なつ ぞ ら 一休 さん。 「一休宗純」とは?一休さんのモデルは反逆のカリスマだった

『なつぞら』“一久さん”こと中川大志、8・10札幌ドームに登場 マッチボールセレモニー

なつ ぞ ら 一休 さん

道号は一休、戒名は宗純。 1394年2月1日生まれ(室町南北朝時代)、1481年12月12日没。 ちなみに、アニメ『一休さん』で有名な「将軍様」こと第3代室町幕府将軍足利義満は、1358年生まれ1408年没である。 一休宗純の父は、北朝最後の天皇で第6代に数えられ、南北朝統一後は歴代で第100代天皇に数えられている 後小松 ごこまつ天皇。 母は、 伊予局 いよのつぼね(諸説あり)。 一休宋純の父である第100代後小松天皇には、親王(直系男子)である一休宋純以外に、一休宋純の異母弟にあたる実仁親王(生没年1401-1428/母は藤原資子)という親王(直系男子)がいた。 実仁親王は、後小松天皇崩御後、一休宗純を差し置いて、第101代 称光 しょうこう天皇に即位する。 その後、称光天皇が亡くなると、またしても一休宗純を差し置いて、北朝第3代 崇光 すこう天皇のひ孫にあたる彦仁親王(生没年1419-1471/父は後崇光院)が、第102代 後花園 ごはなぞの天皇として即位している。 一休宗純が天皇に即位できなかった理由としては諸説あるが、ひとつは、一休宗純の母である伊予局が、一休宗純が東宮(皇太子)任命争いに巻き込まれる事を避けるため(暗殺などから命を守るため)、数え6歳の時に、京都安国寺の像外集鑑に入門させており、仏門に入れる事によって朝廷から遠避けたと言う説。 ひとつは、一休宗純の母である伊予局という人物は、後小松天皇の皇后(正式な妻)ではなく(後小松天皇の皇后は実仁親王の母である藤原資子)、また、伊予局と言う人物名も主だった文献には登場しておらず、従って伊予局は、入内(正式に宮中に入っていない)しておらず、当時、一休宋純は後小松天皇のご落胤(隠し子)とされていたと言う説である。 これらの説や、諸説から、一休宗純が、朝廷からも民衆からも、後小松天皇の親王であるという認識がなかった事を示している。 その後、僧として成長した一休宋純は、応仁の乱(1467年~1477年)の最中、第103代 後土御門 ごつちみかど天皇の勅命(天皇による直接命令)により、大徳寺(京都にある臨済宗大徳寺派大本山)の第47代住持(住職)に任命される。 また、一休宋純は破戒僧であった。 破戒僧とは、戒律を無視し破り続ける僧の事である。 一休宋純は、蚊を殺し(不殺生戒を犯す)、酒を飲む(不飲酒戒を犯す)。 その極みは、晩年にある。 読経する傍らで、17歳の盲目の少女を囲い続けていた(不邪姪戒を犯す/よこしまで淫らな男女関係)。 しかし、後土御門天皇とは親交があり、また民衆からの信頼も厚かったと言われている。

次の

なつぞら

なつ ぞ ら 一休 さん

は、亡くなる前に弟子に手紙を残している。 「本当に困ったことがあれば、これを読みなさい。 」 こう言って、遺言を弟子に託したのだ。 数年後、困難に直面した弟子が手紙を読むとこう書かれていた。 「しんぱいするな。 なんとかなる。 」 そのとおりだよなあ。 何事もなんとかなるんだよ なんだかんだ、なんとかなる。 世の中には、色んな人の色んな名言がある。 ガッツリした気づきの名言もいいし、キラキラ系の名言もいい。 でも、のこの言葉。 なんだか安心する。 困ってる人に対して、 頑張れ!負けるな!ファイト! こうやって励ますこともいいけど、 しんぱいするな。 なんとかなる。 いい感じだ。 困った人にかける言葉ランキング1位だろ、これ。 ということで、今日は、の名言を紹介していく。 何かにとらわれ過ぎるな 経文に気をとらわれてこだわりすぎると、有害なものになる。 私も経にとらわれてしまって、犬や猫にも及ばない。 犬でさえ仏殿に向かって、何の迷いもなく小便を引っ掛けるのに。 坊さんらしからぬ発言だ。 経が有害なものになる。 って、そんなこと言っていいのかよって感じだ。 また、仏殿に小便をする犬を例に、もっと自由に生きろということを追求しているのだろう。 これは現代でも永遠のテーマだ。 無意味な前例踏襲や決まりごと。 人は、どうしてもとらわれがちになってしまう。 でも、何事にもとらわれ過ぎてはダメなのだ。 自由な発想を持ち続けなければならないんだ。 自分が今、やっていること、 自分が今、守っていること、 自分が今、大事にしていること、 本当に本当に大切なことなのか? 中身を判断せよ 袈裟が有り難く見えるのは、在家の他力本願 お前が尊敬されてるのは、坊さんの格好をしているから。 お前自身の力では無い。 こんなことを言っている。 これも現代にグサッと刺さる言葉だ。 地位や名誉、お金、役職、、、 色んな色眼鏡がそこらじゅうに転がっている。 でも、人が見るべきは、 何を成し遂げたのか。 何を頑張ったのか。 何を考えているのか。 どう生きているのか。 相手の中身を見ることを放棄してはダメ。 他力本願にならず、自分でしっかりと評価せよと。 この話の中では、 釈迦は、生まれつき偉い人のように思われがちだが、元々我々と同じような人間であった。 しかし、釈迦は6年間苦しみながら修行をとげ、仏となった。 そこが我々と違うのだ。 こう述べている。 偉い人が偉いのは、それだけのことを成し遂げたからである。 が何を大事にしていたかが分かる言葉だ。 今さらながらについての説明を。 は、のの僧、のことである。 当時の僧は、今よりずっとお堅くて、社会的な地位が高かった。 そんな中、は、世の中の当たり前を当たり前とするのではなく、ナナメから、横から、裏か見ようとする人だった。 また、本来、修行して徳を積んで、悟りを目指す。 僧とは、そういうものだが、は、人間は本来どうあるべきかを考えたのである。 「悟り?まずは、もっと人間らしさを突き詰めろよ。 」 って感じだろうか。 いい人だ! てか、に関することを調べれば調べるほど合いそうなんだ。 俺と合いそう。 いい友達になれそうなんだよなあ。 って失礼だよな。 すみません。 様 、あなたはすげえっす。 「人は何を成し遂げたかが重要。 」 こんなことをに言ってるんだもんな。 日本人、まだまだだよ。 くだらないことばかり見て人を判断する。 まだまだそんな社会だ。 でも、ようやく、やっとこさ、 少しずつ、変わってきたような気がしている。 個人が個人のまま活躍できる社会になってきた。 テクの進化のおかげで、個人がそのまんま輝ける社会がすぐそこだ。 これは、くだらない組織が終了していくことを意味する。 くだらない組織が終了すれば、人の価値観は大きく変わるだろう。 組織の中で出世するよりも、個人個人が「何を成し遂げたか」が、重要になる社会になるはずだ。 時間はかかったけど、やっとの言ってた理想に近づくんだ。 そして、何かに縛られ過ぎないこと。 これは本当に本当に、自戒したい。 いつも心に置いて生きていきたい。 俺には、すぐにすべての縛りを取っ払うことは出来ないけど、なるべく縛られない生き方をしたい。 それって必要なの? 本当にこれって大事なの? もう必要なくね? もっとこうした方がいいだろ。 こんな意識をずっと持ち続けるのだ。 は、僧にとって最も重要な経と仏殿を例に語った。 今の時代なら、確実にSNSが炎上するような発言を、恐れずに真っ直ぐに語っている。 炎上を恐れてはならない。 真っ直ぐな思いを持ち続けなければならない。 魂から溢れる言葉を本気で語らなければならない。 人は情熱を失ってはならないのだ!! もっと自由に生きること。 もっと本気で生きること。 もっと楽に生きること。 は、こんなことを教えてくれる。 しんぱいするな。 なんとかなる。 しんぱいするな。 なんとかなる。 しんぱいするな。 なんとかなる。 何があっても、自分があれば大丈夫!! 自分自身をしっかりと持ってれば大丈夫!! みんな、困った時、苦しい時、上手くいかない時は思い出してくれ! しんぱいするな。 なんとかなる。 t4121aka.

次の

ホテル予約・旅館予約[一休.com]

なつ ぞ ら 一休 さん

NHKで放送中の連続テレビ小説『なつぞら』に、坂場一久役で出演中の俳優・が、8月10日に札幌ドームで開催されるサッカー・Jリーグ、コンサドーレ札幌VS浦和レッズの「マッチボールセレモニー」に参加することが発表された。 この日は、コンサドーレで活躍した河合竜二さんの引退セレモニーを兼ねた前座試合(前11:30〜)も予定されている。 中川から意気込みコメントも届いている。 マッチボールセレモニーは、試合開始前に選手が全員ピッチに上がり審判も入場した後、ゲストが試合球を持って登場し、主審にその球を渡すというセレモニー。 8月10日は、午前11時30分から元選手・河合竜二さんの引退試合。 午後1時55分頃に中川のマッチボールセレモニー、午後2時からコンサドーレ対レッドダイヤモンズ戦がキックオフ。 当日はセレモニーのほか、中川のトークイベントも行われる予定。 詳細は北海道 コンサドーレ札幌 やNHKのホームページで告知する。 札幌ドーム内には、ドラマの世界観を楽しめる『なつぞら』特設ブースも設置される予定。 僕がいま出演している『なつぞら』は北海道が舞台のドラマです。 ACL出場に向け、少しでも選手の皆さんの後押しとなれるよう、試合当日も北海道の皆さん、そしてサポーターの皆さんとともに精一杯応援したいと思います。

次の