二重整形 失敗例。 手術をする前に知っておこう!二重の整形にはどのような失敗例がある?

二重整形埋没法の怖いリスクと避けるためのおすすめ方法。(失敗例も)

二重整形 失敗例

できればリスクを避ける方法も。 」 今回も「ゆだクリッ」「ゆだくり」のドクターゆだが 自分の目を守るためにも、二重整形埋没法は一体どのようなリスクがあるのか、またその解決法について、口コミなどでは得られない情報を、プロならではの視点から詳しくお話し致します。 本記事のテーマ 「二重整形埋没法の怖いリスクと避けるためのおすすめ方法。 (失敗例も)」 記事の信頼性 記事を書いている私は、眼科医・美容外科医・形成外科専門医(日本形成外科学会認定)で、2017年のMEVOS美容整形国際学会では「一流美容外科医」のトロフィーを受賞しました。 美しく仕上げる「美容整形」のみならず「眼科診療」もおこなっており、目の健康を大事にした「美容外科」が専門です。 他院修正手術にも力を入れています。 読者さまへのメッセージ リスクを知らずに目に良くない「二重整形埋没法」を受けて後悔しないように、二重整形埋没法の全リスクと、その回避方法をお伝えしていきます。 二重整形埋没法の怖いリスクと避けるためのおすすめ方法。 (失敗例も) 二重整形埋没法をやらなければ良かった… そんなリスクは聞いてない!聞いてたならやってなかった! 手術する前のリスク説明は全然なかった!! 全国には上記でお悩みの方が少なからずいらっしゃる事実をあなたはご存じでしょうか。 基本的に 二重整形埋没法は正しい手術を受け、また何か問題があっても、正しいアフターフォローを受けられれば問題はまず起こりません。 しかしながら 美容外科医の先生は、目の健康に関しては素人です。 目には良くない二重整形埋没法をやっていたり、正しいアフターフォローをしていないことが多い現状があります。 また、二重整形埋没法後、目にトラブルが生じても、美容整形後の治療は、ほとんどの眼科クリニックで断られるのです。 「やってもらった美容外科へ行ってください」と言われ 結局はアフターフォローができない美容クリニックに戻り。 そして困り果てて、当院へいらっしゃる方が少なくありません。 冒頭の動画に一番大事な3つのリスクだけをざっくりまとめましたのでご覧ください。 リスクとその回避法についてお話しする前に、まずは二重整形埋没法についてお話ししていきます。 二重整形埋没法とは?? 二重整形埋没法とは、切らないで糸を埋め込む二重整形の方法です。 二重プチ整形としても有名です。 皮膚を切るのは怖い なるべく腫れたくない 不自然な二重になるのはイヤだ 仕事を休めない もうアイプチをしたくない そんな方に選ばれています。 二重整形をしていない方でも、ほとんどの若い女性は「アイプチ」などで二重メイクをしています。 しかしながら、「アイプチ」はまぶたのたるみや老化を早めてしまうので非常に良くありません。 また、アイプチでまぶたが異常にかぶれてしまっている方も決して少なくありません。 いけないとは分かっていても、二重でない自分でいることが耐えられず、アイプチをし続けてしまう・・・ アイプチをし続けるくらいなら二重整形に踏み切ってしまったほうが、まぶたには健康的です。 二重整形埋没法を受けた後は、今まで大変だったメイクも簡単になり、感動する方が非常に多いとても魅力的な施術です。 ところが・・・ 反面、リスクもあるのです。 成功が当たり前じゃない?知ってほしい手術の怖いリスク 二重整形埋没法はとても気軽に二重にすることができるためとても魅力的な施術ですが、それと同時に、知ってほしい怖いリスクがあります。 また怖い失敗例もあります。 美容整形は決して魔法ではありません。 美容整形手術をしても、お客様のご希望通りにはならず 手術をしなければ良かったとお思いのお客様が全国には数多くいらっしゃいます、、、 どんな整形手術にもリスクがあります。 通常の美容外科ドクターは起こりうるリスクを説明します。 失敗が今までないということは経験が浅いということです。 もしくは失敗したお客様に真摯に向き合わないドクターです。 そのようなドクターの場合、お客様の多くは他院に行かれるので 失敗していることに気づかないのでしょう。 多くのお客様が、美容整形は成功して当たり前だと思ってらっしゃいます。 しかし現実はそうではありません。 二重整形埋没法には知ってほしい怖いリスクがあるのです。。 また失敗例(お客様が満足しない)も。 二重整形埋没法失敗の悲しいエピソード 二重整形埋没法失敗の悲しいエピソードをご紹介します。 18歳のB子さんは高校生活あつぼったいまぶたに悩んできました。 高校時代は勉学に勤しみ、女子高でもあったので メガネをかけて過ごしてきました。 無事志望校の大学にも合格し B子さんは大学デビューを目指します! そうだ!二重整形しよう!! 意を決して、大手美容外科を訪れます。 美容外科ドクターから提案されたのは特殊な二重整形埋没法 「大丈夫。 腫れない!ばれない!」 と耳に心地良いセリフを言われ、もうすっかりその気です。 術後1ヶ月 腫れない、ばれないと言われてたのに、、、 明らかに不自然な二重、、、 こんなはずじゃなかった、、、 (注:上記B子さんは架空の人物です。 ) こんなはずじゃなかった、、、手術のリスクと失敗例 二重整形埋没法のこんなはずじゃなかったリスク一覧をご紹介します。 お客様が実際どんなことでお困りなのかを順位順に掲載致しました。 [お客様がお困りの順に掲載] 1位:「こんなにまぶたが腫れるなんて聞いていない。 仕事があるのに…」(まぶたの腫れ) 手術後のまぶたの腫れには個人差があります。 手術直後の腫れは、麻酔の方法(局所麻酔の成分)を工夫することで腫れは少なくすることができます。 また希望とする二重幅が広いほど腫れは長引きます。 通常の二重幅の場合 強い腫れは早い方で手術後3日 遅い方で1ヶ月 平均10日くらいを目安にしましょう。 基本的には腫れが引くのを待つしかありません。 腫れている間はメガネやメイクでごまかすしかありません。 2位:「二重の幅が広すぎる」「二重幅が狭すぎる」「二重の左右差がひどい」「二重がカクカクしている」(二重の幅が希望のラインではない) ご希望の二重よりも幅が広かったり、あるいは狭かったりします。 また若干の左右差がでてしまうこともあります。 二重のラインがなめらかでないこともありえます。 二重埋没法のまぶたの形の完成は早い人で1ヶ月 遅い人で5ヶ月くらいかかることもありますので 待てるのでしたら半年くらいはお待ちいただくのが良いでしょう。 半年以上経って、二重幅が広すぎたり、狭すぎたり、二重がカクカクして、ラインが滑らかでない場合 1度糸を抜糸してから、再度二重埋没法をおこなうのが良いでしょう。 3位:「まぶたにしこりが(泣)…」 結び目が浅いところにあると、しこりになってしまうことがあります。 その際は 結び目を深いところに押し込む処置で改善します。 皮膚の成分が傷に入り込んでしまったり、ものもらいになっていることもあります。 その際は ものもらいの眼科処置が必要になります。 4位:「目がゴロゴロするし、ひっばられる。 耐えられない…」(目の違和感) 動画でご紹介したもっとも気を付けるべきリスクですね。 二重埋没法をした後、「目の奥が痛い、ゴロゴロする、ひっぱられ感がある」と感じることがあります。 手術した後、1週間くらいは、目がゴロゴロしますが、 通常、時間とともに改善することがほとんどですのであまり心配はいりません。 しかし、まれに1ヶ月を過ぎても改善が見られず、やむなく糸を取らなければならないことがあります。 最悪なのは、5年、10年した後の目のゴロゴロです。 糸が飛び出ている場合は、糸をとれば治るので、あまり心配いりませんが 二重埋没法が原因で、まぶたの裏の粘膜がデコボコしている場合は 最悪、糸を抜糸しても、治らないことがあります。 その場合は、もう、どうすることもできません。 当院では、そのような場合、レーザー治療を行いますが 60%程度の改善度です。 5位:「二重の食い込みが強すぎる」「二重ラインが弱い」「二重が取れてしまった」(二重の食い込み) 二重の食い込みは手術してしばらくは強いことがほとんどですが、うつむいたときの食い込みが気になるなどの訴えもあります。 時間とともに改善することがほとんどです。 二重の食い込みが弱いと訴える方もいらっしゃいます。 その際は 再度埋没法を行うか、二重切開をする必要があります。 食い込みが弱くなりすぎると、最悪の場合は二重ラインが消失してしまいます。 二重埋没法である以上は、どんな方法であれ、いずれ二重ラインが弱くなり、最悪の場合は二重ラインがとれてしまう可能性はあります。 永久的な二重が欲しい方は二重切開を検討しましょう。 6位:「手術後 になった」 二重埋没法後は、実は になりやすくなります。 糸が瞼板腺(けんばんせん)をつまらせ、炎症を起こしてしまうのです。 眼科治療が必要になりますが 眼科クリニックによっては、美容クリニックでの手術後は治療を断るところが多いのでご注意下さい。 7位:「目から糸が飛び出てきた。 目が痛い…」 当院施術では現在1例もありませんが、適切に糸をしっかり埋め込まないと、目から糸がとびでてくることもあります。 その際は 糸をとりのぞく処置が必要になります。 埋没法を受けたクリニックで取り除いてくれるところがほとんどです。 眼科クリニックでは、美容手術後は治療を断るところが多いので、やはり注意が必要です。 8位:「傷跡が膨らんでて、赤い…」 二重埋没法は、時間が経てば傷跡は残らないことがほとんどですが 体質により手術後しばらくは針穴程度の傷跡、目を閉じたときの赤み、目を閉じたときに膨らみが目立つことがあります。 時間とともに改善を待つのがよいでしょう。 9位:「まぶたが真っ青…」(内出血) 内出血は3人に1人は生じてしまいます。 最初は青あざになり、じょじょに黄色いあざに変わっていきます。 完全に消えるまでは3週間~1ヶ月半くらいかかることがあります。 その間は メイクやメガネでごまかしましょう。 10位:「二重ラインからまつ毛までぷっくり」 通称「ハム目」、「ソーセージ目」と呼ばれたりします。 希望とする二重幅が広いほど、このリスクは高まります。 二重幅を狭めにして自然にするか、二重切開をして改善させる必要があります。 ハム目についてはこちらに詳しく解説しましたのでご覧ください。 11位:「目がとてもつらい…」 目とお腹は非常にストレスに弱い部位です。 目の手術後、気にするあまり、 目が重い、まぶしく感じる、まぶたがピクピクする、頭痛がするようになった などの訴えがありえます。 なるべく気にしないほうが良いでしょう。 12位:「眠たい目にみえるようになった…」 手術のやり方によっては、二重幅を広く希望した場合、眠たい目に見える可能性があります。 つまり「まぶたが開きづらい」というわけです。 こちらも動画の3つめのリスクですね。 解決法としましては 二重幅を狭めにして自然にするか、二重埋没法のやり方を変える(美容クリニックを変える)必要があります。 13位:「二重埋没法は何回まででもできると思ってたのに…」 こちらも動画でご紹介した内容です。 二重埋没法は基本的に3回までです。 それ以上は、まぶたへの負担・ダメージが強いのでおすすめできません。 二重切開法に切り替えてください。 以上は全て起こりうることです 二重埋没法といってもやり方は様々です。 適切な方法であれば上記のリスクを極力抑えることができます。 湯田眼科美容クリニックでは安全で安心で信頼できる二重埋没法をご提供致します。 二重整形埋没法をするときの病院選びの重要性とおすすめの選び方 二重整形をするときの病院選びの重要性とおすすめの選び方について解説して参ります。 二重整形は、施術を受ける病院によってやり方もアフターケアも全く異なります。 そのため、手術後の運命を左右するといっても過言ではないからです。 「プチ整形なんてどこで受けても一緒でしょ??」 と思っていると、とても痛い目にあうことになります。 二重埋没法は確かに美容整形手術の中では一番簡単な部類に入る手術です。 研修医上がりでも3ヶ月くらいトレーニングをするとできてしまいます。 ですが、適切な目の健康まで考えた二重埋没法、また術後のアフターケアができる美容外科医は数えられるくらいしかいないのが現状です。 目の健康まで考えた二重埋没法ができるにはしっかりとしたトレーニングを積む必要があるからです。 また適切なアフターフォローを学ぶのも簡単ではありません。 それでは参りましょう。 失敗しないための選び方おすすめ1:眼科と提携をしている美容クリニックを選ぶ 眼科と提携をしている美容クリニックを選ぶを選びましょう。 理由は、美容外科の先生は目の健康については素人だからです。 当たり前ですが、目の健康は眼科の先生が専門です。 眼科と提携がある美容クリニックだと、眼科の先生がしっかり目の健康までフォローしてくれます。 見た目だけにこだわる二重整形をした後、手術したことを後悔している方は大勢いらっしゃいます。 アフターフォローも万全な、眼科と提携をしている美容クリニックを選べば間違いはありません。 失敗しないための選び方おすすめ3:アフターケア アフターケアがしっかりしているクリニックを選びましょう。 アフターケアをしっかりすれば、二重整形はほとんど心配する必要はありません。 しかしながら、二重整形をする美容外科医のほとんどが、十分なアフターケアをしているとは言いがたいです。 美容外科医はアフターケアも素人であることが多いです。 傷口をキレイにするアフターケアの方法 バイ菌がはいってしまったときのアフターケア どれもしっかりとした医学知識が必要になり、研修医卒業後すぐに美容外科医になったドクターは十分にトレーニングを積んでいません。 アフターケアがしっかりできているところを選ぶには、一つは経歴です。 形成外科専門医または眼科との提携があれば、一安心です。 また口コミも非常に役に立ちます。 口コミの探し方は下記をご参考ください。 失敗しないための選び方おすすめ4:カウンセリングで自分に合った親身な先生を選ぶ カウンセリングでは自分に合った親身な先生を選びましょう。 理由は、またドクターも人間なので、やはり「人によって合う合わない」はあります。 合わない場合は、なかなかスムーズに手術まで運びません。 口コミなどでも親身な先生で評判な先生でも、自分に合うとは限りません。 こればっかりは、実際にカウンセリングに足を運ばないと分からないことです。 また、どんなに手術が上手でアフターケアがしっかりしている先生でも、カウンセリングで自分のなりたい二重を伝えることができないと 「自分の理想通りの二重」ではなく、「先生の好みの二重」になってしまいます。。。 カウンセリングで、自分の思いが十分に伝わっていないと感じたら、違うドクターのカウンセリングに行くことをおすすめします。 カウンセリングで「このドクターと私は合わないな・・・あまり親身にカウンセリングしてくれない・・・」 と感じたら、やめておいたほうがいいでしょう。 カウンセリングでは自分に合った親身な先生を選びましょう。 これから二重整形をお考えの方へ 二重整形は、目の健康を意識して手術を行えば、とても安全に魅力的な二重になることができます。 二重整形をして「人生が変わった!!化粧をしなくて良くなった(泣)!!」と感動のお声を頂戴することは日常茶飯事です。 しかしながら、二重整形をしてやったことを後悔している方も多くいらっしゃいます。 こんなはずじゃなかった・・・とならないように。 目の健康をしっかり意識したドクターに二重整形手術をしてもらったらあまり心配する必要はありません。 その上で、手術が上手で親身で、自分と相性が良い先生を見つけることで、安心して二重整形に望むことができます。 リスクとしっかり向き合い、極力回避することで、これからの二重整形美容クリニック選びに役立てて頂ければ本望です。 二重整形埋没法に関連して読んでいただきたい動画やページ.

次の

二重整形でおすすめ!失敗しない名医の見分け方と値段まとめ

二重整形 失敗例

二重埋没法には失敗が多いって本当?失敗する確率が知りたい! 埋没法はプチ整形ですが、人間が施術する整形手術だということに変わりはないため、絶対に成功するとは言えません。 埋没法が失敗する確率数は公表されていないため、具体的な数値を出すことはできません。 全体数から考えると、失敗する確率はかなり低いと考えられます。 この6%という数字には、どのような失敗例が含まれているのでしょうか。 失敗例について、これから一つ一つ解説していきます。 埋没法の失敗例 美容整形の埋没法の失敗には様々な症例があります。 主な失敗例から稀な失敗例まで紹介していきます。 埋没法を受けたと思われる芸能人の失敗例も参考にしてみましょう。 希望の二重幅と違う 完成した二重幅が、施術前に 希望した二重幅と違うということが埋没法の主な失敗例です。 ナチュラルな末広型の二重まぶたを希望したのに、幅広の平行二重まぶたになってしまったり、その逆になってしまうことがあります。 左側が末広型の二重まぶたで、右側が平行型の二重まぶたです。 芸能人を例にあげると広瀬すずさんは末広二重で、佐々木希さんが平行二重になります。 自然な目元にしたい人は末広型を選ぶことが多いです。 どちらも可愛いですが、幅が違うと印象が大幅に変わるので、希望した二重幅と完成後の二重幅に差があると失敗ということになります。 糸がとれて一重まぶたに戻ってしまう 埋没法がとれたということを耳にしたことはありませんか? 埋没法は糸で留めているので、経年により糸が緩んでしまうことがあります。 完全に取れてなくなるわけではありませんが、まぶたの中で糸が緩むと二重のラインが薄くなってしまいます。 一生取れない人もいますが、二重切開法ではなく埋没法を選ぶと取れる可能性があります。 二重まぶたの腫れが引かない 埋没法の手術後は1. 5倍から2倍にまぶたが腫れます。 大幅な腫れは1週間で引き、軽い浮腫みは1か月から3か月で徐々に引いていきます。 また、内出血が出た場合も徐々に消えていくので安心しましょう。 施術後すぐに焦る必要はありませんが、半年経っても二重幅が腫れていて幅が広い場合や部分的に腫れあがっている場合は、感染症にかかったり、目の組織が損傷している可能性があります。 まぶたがボコッとする 埋没法は糸で留める手術なので、まぶたが薄い人が施術を受けると糸を留めた部分のふくらみが表面にボコッと現れることがあります。 施術後1か月から3か月は ほぼ全員がなる症状ですが、半年から1年経ってもふくらみが消えない場合は、改善されない可能性が高いです。 まぶたから埋没法の糸が出てきた まぶたから埋没法の糸が出てきてしまうことがあります。 これは筆者も経験しました。 埋没糸が皮膚の中にしっかりと埋め込まれていない場合、糸が表面から出てきてしまうことがあります。 これは医師の技術不足だけが問題ではなく、 患者側の体質に問題がある場合もあります。 腫れが強く出ないようにするために浅いところで糸を留めた場合、生体機能で埋没糸を排除しようと身体が働くことがあるのです。 この身体作用により、埋没糸が外に飛び出してしまいます。 目がゴロゴロ、チクチクして痛い 稀な症状ですが、埋没法を受けた後に目がゴロゴロとして違和感があったり、チクチクとした痛みがでることがあります。 目の組織の不適切な箇所に糸がかかるとゴロゴロとした違和感が生まれます。 また、チクチクとした痛みはまぶたの 裏側に糸が飛び出している可能性が高いです。 これらは医師の技術力不足による埋没法の失敗です。 肩こりと頭痛が起こる 埋没法を受けて数か月後に、肩こりや頭痛が起こることがあります。 二重幅を広く取ったことや、医原性の眼瞼下垂が原因である場合もありますが、他の病気の可能性も考えられます。 埋没法を受けた後に体調が悪くなると整形手術を疑いがちですが、他の病気の可能性にも目を向けてみましょう。 埋没法で失敗した芸能人はいる? 埋没法で失敗した芸能人を探してみましたが、どなたも美しく変化していたためいませんでした。 ただ、埋没法を受けたことが分かりやすい芸能人はいたので参考までに紹介します。 前田敦子さん 埋没法で糸を留めた個所がボコッとしているのがよくわかります。 普通にしているとわかりませんが埋没法を受け、目を強く瞑った場合このように見えてしまいます。 西内まりやさん 分厚いまぶたの人が整形で二重を作った場合、このようにくっきりしすぎた二重になることがあります。 ただ、西内まりやさんは施術後数年経っても幅が狭まらないため、埋没法ではなく二重部分切開をしている可能性があります。 北川景子さん 意外かもしれませんが、北川景子さんは埋没法を受けたと考えられます。 こちらがダウンタイム中のお写真です。 埋没法のダウンタイム中はこのように、浮腫んで腫れた状態になります。 埋没法を受けて3~4週間に撮影されたものだと推測します。 芸能人は整形を公表しているわけではないので、これはあくまで個人の推測に過ぎません。 可能性はありますので、埋没法を受ける人は後悔しないように参考にしてみてはいかがでしょうか。 埋没法で失敗した場合のやり直し・対処法は? 埋没法で糸が外れてしまった場合は上から再埋没することになります。 糸が出てきた場合も同じです。 担当医に失敗だと認めてもらうことができれば、無料でやり直しをしてもらえる可能性が高いので、やり直したい場合は医師に診てもらいましょう。 糸がゆるんだり、とれてしまった場合は急ぐ必要はありませんが、目にゴロゴロとした違和感や、チクチクとした痛みがでた場合は角膜を傷つけている可能性がありますので、早急に医師に診てもらいましょう。 医師の予約が取れない場合は、近くの眼科を受診してください。 埋没法は抜糸で元に戻せるから安心? 埋没法は抜糸をすれば元の目に戻すことができます。 やり直しがきくのは大きなメリットですよね。 ただ、 癒着して元に戻らないケースもありますので、元に戻したいと思ったら術後3か月以内に医師に相談しましょう。 埋没法の失敗を未然に防ぐ対策法は? 埋没法の失敗を100%防ぐ方法はありませんが、腕のいい美容外科医に施術してもらうことで、失敗の確率を下げることができます。 しっかりとカウンセリングを受け、信頼できる医師かどうかを見分けるようにしましょう。 埋没法の症例件数が少なく、目の組織を十分に理解していない若手のドクターは安くても避けるべきです。 埋没法で失敗した人のブログと体験談 筆者も埋没法の経過ブログを書いているのですが、途中で目から糸が出てきたので失敗例の参考にしてください。 ・埋没法を受けた当時はあゆの影響で幅広二重が流行っていたけど、流行が過ぎてからわたしの目も時代遅れに…。 30歳過ぎたらスッキリとした二重瞼がうらやましくなった。 ・埋没法を受けてから5年目に糸がゆるんで薄い二重瞼になってしまった。 再埋没をするか、切開するか悩み中 ・埋没法受けて2週間後に成人式にいったら、まだ腫れが残っていたため友達につっこまれた。 ものもらいって言ったけどどう思われたんだろう 一口に失敗と言っても、いろいろな失敗があるんですね。 埋没法の失敗まとめ ここまで読んでいただきありがとうございました。 埋没法はすぐに二重まぶたにできる魔法のようなプチ整形ですが、良いことばかりではないことがわかりました。 失敗と対処法を知ったうえで手術に臨めば、気持ちが楽になるかもしれません。 これから埋没法を受ける人は、カウンセリングをしっかりと受けるようにしてくださいね。

次の

二重まぶたの症例写真

二重整形 失敗例

埋没法は一歩間違えれば最悪な事態を引き起こす場合があります。 この記事では埋没法の失敗事例と、事前に知っておくことで失敗を回避する方法をご紹介致します。 念願の二重を手に入れるのに絶対失敗したくないという方は、この記事を参考にしていただけると幸いです。 1 埋没法失敗例 埋没法における失敗とは、医師の技術が低い事が原因で起こるものを言います。 医師の技術が低い事が原因で起こるものには「二重ラインのガタつき」・「手術直後に皮膚側の糸が埋没できていない」の2つが挙げられます。 以下では、それぞれについてご説明いたします。 1-1 二重ラインがガタつき 二重ラインのガタつきとは、埋没法の手術1か月後の二重が完成した状態で、二重のラインがガタついている状態のことを言います。 二重ラインがガタつく原因は、埋没法の糸を留める位置にズレがあるからです。 二重ラインのガタつきが見られた場合の対処法は、「4 失敗した場合の対処法」をご確認下さい。 1-2 手術直後に皮膚側の糸が埋没できていない 手術直後に皮膚側の糸が埋没できていないとは、本来まぶたの中にあるはずの糸の結び目が、皮膚表面に露出している状態の事を言います。 埋没法は通常、結び目をまぶたの皮膚内に押し込み露出しないようにするのですが、医師の技術が低いと手術直後に結び目が露出してしまいます。 手術直後、結び目が露出している場合の対処法は、「4 失敗した場合の対処法」をご確認下さい。 当院では上記のような失敗の事例がないため、失敗する確率は0%です。 しかし、患者様側からすると上記2つ以外に、「理想の二重にならなかった」場合も、失敗だと思われるかもしれません。 「理想の二重にならなかった」とは、患者様の感じ方によるものなので、埋没法の失敗とは言えず確率として数値で出すことはできません。 埋没法の失敗には医師側と患者様側で定義に違いがあることを頭に入れておきましょう。 3 失敗しないために事前に知っておくこと 1でご説明した「二重ラインがガタついている」・「手術直後に皮膚側の糸が埋没できていない」といった失敗がおきないように、また、患者様が失敗したと感じないようにするため、事前に知っておくべきことが2つあります。 以下では、それらについてご説明いたします。 3-1 必ず患者様の理想の二重になるわけではない 埋没法は、必ずしも患者様の希望通りの二重にできるわけではありません。 例えば、患者様のまぶたの状態によっては、二重幅を広くしすぎると眠たそうな目になります。 また、目頭に蒙古襞(もうこひだ)と言う目頭を覆う皮膚が張っている方が平行二重を希望した場合、蒙古襞(もうこひだ)が邪魔をして平行二重にならない場合があります。 詳しくは埋没法を行う前のカウンセリングで、医師にご相談ください。 3-2 クリニックの選び方で失敗を防ぐことができる 埋没法を行っているクリニックは多くありますが、患者様ご自身が納得するクリニックを選びましょう。 クリニックを選ぶ時は、最初から1つのクリニックに絞るのではなく、複数のクリニックでカウンセリングを受けましょう。 色々な医師の見解を聞き、患者様ご自身が納得した上で施術を受けることで失敗を防ぐことができます。 クリニックを選ぶ時は複数のクリニックでカウンセリングを受けてから決めましょう。 また、「手術後にやり直しができるのか」など埋没法に対してどんな保証がついているか事前に確認しておくことも大切です。 当院の埋没法については下記をご確認下さい。 4 失敗した場合の対処法 何度も繰り返しになりますが、埋没法の失敗とは、「二重ラインのガタつき」・「手術直後に皮膚側の糸が埋没できていない」ことを言います。 この失敗が起きた場合の対処法と、患者様が失敗と感じた場合の対処法についてご説明いたします。 4-1 埋没法の失敗が起きた場合 ラインのガタつきが起きた場合の対処法 手術1か月後の埋没法完成時に、二重ラインにガタつきがある場合は、クリニックで修正することができます。 二重ラインのガタつきの原因は1でご説明したように、糸を留めている位置にズレがあるからです。 手術直後から皮膚側の埋没ができていない場合の対処法 手術直後から皮膚側の埋没ができていない場合の対処法は、医師が埋没できていないことに気が付くタイミングにより異なります。 手術室内で医師が埋没できていないことに気がつけば、その場で皮膚内に埋没し直すことで対処できます。 しかし、手術室から患者様が出た後に、埋没できてないことに気が付いた場合は、そのまま埋没し直すと感染の危険性があるので、抜糸(糸を取り除く行為)が必要になります。 医師が埋没できていないことに気がつかない事は稀なため、手術直後から皮膚側の埋没ができていないという失敗は起こりにくいです。 4-2 患者様が失敗したと感じた場合 手術から1か月後の埋没法完成時に、患者様が失敗したと感じた場合は、埋没法を再手術で修正することができます。 そういった場合は、埋没法を行ったクリニックに相談しましょう。 手術から1か月以内は埋没法がまだ完成していない状態のため、埋没法が完成してから、修正が必要か判断しましょう。 5 失敗以外に事前に知っておくべき症状 埋没法の手術を受けると 「合併症(がっぺいしょう) 」というものが起こり得ます。 合併症とは、手術や検査などの後、それらが原因となって起こる病気のことです。 埋没法の合併症として以下のことが挙げられます。 5-1 まぶたから糸が飛び出し眼球を傷つける 手術後、糸に対する異物反応(糸を体外に押し出そうとする働き)が起きた場合や、非常に稀ですが、留めていた糸が切れた場合、まぶたから糸が飛び出すことがあります。 飛び出した糸により、眼球が傷つけられ、視力の低下・失明の可能性があります。 糸が飛び出た場合は早急にクリニックに連絡し抜糸(糸を取り除く行為)をしてもらいましょう。 5-2 感染症の症状が起きる 手術後、ものもらいのように糸付近が赤く隆起し、痛みを感じる場合があります。 感染症の症状が出た場合はクリニックに相談しましょう。 当院では感染症の症状が起きた場合、抗生剤を処方いたします。 抗生剤を服用しても、症状が改善されない場合は、抜糸(糸を取り除く行為)が必要になります。 5-3 糸に対してアレルギー反応が起きる 埋没法は、糸を体内に入れるため、200人~300人に1人、糸に対してアレルギー反応が起こります。 アレルギー反応が起こると、埋没の部分にニキビのような症状が出ます。 症状が出た場合は、抜糸(糸を取り除く行為)が必要になりますので、クリニックに相談しましょう。 5-4 左右差が出る 人間のまぶたは、左右対称ではないので、埋没法にも多少左右差が出ます。 しかし、手術1か月後の埋没法が完成した状態のまぶたに明らかな左右差がある場合はクリニックに相談しましょう。 ただし、手術から1か月以内は腫れにより左右差が出る場合がありますので、手術から1か月は時間を置き、クリニックに相談が必要か判断しましょう。 5-5 埋没法が取れてまぶたが元に戻ってしまう 埋没法が取れてまぶたが元に戻ってしまう場合があります。 まぶたの皮膚が厚い方や、まぶたの脂肪が多い方は埋没法が取れる可能性が高いため、当院では、カウンセリング時に適切な方法を提案しております。 5-6 眠たそうな目になる 埋没法は、二重の幅を広くしすぎると眠たそうな目になります。 患者様の理想の二重幅があると思いますが、上記を念頭にカウンセリングでシミュレーションを行い、適切な二重幅で埋没法を行いましょう。 5-7 まぶたが腫れる・内出血が出る 埋没法の手術後は人体の構造上、まぶたの腫れ・内出血が起こります。 症状は1週間程度で治まります。 6 まとめ この記事では以下の事についてご説明いたしました。 ・埋没法失敗事例 ・埋没法の失敗する確率 ・失敗しないために事前に知っておくこと ・失敗した場合の対処法 ・失敗以外に事前に知っておくべき症状 埋没法の失敗しないようにクリニックを選びましょう。

次の