、どこの引越し業者でも、それほど料金に差が出ない傾向にあるようです。 引越し立ち寄り費用の平均は? 例えば都内の引越し業者だと単身プランの近距離引越しで1人あたり30,000円くらいが多くなっています。 この60,000円から10,000円引くと50,000円、20,000円引くと40,000円です。 それぞれの額を2で割ると、25,000円と20,000円です。 つまり総額でみると一見高いけど、2人で割ればけっこうリーズナブルになっているということになります。 こちらはあくまでも目安です。 実際は、案件ごとに荷物量も移動距離も違うので、状況に合わせた料金になります。 自分たちの確定料金を知りたい場合は、まずは気軽に見積りをしてみるようにしましょう。 立ち寄りプランの見積りを依頼するにはどうしたらいい? 立ち寄りプランの見積りを依頼するなら、引越し見積一括比較サイトを利用するか、もしくは取り扱っている引越し業者に直接見積りを依頼するようにしましょう。 特に料金を比較したいというこだわりがない場合は、直接連絡でも問題ありません。 ただし、料金にこだわりを持つなら引越し見積一括比較サイト経由が便利です。 立ち寄りプランで依頼するのにおすすめの引越し業者! 立ち寄りプランは全ての引越し業者で打ち出されているわけではありませんが、取り扱っている引越し業者も多いです。 以下では、立ち寄りプランを取り扱っている引越し業者の中でも特におすすめしたい引越し業者について、ピックアップしてご紹介していきます。 アート引越センターなら立ち寄りプランも安心して依頼できる! アート引越センターは正統派の立ち寄りプランスタイル。 カップル、新婚さん、お友達とのルームシェアのときの立ち寄りプランにぴったり。 1台のトラックで2箇所に行き、コストを抑えてくれます。 見積りもしっかりしてくれるので、安心です。 は元々リーズナブルな傾向のある引越し業者なので、料金を抑えたい方とは相性が良いです。 アップル引越センターなら1つのトラックで立ち寄り対応できる! 様々なニーズに応えるという姿勢から、立ち寄りプランについても相談することで対応してくれます。 アップル引越センターは親切丁寧な対応も魅力な引越し業者です。 レディアス引越センターなら立ち寄り引越しも対応が丁寧! は実力派の引越し業者として知られています。 テキパキと迅速丁寧で、早く引越しを終わらせて日常に戻りたいときにはぴったり。 カウンセリングの段階から信頼感を持ちやすいです。 ベスト引越サービスなら立ち寄り引越しも柔軟に対応してくれる ベスト引越サービスは親身になって相談に乗ってくれて、最適な立ち寄りプランの内容を一緒に考えてくれたり、料金交渉にも柔軟だったりします。 立ち寄りプランで要望が多いという方も、まずは気軽に相談してみてください。 引越し本舗でリーズナブルな立ち寄りプランの依頼ができる! トラック1台で、別の家にもしっかりと行ってくれて、荷物の搬出搬入をしてくれる便利な引越し業者です。 対応に柔軟さがあり、スムーズで快適な引越しに期待できます。 コストを抑えて別々の家から2人で移動する引越しをリーズナブルに、そして満足度高く行いたいときには、引越し本舗に要注目です。 「まとめ」立ち寄りプランは引越し業者選びが肝心! いかがでしたか。 今回の記事では、別々の箇所から荷物を回収して1箇所に届ける引越しの「立ち寄りプラン」について視点を当てて、詳しくご紹介しました。 立ち寄りプランは普段から定番のプランではありませんが、自分の条件に合えばリーズナブルで便利なプランです。 立ち寄りプランが気になるという方は、まずは気軽に見積り依頼からスタートしましょう。 引越し業者選びが、引越しの満足度を左右します。 立ち寄りプランを希望する場合でも、依頼する引越し業者をしっかり選んで、快適な引越しを目指しましょう。

次の

オフィスや事務所の引越し(移転)の費用はいくらかかる?費用・料金相場をチェック

引越し 相場

これから引越しされる方が最も気になるのは、 「自分の引越しにいくらの費用がかかるのか?」ということではないでしょうか。 下記の図で一覧化されるように、引越し費用の総額は大きく「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具や家電の購入費用」で構成されます。 引越しにかかる費用の内訳 このように、引越し費用は引越し業者へ支払いする料金だけでなく、マンションやアパートなどの住宅の契約費用や、新しい住まいで利用する家財や生活雑貨の購入費などが必要です。 様々な費用が発生するため、自分の引越しにかかる料金を知るには、各費用の内訳とだいたいの金額相場を把握する必要があります。 引越しには何かと出費が多いです。 このページで紹介する費用の相場や料金の目安を抑えて、引越しの見積もり依頼や新居の契約をする際の参考にしてください。 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 37,540円 平均 45,000円 平均 66,000円 - 平均 76,000円 平均 82,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 29,500円 平均 35,000円 平均 54,500円 平均 60,000円 平均 70,000円 - ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,400円 平均 35,000円 平均 64,800円 平均 65,000円 平均 100,000円 平均 120,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 40,000円 平均 57,240円 平均 73,500円 - - 平均 154,400円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 54,000円 平均 75,000円 平均 180,000円 平均 215,000円 - - 500km以上 遠距離地方程度 平均 73,000円 平均 85,000円 平均 180,000円 平均 230,000円 - 平均 0円• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,000円 平均 47,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 平均 90,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 30,000円 平均 35,000円 平均 60,000円 平均 75,050円 平均 79,000円 平均 85,000円 ~50km未満 同都道府県程度 - 平均 39,980円 平均 65,000円 平均 78,000円 平均 165,000円 平均 230,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 48,250円 平均 50,000円 平均 130,000円 平均 130,000円 - - ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,080円 平均 80,000円 平均 166,400円 - - 平均 0円 500km以上 遠距離地方程度 平均 76,440円 平均 88,200円 平均 183,500円 平均 230,000円 - -• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,750円 平均 48,300円 平均 71,500円 平均 90,000円 平均 90,500円 平均 100,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,000円 平均 32,700円 平均 64,900円 平均 87,000円 平均 88,200円 平均 91,500円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,750円 平均 40,525円 - - 平均 91,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 54,000円 平均 57,000円 平均 119,800円 平均 210,000円 - 平均 150,300円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 60,780円 平均 70,000円 平均 145,000円 平均 230,000円 平均 250,000円 - 500km以上 遠距離地方程度 平均 88,000円 平均 95,000円 平均 225,000円 - - 平均 300,000円• これは、マンションなどの賃貸物件を解約する日付が月末~月初に寄りやすいので、引越し業者への作業依頼が下旬に集中するためです。 また、引越し業者の最繁忙期が3月の末であることや、引越し料金が高騰しやすい祝日が下旬に集中していることも関係しています。 例外的に、最繁忙期の直後である4月や、月初めに大型連休のある5月は上旬のほうが引越しの平均価格が高くなっています。 参考: 7月の引越し料金が安い日を探す 引越し侍で見積もりした場合の、7月の引越し料金が最も安い日は7日です。 そのほか、引越し業者が7月の引越しを安く、もしくは高い値段で設定している日付は、以下の引越し料金カレンダーから探すことができます。 :安い• :やや安い• :平均値• :やや高い• :高い• 通常期(5月~2月)• 繁忙期(3、4月)• 全平均 平均 35,620円 平均 44,280円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 80,000円 平均 86,400円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,600円 平均 33,000円 平均 60,000円 平均 74,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 30,610円 平均 37,210円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 100,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 44,000円 平均 53,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,040円 平均 75,000円 平均 140,000円 平均 159,750円 平均 175,000円 平均 195,040円 500km以上 遠距離地方程度 平均 70,000円 平均 93,500円 平均 180,000円 平均 235,000円 - 平均 200,000円• 全平均 平均 54,040円 平均 75,600円 平均 104,880円 平均 120,000円 平均 140,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 38,250円 平均 48,000円 平均 85,000円 平均 100,000円 平均 110,000円 平均 119,880円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 45,100円 平均 56,500円 平均 100,000円 平均 118,800円 平均 160,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 70,000円 平均 89,000円 平均 150,000円 平均 192,500円 平均 225,000円 - ~500km未満 近隣地方程度 平均 100,000円 平均 120,000円 平均 200,000円 平均 259,200円 平均 270,000円 平均 300,000円 500km以上 遠距離地方程度 平均 100,000円 平均 150,000円 平均 300,000円 平均 322,500円 平均 347,800円 平均 350,000円• 年間を通して、具体的に引越し料金相場がいつ安くなるのかを次で見ていきましょう。 引越し料金が安い時期と高い時期 世帯人数に関わらず、1年で最も引越し費用が安い月は12月~1月の年末年始です。 逆に、最も値段が高いのは月は引越し業者の繁忙期である3月と4月です。 単身者と家族別に、月別の引越し料金相場の傾向を見ていきましょう。 :平日• :土日• :祝日 同一都道府県内で引越しをする場合の相場は、曜日に関わらず単身者が約4万円、家族引越し(2~4人)であれば8万円が平均的な料金です。 祝日の引越しは別の都道府県へ移動する家族の料金相場が高騰し、18. 6万円が相場で、平日の値段からプラス3万円以上高くなります。 希望時間帯 単身者の料金相場 家族の相場 同都道府県内の引越し 平日 平均 40,465円 平均 82,765円 土日 平均 40,930円 平均 80,120円 祝日 平均 40,030円 平均 83,133円 別同都道府県への引越し 平日 平均 77,749円 平均 152,586円 土日 平均 75,385円 平均 151,921円 祝日 平均 81,304円 平均 186,000円 「引越し料金は依頼が集中する土日や祝日といった休日の方が平日より金額が高くなる」という話を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、 少なくとも単身や短距離引越しの際は曜日による価格の差異は軽微なので気にしなくて良いです。 ただし、 引越し業者の業務が空いている日時を希望すると割引価格を適用してくれることもあるので、空き枠を狙うのであれば平日の依頼を考えるのがおすすめです。 また、県外への引越しの場合に祝日の価格が高くなるのは、主に5月のゴールデンウィークや9月のシルバーウィークといった連休が、長い距離の引越しを余裕を持ったスケジュールで行おうとする家族の依頼者に人気があるためです。 もし、 費用を抑えたいのであれば連休を利用したいのをグッと我慢して、土日と合わせて勤め先の有給休暇を取得するなどの手段でスケジュールを確保すると良いでしょう。 参考: 時間帯別の引越し料金相場• :単身• :家族 作業時間帯 単身者の料金相場 家族の料金相場 早朝~午前中 8時 平均 34,251円 平均 96,400円 9時 平均 31,938円 平均 101,933円 10時 平均 37,250円 平均 65,333円 11時 平均 27,431円 平均 59,400円 正午~午後 12時 平均 35,333円 平均 79,143円 13時 平均 44,278円 平均 67,303円 14時 平均 38,042円 平均 71,112円 15時 平均 38,524円 平均 79,720円 夕方~夜 16時 平均 40,566円 平均 64,711円 17時 平均 39,586円 平均 45,100円 18時 平均 36,692円 平均 54,920円 19時 平均 40,233円 平均 38,800円 20時 平均 37,250円 平均 35,000円 単身の引越しは所要時間が短いので、作業の時間帯を指定しない「」での希望も多く、一日を通して相場金額の上下はさほど大きくないようです。 反対に、 家族引越しは所要時間が長くかかるため、早朝からの開始を希望する方が多く、朝イチの時間帯を希望すると値段がとても高くなってしまう傾向にあります。 参考: その他の引越し料金相場 引越し侍では利用者から寄せられた膨大な口コミデータを元に、様々な引越し料金の相場データを掲載しています。 住んでいる地域別の費用相場や、自分の部屋の間取りから引越し料金の目安をつけていきましょう。 都道府県別の引越し料金相場 北海道・東北• 関東・甲信越• 東海・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 間取り別の引越し料金相場 部屋の間取りは荷物量と関係するので、部屋数が多いほど引越し業者の見積もり料金も高くなります。 単身者に多い1R~1LDKの間取りでは通常期が約4万円、春の繁忙期が約6万円が料金相場です。 特に、家族世帯に多い2LDK・3DK・3LDKといった間取りでは、閑散期の依頼でも10万円前後の予算を見越しておいたほうが良さそうです。 一人暮らしの引越しの場合は総額費用が約35万円、荷物量が多かったり県外へ引越ししたりする場合は40万円ほどの予算を見込んでおくといいでしょう。 費用 単身 家族 敷金・礼金 14万円 20万円 仲介手数料 3. 5万円 5万円 前家賃 7万円 10万円 火災保険料 2万円 2万円 鍵交換・消毒料 5万円 6万円 引越し業者への支払い料金 3. 5万円 7万円 家具・家電や日用品の購入費用 5万円 7万円 総額費用 40万円 57万円 引越し料金が決まる仕組み 引越しの業者の見積もり料金は、大きく 「運賃」「実費」「オプション料金」で構成されています。 引越し業者に支払う料金の内訳 それぞれの料金について詳しく見ていきましょう。 基礎運賃 「基礎運賃」とは、引越しで移動する距離や、かかる移動時間に応じて定められた料金です。 国土交通省の「」や引越し業者の約款(やっかん)に、引越し業者が独自に定める運賃表をもとに運賃を決めることが記されています。 また、荷物の量によって決まるトラックのサイズも基礎運賃に関わってきます。 引越し業者の基礎運賃は、以下のふたつの方式のどちらかで決定されています。 時間制運賃 引っ越しにかかる作業時間をもとにして料金を計算 「4時間」または「8時間」の2種類の基礎時間が設定されており、1時間超過するごとに追加料金が発生 距離制運賃 トラックで移動する距離をもとにして料金を計算 基礎距離を100km(軽貨物業者は30km)として、これを超過すると追加料金が発生 実費 『実費』とは、人件費や梱包資材費などにより発生する料金です。 たとえば、下記の料金などが含まれます。 人件費 必要な作業スタッフの人数分、料金が発生します。 梱包資材費 段ボール箱など、梱包に必要な資材の料金が発生します。 交通費 高速道路・有料道路などを使用する場合、利用料金が発生します。 オプションサービスの料金と相場 オプションサービス料金とは、引越しの際に付帯する作業にかかる費用です。 引越し業者が行う基本的な作業は、「大物家具・家電に荷造り、荷解き」「搬入・搬出」「荷物の運搬」の3つです。 基本作業以外の依頼は別途費用がかかり、これをオプションサービスと呼びます。 引越し業者が行う基本的な作業とオプションサービスの一覧 主なオプションサービスの料金の目安は以下の通りです。 オプションサービス 相場金額 エアコンの移設 ・取り外し工事 … 5,000~15,000円 ・取り付け工事 … 15,000円~25,000円 ピアノの運送 40,000円~50,000円 乗用車の運送 25,000円~35,000円 上記のサービス以外にも、ハウスクリーニングや荷物の一時預かり、不用品処分などを行ってくれる業者もあります。 依頼する際は別途の費用が加算されるので、事前に引越し業者に連絡して料金をチェックしておきましょう。 参考: 引越し費用を安く抑える方法 最後に、引っ越しにかかる費用や、引越し業者への支払い料金を安く済ませるために実践できるポイントを以下にまとめました。 宅急便や宅配便を利用して引越し料金を抑える 荷物が少ない方の場合、引越し業者に運搬してもらわなくても、クロネコヤマトの宅急便や宅配便の利用だけで済む場合があります。 宅急便や宅配便を用いて荷物を運んだ際の料金を見てみましょう。 この金額と比較すると、宅急便や宅配便のみを利用して引越した場合は、最大で5万円ほど安く済む計算です。 引越し料金が安い業者を探して依頼する 特に、初めて一人暮らしを始めるという方などは、 必要最低限の家財を購入するようにすれば費用を抑えることができます。 入居と同時にすべての家具や家電を揃える必要はなく、お金に余裕があるときに買い足していけば良いからです。 引越しのタイミングで購入することになる家具や家電、日用品などのおおまかな金額は下記の記事にまとまっているので、参考にしてください。 Q1 引っ越し業者への支払いにクレジットカードは使えますか? クレジットカード払いに対応している引越し業者であれば、料金を分割で支払いが可能です。 大手の引っ越し業者はクレカ払いに対応していますが、地域密着の引越し業者の場合は未対応の場合が多いので注意が必要です。 原則、クレジットカードが使えない場合は現金払いとなるので、事前に用意をしておきましょう。 Q2 トラックの大きさが変わると引越し料金にも影響する? 引越し業者の料金はトラックの大きさだけで決まることはほとんどありません。 ただし、引越し料金は依頼者の荷物量に合わせて変動するので、結果的にトラックの大小が代金の差に影響しているかのように見えます。 引越し費用を気にする方は、トラックサイズの大小よりも自身の荷物量をなるべく減らすことを心がけると良いでしょう。 Q3 引っ越し作業のスタッフにはチップを渡す必要がありますか? 引越し作業員へのチップの支払いは必須ではありません。 引越し侍がチップに関するアンケートを行ったところ、「チップを渡していない人は全体の48%」にも及びました。 Q4 転勤にかかる費用は自己負担しなければいけませんか? 転勤で引越しをする場合、「会社負担になる費用」と「自己負担になる費用」があります。 引越し業者への支払いは会社持ちですが、赴任先での実費は自己負担の場合が多いです。 会社負担になる費用については、勤め先の「就業規則」等に記載がありますので確認してみましょう。 引越し費用相場と料金総額の目安まとめ 引越し料金には定価が存在しませんが、今回ご紹介した金額の目安や相場を知っていれば、費用を概算したり業者との料金交渉をしたりと活用を頂けると思います。 最後に、このページで解説した重要なポイントのまとめです。 引越し費用は「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具・家電と日用品の購入費用」でトータルコストがわかる• 引越し業者に支払いする料金は、引越し時期と運送距離、家族人数、曜日や時間帯によって相場が変動する• 引越し費用で最も大きな割合を占めるのは賃貸物件の契約費用で総額の目安は「家賃の6か月分」 引越しによる住み替えの費用は数十万円の大きな出費です。 ご自身の引越し料金を事前に把握して費用を抑えることで、予算内に収まるように工夫をしていきましょう。 引越し費用と見積もりに関連するページ• 引っ越しの費用を安くするポイントは複数の見積もりを比較して最安値の引越し業者を見つけることです。 引っ越しの費用が足りない場合には 「クレジットカード」払いに対応した引越し業者もあります。 一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用の総額は、家賃の6か月分を目安として計算しておくと良いでしょう!(家賃が7万であれば42万) また、引っ越しの料金を抑えるには 「単身専用パック」や「長距離プラン」など自分にあったサービスを利用しましょう。 敷金や礼金なしの物件を選ぶことでも初期費用を安く済ませられます。 引越し業者の選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」を参考にしてください。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

次の