アセト アミノ フェン 鎮痛 剤。 インフルエンザにはアセトアミノフェン!市販の解熱剤の成分を解説

インフルエンザに伴う発熱に使う解熱剤(アセトアミノフェン など)に関して

アセト アミノ フェン 鎮痛 剤

アスピリン喘息とは、現在大人の喘息患者の約10%ほどが患っているといわれる疾患です。 この症状を患っている患者は、アスピリンに代表される非ステロイド性の抗炎症剤(NSAIDs)の投与が禁忌であるといわれており、NSAIDsに分類される薬を投与されると、一時間以内に強い発作等の症状が誘発されてしまうといわれています。 市販で売られている解熱鎮痛剤はほとんどのものがこのNSAIDsに分類されるため、アスピリンによって症状がでてしまう患者は、ロキソニン等の解熱鎮痛剤の服用も容量に関係なく禁忌とされています。 スポンサードリンク そんな中、アセトアミノフェンと呼ばれる鎮痛剤は、一般的には患者への使用が禁忌と言われているのですが、容量を守れば比較的安全に使用できるということが分かりました。 そこで今回の記事では、アスピリン喘息患者がアセトアミノフェンを服用する際禁忌とされる容量について書いていきます。 アスピリン喘息のメカニズムとは? まずはじめに、アスピリン喘息が発症するメカニズムについて説明いたします。 アスピリン喘息とは、鎮痛剤の成分によって、発作や鼻水、鼻づまり等の症状が誘発されてしまうようになる後天性の疾患です。 では、どうしてこの疾患の患者はほとんどの鎮痛剤が使えないのかというと、鎮痛剤は、その成分や商品名こそ異なりますが、鎮痛作用を示す作用機構自体はほとんど同じであり、その作用機構こそがまさに発作を誘発する原因となってしまうからなんです。 まず、頭痛や生理痛など、私たちの体内で痛みが生じているとき、その周りでは炎症が生じています。 この炎症はプロスタグランジンと呼ばれる成分によって引き起こされており、解熱鎮痛剤の多くは、このプロスタグランジンの産生を抑え、炎症を鎮めることによって鎮痛作用を示します。 具体的には、このプロスタグランジンはアラキドン酸と呼ばれる成分から作られるのですが、その際 シクロオキシゲナーゼと呼ばれる酵素がその合成を助けます。 通常であれば、解熱鎮痛剤はこれ以上の作用を示すことはないのですが、アスピリン喘息の症状を患っている場合、このアラキドン酸からプロスタグランジンの合成を抑制してしまうと、今度は新たに余ったアラキドン酸からロイコトリエンと呼ばれる成分を大量に産生してしまうと考えられています。 このロイコトリエンとはアレルギー反応を引き起こす原因となるシグナル成分であり、これが多量に生成されると、急激なアレルギーのような症状を引き起こすため、患者は結果鼻づまりや発作等の症状が引き起こされてしまうのではないかと考えられています。 この症状は薬の服用から一時間以内に表れるといわれており、重症化しやすいそうです。 強い鎮痛作用をしめす鎮痛剤ほどこの症状を誘発しやすいため、ボルタレン、ロキソニンなどの強い鎮痛剤は特に使用しないように注意が必要です。 鎮痛剤によるこうした症状は後天的な疾患であり、ある時から突然鎮痛剤によって症状が引き起こされてしまう可能性もあるので、今大丈夫な方も良く覚えておいてくださいね。 また、こうした症状は、服用薬以外にも、湿布薬や座薬等によっても引き起こされてしまう恐れがあるので、こうしたものも基本的には使用は禁忌です。 なるべく使用は控えるようにしましょう。 スポンサードリンク アセトアミノフェンとは?禁忌とされる容量はこちら! アセトアミノフェンとは鎮痛解熱作用を示す成分の一種です。 カロナールと呼ばれる薬などに含まれています。 実はアセトアミノフェノンの作用機構はNSAIDsと同じで、プロスタグランジンの生成阻害です。 しかしアセトアミノフェノンは中枢神経系においてはプロスタグランジンの合成阻害に働きますが、末梢におけるプロスタグランジンには働かないため抗炎症効果はほとんどなく、NSAIDsではなく、鎮痛解熱剤に分類されるといわれています。 しかし、作用機構がプロスタグランジン合成阻害であるので、アセトアミノフェンも、一般的には説明書にアスピリン喘息患者の服用は禁忌と書かれているようです。 しかし先ほど述べたとおりアセトアミノフェンは抗炎症効果はほとんどなく、弱い鎮痛作用をしめす優しい薬であり、インフルエンザの患者や、子供、妊婦でも使用できるものとなっています。 そのため、上記の禁忌という表現は誤りであるとの意見もありました。 また、調べてみたところ、容量を守りさえすれば、アスピリン喘息の患者にも投与が可能であるとの記載もあったので、そちらをご紹介いたします。 まず、一般的には、アセトアミノフェンの服用の際の容量は、一回300~1000mgとされ、投与感覚は4~6時間以上で、最大容量は1日4000mgまでとされています。 一方アスピリン喘息の患者は、1回300mg以下の容量であれば、比較的安全に使用が可能であるとの記載がありました。 しかし、1回500mg以上を服用すると危険性が高まるとあり、これ以上の服用は禁忌のようです。 使用の際は十分に注意し、もしものときはすぐに対応できるようにしておきましょう。 まとめ 今回の記事では、アスピリン喘息患者がアセトアミノフェンを服用する際禁忌とされる 容量等について書いていきました。 この症状の患者は、ほとんどの鎮痛剤の服用が禁忌と言われているのが現状です。 しかし、健常者が鎮痛剤を欲するように、患者の方もこういった薬が必要になるときがあるかと思います。 そういったときは、比較的安全に使用できるものを選んで使う必要があります。 使用の際は、できれば自己判断ではなく、医師と相談して使用することをお勧めいたします。 また、鎮痛剤によって引き起こされるこうした症状は、なかなか自分では気づきにくいため、もし不安な方は、病院へ行って負荷試験等によって自分がアスピリン喘息かどうか確認してみることをお勧めいたします。 また、こちらのブログの記事をいくつかご紹介しておきますので、気になるものがありましたら是非ご覧になってみてください。 なんと慢性的な口呼吸は、 腎臓病や リウマチの発症につながるとも言われているんです。 口呼吸が引き起こす問題についても詳しくまとめていますので、自分は口呼吸かも…と思う方は必見です。 是非、興味があればご覧になってみてください。

次の

『ロキソニン』と『カロナール』、同じ解熱鎮痛薬の違いは?~効果の強さとインフルエンザ・子ども・妊婦への安全性

アセト アミノ フェン 鎮痛 剤

作用 作用のおだやかな解熱鎮痛薬です。 皮膚の血管を広げて熱を放散させる作用や、脳の痛みの感受性を低下させる作用があります。 ただし、対症療法薬ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。 発熱時のほか、頭痛や歯痛、生理痛などに広く適用します。 腰痛や関節症にはやや多めの量が用いられます。 また坐薬は、子供や赤ちゃんの解熱によく処方されています。 炎症(腫れ)をとる作用は弱いので、リウマチなど強い炎症をともなう痛みには向きません。 実績のある安全性の高い解熱鎮痛薬です。 アニリン系薬剤であり、NSAIDsと呼ばれる一般的な鎮痛薬とは作用機序が違います。 NSAIDsに比べ、効果はゆるやかですが、副作用が少なく長期の使用も比較的安全です。 このため、WHO方式3段階疼痛治療法の第1段階に位置づけられ、海外では各種疼痛の基本薬として広く用いられています。 炎症をともなう激しい痛みには不向きかもしれませんが、軽度から中等度の広範な痛みに適用可能です。 開発が古く、安価なのも利点です。• 日本の病院では解熱薬として用いることが多いです。 熱や頭痛をともなうカゼやインフルエンザに処方されるほか、薬剤性の発熱にも適します。 国内では比較的少量を用いることが多かったのですが、多めに用いることで鎮痛効果の増強が見込めるのです。 今後、整形外科領域をふくめ、鎮痛薬として処方される機会も増えることでしょう。 注意 【診察で】• 喘息やアレルギーのある人は医師に報告しておいてください。• 胃腸の悪い人、腎臓や肝臓の悪い人など持病のある人も医師に伝えておきましょう。 病気によっては症状を悪化させるおそれがあります。• 市販薬も含め、使用中の薬を医師に教えてください。 【注意する人】• アスピリン喘息(鎮痛薬や解熱薬で喘息発作を誘発)の人は、使用できないことになっています(少量であれば危険性は低いと考えられています)。• 胃潰瘍、血液の病気、肝臓病、腎臓病、心臓病、喘息などの人は病状により使用できない場合があります。• 栄養状態の悪い人や、飲酒量の多い人は肝臓の副作用に注意が必要です。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 市販のカゼ薬や解熱鎮痛薬の多くにアセトアミノフェンが配合されています。 この薬と重複することになりますので、これらとの併用は避けてください。• 血栓の薬のワルファリン(ワーファリン)の作用を増強するおそれがあります。 ほかにも、併用に注意する薬がいくつかあります。 使用中の薬がある場合は、必ず医師に伝えておきましょう。• 飲酒はできるだけ控えてください。 多量のアルコールは、胃腸や肝臓の副作用をでやすくします。 【使用にあたり】• 病状や治療目的により飲みかたが違います。 決められた用法用量の範囲で正しく使用してください。• 多めの水で飲むとよいでしょう。 胃の刺激が少なくなります。• カゼの発熱時に頓服する場合、一般的には38. 5度以上を目安にします。 熱が上昇しているときではなく、上がりきったときに使用するほうが効果的です。 【備考】• インフルエンザにおいては、他の解熱鎮痛薬よりもアセトアミノフェン(この薬)のほうが安全です。 とくに子供の解熱には、アセトアミノフェンを用いるようにします。• カゼなど感染症による発熱やノドの腫れは、ばい菌を殺菌駆除するための自然な防御システムです。 これを薬で無理に抑えれば、かえって病気そのものの治りを遅らせてしまうことさえあります。 とくにインフルエンザなどウイルス性の病気では、むやみに熱を下げればよいというものではありません。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として4000mgを限度とする。 また、空腹時の服用は避けることが望ましい。 <効能B> 通常、成人はアセトアミノフェンとして、1回300〜500mgを頓用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、原則として1日2回までとし、1日最大1,500mgを限度とする。 また、空腹時の服用は避けることが望ましい。 <効能C> 通常、幼児及び小児はアセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10〜15mgを経口服用し、服用間隔は4〜6時間以上とする。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として60mg/kgを限度とする。 ただし、成人の用量を超えない。 また、空腹時の服用は避けることが望ましい。 1回服用量の目安は下記のとおり。• 体重10kg..1回 100〜150mg• 体重20kg..1回 200〜300mg• 服用間隔は4〜6時間以上とし、1日総量として60mg/kgを限度とする。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、成人の用量を超えない。 また、空腹時の服用は避けることが望ましい。 1回服用量の目安は下記のとおり。 体重5kg... 5-3. 75mL)• 体重10kg... 0-7. 5mL)• 体重20kg... 0-15. 0mL)• 体重30kg... 0-22. 5mL) 補足:「小児科領域における解熱・鎮痛」の効能又は効果に対する1回あたりの最大用量はアセトアミノフェンとして500mg、1日あたりの最大用量はアセトアミノフェンとして1500mgである。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用の少ない安全性の高いお薬です。 アレルギーを起こすことも少なく、重い副作用はほとんどありません。 ただし、必要以上に飲みすぎると、腹痛や下痢を起こしたり、肝臓の調子が悪くなることがあります。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• ショック、アナフィラキシー..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。• 喘息発作の誘発..咳き込む、ぜいぜい息をする、息をするときヒューヒュー音がする、息切れ、呼吸しにくい。• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。• 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向。• 間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。• 腎臓の重い症状..尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹。 【その他】• 吐き気、吐く、食欲不振、腹痛、下痢。• 発疹、じんま疹。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

アセトアミノフェン系解熱鎮痛剤

アセト アミノ フェン 鎮痛 剤

しかし、抗薬は ウイルスの増殖を抑える薬であり、直接熱を下げる薬ではありません。 そこで高熱が続く場合には解熱薬が使用されるのですが、解熱剤であれば何を使ってもいい・・・というわけではなく解熱剤の中には使用するとかえって危険な症状を引き起こす可能性が高くなる薬もあります。 ここではの 発症時に使用される解熱剤に関して解説します。 ウイルスや 細菌などが侵入してくると、体は熱を出して対抗しようとします。 この理由として、ウイルスや細菌などが熱に対して弱いことや、体温を上げることでウイルスに対する免疫機構が活発になるため、などであると言われています。 もう少し詳しく見ていくと、ウイルスや細菌などが体内に侵入すると免疫を担う 白血球やマクロファージなどの細胞が異物(ウイルスや細菌など)を取り込み、 サイトカインという物質が作られます。 サイトカインの中には 炎症性サイトカインという熱や炎症などを引き起こす内因性発熱物質があり、これらの物質が関与してプロスタグランジンという伝達物質が生成されます。 この物質が、脳に熱などに関する情報を伝えることで、脳の 視床下部と呼ばれる部位から、体に「発熱」の指令が出され症状としてあらわれるのです。 現在、いわゆる「抗薬」と呼ばれる薬は5種類(5種類の成分)あります。 一般的によく使われている薬は、ウイルスの増殖に関わるノイラミニダーゼという 酵素を阻害することでウイルスの増殖を抑える ノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれる種類の薬です。 アマンタジン塩酸塩はウイルスが細胞に侵入する段階に作用しウイルスの増殖を抑えるとされています。 ただし、アマンタジン塩酸塩はなどの治療薬としても使用されていて、こちらの用途では現在でも多くの患者さんに使用されている薬となっています。 ウイルスの増殖が抗薬によって抑えられている間に体が回復した結果、発熱などの症状が緩和し健常な状態に戻るのです。 このように抗薬があくまでウイルスの増殖を抑えるものであり、の高熱で苦しい時に一時的に熱を下げるには、いわゆる「解熱剤」を使用する必要があります。 一般的な解熱剤をもう少し詳しく説明すると、体の中で熱や痛み、炎症などをおこす化学物質などを抑えることで効果をあらわす解熱鎮痛剤となります。 一般的に表現するところの「痛み止め」とはこの解熱鎮痛剤を指すことが多く、処方薬だけでなく市販薬としても多くの成分・種類が流通しています。 これらの製剤の主な成分はアスピリン(正式名:アセチルサリチル酸)という成分なのですが、このアスピリンを含めていくつかの解熱鎮痛剤をの症状に使用すると体に思わぬ障害をもたらす可能性があります。 には危険な 合併症として脳炎・脳症といった神経合併症があります。 頻度は稀ですが特に小児に多く、発症すると重症化し死亡に至ることもあります。 医療機関に受診した場合は(又はが疑われる症状)でこれらの成分を含む解熱鎮痛剤が処方されることはないとは思いますが、市販薬は医療機関での診察無しで購入できてしまうことや同じような名前でも含まれている成分が異なる場合などがあるため、特に注意が必要と言えます。 (例えば、市販薬において「バファリンA」の主成分はアスピリンですが、「バファリンプレミアム」はアスピリンを 含まずイブプロフェンなどを主成分とする製剤です) に感染した時やに感染した可能性がある時は自己判断でむやみやたらに解熱鎮痛剤を服用することは避けるべきです。 また市販薬の「バファリン」の名称を持つ製剤の中でも「小児用バファリンCII」はアセトアミノアミノフェンの製剤です。 アセトアミノアミノフェンは一般的な解熱鎮痛剤とは少し異なる機序で熱や痛みを緩和する薬剤とされていて、一般的な解熱鎮痛剤に多いとされる胃腸障害などの危険性も少ない薬剤です。 またなどの呼吸器疾患をもつ人にも比較的安全に使用できるとされ、小児から高齢者まで幅広い年代で使用できるのもメリットの一つとなっています。 またアセトアミノフェンには処方薬として錠剤以外に散剤、シロップ剤、坐剤などがあり、用途や嚥下能力などに合わせた剤形の選択が可能な点も推奨される要因となっています。 に対しては、やはり ワクチン接種やうがいや手洗いなどの日頃からの予防が重要です。 それでも感染してしまった場合は、薬による治療と並行して状を防ぐため小まめに水分摂取をしたり、十分な休養をとるなど体調を整えることが大切です。

次の