横浜 油そば。 横浜なのに美味しい油そばが食べられるお店はどこ?

油そば専門店 醍醐 Abura soba Daigoの配達

横浜 油そば

え? お笑い芸人さんがプロデュースした、家系の油そば? いかにも油ギッシュだし、正直、関わりたくないな……健康のために、あまりジャンクに走りたくないな……と、まったく気が向かなかった、今回のコラボカップ麺チェック。 ところがどっこい、予想外の展開に。 近所にあったら通っちゃうほどウマい、家系油そば 今回のコラボカップ麺チェックは、東京・早稲田にあるの「家系油そば」と、サッポロ一番のコラボカップ麺による食べ比べです。 実はこの店舗。 「違うか!」のフレーズが印象的な、お笑いコンビ「ものいい」の吉田サラダさんがプロデュースしたラーメン店。 ものいいは、「爆笑レッドカーペット」(キャッチコピーは「違いのわからない男」)などに出演していたので、ご存じの方も少なくないはず。 ちなみに、吉田サラダさんの好きな食べ物は、ラーメンとは関係なく、「タコの天ぷら」のようです(より)。 ということでさっそく、店舗の元祖 家系油そばを食べてみることに。 「元祖 家系油そば」(680円)+「味玉」(100円)を注文。 オールタイムで麺の大盛りが無料、さらに11時から17時はライス1杯が無料ということで、ランチタイムに注文するとこんな感じに。 満足すぎるボリューム! 食べ応えバツグン! タピオカ麺を使用しており、噛めば噛むほど、麺の味わいをよく楽しめる! ゆでキャベツが最高の脇役。 奥に見えるのは、ほうれん草で、家系ラーメンの具材をそのまま使用しています カスタマイズを存分に楽しめるのも、家系ラーメン店の楽しみのひとつ。 このほか、酢漬けしょうがなどがありました やはり、油そばには、お酢とラー油が欠かせない! 違う家は、高田馬場・早稲田エリアのラーメン総選挙で、2年連続1位を獲得したとのこと。 食べて納得でした 家主は徳川家康です。 違うか………… 家系の油そば? なんじゃそりゃ? というテンションでしたが、ひと口食べてビックリ。 油そばとしてかなり完成度が高く、そのうえ、香りと後味は家系ラーメンそのもの。 やや不思議な感覚ながら、相当クセになります。 しかも、思っていたほど、油っぽくない。 醤油だれがやや濃いので、これに油そばのキラーアイテム、お酢とラー油を投入すると、すべてがマイルドになります。 タピオカ麺が何なのか詳しくはわかりませんが、油そばの生命線である、麺のうまさにも脱帽です。 メチャクチャ、ウマいです。 近所にあったら通っちゃうレベルです。 また再訪します。 正直、芸人さんプロデュースということで期待値は低かったのですが、かなり完成度の高い1杯を楽しめます。 これなら、汁ありの家系ラーメンが美味しいことも、想像に難くない。 「違う家(ちがうか)」。 東京メトロ・地下鉄東西線早稲田駅から徒歩0分、早稲田駅(メトロ)から101m。 営業時間は月〜土が11:00〜23:30、日が11:00〜23:00。 日曜営業。 2018年7月1日時点、「食べログ」より カップ麺、ボリュームの足りなさにガッカリ 店舗の家系油そばに満足したところで、続いて、サンヨー食品から発売されたコラボカップ麺「サッポロ一番 違う家 横浜家系油そば」(税別220円)を食べてみます。 インパクトのあるパッケージの中身はどうなっているのでしょうか? 非常に目立つパッケージデザイン。 今回は、お酢とラー油もしっかり用意してみました もちろん、パッケージには吉田サラダさんのお顔写真も パッケージの中には、調味だれ、トッピング(のり)、かやくの袋が入っています かやくはキャベツ、鶏・豚味付肉そぼろですが……小さくて少ない! 熱湯5分。 さらに、カップ焼きそばの要領でお湯を捨て、調味だれを投入 高速回転! まわせ! まわせ! 「サッポロ一番 違う家 横浜家系油そば」の完成です 麺は、サッポロ一番お得意のノンフライ麺。 やや細いながら、歯ごたえしっかり キャベツもしっかり入っています ラー油を投入! お酢も投入! これで、かなり店舗の味わいに近づきました 店舗では、油そばからただよう香りに食欲をそそられていましたが、カップ麺はというと、醤油の味や香りがやや強く、主張しすぎている感じ。 しかし、再現度はやや低いものの、油そばカップ麺としての完成度は高く、かなり満足できる味です。 お酢とラー油を投入することで、「油そばうめぇ!」と、店舗と同じ感動を味わえます。 いっぽう、残念なのは麺。 ノンフライ麺でモチモチしている点は評価できますが、店舗よりも細く、かなり迫力に欠けます。 あの「ペヤングソースやきそば」(税別170円)が90gなので、それよりもやや少ないと想像してみてください。 それこそ、あと何杯か食べてやろうという気持ちですが、カップ麺がひとつ税別220円なので、2、3杯食べた時点で、店舗の油そばと変わらないお値段になってしまいます。 店舗はコスパ最強だったのに。 考えてみれば、ペヤングソースやきそばよりも50円高い。 かやくも「えー!? 」というぐらい少なく、存在感はゼロだったのが心残りでした。 今回の再現度は? <いいところ>香りが弱いものの、家系のたれを十分に再現。 「美味しい油そば」という印象 <気になるところ>麺が細く、量が少ない。 かやくも不十分。 心残りは、かやくや麺のボリュームだけでしょうか。 油そばカップ麺としてはかなり満足できたので、「ペヤングソースやきそば 超大盛」(237g)か「ペヤングソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX」(439g)並みのボリュームVer. が発売されたら、即買いしちゃいますよ!.

次の

横浜家系ラーメン&油そば|壱角家 川崎銀柳街店

横浜 油そば

ラーメン屋にいくと、ラーメン、つけ麺、まぜそば、油そば……様々なジャンルがある。 油そばもまぜそばも、ともに「汁がないラーメン」だ。 一体なにが違うのか? 「油そば」と「まぜそば」の違いについて考えたい。 油そばとは 名古屋で、本格的に「油そば」という言葉が浸透しだしたのは、2010年にオープンしたの功績だ。 最初に、「油そば」って聞いたときに、 そんな油っぽい食べ物なんて流行らないって思っていたが、その後大流行。 歌志軒も現在は、50店舗以上になり海外にまで進出している。 まぜそばとは それに対して、「まぜそば」といえば、の「台湾まぜそば」が有名! 今では名古屋めしのひとつで、名古屋名物にもなった。 油そばとまぜそばの違いとは? 結論からいうと、いろんな考え方があるが、調べた限り、 油そば=まぜそば いっしょだった。 なんてつまらない結果… せっかくなので、 油そば(まぜそば)の歴史について調べてみた。 油そば(まぜそば)の歴史 によると、 油そばとは 油そば(あぶらそば)とはスープのないーメの一種である。 どんぶりの底に入ったごま油や、しょうゆベースのタレに、ラー油、酢などの調味料を好みでかけ、麺に絡めて食べる。 代表的な具はメンマ、チャーシュー、ギなどである。 店によっては油そばではなく、「もんじゃそば」、 「まぜそば」、「手抜きそば」、「あぶらーめん」などと称することがあり、単純に「汁なしラーメン」ともいわれる。 いずれにしても東京の武蔵野地区から他地域に広がっていった。 ぼくの「油そばとまぜそばの違い」を語る! ぼくが勝手に思っていることをタラタラ書きます。 あくまで個人の見解です。 「油そば」と「まぜそば」は基本いっしょだが、様々なラーメン屋での「油そば」と「まぜそば」のお店の傾向から判断して下記の通りだ。 油そばとは、 たれと油が麺の下にあって、麺の上にシンプルなトッピングがのっている。 そして、食べる時に ラー油と 酢をかけて、 自分でまぜて食べるのが油そば。 そして、その麺の上にボリュームたっぷりな具材がのっているものがまぜそば。 もう既に混ぜてあるのがまぜそば。 まとめ 油そばもまぜそばも、言い方が違うだけで同じものをさす。 各個人のこだわりによって、これは「油そばだ」「まぜそばだ」って言い張る人もいる。 どちらもいっしょだ。 ラーメンをこだわる人はトコトンこだわりをもっているので、その人が目の前にあらわれたら、ラーメン論破して戦うよりも素直に「へ〜」といって聞いて受け止めることが一番穏やかにその場を過ごすことができる方法だ。 これだけ言っておきながら、 現在、当店には残念ながら「油そば」も「まぜそば」もない。 横浜家系ラーメン ぎん家(ぎんや)名古屋駅西口店.

次の

セブンイレブンの横浜ラーメン六角家家系豚骨醤油まぜそばを食べてみた

横浜 油そば

調理 まぜそばも「焼きそば」と作り方は同じです。 中身を空けると「液体ソース」「ふりかけ」「かやく」「豆板醤」の4つです。 「かやく」を取り出し、麺の上に開けます。 お湯を注いで5分待ちます。 5分後、残りの「豆板醤」「液体ソース」「ふりかけ」を追加していきます。 いい感じに絡み合わせたら完成です。 実食 それではいただいてみましょう。 麺 麺は太麺です。 店で食べる「油そば」ほどの太さはあまり感じられませんが、かなり弾力性のある麺でした。 こちらの麺は5分待ってもとくに伸びた感はなく、 強いコシがきいた麺になっていたので、「まぜそば」としてぴったりでした。 とんこつ味醤油の濃厚なタレや豆板醤がうまく絡み合い、いい感じに麺が吸ってくれるので、 しっかり麺に家系がしみついています。 麺どうしがかなり絡み合っているので、箸でつまむ量をやや多めにして、 がっつり口の中でほおばるといっきに家系豚骨を口の中で感じることができます。 タレ 今回は、「豆板醤」「液体スープ」という組み合わせでしたが、個人的には味がかなり濃い目でよかったです。 家系本来の豚骨醤油の味は十分生かされており、 タレとして混ぜ合わせるには、ちょうどよい味の濃さでした。 そして「豆板醤」ですが、おまけ程度についていたのでそこまで辛くないだろうと思ったらこれが結構インパクトがありました。 普 通に辛いです。 そしてやや塩分も含まれているため、液体ソースと合わせると味が濃すぎるかな?と思う方もいるかもしれません。 自分的にはちょうどよかったですが、 しょっぱすぎるの苦手な方はやや少なめに入れたほうがいいかもしれません。 また豆板醤を入れると辛みもかなり前に出てきてしまうので、純粋な「醤油豚骨」を楽しみたいという方は、まずは入れずにそのまま食べて、 味に変化をつける意味で後半に「豆板醤」を追加するというのもおすすめです。 具材 家系のラーメン具材の鉄板である「チャーシュー」「ほうれん草」「ねぎ」「のり」などが入っていました。 おそらく以前紹介した六角家のカップ麺でのかやくとほとんど同じ種類かなと思いますが、 量はかなり少なく感じました。 麺の容量が多いからそう感じさせるというのもあるかもしれませんが、おまけ程度に入っているという感じでそれぞれの具材のうまみを感じるほど 味はしみ込んでこなかったかな?というのが正直な感想です。 評価・まとめ ということで、評価にいきたいと思います。 まずは液体スープの再現性がしっかりされており、家系特有の豚骨しょうゆの濃厚さを保ちながら、豆板醤という辛みのアクセントをつけることで、 切れ味をしっかりもった混ぜそばになっていました。 前回の「 焼きそばUFO 辛口ラー油マヨ油そば」では途中で味に飽きてしまいましたが、こちらはあきることもなくあっという間に間食してしまいました。 しいていうのならやはり具材の少なさがちょっと寂しかったです。 家系ラーメンといったら、「ほうれん草」・「チャーシュー」・「のり」あたりは細切れであってももう少し量を増やさないと、 ただの焼きそば風まぜそば?となってしまい、 たれと麺の印象しか残らなくなってしまうかなぁと感じました。 家系ラーメンの濃厚さを凝縮した液体スープでの混ぜそばぜひ試してみる価値ありです! ぜひ試してみてくださいね! 引き続きコンビニラーメンレポートを続けていきますので、また次回もお楽しみに。

次の