君 の 膵臓 を 食べ たい 読書 感想 文。 君の膵臓をたべたい(キミスイ):あらすじと感想(ネタバレあり)

【読書感想文】君の膵臓をたべたい/住野よるを読んで

君 の 膵臓 を 食べ たい 読書 感想 文

「君の膵臓をたべたい」一発目のインパクトにやられた。 なんの本なんだろう。 カニバリズム的な類なのか。 それにしては桜色の淡い色調の表紙につかず離れずの高校生の男女がふんわりと描かれている。 完全なるジャケ買いだった。 金額や手に収まるサイズ感などから文庫本が好きな私としては珍しい買い物だった。 きっと恋愛ものだろう。 でも恋愛の中で膵臓が食べたくなる感情って? なんとなくいつもはしてもらわないブックカバーを店員さんに頼み、多少過激とも思われる表題を隠した。 帰宅までそわそわとした気持ちを抑えられず、私は電車の中でそっと表紙を開いた。 そして共病文庫の持ち主であり、膵臓に疾患を患い僅かな余命を満喫しようとしている山内桜良。 「僕」は病院でふと目にしたノートを見つけた。 表紙には共病文庫。 なんとなく開いたそこにはクラスメイトである山内桜良は余命が残りわずかだということを知る。 思いがけず秘密を知ることになった僕は、半ば強引に彼女の「死ぬまでにやりたいこと」を遂行する相棒として振り回されることになる。 少し引っかかったのはとても大人びた言葉を使う高校生達だな、ということである。 僕、は他者とのコミュニケーションを極力避け本の世界に没頭していただけに論理的かつ冷静。 彼が大人びた ある意味古めかしい 言葉を使う事にはなんら疑問はなかったが、気になったのは山内桜良である。 自身の疾患や死を自虐的に、きっとこれ以上ないレベルのジョークにして飛ばす。 そしてドヤ顔をかます程である。 これこそブラックジョークというのかと感服した。 それに対して僕は死に対する軽々しい言動に逆に戸惑ってしまう反応すらある。 そしていつも明るく、死というものに独特な価値観を持つ。 この年代に余命宣告をされれば完全にうろたえ泣きわめく日を過ごしそうだが、そうではない。 この子、本当に死ぬのかな? と思わされるぐらい活発なのである。 しかし、後半になって感じる明るく活発な彼女の背中から見え隠れする死への恐怖。 ああ、やっぱり怖いよね。 ここでなんとなくホッとした自分がいた。 死が怖くないわけがない。 ましてや高校生、これからの生活がキラキラ輝いている年代だ。 彼女はひとりが、そして忘れられることが怖いのだ。 彼と一緒にいることで心を蝕む恐怖を払拭しようとしているのだ。 そう考えると切なくて仕様がなかった。 死ってすぐ傍にある。 明日、明後日、何年後、ゴールとして確かにある。 しかしそこまでのプロセスがよく見えないがために蔑ろにしてしまう。 考え直そう。 明日あたりにでも出不精な彼を誘って、ホルモンを食べながら「私が病気ならどうする?」と聞いてやるのだ。 きっと彼はうろたえるだろうがそれでいい。 お互いをもっと大事にしよう。 いつ死ぬか分からないなら必死に今を生きて、君を大切にして愛を語る。 読んだあとはそんなほんのり寂しい気分だった。 少し自分に触れる人を大切にさせてくれる、そんな気持ちにさせられる本だった。 (20代女性) 固定ページ: 1.

次の

君の膵臓をたべたい(キミスイ):あらすじと感想(ネタバレあり)

君 の 膵臓 を 食べ たい 読書 感想 文

『君の膵臓をたべたい』の読書感想文を書くポイント では、『君の膵臓をたべたい』の読書感想文を書くための具体的なポイントをチェックしていきましょう。 『君の膵臓をたべたい』を読んだきっかけ まず、読書感想文の冒頭では、その本を読んだきっかけや本との出会いを簡潔に書くと良いでしょう。 読書感想文を読む側も、読書感想文の著者の気持ちに、より感情移入しやすくなります。 以下の例文を参考にしてください。 例文 インパクトのあるタイトルに惹きつけられて、思わずこの本を手に取った。 「君の膵臓をたべたい」それは、私自身は口に出したこともないし、思ったこともない台詞である。 繊細で美しい桜の絵の表紙と相反する衝撃的なタイトル。 どんなストーリーなのか気になって仕方なく、性急にページを捲った。 『君の膵臓をたべたい』は、印象的なタイトルが魅力の1つです。 タイトルに惹かれて本を選んだ人は参考にしてください。 例文 映像化された『君の膵臓をたべたい』を観た時に得た衝撃を、今の自分で再び味わいたい、と思い、改めて小説『君の膵臓をたべたい』を読むことにした。 先に映画などで『君の膵臓をたべたい』を知っていた場合に使える例文です。 なぜ今の自分にこの本が必要だったのかを書く布石としても使えます。 『君の膵臓をたべたい』を読んで印象的だった箇所 最も印象的だった箇所について、まず内容を簡潔に記載します。 ストーリーを知らない人が読んでも分かるように、前後を含めて分かりやすくまとめましょう。 また、それはどうして自分にとって印象的だったのかを記載しましょう。 以下の例文を参考にしてください。 例文 自身の余命を知っていた桜良は、どんな思いで日々を過ごしていたのだろう。 もし自分だったら、桜良のように明るく友達と話したり、元気に学校に通うことはできるだろうか。 桜良の葛藤を探ろうとすればするほど、桜良という人物に惹かれ、憧れを抱くようになった。 人と関わろうとしなかった春樹が、桜良に振り回されながらも、人と向き合っていくようになった姿は、人見知りだった私の世界を広げてくれた気がした。 ある日突然大切な人を失ってしまう悲しみは計り知れない。 春樹は、桜良が病気ではなく、事故で死んでしまうとは思ってもいなかっただろう。 登場人物に感情移入し、自分と照らし合わせたり、共感したことを伝えるときに使える例文です。 『君の膵臓をたべたい』から今後に生かせること 今後に生かせることは、前述の「『君の膵臓をたべたい』を読んで印象的だった箇所」と関連づけると良いでしょう。 まず印象的だったシーンや台詞から何を学んだのかを簡潔に書きます。 以下の例文を参考にしてください。 例文 自分が病に侵されていることを知りながらも、全力で人生を謳歌し、天真爛漫に生きる咲良から、1日1日を大切にしなければならないということを学んだ。 誰もが命の期限が決められている。 それは目に見えるものではない。 しかし、桜良は膵臓の病気によって余命宣告されており、逆にその期間までは生きられると安心してしまっていたのではないだろうか。 私は、事故によって突然死んでしまった桜良を想う春樹から、伝えたい想いは都度伝えるべきだということを学んだ。 次に、それを今後の自分の人生にどう生かしていきたいのかを具体的に書きます。 例文 今までの私は、ただなんとなく周りに流されるように日々を過ごしてきた。 しかし、『君の膵臓をたべたい』の桜良から毎日を全力で生きることを学んだ。 今後は、桜良のようにやりたいことのリストを作り、目標を持って生きていくことを決めた。 この先も、伝えたい想いが伝えられない場面は、幾つもあるだろう。 その時に、『君の膵臓をたべたい』を思い出し、自分自身を勇気づけられるようにしたい。 このように『君の膵臓をたべたい』と自分自身を結びつけ、今後の展望を記し、結びとします。

次の

君の膵臓を食べたい/住野よる

君 の 膵臓 を 食べ たい 読書 感想 文

Link(関連記事) 彼女が彼に名前がぴったりと言われて嬉しかった理由 私が、この小説で一番グッときたのは、主人公「僕」がヒロイン「桜良」の名前を君にぴったりの名前だと話すシーンです。 主人公はヒロインのことを一貫して君としか呼びません。 照れ隠しなのか、たまたまのなのか。 自分の名前を呼ばれないヒロインは、「僕」が自分のことを嫌っているのではないかと推測します。 同時に「僕」が人が抱いている感情を予測するクセがある事から、ヒロインに「僕」を定義されたくない、ヒロインを「誰か」に定義したくないのではないかとも、推測します。 正解は後者である事が、「僕」が墓前に梅酒をお供えした事からもわかります。 「僕」が彼女を名前で呼ばない理由に私は深く共感しました。 なぜなら、私も「名前」=「その人の役割」と認識しているところがあるからです。 友人のA、知り合いのBなど、人の名前と、その人と自分の関係は深くリンクしていると私は思っているのです。 私にとって、人の名前を呼ぶという行為はその人の役割、自分が相手に抱く感情を表すことだと考えています。 同じAという名前を呼ぶにしても、「Aさん」と呼ぶのか、「A君」と呼ぶのか、「A」と呼び捨てにするのか。 自分が相手に抱く感情を表す、逆に言えば定義していない人、定義したくない時は名前を出しません。 具体的には悪口、陰口をいう時、全くの初対面の人と話すときに、抵抗を感じるのです。 話を小説に戻します。 人を名前で定義している人間が彼女の名前をピッタリだと、好意的に話します。 そのシーンを、彼女の死後、共病文庫を読むときにがっちり伏線回収してくれるのです。 「僕」は彼が彼女に名前がピッタリと言ったときに喜んだ時に、不思議そうでしたが、もう、私の頭の中ではスパーク散っていましたよ。 「あぁ、そうか、だからか。 だから、彼女は名前を…」 と一人悶絶しました。 そして、彼が名前を呼ばない理由までも察していた彼女が、すでに故人となってしまった事が残念でした。 「死」を頻繁に話題に出す彼女 死さえも冗談の一部に利用する彼女の感性は、自分の寿命を残酷にも認識しているからでしょう。 寿命というよりは死でしょうか。 死ぬことが生活の一部になっているから冗談を口に出す。 私たちの会話も、普段の生活に根ざしたものです。 家族の中でしか伝わらない話題だったり、友達同士でしか伝わらない言葉だったり。 私たちは、生活に根ざした、身近なことを話題にします。 彼女にとって死は身近で、生活に根ざしている。 だから、頻繁に口に出すのでしょう。 または、彼女が「日常」と「現実」を与えてくれると評する「僕」だからこそ、死への不安を冗談にしているのでしょうか。 「人はいつか死ぬ」 私たちも一緒なんだけど、私たちはそれを認識しません。 認識しないというより、認識できないのでしょう。 毎日、死を考えていたら物事が前に進まないから。 まだ、死が遠くにあって自分に関係のないものだと信じているから、私たちは死について話題に出すことは少ないのです。 本音を見せない会話が好き この作品の魅力は何と言っても二人の掛け合いですね 読んでいて面白いです。 こういう掛け合いが好きだな。 あんまり乗ってくれる人は少ないけど、お互いの言葉を借りて会話する感じがいいのよね。 自分の本音を相手の言葉で返す会話、最高じゃん。 読むきっかけとなったのは、主人公に似ていると言われたから ここからはただの日記。 主人公に似ていると言われたからこの本を読んでみました。 聞いたことのある本の主人公に似ているのだから、そのときは素直に喜んだのですが、小説を読んでみたら、うーん、どうだろう。 喜んでいいのだろうか。 自分を強く持っているとは思うが、そうか、俺の話し方とか雰囲気ってこんな感じなんかな。 心当たりがあるだけに強く否定もできないけど、ここまで人間関係に疎くないよ。 人の評価は人の中にあるから分からんし、変えづらいからね。 まとめ:ありきたりな病気ものの小説で片付けるのは勿体無い 彼女と「僕」の日常パートが幸せすぎて、彼女の死後、共病文庫を読むシーンは泣けますね。 正直なところ、本を読むまでは「ありきたりなお涙頂戴小説」と思っていました。 しかし、実際に読んでみるとそれ以上の魅力がありました。 私と同じように「お涙頂戴小説」で片付けている方の方が意外にハマると思います。 ぜひ、原作を読んでみてはいかがでしょうか。 アニメも観ました。 原作好きなら、観に行って損はないかと。

次の