猫口臭い。 猫の口くっさ~!!口臭が気になって眠れないあなたに贈る口臭対策案☆

【ねこの口が臭い】口臭の原因とキャットフードで口臭対策

猫口臭い

com 猫の匂いはお日様の匂いがすると感じている方も多いはずです。 また猫の匂いを嗅ぐと甘いいい匂いがするという方もいます。 それもそのはずで猫には体臭がないんです。 その変わりこうしたいい匂いがする猫のにおいがあるんです。 その反面、犬は動物の臭いがするのではないでしょうか。 シャンプーしていないといつの間にか野生化した獣の匂いを発するようになります。 しかも犬の中には自ら海に入っていったりプールで泳いだりする犬種もいるのにです。 しかし、猫はシャンプーを嫌いますし、水に浸かるのももってのほかです。 水が嫌いな猫は体を洗うことがありません。 なのに無臭で、とてもいい匂いがするんです。 それはなぜなんでしょうか。 その理由は猫の祖先と関係があります。 猫は本来狩りをして生きていた動物ですので、匂いには敏感ですし、自分の発する匂いにも敏感なんです。 狩りをするときには自分の姿を消して獲物に近付いていくことが必要ですが、自分に匂いが付いていると獲物に近付いたときにその臭いで自分の存在に気付かれてしまいます。 ですから猫は自らのニオイを消して狩りをしていたんです。 ではどうやって匂いを消すのでしょうか。 その一つはグルーミングと呼ばれる被毛を舐める行為によってです。 このグルーミングに猫は一日のほとんどを費やすとも言われています。 自分の舌で毛を舐めることによって匂いそのものを消し去っているんですね。 さらに猫は太陽の日差しを浴びることによっても体臭を消し去っているんです。 太陽の光は雑菌の繁殖を防いでくれる働きをしてくれます。 猫は全身毛で覆われているため皮膚の部分は湿度があり、菌が繁殖しやすい環境になっています。 ですから適度に乾燥させることが必要ですが、猫は日向ぼっこをすることで体を乾かし、なおかつ紫外線によって殺菌や消毒を行っていたんですね。 ただボーっと縁側に居るだけではないんですよ! 猫はきちんと理由があってのんびり太陽をあびていたんですね。 com 猫を抱き上げたら、妙な匂いがすることがあります。 そんな時は臭いの原因を突き止めないと不安でしょうがなくなってしまいますよね。 元来、猫はハンターであるため、体臭を放つことはほとんどありませんが、自分のテリトリーを主張するためのマーキングという習性はあるため、はっきりと臭いを発する分泌液を出します。 この分泌物が実は相当にきつい臭いなんです。 人によってはとんでもなく、耐えられないほどの臭いです! 猫が分泌液を出す場所は、肛門付近にありますのでしっかり理解しておくと良いでしょう。 しかもこの分泌物は外出しない家猫の場合マーキングをする必要性がありませんので普段の生活の中ではほとんど分泌物を出しません。 しかし時々「肛門絞り」をしないと、分泌液が消費されずにため込んでしまい、自然と出てしまうことがあるんです。 それがあふれて流れ、魚の腐ったような強烈な体臭となるのです。 また場合によっては、肛門周辺や性器になんらかの病気があると、きつい臭いになってしまうことがあります。 大抵は膿がたまったりしているためにそれが臭いとなって影響を与えてしまうようです。 ですので、家の猫を一度も外に出したことのないご家庭では、猫の分泌する部分が詰まらないようにまた溜まらないようにしてあげる必要があるでしょう。 それ良い方法は、動物病院などで定期的に健康診断してしもらうことです。 もちろん費用の面で心配な場合はご自分でやってみるのも良いかもしれません。 肛門付近の部分をチェックして異常がないかを調べるだけです。 これだけでかまいませんが、相当に臭いので覚悟は必要です。 それに場合によっては物凄い猫が怒りまくることになります。 当然ながらデリケートな部分ですので猫も触れてほしいと思えるような所ではないでしょう。 猫が怒ると鳴き声で威嚇してくるだけでなく爪で引掻いてくることもありますのでこれもまた注意ですね。 恐らく猫は暴れるはずですので一人で行うのは無理です。 猫にとっても、ちょっぴり恥ずかしいかもしれませんね。 専門家に検査してもらったほうが安全安心して信頼できる結果を知ることができるのではないでしょうか。 確実にニオイ対策をする面ではある程度の出費は否めませんね。 そして、猫のにおいの原因には口臭も挙げられます。 猫は歯磨きをしませんので食べ物が歯と歯の間に挟まったまま何日も過ごすということがあり得ます。 そうなってしまうと虫歯菌が増殖してしまい歯周病を患ってしまうことになりかねません。 それらは臭いの原因となってしまうことでしょう。 また単に体調不良で内臓が弱っていたりすると体臭として出てくることもあります。 お口からきつい臭いが出ているなと感じたら病院で一度見てもらうのが良いかもしれません。 本来猫には臭いにおいはないはずなので何らかの病気かも知れないと疑ってみましょう。 com トイレを清潔に保っていれば猫の匂いはある程度対策が取れます。 とくにトイレで清潔感を保つためにはしつけは欠かせません。 しつけがなっていなければトイレとしてもう置けた場所にすらおしっこをしてくれませんし、いたるところにおしっこをされてしまうと臭いは消せなくなってしまうでしょう。 しかも猫はトイレを最初に覚えた場所でトイレをする習性がありますので最初のしつけが肝心といえるでしょう。 いつも決まった場所におしっこをしてくれればそこだけを集中的に清潔にしておけば良いですから手間も省けますね。 さらに大切なのはトイレのしつけが終わっているなら、とにかく排泄物の処理はできるだけ早くすることです。 猫のおしっこは強烈な臭いを発しますし、糞も非常に部屋に染みつきやすい匂いを発します。 どちらの排せつ物にしても早く処理してしまわないと家中が猫の匂いで充満してしまうことになります。 しかも厄介なのはずっと部屋にいると猫の異臭に鼻が麻痺してしまうことです。 どんなに臭い匂いでもずっと嗅いでいると感覚がマヒしてしまうものですよね。 納豆やくさやといった発酵食品は本当に臭いにおいがするものですが、なぜか癖になっておいしく感じてしまうものです。 ですからいつもお部屋のニオイを清潔に保つ努力を払うことは重要です。 もしそれがマヒしてしまうと臭い匂いに気付けなくなってしまいますので。 それで猫が糞をしたらとにかくすぐにビニール袋などで取ってしまいましょう。 そしてごみとして捨てます。 尿も同様で、猫砂のところにしたとしても、どうせ固まるからと放置しないようにしましょう。 やはり空気に触れていれば液体として吸収されているとしても臭いの根本対策は不十分だからです。 またあまりに固まった糞がたくさんあると、猫はほかの場所を探すようになってしまいますよ。 猫も人間と同じで不衛生な場所よりもキレイな場所で排泄したがります。 それで少しでも清潔感がある場所を探して排泄するようになってしまいます。 また猫が尿をさせるシートなどの素材によっては、普通のトイレに流せない場合もあるので、処理方法は充分考えておく必要があります。 市販の排泄用シートを良く調べてから購入するようにしましょう。

次の

【獣医師が解説】猫が臭いおならをするのはなぜ?原因と対処法とは|ねこのきもちWEB MAGAZINE

猫口臭い

口腔内の乾燥 犬の口の中は通常唾液で潤っていますが、口腔内の水分が不足すると唾液がねばっこく濃縮されて口臭の原因になります。 水を飲む量が少なかったり、鼻炎などで鼻づまりになったりと常時口を開けている状態では、口の中が乾燥して唾液が濃縮され「生臭い」「魚臭い」といった臭いが発生します。 健康な犬でも、暑い季節では体内の熱を下げるために、ハアハアと口を開けて呼吸をすること(開口呼吸)で口腔内がいつもより乾きやすくなります。 また、開口呼吸は通常より多く体から水分が出て行くため、いつもより多めの水分補給が必要になります。 夏場に口臭が気になる場合には、飲水量が足りているか、室温が適切かどうかなどをチェックしてください。 歯周病、口腔内疾患 犬の口臭原因として最も多いのは、歯周病です。 歯周病は、歯肉だけが炎症を起こす歯肉炎とは違い、歯や歯の周囲にある靭帯、歯を支える骨にまで炎症が起こることがあります。 犬は人に比べて、歯垢(歯周病菌と菌が産生する物質)が歯石(歯垢が石灰化したもの)に変わるスピードがとても早いです。 そのため、歯石にはさらに歯垢が付きやすくなる、という悪循環が起こります。 今では、3歳以上の犬の約8割が歯周病を患っているといわれています。 歯周病では、歯垢や歯石から発生するにおいや炎症により生じる膿などが「腐敗臭」のような口臭を発生させる原因になる場合があります。 また、口腔内腫瘍という症状があります。 これは良性腫瘍と悪性腫瘍扁平上皮癌、悪性黒色腫、線維肉腫などに分けられますが、悪性腫瘍では口腔粘膜や歯肉のみならず、骨組織が激しく破壊されるため、歯周病同様に腐敗臭と感じられる口臭が発生する場合があります。 口臭のみが現れることはまれで、大抵の場合、犬自身の口周りの痛みや違和感による食欲低下、食べこぼしなどの諸症状が先行して現れます。 内臓疾患 胃や腸といった消化器、肝臓や腎臓の不調も口臭の原因となることがあります。 特に胃炎を患っている場合、胃酸の分泌が過多になるため、嘔吐したり胃酸がこみ上げてきたりします。 それが原因で胃酸由来のすっぱい臭いが口臭として感じられます。 胃炎の原因としては、急性のものは感染症、異物、中毒などがあり、慢性のものは免疫、胆汁の逆流、別の疾患の二次的な症状などが挙げられます。 また、空腹時間が長くなることで胃酸過多となって嘔吐することもあります。 こうした症状は重積、腫瘍、異物などが原因で起こります。 腸の内容物が正常に流れていかないため、便のような臭いが生じるだけではなく、便のような嘔吐物を吐くこともあります。 この場合は口臭の他に、波のある強い腹痛や痛みを伴う全身の緊張感や、元気がなくぐったりしている、下痢をする(あるいは便が出ない)などの深刻な症状が伴うことがほとんどであり、生命にかかわります。 ペットフードの劣化 ペットフードは開封して空気に触れることで酸化していきます。 ウェットタイプのものはもちろん、保存に比較的強いドライフードでも含有されている脂質が酸化して、劣化していきます。 劣化したドライフードを食べることで、食べかすがいつもと違った口臭に感じ取れることがあります。 腐敗したフード、酸化した脂質を含むフードは下痢や嘔吐、腹痛の原因にもなります。 ペットフードを購入する際は、食べきりサイズを選ぶようにするといいでしょう。 また、保管をする際はなるべく空気に触れないようにきちんと封をするようにしましょう。 毎日のケアも大切。 家庭でできる犬の口臭予防・対策法を一挙ご紹介! 犬の口臭の原因として最も多いのは、やはり歯周病関連で、歯石になる前に歯垢を取り除くことが大切です。 歯周病は前述の通り、口腔内の歯周病菌の増殖に関連した感染症と捉えることができます。 口臭を取り除く・予防するには、口腔内環境をキレイに整えることが必要だと考えられます。 歯石は歯の表面だけでなく歯周ポケットにも入りこんでいるため、しっかりと専用の器具を使って取り除かなくてはいけません。 なお、歯周ポケットまで掃除をするには、全身麻酔が必要となります。 麻酔リスクが心配される場合に、麻酔をせずに行うハンドスケーリングもありますが、歯の表面の歯石を一部取るのみに留まることがほとんどであるため、歯周病の治療にはなりません。 最も効果的なのは、歯ブラシを使ったブラッシングです。 歯ブラシの上手な使い方については動物病院で開催されている歯磨き教室などに行くと、実践的に教えてもらうことができます。 なかなか奥歯までしっかり磨かせてくれないことの方が多いかもしれませんが、その場合には前歯を中心にできる範囲でブラッシングや歯磨きシートを使って歯垢を拭きとるだけで構いません。 触るのが難しい奥歯は、歯磨きガムを与えたり、ロープやタオルのおもちゃなどを噛ませて引っ張りっこをして遊んだりするなど、噛む刺激、摩擦の刺激で歯垢を落とす工夫をしつつ、ご褒美などを使いながら少しずつ歯磨きに慣らしていきましょう。 ドッグフードやサプリメントでのケア ドッグフードは、ウェットタイプよりもドライタイプの方が歯垢のもとになりにくいです。 ドライタイプのフードでは、歯垢になりにくい大きさの粒や形状・素材などが工夫されていたりなど、食べるだけで歯磨き効果の高いフードも販売されています。 ぜひ、動物病院で相談してみてください。 また、前述のように、歯周病は歯周病菌の増殖による「感染症」です。 この観点から、口腔内細菌は善玉菌を増やして歯周病菌を減らすようにバランスをとることで、歯周病の予防になり、口臭が減るとの研究があります。 日常のデンタルケアに加えて、口腔内の善玉菌を含むサプリメントを服用することで口腔内環境をきれいに維持し、口臭のもとの予防が可能です。 歯周病菌は、口腔内から血流に入って心臓や腎臓、肝臓といった重要な器官での疾患の原因になるとも言われているため、これらの疾患の予防も期待できます。 他にも、食品由来成分により歯垢を除去し、口臭を予防できるとされるデンタルケアのサプリメントもあります。 動物病院によって取り扱いが異なるため、かかりつけの病院に問い合わせをしてみましょう。 内臓疾患が疑われる場合のケア 内臓疾患が原因で生じている口臭の場合、疾患に対しての治療が原則です。 特に、前述のような嘔吐・腹痛・下痢などの症状を伴う口臭に気付いた場合には、ただちに動物病院を受診して獣医さんの診察を受けてください。 また、特に健康面で問題のない犬でも、脱水に伴う口の渇きからいつもと違う口臭を感じられることがあります。 夏場の暑い時期は熱中症になりやすいため、常に水をたっぷり飲めるようにしておくとよいでしょう。 まとめ 大切に可愛がっているワンちゃんでも、口臭が気になるとスキンシップもためらってしまうなど、普段の生活に支障が出てしまいます。 まず口臭が気になる場合には、「いつからか」「口臭のタイプは生臭い(唾液臭い)・腐敗臭・すっぱい臭い・便の臭いのどれか」「その他にいつもと変わった様子や症状があるか」を確認してみて、先述の項目と照らし合わせてみてください。 また、可能であればお口の中の状況(粘膜の潤いはどうか、歯石がないかどうか)をチェックしてみましょう。 突然起こる口臭については、脱水や口渇の可能性があります。 その他の症状については、長引く鼻づまりがないかどうか、顔面に腫れがないか、食事の時に食べこぼしや固い食べ物を嫌う様子がないかどうかを確認しましょう。 これらは、動物病院を受診するときに大切な情報になります。 最も多い歯周病による口臭ですが、口の中の悪い細菌は人にとっても不潔なものであり、歯周病菌が他の疾患の原因になることもあります。 デンタルケアは常日頃のこまめなケアが大切です。 ワンちゃんに、口周りを触らせてくれるようトレーニングしておくことで、口の中のトラブルにも気付きやすくなりますので、毎日のスキンシップを兼ねて、楽しくケアをしていけば飼い主さんもワンちゃんも幸せに暮らしていける事でしょう。

次の

猫の口が臭いのって病気⁉原因と対策、臭いはどれくらいなら正常?

猫口臭い

糖尿病 猫の糖尿病の症状として、食餌量や水の飲む量の増加、多飲に伴う排尿の回数の増加があります。 また、体内にケトン体という物質が作られることにより、口臭が確認されます。 ケトン体が原因となるケトン臭は、甘酸っぱい臭いであることが特徴です。 猫での糖尿病はインスリンホルモンの枯渇が主体であるため、糖尿病を発症する原因として食べすぎなど食習慣の乱れがひとつ挙げられます。 早食いが食べすぎの原因にもなるため、猫の食器を食べづらい構造のものに変えることは早食いの予防策になるでしょう。 また、高齢の猫も糖尿病になるリスクが高まります。 高齢になると、基礎代謝が低下することにより、若い頃と同じように食事を与えると、カロリー超過になる可能性があります。 シニア用のキャットフードがあるため、それらに切り替えることをおすすめします。 腎不全 猫は腎不全になる可能性がとても高い動物です。 中高齢の猫になると、さらに発症リスクは高まります。 遺伝やほかの病気による併発が主な原因です。 腎不全を発症すると、食欲不振、排尿の回数の増加等の症状が現れます。 腎不全は、アンモニアなど体内の老廃物を正常に排出できなくなり、強い口臭の原因となります。 歯周病 生活習慣病のひとつである歯周病は、猫も発症する病気です。 口内に傷がつくことで炎症を起こしたり、口内が食べ残しの食べ物などにより不衛生であるため細菌が繁殖したりすることで歯周病が起こります。 歯茎が痛むことにより食事をしたがらないく、歯茎からの出血の症状があります。 口から腐敗臭のような強烈な臭いがすることも歯周病の症状のひとつです。 動物病院で歯石を除去したり、ウェットフードからドライフードへ変更し、歯にフードの食べカスが付着しないしたりするようにすることが対処方法として挙げられます。 巨大結腸症 猫が長期間に渡る便秘をしている際は、巨大結腸症を疑う必要があるでしょう。 巨大結腸症の症状としては、便秘のほか、食欲不振や排便中の嘔吐等が見られます。 長期間便秘をしていることに伴い、口から便の臭いがすることが特徴です。 巨大結腸症の原因として、先天性である場合があります。 また、事故や病気によって自律神経に障害が発生したり、骨盤が変形したり、慢性的な便秘が続いたりして便が正常に排出されないことで発症します。 巨大結腸症の治療を行う際は、症状が軽減するように対症療法が施されます。 まずは便が正常に出やすいように処方食を与えることによる食餌療法が主体となります。 一般的に便秘の場合、食物繊維の摂取が便秘解消に良いイメージがあると思いますが、猫の場合は不溶性の繊維質の摂取は便が固くなってより出づらくなり、便秘への対策としては水溶性繊維質の摂取が重要と言われていますので注意が必要です。 食餌療法に組み合わせて、適宜下剤を使用することもあります。 レントゲン検査により症状の改善が見込めない場合には、外科手術による治療を行います。 口内炎 猫の口内炎には猫エイズウイルスなどの感染症や、糖尿病等の内科疾患が原因となるものと、原因が不明なものがあります。 口内炎による痛みから食欲不振に陥ったり、よだれが多くなるほかに、口臭がきつくなることも症状のひとつです。 猫の口内炎の治療方法は、原因疾患に基づきます。 歯周病の場合は歯石の除去や歯肉の炎症を抑える治療を、その他原因となっている病気の治療を中心に行います。 まとめ 猫の口が臭い場合は、様々な体内の病気が考えられます。 普段は口臭が気にならない猫の口臭が臭いと感じたら、それは病気のサインかもしれません。 一度動物病院へ連れて行き、獣医師に相談することをおすすめします。 犬の病気 症状から探す• 部位から探す• 病名から探す•

次の