乾燥 ポルチーニ パスタ。 おいしいイタリア〜シェフ直伝。家庭で楽しむ「ポルチーニのクリームパスタ」

旨みと薫りを満喫!ポルチーニのスープパスタ

乾燥 ポルチーニ パスタ

乾燥ポルチーニで本格派パスタ料理を! イタリアの豊かな食材を日々の食卓に取り入れてみたい!と思っている人は多いはず。 たとえば、ポルチーニ茸。 旬の季節は秋ですが、生のポルチーニを日本で手に入れるのは一般家庭にとっては至難の業。 でも乾燥ポルチーニなら1年中入手できます。 芳醇な香りと美味なダシが特長の乾燥ポルチーニ。 シンプルな材料ばかりですが、びっくりするほどおいしくできます。 乾燥ポルチーニは、ぬるま湯で30〜40分戻します(写真左端が戻した状態)。 お湯の量はポルチーニが浸っていればOKですが、戻し汁もたっぷり使いたいときは乾燥ポルチーニ1に対してぬるま湯5ぐらいを目安に。 戻し汁(写真奥)はそのままダシとして使えますが、川原シェフのおすすめは写真右端のようなペーストにすること。 もちろん、今回のパスタソースでも使っています。 「このペーストを赤ワインと合わせて、焼いた肉のソースにするのもおすすめです」と川原シェフ。 「多めにできたら少量ずつラップに包んで凍らせておくといいですよ。 保存もきくし、自然解凍でいつでも使えますから」と保存法まで伝授してくれました。 なるほど、こういう活用法はプロならではですね! ちなみに、戻したポルチーニ自体も、冷蔵庫に入れておけば数日間は問題なく使えるそうです。 時間のあるときに戻してペーストまで作っておけば、パスタやリゾットもすぐに作れますね。 乾燥ポルチーニの使い方がわかったら、いよいよ本題。 「ポルチーニとパルミジャーノのタリオリーニ」を作ってみましょう。 スパゲッティ、フェットチーネ、リングイネなど、どんな種類のパスタでも大丈夫です。 1)にんにくとエシャロットはみじん切り、戻したポルチーニはざく切りにしておきます。 無塩バターを弱火で炒め、バターが溶けきらないうちににんにくとエシャロットを加えます。 バターはきのことも相性よし! 2)量が少ないので写真のようにフライパンを傾けながら弱火でバターに野菜の香りを移します。 色がつきはじめ、バターがふつふつしてきたらOK。 焦がさないように注意して! 3)ポルチーニを入れ、塩をひとつまみ(下味程度)加えたら、油でコーティングしていく感じで軽く炒めます。 4)野菜のブロード(作り方は最後に掲載。 ブイヨンでも代用可)を大さじ2杯程度加え、一度強火にしてぐつぐつとなじませます 5)生クリームも加えて、火を止めます。 6)あらかじめ作っておいた戻し汁のペーストを小さじ1程度加えます。 このくらいなめらかなクリーム状に仕上げます。 8)茹で上がりをすぐに使いたいので、パスタはソースができてから茹で始めます(お湯だけはあらかじめ沸かしておくといいですね)。 9)麺をしっかり湯切りしてからフライパンに移します。 ソースが煮詰まっていたら、ブロードや生クリーム(分量外)をさらに加えて調整し、仕上がりの「トロ〜リ感」を作っていきます。 10)イタリアンパセリは香りが飛ばないよう、加える直前に刻みます。 ブラックペッパーもお好みで。 11)仕上げにオリーブオイルをひとまわし入れると、クリーミーな中にもすっきりした味わいに。 全体を軽く混ぜ合わせたら、お皿に盛りましょう。 こんもりと盛りつけたら、最後の大切な工程。 パルミジャーノ・レッジャーノをたっぷりと削ってかけます。 このパルミジャーノも味付けの一部なので、粉状の「パルメザンチーズ」ではなく、必ずパルミジャーノ・レッジャーノをお使いください。 料理名に「ポルチーニとパルミジャーノの」と冠されているくらい、パルミジャーノはポルチーニと同様に重要な存在なのです。 懇切丁寧に教えてくださった、川原優シェフ。 「ソースを伸ばすのに使う野菜のブロードは、玉ねぎ、にんじん、セロリなどを鍋にボンッと入れて塩少々、ローリエ、好みのハーブと一緒に煮込むだし汁。 沸騰したら弱火で、蓋をせずにアクを取りつつ20分ほど煮ればできますが、もっと簡単にするなら、切った野菜を水と一緒にフードプロセッサーにかけます。 それを鍋に入れて沸騰させ、少し置いておけばすぐにできちゃいます。 ブロードは製氷皿に入れ冷凍しておくと便利ですよ」 ポルチーニとパルミジャーノ。 ふたつのイタリア食材を使い、シェフに教わった通りに作ってみると、なめらかで香り豊かなおいしいパスタが完成します。 簡単なのに本格派。

次の

ポルチーニでパスタは簡単で美味しい!イタリア土産を有効活用 │ OLIVE

乾燥 ポルチーニ パスタ

乾燥ポルチーニのペンネの材料 [材料] 乾燥ポルチーニ 6g 水 適量 無塩バター 少々 生クリーム 100cc フォンドヴォー 少々 (なければ顆粒のコンソメでも) パルミジャーノ 適量 ペンネリガーテ 80g パセリみじん切り 少々 黒胡椒 少々 EXVオリーブオイル 少々 乾燥ポルチーニのペンネの作り方 今回は ペンネです。 ペンネというのは これです。 いわゆる ショートパスタと言われるものですね^^これも僕はディチェコが好きなのでディチェコの ペンネリガーテを使っています。 ペンネというのはこの形のことで、リガーテというのは、 こんな風に 溝が入っているものの事を言います。 この溝がソースと絡みやすくするんですね。 ショートパスタは、スパゲティと比べるとまだ、馴染みが浅いかもしれませんが、僕は好きです。 お酒を飲みながら、ということになるとこのショートパスタは本当にいいつまみになります^^ 乾燥ポルチーニは、 これを使いました。 これは弟夫婦の新婚旅行のお土産に貰った乾燥ポルチーニです。 乾燥ポルチーニにも、良し悪しがあります。 今回貰った、乾燥ポルチーニは、ちゃんと大きなきのこの形をしたものがたくさん入っていました! 干し椎茸でもそうですが、しっかりとした大きさのものがやはり味もしっかりとしています。 クズクズばっかりのものはあまり味が出ません・・・。 もちろん、ひとつ目安です。 ではでは作り方です。 まず乾燥ポルチーニを戻します。 ひたひたのお水に浸し1 時間ほど置いておきます。 乾燥品は しっかりと戻すことが大事です。 でも、1時間も待ってられないよ!という人はそのまま 電子レンジに入れて、解凍(200Wくらい)で2~3分くらいかけると、わりと早く戻ります^^ 鍋に無塩バターを入れ火にかけます。 そこに、戻したポルチーニ茸を入れます。 戻し汁はとっておきます。 さっと全体にバターの風味をまとわせるように軽く炒めます。 そこに、 ポルチーニ茸の戻し汁を入れます。 ポルチーニ茸が汚れていて、土や砂が付いているようなら、 戻し汁の上澄みだけを入れるようにします。 戻し汁を煮詰めます。 こんな感じにしっかりとポルチーニ茸の戻し汁が煮詰まったところで、 生クリームを入れます。 そこにを入れます。 旨みの補強です。 僕はでもフォンドヴォーを入れるのですが、 きのことフォンドヴォーはすごくいい感じに相乗効果があるんです! フォンドヴォーがない場合は(っていうか、普通はないですよね^^) 顆粒のコンソメを少し入れます。 そして、 トロッとするくらいまで生クリームを煮詰めます。 こんな感じになったところに、茹で上げたペンネリガーテを入れます。 ペンネを茹でるときはスパゲティよりも マメに混ぜるようにします。 ペンネはくっ付きやすいので・・・。 混ぜないと固まりになってしまいます・・・。 パルミジャーノを振り、 茹で汁とお湯で濃度と塩加減を調整します。 器に盛って、パセリのみじん切り、黒胡椒、パルミジャーノ、EXVオリーブオイルを振ったら、完成!!です。 ショートパスタはちょっと苦手、という人も多いと思います。 ヨメもそうでした・・・。 スパゲティ=麺なので、受け入れやすいのですが、ショートパスタ=???といった感じでまだまだ市民権を得ていないようです。 そこで、 ショートパスタを長めに茹でてみてください。 アルデンテなんか気にしないで、好みの柔らかさになるまで茹でてソースと合わせてみてください。 ヨメも今では旨い旨い!とショートパスタを食べていますよ^^ ショートパスタと相性のいいソースは、なんと言っても、そして、、、なんかもお勧めです。 是非ショートパスタの 本当の美味しさを体験してください^^ ホテルで食べた本物の冷製コーンスープの味が忘れられなくて、レシピを探していた所こちらのブログにたどり着きました[e:2] 想へば昔.. 専門学校に行って調理師免許取ってホテルに就職して、上司のアイノムチを毎日見るのが辛くて辞めた情けない者です 笑。 20歳で耳あたり白髪だらけだったのはいい思い出 汗 さて.. ぐだぐだな自己紹介が長くなってしまぃましたが、やはりしっかりと下積みを経たシェフが書くレシピは完璧ですね[e:454]理にかなっていて無駄がなぃです[e:282]トラウマで一時期料理から離れましたが、趣味として復活しました[e:257]今はアマチュアです。 乾燥ポルチーニを入れてペペロンチーノを作ったんですね。 そういえば、やったことがありません。 ポルチーニではないのですが、フランスの生のキノコを数種類入れてペペロンチーノを作ったことがあるのですが、それはとても美味しかったです。 もしかするとポルチーニもペペロンチーノにするなら生が向いているのかも知れません。 乾燥ポルチーニはここで書いているようなクリームだったり、煮込んで味をソースにしっかり出す方が得意なのかもしれませんね^-^ 干し椎茸もピンキリで、やはり味が全く違うので、ポルチーニも値段が全てじゃありませんが良し悪しというのはあると思います。 生のポルチーニでペペロンチーノが作りたい!食べたい!! コメントありがとうございました。 Souさん、はじめまして。 Hoominといいます。 ここで、プロの技を教えてもらいましたので、素人の経験をお伝えします。 以前、オランダに居ましたので、秋になると森に出かけ、ポルチーニを袋いっぱい取ってきました。 茸採りはオランダではイリーガルですが。 生は、ツルツルした生しいたけに近い感じですね。 オーブンで簡単に乾燥できることを知って、乾燥ポルチーニとしても食べますが、イタリアンとして食するなら個人的には乾燥のほうが凝縮味があって好みです。 先月もオランダに行き、ポルチーニ狩りをし、乾燥させたものを持って帰ってきました。 これから食べるのを楽しみにしています。 ポルチーニは、中国雲南省でも採れるとありましたが、どなたかご存知でしたお知らせ下さい。 ヘシコがアンチョビの代わりになるように、ポルチーニに近いものは、日本で採れる茸では何になるでしょうか?.

次の

業務スーパーのパスタソース『ポルチーニとトマト』は香りよさが魅力で地味に優秀

乾燥 ポルチーニ パスタ

住所:Casa del Popolov — Via Enrico Fermi, 1• 日時:2018年10月13日(土)・14日(日)・20日(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)・11月3日(土)・4日(日) 各日19:30~、日曜日は12:00~• アクセス:最寄り駅S. Romano-S. Croce駅より約2km• 公式サイト:• ポルチーニが楽しめるレストラン@フィレンツェを紹介! 「ポルチーニ」を使ったメニューだったら、割とどこのレストランでも出てきます。 Da Ruggero フィレンツェ中心部からは少し距離がありますが、その分地元の人がいっぱい! フレッシュポルチーニだけでなく、など、他の典型的なトスカーナ料理がとても美味しいお店! タクシーやバスを使ってでも行く価値あり、です。 人気店のため、 予約推奨。 当日飛び込みだといっぱいの可能性大です。

次の