韓国 脂肪 吸引。 脂肪吸引後のダウンタイム専門サロン

韓国トップラインで脂肪吸引したらんらんさんのブログまとめ

韓国 脂肪 吸引

韓国は脂肪吸引を含めた美容整形が盛んな国で、「整形大国」とも呼ばれています。 美容クリニックの数が多い分、価格競争も激しく、日本よりも安価で高いクオリティの美容整形・脂肪吸引が受けられると評判のようです。 その影響か、韓国へ渡航して美容整形や脂肪吸引を受ける日本人の方も増えてきました。 韓国での整形風景をアップするYouTuberも見かけるようになりましたよね。 では実際のところ、日本と韓国どちらで脂肪吸引を受ける方が安いのでしょうか。 韓国の脂肪吸引の費用をリサーチし、日本の相場と比較してみました! 【モッズクリニックとは】 東京・銀座にある脂肪吸引・注入クリニック。 脂肪吸引と豊胸の症例は全て合わせると10,000件以上。 HPで公開中の症例は1,500件以上。 脂肪吸引・注入に関する古い情報や間違った情報を正すべく、YouTubeなどでも積極的に情報を発信中。 韓国で脂肪吸引をする場合に必要な費用 韓国で脂肪吸引をする場合に必要な費用の目安を調べたところ、相場は20~100万円ほどでした 旅費・宿泊費込み。 費用の幅は、手術を受けるクリニックや旅行会社、航空会社によって大きく変わってきます。 また、上記以外にも通訳を雇ったり、エージェントを利用したりする場合は上記とは別途費用がかかるようです。 脂肪吸引の費用 脂肪吸引の費用は部位ごとに異なります。 当然、脂肪の量が多い太ももやお腹周りは高額になり、顔周辺や二の腕などの小さな部位は費用が少なくなります。 手術を受けるときの為替レートによって多少の変動があるので、あくまでも参考程度にご覧ください! 部位別の費用 部位 費用目安 顔(頬周辺) 14万円前後 顔(顎ライン) 20万円前後 二の腕 15〜40万円程度 ふくらはぎ(全体) 35〜40万円 ふくらはぎ(部分) 13万円前後 太もも(全体) 40~70万円前後 太もも(部分修正) 15万円前後 お腹周り 35~62万円前後(吸引範囲による) 【補足】脂肪吸引機器の種類 脂肪吸引と一口に言ってもさまざまな機器があり、どの方法を受けるかでも費用が変わります。 クリニックによって取り扱う機器が異なるので、希望する脂肪吸引の方法がある場合は、あらかじめクリニックに確認しておきましょう。 ネットで調べる限り、韓国ではベイザー、ボディタイト、ライポマティック、ウルトラゼットを使用するクリニックが多い印象を受けました。 その4つの特徴を軽くご説明していきます。 費用のお話しからそれてしまいますので、読み流す程度でご覧ください。 ベイザーリポ ベイザーリポを使った脂肪吸引は、日本でも韓国でも主流の方法です。 機器が持つ特殊な超音波 ベイザー波 で脂肪細胞を柔らかくし、吸引します。 ベイザー波は脂肪のみに作用するため、周辺組織へのダメージが少ないのが特徴です。 これに比例して手術中の出血や手術後の腫れ、痛みも少なくなります。 ボディタイト がんの治療や電気メスにも使用されている高周波「ラジオ波」の熱で脂肪細胞を溶かし、カニューレで吸引する方法です。 手術時間も短めで体への負担が少なく、脂肪の取り残しも少ないとされています。 ただ、比較的新しい方法であることから、他の脂肪吸引ほどの症例がありません。 ライポマティック ライポマティックは、超音波脂肪吸引技術を利用した脂肪吸引機器です。 カニューレを振動させて脂肪を柔らかくし、吸引します。 日本で導入しているクリニックは少ないものの、韓国では多くのクリニックが取り入れているようです。 従来の脂肪吸引機器と比べて、一度に取れる脂肪の量が多く、広範囲の吸引が可能と言われています。 ウルトラゼット ウルトラゼット脂肪吸引は、韓国の開発した脂肪吸引機器です。 超音波で脂肪細胞を破壊し、液状化させてからカニューレで脂肪を吸引します。 出血や痛みが少なく、一度に多くのの脂肪が取れる特徴を持つようです。 現在認可を受けているのは韓国のみで、日本では認可されていません。 そのため、日本でウルトラゼット脂肪吸引を取り扱っているクリニックはまだ少なく、費用も高額になる傾向があるようです。 旅費、宿泊費 韓国で脂肪吸引を受ける場合、韓国までの旅費やダウンタイム期間中の宿泊費も必要です。 ANAやJALといった日本の航空会社の場合、3~4万円程度、大韓航空やアシアナ航空といった韓国の航空会社の場合、2万8千~3万5千円程度が片道の相場です。 イースターやピーチなどのLCC航空では2万~2万5千円程度とさらに安く、1万円以上の差が出ることもあります。 また、韓国の宿泊費の相場は、1泊7千~1万円程度。 安いものでは1泊4千円程度で泊まれるホテルもあります。 1週間程度の宿泊が必要 韓国で手術を受けた後、クリニックでアフターケア 術後の経過観察や抜糸 を受ける必要があります。 そうなると、最低でも術後1週間は韓国に滞在しなければなりません。 よって、宿泊費を1泊7千円と仮定すると、4万9千円の宿泊費が必要になります。 宿泊費を抑えたい場合は、日本のクリニックの提携先でアフターケアを受けて滞在日数を減らすか、宿泊費無料のエージェントを利用しましょう。 脂肪吸引ツアー エージェント の費用 脂肪吸引ツアーとは、韓国にあるクリニックと日本人患者の間に入って仲介する「エージェント」提供のサービスです。 主なサービスは「優良な病院・クリニックの紹介・斡旋」「診療の予約」「通訳同行」「空港やホテル、クリニックまでの送迎」「宿泊施設の手配や割引」などで、会社によって提供されているサービス内容に違いがあります。 「ぶっちゃけ、脂肪吸引ツアーは利用した方がいいの?」 とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。 個人的には、施術や海外でのやりとりが不安な人は利用することをオススメします。 脂肪吸引は決して気軽な施術ではありませんし、医師の技術によって仕上がりが左右される施術です。 なかには経験の浅い医師が手術を担当していたり、外国人患者に対してわざと高い料金を請求したりするようなクリニックも存在するようです。 こうした事態を回避するためにも、脂肪吸引ツアーの利用は有効だと思います。 一方、韓国で脂肪吸引を受けることに不安がない、または既にクリニックを決めている方は利用しなくてもいいかもしれませんね。 もし脂肪吸引ツアーを利用する際は、安全なエージェントを選びましょう。 なかには、施術を押し売りして費用を上げようとする悪質なエージェントもいるのだとか……。 ですので、ある程度知名度のあるエージェントが良いと思います。 以下に、日本でも有名なエージェント3社と、各サービスの費用感を挙げてみました。 ナビコリア 韓国政府から外国人患者誘致の許可を受けているエージェントです。 提携している病院からのバックマージンで運営されているので、ナビコリアに依頼するときの費用は発生しません。 カウンセリングや手術の通訳の合計が500万ウォン以上であれば、提携している宿泊施設が5泊無料で利用できるようです。 クリニックや空港までの送迎サービスもあります。 HARU 韓国政府から外国人医療誘致事業者として認められているエージェントです。 カウンセリングや通訳、送迎といったサービス付きで、韓国での脂肪吸引をサポートしてくれます。 なお、カウンセリングのみの通訳の費用は病院一箇所につき5千円、同日に手術を受ける場合は2万円で設定されています。 提携先の宿泊施設は、手術費用が50万円以上で3泊、70万円以上で5泊、100万円以上で1週間無料とのことです。 江南メディカルツアーセンター 無料で利用できる、江南の総合医療観光案内センターです。 江南メディカルツアーセンターを通して予約すると、宿泊施設やクリニック・病院での手術費用の割引価格が適応される特典があるようです。 韓国で脂肪吸引を受ける際に必要となる費用を挙げてみました。 手術費は日本よりも韓国の方が安いと感じました。 ただ、旅費や宿泊費は工夫をしないと総額で見た時に高くなるかもしれないので、その点は注意が必要ですね。 皆さんはどう感じましたか? 韓国の有名美容整形外科の脂肪吸引費用 この項目では、日本でも有名な韓国の美容整形外科やクリニックを例に挙げて、具体的な費用についてご紹介しています。 部位ごとの脂肪吸引の費用について細かく挙げていますので、クリニック選びの参考にしてください。 id美容外科 id美容外科は、韓国政府からの認証を受けている医療機関です。 脂肪吸引の他にも、さまざまな美容整形に対応しています。 有名エージェントの提携病院であるため、日本人の受け入れが積極的で、日本語の対応も可能とのことです。 8円 で算出 特徴 id美容外科には「シークレット脂肪吸引」という名称の施術があります。 傷跡を小さく、分かりづらい部分に作っているようです。 尾骨部分1箇所のみの切開で、脇腹・太もも・お尻・膝へのアプローチが可能とのことです。 狎鴎亭 TOP LINE 整形外科 狎鴎亭 TOP LINE 整形外科は、「大量に脂肪を取ってくれる」と評判の脂肪吸引専門クリニックです。 日本人カウンセラーが常駐しているため、韓国語ができなくても通訳の手配なしで手術を受けることができます。 8円 で算出 特徴 狎鴎亭 TOP LINE 整形外科は、ライポマティックを用いた脂肪吸引を行っています。 費用に関しては、体重に伴って費用も上がる仕組みになっていました。 先にご紹介した「id美容外科」よりも高めの金額設定であることが分かります。 韓国で有名なクリニックを2つ挙げてみました。 皆さんも一度は聞いたことがあるクリニックだったかもしれません。 調べたところ、日本と違って体型による費用変動があるようです。 また、有名なクリニックだけあって、そこまで安い金額ではないようです。 やはり、ある程度費用が高いクリニックの方が、安全性も高いのかもしれませんね。 「韓国vs日本」脂肪吸引費用が安いのはどっち? 結論からいうと、私は日本の方が安いと思います。 日本と韓国、手術費だけで言えば韓国の方が安いクリニックが多いことは確かです。 しかし、手術費以外の出費 飛行機代やダウンタイム中の宿泊など を踏まえると、日本より高くなるか、日本と同等の費用になることが想定されます。 韓国の脂肪吸引が日本より安くなるとすれば、飛行機代、宿泊費、渡韓時期を工夫した場合でしょうか。 二重整形や注入系などの美容整形は滞在日数が少ないはずなので、日本よりも韓国の方が安く受けられる可能性は高いかもしれませんね。 <韓国で脂肪吸引を受ける場合の費用>• ・費用は20~100万円程度が目安• ・手術費の他に、旅費、宿泊費、通訳等の費用が必要• ・エージェントに依頼すると、手術費用に応じて宿泊や通訳のサービスが受けられる• ・エージェントに依頼すると、宿泊施設や手術費が割引になることがある <日本で脂肪吸引を受ける場合の費用>• ・費用の目安は25~100万円程度• ・ダウンタイム期間中の宿泊費や旅費は不要 費用以上に大事なこと 最後に、脂肪吸引専門クリニックのナースとしてお伝えしたいことがあります。 脂肪吸引で一番大切なのは費用の安さではなく、医師の技術です。 医師の技術が確かであれば、韓国でも日本でも満足して手術を受けられると思います。 費用ももちろん大切ですが、医師の技術の高さやクリニックの対応、機器の性能などにも目を向けてみてはいかがでしょうか。 また、海外で脂肪吸引する際に絶対に忘れてはいけないのが「言葉」の問題です。 当院でも、海外から脂肪吸引施術を受けにご来院くださる方はたくさんいらっしゃいますが、通訳の方を通じてのカウンセリングの場合、患者様の細かな希望を聞き出したり、大切な術後のケアの説明をする際に、「正しく伝わっているか?」という点にはとても気を使っています。 日本の方が海外で脂肪吸引を受ける際も同様で、ご自身の希望をご自身の言葉で伝えることができないことは、大切なお体にメスを入れる上でとても心配です。

次の

【保存版】韓国と日本の脂肪吸引の料金を徹底比較

韓国 脂肪 吸引

もくじ• 韓国の美容クリニックでフェイスライン脂肪吸引を受けた理由 韓国の美容クリニックで切開法による二重術を受けた田崎さんは抜糸のために手術から1週間後、再び韓国を訪れます。 「 抜糸のためだけに飛行機に乗るなんてもったいないし、ほかの美容整形も受けたくなってインターネットでさまざまな韓国の有名美容クリニックを調べました。 最近、あご下の脂肪が気になりはじめたのと小顔に憧れていたこともあって、SNSで評判の良かった美容クリニックに問い合わせると脂肪吸引の予約枠に空きがあったので小顔整形のセットメニューを予約しました」 切開法二重術をおこなった美容クリニックで抜糸を終えた田崎さんは、SNSや整形情報サイトなど日本でも有名な美容クリニックへ移動して、小顔整形のカウンセリングを受けました。 そこは日本人専用のフロアがあって、院内は入口からホテルのようにキレイで通訳がいなくても日本語が通じるドクターやスタッフが多く、とても丁寧な対応だったそうです。 皮下脂肪を直接取り除く脂肪吸引 とは脂肪細胞そのものを物質的に取り除く美容外科手術です。 脂肪吸引をおこなう部位にカニューレといわれる特殊な吸引管を挿入して、脂肪細胞の吸引・除去をおこないます。 このことから脂肪吸引は体重減少を目的とした手術ではなく、ボディラインを整える手術とされています。 田崎さんが韓国の美容クリニックを選んだ5つのポイント• SNSや整形情報サイトによる口コミが良い• 日本と比べて低価格• 韓国の成人年齢は19歳のため、保護者同意書が不要• 1つの駅に有名美容クリニックが集中している• 韓国美容での脂肪吸引の手術の流れ 韓国の美容クリニックでは数種類の手術を組み合わせた小顔整形のセットメニューも多く、田崎さんは脂肪吸引・バッカルファット除去・ボツリヌス注射がセットになったメニューを選びました。 「ドクターの診察の結果、バッカルファット 頬の内側にある脂肪 を除去してしまうと骨格的に頬がこけてしまうといわれ、 あご下を含めたフェイスラインの脂肪吸引とボツリヌス注射を受けることに決めました。 バッカルファットの除去をしないため料金がかなり安くなったのがうれしかったです」 「診察の後は洗顔をおこない手術着に着替えすぐに手術室に移動して静脈麻酔を注入されたのですが、これがとっても痛たかったです。 手術中は眠った状態なので脂肪吸引に関しては痛みなどまったく感じませんでした」 「麻酔から覚めて顔を確認したところ、脂肪吸引をおこなった部位にひどい腫れなどはなく、痛みも我慢できる程度でした。 とれた脂肪は見せてもらえませんでしたが、右頬は15ccで左頬が18cc、あご下は38cc程とれたといわれました。 何ccといわれてもそれが多いのか少ないのか分からないですし、クリニックによってはとれた脂肪を見せてくれると聞いたことがあったので少し残念です」 「同時におこなったボツリヌス注射の効果は注入直後だったこともあって、よくわかりませんでした。 手術時間は全部で1時間ほどだったと思いますが、想像していたより脂肪吸引の痛みがなくて、吸収タイプの縫合糸で抜糸も必要ないと説明を受けました。 カニューレの挿入部位に体液もれのガーゼを貼るだけだったので驚きました」 フェイスライン脂肪吸引のダウンタイムと効果 フェイスライン脂肪吸引の直後から痛みも腫れもほとんどない状態で帰国した田崎さんですが、手術の翌日からはどのようにダウンタイムを過ごしたのでしょうか? 「 本当にびっくりするほど痛みも腫れもありませんでした。 軽いメイクと洗顔は当日から可能でしたし、何より抜糸の必要がないことがうれしかったです。 ドクターの説明通り、翌日から圧迫用のフェイスバンドを装着しました。 手術から1~2週間は食事と入浴時以外はフェイスバンドを装着するよう指示をされ、その後は2カ月ほど寝る時に装着するだけです」 「内出血もなかったのですが、 2週間ほどして脂肪吸引を受けた部位に軽い痺れが現れました。 ドクターからあらかじめ説明はありましたが、あご下の拘縮が始まった時は少し不安でした。 看護師さんからも拘縮がはじまったらインディバなどを受けるようアドバイスがありましたが、インディバも安くはないので何度も受けることは難しかったです」 脂肪吸引による痺れと拘縮 脂肪吸引をおこなう際、皮下に挿入したカニューレにより脂肪周辺にある細かな知覚神経が傷つくことも少なくありません。 一時的な神経の損傷によって軽い痺れやピリピリとした痛みが引きおこりますが、多くの場合は1カ月~3カ月ほどで落ち着くといわれています。 脂肪吸引をおこなった部位が手術後1週間ほどたつと皮膚が硬くなる、または引きつれが現れる状態を「拘縮」といいます。 拘縮は脂肪組織が除去されて空間となった部位を修復するためにコラーゲン繊維が絡みつくことによっておこります。 脂肪吸引量によって異なりますが、一度に大量の脂肪吸引をおこなうと強い拘縮が現れやすく、長期間のダウンタイムが必要とされます。 脂肪吸引による拘縮の改善法 拘縮は術後1週間ほどから始まって、3カ月ほどその状態が続くとされます。 拘縮や脂肪吸引後の引きつれ・凹凸感などの症状にはインディバなどのによる手術が多く使用され、組織の損傷部位を改善へ導きます。 脂肪吸引以外の小顔整形の種類 顔の余分な脂肪を除去、または輪郭を整えるなど小顔整形にはさまざまな手術方法があります。 それぞれの手術による効果とリスクを理解して、ドクター診断のもと、自身が望むフェイスラインに適した手術を受けることが大切です。 バッカルファット除去 口腔内を小さく切開して、頬や咬筋の内側にある脂肪のかたまりを医療ピンセットで摘出、除去する メーラーファット除去 鼻の穴からカニューレを挿入して頬骨のあたりにある脂肪を吸引、除去する 有効成分を皮下に注射し脂肪細胞を破壊、代謝によって血中を経て尿や便として排出される ボツリヌス薬剤を発達した咬筋に注入することで張り出た筋肉の肥大を抑制する ヒアルロン酸薬剤を注入することで、頬やあご先などのフェイスラインを形成する ハイフ 高密度焦点式超音波 を照射することで脂肪層と筋層の間にあるSMAS層が熱エネルギーにより収縮、たるみを引き上げる 吸収性糸もしくは非吸収性糸を皮下に挿入して、たるみのある部位を引き上げる 骨切り手術 頬骨・えら・あごなどの張りを減少させるために骨を削る、もしくは切除する フェイスリフト手術 加齢などでたるみをおこした皮膚をはがしてSMAS層 表情筋を覆う筋膜 を引き上げて、余剰な皮膚を切除する 小顔整形によるリスクと考えられる合併症 脂肪吸引によるリスク 脂肪吸引は皮膚を数ミリ切開して、カニューレという特殊な吸引管を挿入、脂肪細胞を直接吸引・除去する外科的手術です。 一度除去された部位の脂肪細胞は再生することがないため、リバウンドすることはありません。 手術によって毛細血管や神経が傷つくことで内出血や腫れ、痛みなどが引きおこされます。 内出血• 感染症• 色素沈着• 吸引部位の麻痺や痺れ• 吸引後の拘縮や引きつれ• 脂肪の取り残しによる凹凸• 脂肪の過剰吸引によるたるみ• 吸引部位の壊死 バッカルファット除去によるリスク バッカルファットとは口腔内の頬内側奥にある脂肪のかたまりのことです。 バッカルファットが多いと「下ぶくれ」といわれる頬の肉が横に張り出たフェイスラインとなるほか、たるみの原因にもなるとされています。 バッカルファット除去は 口の中を数ミリ切開して、脂肪を医療ピンセットで摘まみ出す手術のため顔に傷がつかないことが特徴です。 多くの場合、吸収糸での縫合となるので抜糸は必要ありません。 まれに内出血・感染症• 除去部位のしこり• 除去部位の取り残しによる凹凸• 除去部位のへこみ、頬のこけ• 左右差• 皮膚のたるみ ボツリヌス注射によるリスク 発達した咬筋 えら にボツリヌス薬剤を注入することで神経伝達を阻害して、 咬筋や表情じわなど筋肉の動きを抑制します。 医療領域では脳梗塞の後遺症や眼瞼けいれんなどにも多く使用されますが、繰り返しの注入により体内で抗体が産生されて効果が弱まることも少なくありません。 感染症• 注射部位の内出血• 脱力感や筋力低下• 左右差• まれにたるみ ヒアルロン酸注入によるリスク ヒアルロン酸は元々ヒトの体内にある物質で、注入後は徐々に吸収されます。 そのため比較的、安全性の高い薬剤といわれています。 注入に使用するヒアルロン酸薬剤は各医療メーカーにより多くの種類があって、目元や唇などをふっくらさせる、または鼻やあごなどの輪郭形成など作用がそれぞれ異なるので、目的に適したヒアルロン酸薬剤を選ぶことが重要です。 分解剤があることから修正可能な注入施術とされています。 感染症• 注射部位の内出血• 注入部位の凹凸• しこり• 皮膚の壊死 フェイスライン脂肪吸引の仕上がりと感想 インタビュー時は脂肪吸引の手術を受けてから2カ月が経過した状態という田崎さんですが、そのフェイスラインは脂肪吸引による不自然さは見られません。 手術を受ける前と比べて、どのような変化があったのでしょう。 「多少の痛みや腫れは覚悟していましたが脂肪吸引を終えて帰宅し、母に気づかれることもありませんでした。 本当は頬骨の上にある脂肪もとりたかったのですが、ドクターから輪郭が崩れてしまうからやめたほうがいいとアドバイスをされたので諦めました。 あまり大きな変化は感じませんが、うつむいた時に二重あごにならなくなったので脂肪吸引の効果はあったと思います」 「 まだ拘縮と痺れがあるので少し不安ですが、心配していた強い痛みや腫れがなかったことは本当に良かったです。 韓国の美容クリニックでしたがSNSでの口コミ情報が多く、手術料金も明確で安心できました」 韓国美容で失敗しないために伝えたいこと 韓国の美容クリニックでフェイスライン脂肪吸引を終えて、ダウンタイムや効果・費用におおむね満足という田崎さんから、これから小顔整形やフェイスラインの脂肪吸引を受けようと考えている方へのアドバイスや失敗を防ぐために注意するべきことについて伺いました。 「私が受けた小顔整形は、脂肪吸引・バッカルファット除去・ボツリヌス注射・ヒアルロン酸注入がセットになったメニューでした。 でもドクターの診断でバッカルファット除去はおこなわず、ヒアルロン酸注入は自分の意思で受けませんでした。 日本と比べて料金が安く、つい欲張って1つでも多くの手術を美容整形しそうになりますが、失敗を防ぐために ドクターのアドバイスをしっかりと聞き、自身が望まない美容整形は断ることが大切だと思います」.

次の

韓国の脂肪吸引でおすすめの有名クリニック&人気上昇中のクリニック

韓国 脂肪 吸引

— 2019年 5月月27日午前6時58分PDT 最近、韓国で脂肪吸引をする人が増えています。 私も日本のクリニックで腰、太もも、ふくらはぎの脂肪吸引を2年前に受けましたが、韓国のクリニック情報を知っていたら韓国でしていたと思います。 9月に二の腕の脂肪吸引を韓国で受ける予定なので、そちらはまた別途レポします。 今回は、韓国の脂肪吸引のクリニック選びのポイントと費用の徹底比較をしていきたいと思います。 脂肪吸引が気になっている方の参考になれば幸いです。 どうして日本のクリニックより韓国のクリニック? 韓国のクリニックで脂肪吸引をする人が多い理由は以下の通りです。 私自身も日本のクリニックで脂肪吸引を経験した後、韓国のクリニックでの脂肪吸引を知りましたが日本とかなり違うことに驚きました。 私が調べたところ、日本の脂肪吸引の相場は、二の腕約10万~50万円、太もも25万~70万円ほどです。 あれ?そんなに変わらない?と思う方も多いかもしれませんが、脂肪の吸引箇所が日本より広く吸引量に比べて格安になります。 そのため技術も高く、日本で脂肪吸引を受けた後に韓国で再手術をする方も少なくありません。 仕上がりのきれいさは技術の高さももちろん、アフターケアの手厚さも関係していると思います。 また、整形口コミアプリなどで吸引量を公開している人も多いので、チェックしてみると一目瞭然ですが1. もちろん、安全を第一に考える日本の吸引量の相場は少ないのも頷けますので、何を重視するかによって個人が自分に合う選択をするのがいいでしょう。 マッサージやエステも含めて何もしないでいいとのことでしたが、韓国は手術後、インディバというエステの機械でアフターケアをすることが一般的です。 これにより拘縮とよばれる術後1週間程度で現れる脂肪吸収した部位の皮膚が硬くなったり、皮膚がぼこぼこしたりする状態を緩和することができ仕上がりがより綺麗に自然になる手助けをしてくれます。 日本では術後のケアはほとんどありませんが、韓国ではクリニックによって最大4回までインディバを受けることができます。 韓国のクリニックでは傷跡が少なくまたとても小さいと感じました。 番外編:なんで日本では聞かない「液漏れ」が韓国の口コミでは多くあるの? 韓国で受けた脂肪吸引の体験レポートなどをTwitterで見ると、「液漏れ」というのをよく目にします。 韓国では日本より大量に吸引することもあり、脂肪を溶かす液体を大量に入れるため、それが残ってしま術後出てくることが多いです。 大量吸引してくれるクリニックほどそういった口コミが多く見受けられます。 昨日、脂肪吸引太もも完了。 プラス胸と額への脂肪注入。 先人に感謝です。 手術後の自己処理 液漏れ、トイレ がびっくりするほど大変。 私はビニールシート、病院からもらった広い吸水シートで厳しい夜を越え、液漏れは止まったのでなんとか帰れそう。 仕上がりのきれいさは医師の技術力はもちろんなのですが、そのクリニックが使用している脂肪吸引の方法も大きく影響してきます。 値段だけではなく脂肪吸引の方法も参考にしてクリニックを選んでみてください。 チューメセント法 脂肪吸引の中でスタンダードな方法で多くのクリニックが取り入れている。 チューメセントとは「ふやかす」という意味で、止血薬や麻酔薬などを薄めたチューメセント液を脂肪に注入してふやかしてから脂肪を吸引する方法です。 こうすることで、負担を減らすことができます。 他の方法と併用される場合が多いのも特徴も1つです。 ハイパーインフレート 前述で「チューメセント法」をご紹介したように、一般的な脂肪吸引の方法ではチューメセント液で脂肪をふやかす方法が取られていますが、これまでチューメセント液は皮膚に近い表面の浅い脂肪に飲み有効といわれていました。 そのデメリットをカバーしているのがハイパーインフレートです。 ハイパーインフレートは、チューメセント液と同じように止血薬や麻酔薬と、生理食塩水を混ぜたものを脂肪の層に注入して脂肪をふやかす且つ、浮かせて剥がします。 そのため、チューメセントよりも脂肪の取り残しが少ないといわれています。 ベイザー脂肪吸引 エルコーニアレーザーは、肌にレーザーを数分間照射し脂肪を柔らかくしてから吸引する方法です。 アメリカのFDAの認可を受けた低出力のレーザーで、欧米ではエルコーニアレーザーが一般的な脂肪吸引の方法だそうです。 体外式超音波 いくつもある脂肪吸引の方法の中でも、あまりおすすめしないのがこの体外式超音波です。 皮膚の上から超音波を照射して脂肪細胞を破壊してからカニューレという管で脂肪を吸引する方法です。 ベイザー波とは違い、脂肪細胞以外の組織にも影響してしまうため、医師の腕次第では超音波の照射の際に皮膚が火傷するリスクがあります。 また、ダウンタイムも長いといわれています。 二の腕は脇や副乳、肩甲骨を含めているのがベースのクリニックと腕の部分だけのクリニックがあります。 そのクリニックの二の腕360度以上の最安の値段を記載しています。 あくまで各クリニックの目安としてご覧ください。 また、イベント価格を毎月用意しているクリニックが多く、気になるクリニックはSNSをフォローして随時イベント内容を確認しましょう。 また、クリニックの特徴や口コミも踏まえてカウンセリングに行かれるのがおすすめです。 料金:イベント価格腕65万、太もも120万 ポーズ整形外科(狎鷗亭) 問い合わせから現地まで通訳がいないので少し難易度高め。 トップラインと同じビルに入っており、地元韓国人から人気のクリニック。 人気の理由は大量の吸引と安さ。 ベイザーより大量吸引に適しているベルギー発の最新機器EVA2を使用。 針が工夫されており出血量や術後のアザ、ダウンタイムが短いと言われている。 料金:二の腕 170万ウォン、太もも250万ウォン 江南三成ラマル(宣陵) 比較的どのメニューも安く、脂肪吸引と肌管理やプチ整形を同時に行う人もちらほら。 ベイザーより大量吸引に適しているベルギー発の最新機器EVA2を使用。 針が工夫されており出血量や術後のアザ、ダウンタイムが短いと言われている。 料金:腕200万ウォン、太もも290万ウォン 再手術:40%増 連絡:早い。 LINE日本語対応 通訳:日本語通訳あり 免税:あり リエンジャン整形外科江南店(江南) 皮膚管理で人気のクリニック。 脂肪吸引の症例はまだ少ない。 機械はマイクロエアーで脂肪組織以外の損傷を減らすだけでなく、吸引して出す脂肪組織自体の損傷も低く抑えられるので、他部位への脂肪移植に更に容易になる機械。 料金:二の腕360度200万ウォン、太もも全体300万ウォン ユマステム美容外科(狎鷗亭) 料金:二の腕200万ウォン、太もも360度300万ウォン 再手術:50%増 ドクターフィットクリニック(新論峴) 傷跡が目立ちにくいとの口コミ複数あり。 料金:腕 脇、肩甲、副乳含む 280万、腹部380万 免税:あり ジュエリー美容外科(新沙) 料金:二の腕(脇含む)300万ウォン、太もも全体500万ウォン フレッシュ整形外科・皮膚科(新沙) 顔の脂肪吸引・脂肪移植で人気のクリニック。 機械はウォータージェットとアキュスカルプを使用する。 LINE日本語対応 バービーライン(新沙) 前腕 肘から手首 までの施術を行っている数少ないクリニック。 ベイザーより大量吸引に適しているベルギー発の最新機器EVA2を使用。 針が工夫されており出血量や術後のアザ、ダウンタイムが短いと言われている。 肘下の前腕の脂肪吸引に対応している数少ないクリニック。 同じビルにポーズ整形外科が入っている。 イベント価格や交渉でかなり料金が前後するので、確認したほうがいい。 日本(湘南美容外科)でも取り扱いが開始したベルギー発の最新の脂肪吸引機器ライポマティックを使用しており、従来の機器よりダウンタイムの回復が早いと言われている。 LINE日本語対応。 免税:あり 各クリニックの詳細ページ Co log. のHP内に各クリニックの場所やメニューの詳細、SNS情報などをまとめていますので気になるクリニックがあれば確認してみてください。 傷跡が気になるなら、ドクターフィットやバイウォン クリニック。 とにかく値段が安いところならレックス整形外科やポーズ整形外科あたりが候補に挙がります。 二の腕は個人では痩せにくい部分でもあるので細い方でも脂肪吸引をされる方は少なくないです。 自分が何を重視しているのかでクリニック選びは大きく変わるため、そちらを一度考えてから気になるクリニックにカウンセリングに行かれるのがおすすめです。 韓国【太もも】脂肪吸引のクリニックを選ぶ時のポイント — 2019年 8月月1日午後9時45分PDT 再手術の方や値段を重視されるならヨンセスリムライン、傷跡や仕上がりを重視するならドクターフィット 、バランスがいいのはバイウォンクリニックなどが候補に挙がってきます。 太ももは脂肪吸引の箇所として1番人気なので、どこのクリニックも症例をSNSに掲載するなどして積極的に情報を開示しています。 気になるクリニックの症例を比較して、形や仕上がりで選ぶのも1つです。 上記以外にも全て確認してから決めたい!という方はこれらのクリニックも検討してみてはいかがでしょうか。 まとめ 私自身、下半身は日本のクリニックで脂肪吸引をしましたし、来月韓国で二の腕の脂肪吸引を予約していることもあり今回は韓国の脂肪吸引クリニックについてまとめてみました。 他にもたくさんの情報がございますので気になる事がございましたらCo log. の公式LINEまでご連絡くださいませ^^ 関連記事• クリニック•

次の