ビヨンドミート ライバル。 【悲報】『ミッション・インポッシブル』。米インポッシブル・フーズは、マクドナルドとの提携を断念。マクドナルドへの影響はどうなのか?

代替肉とは何か?ビヨンドミートは何がすごい? 世界で進む脱肉ビジネスをひも解く |ビジネス+IT

ビヨンドミート ライバル

さて、日本における、人工肉の具体的な銘柄を見ていきたいと思います。 ・ 不二製油グループ 植物性油脂をはじめとし大豆加工素材などの開発・製造・販売を手掛ける国内大手です。 同社は千葉県に保有する敷地内に24億円を投資して大豆ミート新工場を建設し、稼働予定は2020年と伝えられています。 新工場が稼働すれば、生産量は現在の年間約2万トンから倍増すると見込まれており、大豆加工素材部門の利益は今後拡大が期待できるでしょう。 ・ イビデン 同社はパッケージ基板の電子事業、DPFや特殊炭素のセラミック事業が二本柱の企業ですが、バイオマテリアル製品も手掛けております。 最近では約4億円を投じて専用設備を導入し大豆ミートの成型加工ラインを立ち上げたことが注目されています。 その他、業務用大豆ミート製品を展開している ケンコーマヨネーズ、培養ステーキ肉を開発している 日清食品ホールディングスなどがあります。 今回上げた銘柄以外の人工肉関連銘柄については、マネックス証券のトレードステーションのワークスペースにてまとめていますので、ぜひご覧ください。 今回上げた銘柄以外の人工肉関連銘柄については、マネックス証券のトレードステーションのワークスペースにてまとめていますので、ぜひご覧ください。 (その他の代表的な『人工肉』の銘柄リストは、『マネックス証券トレードステーションのHP コラム・レポートのページ』からダウンロードできます。 ) 本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。 本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。 本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。 本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。 当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。 銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。 なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。 内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

次の

ビヨンド・ミートのライバル現る!「インポッシブルバーガー」が勢力拡大中(2ページ目)

ビヨンドミート ライバル

同社は4月、スターバックスとの協業により中国での製品販売を開始しました。 ハンバーガー、ミートボールなどの人工ひき肉使用製品やソーセージを、スターバックス・チャイナの一部店舗で試験的に販売しています。 一方、ジェンミートは豚ロース/ヒレ肉やザリガニという、伝統的な中国食の植物由来代替食品で勝負しようとしています。 豚肉とザリガニはいずれも中国で非常に人気が高く、豚肉の消費量は世界1位、ザリガニも世界トップレベルを誇ります。 米国でのビヨンド・ミートの最大のライバルはインポッシブル・フーズで、レストランチェーンでの提供のほか消費者への直売も行っています。 ビヨンド・ミートは6月、欧州市場の開拓を目的に現地で2拠点の生産施設の稼働を開始しました。 また、米国内では製品を買い求めやすくしようと、ウォルマートとターゲットで複数のハンバーガー入りの新パッケージの販売を始めています。 同社の第1四半期(1-3月期)売上高は前年同期比141%増の9,710万ドルでした。 コロナ禍をものともせず、株価も年初来で2倍以上になっています(執筆時点)。 【米国株動向】ビヨンド・ミートの10年後は? More reading• 免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。 元記事の筆者Jennifer Saibilは、記事で言及されている株式を保有していません。 モトリーフール米国本社は、スターバックス株を保有し、推奨しています。 Copyright The Motley Fool Japan 2020.

次の

インポシブル・フーズ対ビヨンド・ミート:代替肉2強の両者を比較してみた

ビヨンドミート ライバル

同社は4月、スターバックスとの協業により中国での製品販売を開始しました。 ハンバーガー、ミートボールなどの人工ひき肉使用製品やソーセージを、スターバックス・チャイナの一部店舗で試験的に販売しています。 一方、ジェンミートは豚ロース/ヒレ肉やザリガニという、伝統的な中国食の植物由来代替食品で勝負しようとしています。 豚肉とザリガニはいずれも中国で非常に人気が高く、豚肉の消費量は世界1位、ザリガニも世界トップレベルを誇ります。 米国でのビヨンド・ミートの最大のライバルはインポッシブル・フーズで、レストランチェーンでの提供のほか消費者への直売も行っています。 ビヨンド・ミートは6月、欧州市場の開拓を目的に現地で2拠点の生産施設の稼働を開始しました。 また、米国内では製品を買い求めやすくしようと、ウォルマートとターゲットで複数のハンバーガー入りの新パッケージの販売を始めています。 同社の第1四半期(1-3月期)売上高は前年同期比141%増の9,710万ドルでした。 コロナ禍をものともせず、株価も年初来で2倍以上になっています(執筆時点)。 【米国株動向】ビヨンド・ミートの10年後は? More reading• 免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。 元記事の筆者Jennifer Saibilは、記事で言及されている株式を保有していません。 モトリーフール米国本社は、スターバックス株を保有し、推奨しています。 Copyright The Motley Fool Japan 2020.

次の