年末 挨拶 メール 取引 先。 取引先への年末の挨拶に悩むあなたに!ビジネスメール術

取引先への年末の挨拶に悩むあなたに!ビジネスメール術

年末 挨拶 メール 取引 先

年賀状の代わりとして送ることもあります。 [ビジネスシーンでは…] 年明け早々は先方も多忙なはず。 挨拶に伺い面会する時間を割いて頂くことは相手方にとっても負担になります。 また、新年の挨拶状としては年賀状が一般的ですが、会社・企業の中には経費削減の一環として年賀状のやり取りを縮小しているところもあります。 このような時、メールであれば先方の空き時間に読んで頂くことができるだけでなく、経費をかけずに、即、先方に送ることができます。 もう一つの長所としては、相手にすぐに届く点があります。 こちらから年賀状を出していない相手から年賀状を頂いた場合、すぐに年賀状を出したとしても相手に届くのは松の内を過ぎてしまい、間の抜けた感じになります。 年明けの営業開始日が遅い会社ならなおさら、すぐに先方に届くメールを活用するメリットがあると言えます。 なお、 メールで挨拶文を送る行為は、マナー上はあくまでも略式となりますので、大切なビジネス上の相手に対してはきちんと挨拶に伺うか、年賀状を出すようにしましょう。 また、新年の挨拶メールの宛先としては直接の取引先だけでなく、同期の仲間や、同僚あてのものもつい送りがちです。 業務に関わる挨拶メールを職場から送るのはOKですが、会社や職場によっては、私用の挨拶メール送信を禁止しているところもあります。 ご利用の際には職場の服務規程にも従うようにして下さい。 [友達あての場合は…] 友達あての場合には、除夜の鐘のあと新年のカウントダウンを聞いてすぐにメールを送ることもあるほか、年賀状の代わりにメールを送るケースも増えてきているようです。 スマホあての場合には深夜の時間帯等は特に注意が必要ですが、先方の迷惑にならない範囲でメールを大いに活用して構わないでしょう。 とりわけビジネスの取引先への新年の挨拶メールや年始の挨拶メールはできれば松の内(7日まで)に出すようにします。 特に松の内を過ぎると「あけましておめでとうございます」という言葉は使いづらくなります。 ちなみに、年賀状の場合には松の内を過ぎると「年賀状」の形で出すのはむしろマナー違反。 年賀状の時期を過ぎたら「寒中見舞い」を出します。 本来は先に部下が上司あてにメールを送りたいものです。 ・ 上司からのメールが先に届いてしまった場合の返信はこちらで紹介します ・新年を祝う賀詞に注意 上司あての新年を祝う言葉として、ふさわしくないものがあるので注意しましょう。 以下の言葉は上司あてのメールに使えます。 「謹んで(謹)」「恭しい(恭)」が入る賀詞です。 【解説】 1. 件名:例文では氏名を件名の文中に入れています。 ほかに「年明けのご挨拶」など。 宛名: お堅い会社なら「部署名、肩書名、氏名+様」あるいは「肩書名、氏名+様」となります(上記の文例のとおり)が、最近は単に「氏名+様」や「姓+様」と記載する会社が多くなってきています。 本文:下記を盛り込む ・新年の挨拶の言葉を述べる。 上司にあてて出す場合には「謹んで新年の〜」のように 「謹」「恭」が入る賀詞を使うようにします。 ・昨年お世話になったお礼の言葉。 ・年初の予定や現在の業務に関する報告や近況報告などを手短に ・プライベートで付き合いがある上司なら多少その話題も入れて良い。 (例:忘年会ではお世話になり、ありがとうございました) ・本年もよろしくお願いしますの挨拶の言葉。 【解説】 1. 件名:例文では氏名を件名の文中に入れています。 ほかに「年明けのご挨拶」など。 宛名: お堅い会社なら「部署名、肩書名、氏名+様」あるいは「肩書名、氏名+様」となります(上記の文例のとおり)が、最近は単に「氏名+様」や「姓+様」と記載する会社が多くなってきています。 本文:下記を盛り込む ・新年の挨拶の言葉を述べる。 ・上司からメールを頂いたお礼の言葉と、自分が送ったメールが遅くなったお詫びの言葉。 ・年初の予定や現在の業務に関する報告や近況報告などを手短に ・プライベートで付き合いがある上司なら多少その話題も入れて良い。 (例:忘年会ではお世話になり、ありがとうございました) ・本年もよろしくお願いしますの挨拶の言葉。 短いメールでも構いませんので、営業初日には送信します。 ・さまざまな立場の相手が読む場合には新年の賀詞に注意 目上の相手も読む可能性があるメールなら、「謹んで(謹)」「恭」などの文字が入った賀詞を使うのが無難です(詳細説明は上記2で)。 ・全体は短めの文章で 慌ただしい年末。 メールの多い時期に長文のメールを受けるのは同じ社内でもうんざりするもの。 全体の長さは長くならないよう手短かにします。 ・社内なら略礼、略儀を詫びる必要なし メールは挨拶状と比較すると略式となりますが、社内あてに出す年末の挨拶メールは業務連絡の一環でもあり、出しても失礼にはあたらないため非礼を詫びる必要はありません。 【解説】 1. 件名:例文では差出人を件名の文中に入れています。 ほかに「新年のご挨拶」「新年のご挨拶およびご連絡」「新年のスタートにあたって」など。 宛名: 上記の文例は相手が不特定多数の場合です。 もし相手が個人なら「部署名、肩書名、氏名+様」あるいは「肩書名、氏名+様」となりますが、最近は単に「氏名+様」や「姓+様」と記載する会社が多くなってきています。 本文:例えば下記を盛り込む ・新年を祝う言葉(賀詞)を述べる。 相手が色々な立場の人の場合は、言葉遣いに注意(詳細は2上司あて) ・年初の業務予定など、業務に関する内容(手短に) ・個人から個人あてメールであれば多少プライベートな話題も入れて良い。 (例:年賀状をありがとうございました。 )など。 ・来年度よろしくお願いしますの挨拶の言葉。 遅くとも松の内(1月7日頃まで)には送信したいものです。 ・全体は短めの文章で 新年の挨拶と用件を簡潔に伝え、全体の長さは長くならないよう手短かにします。 ・社外の相手なら略礼、略儀を詫びる 大切な相手であれば本来は直接会って挨拶をしたいものですが、会えない時に出すのが挨拶状です。 これに対してメールは挨拶状よりも略式となります。 社外あてに出す新年の挨拶メールは略礼、略儀であることをお詫びする一文を書き添えます。 同じメールを複数の宛先に送信するときは細心の注意を払う 雛形となる挨拶文章をひとつを作って複数の相手に同じ内容のメールを送信する方もいらっしゃると思います。 一度にたくさんの相手に送ることができる便利さがメールの長所でもありますが、宛先を入力するときには、CCと、BCCの使い分けに気をつけましょう。 事務局にも時々CCのメールが誤って届く時があります。 ビジネスメールのマナーについては、こちらのページでご説明しています。 件名:例文では差出人の社名を件名の文中に入れています。 ほかに「新年のご挨拶」「年末のご挨拶およびご連絡」など。 宛名: 上記の文例は相手が会社・企業の担当者の場合です。 もし相手が担当者個人なら「社名、部署名、肩書名、氏名+様」あるいは「社名、肩書名、氏名+様」となりますが、会社あてであれば「社名+御中」、フリーランスあてなら「(有れば)屋号、姓+様」「(有れば)屋号、氏名+様」と記載します。 本文:例えば下記を盛り込む ・新年を祝う言葉(賀詞)を使う。 (目上の人や社外の相手には「謹んで(謹)」「恭」などの言葉を含む賀詞を使う) ・個人から個人あてメールであれば多少プライベートな話題も入れて良い。 (例:先日の忘年会ではお世話になりました。 )など。 ・年初の予定や業務に関する連絡 ・昨年度お世話になったお礼の言葉。 ・本年度よろしくお願いしますの挨拶の言葉。 ・メールという手段を用いてご挨拶をすることについて非礼を詫びる言葉。 【解説】 1. 件名:例文では差出人の店名を件名の文中に入れ、セールの告知をしています。 ほかに(ショップ名や店名)+「新年のご挨拶」など。 宛名: 上記の文例は相手が個人のお客様の場合です。 もし相手が担当者個人なら「社名、部署名、肩書名、氏名+様」あるいは「社名、肩書名、氏名+様」となりますが、会社あてであれば「社名+御中」、フリーランスあてなら「(有れば)屋号、姓+様」「(有れば)屋号、氏名+様」と記載します。 本文:例えば下記を盛り込む ・新年を祝う言葉(賀詞)を使う。 (目上の人や社外の相手には「謹んで(謹)」「恭」などの言葉を含む賀詞を使う) ・昨年度お世話になったお礼の言葉。 (上記の文例では、「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」と述べています。 ) ・個人から個人あてメールであれば多少プライベートな話題も入れて良い。 (例:先日の忘年会ではお世話になりました。 )など。 ・年初の予定や業務に関する連絡 (上記の文例ではセールの告知をしています) ・本年度よろしくお願いしますの挨拶の言葉。 ・全体は短めの文章で メールが多い時期です。 全体の長さは長くならないよう手短かにします。 ・友人なら略礼、略儀を詫びる必要なし メールは挨拶状と比較すると略式となりますが、友人あてのメールであれば気軽に出しましょう。 特に普段からメールでやり取りをしている相手であればごく簡単な文章で構わないでしょう。

次の

挨拶の文例 ~年末の挨拶~(社交メール)

年末 挨拶 メール 取引 先

【例文】 株式会社村田商事 御中 スターズ株式会社 総務課 御中 佐藤食品株式会社 佐藤様 虹山出版株式会社 人事部 保志様 これもビジネスメールの基本ですが、 本文を書き始める前に必ず相手の会社名と名前(もしくは部署名または両方)を書きます。 1、2行目の例文は個人を特定していない場合で、3、4行目は個人まで特定している場合です。 相手の社名までは分かるけれど、どこの部署が対応してくれるのか分からない…という場合は社名だけでも問題ありません。 初対面の相手に送る場合等、 個人を特定しない宛名で送信する場合は、必ず 「御中」をつけるようにしましょう。 逆に 個人を特定している場合は 「様」だけで結構です。 「御中」と「様」が同時にあると二重敬語で失礼になってしまいます。 少し細かい話ですが、 「株式会社」が前につくのか後につくのか(前株・後株と言います)、相手の氏名に間違いがないかどうかも確認しましょう。 電子メールでは変換ミスも起こりやすいため注意が必要です。 【例文】 件名: 着任のご挨拶(株式会社ニューエージェント 営業部 星野 美月) 株式会社ニューエージェント 営業部 三宅様 突然のメールにて失礼いたします。 12月1日より営業部に配属されることとなりました、星野です。 今週は三宅様がいらっしゃらないと伺いましたのでご挨拶のメールを差し上げました。 営業は未経験のためご迷惑をおかけする点もあるかと存じ上げますが、 一日も早く当社のお役に立ちたいと精進する所存です。 後日またご挨拶に伺えればと考えております。 何卒よろしくお願い致します。 M newanagent. com 社内の上司に向けた挨拶メールです。 業種にもよりますが、転属や異動先で新たな上司にご挨拶をするということも、ビジネスではよく見受けられます。 相手が自分の社内の人でも、固い印象なら例文よりもっと固い言葉を、カジュアルならやや砕けた言葉を使っても良いでしょう。 本文の後には必ず罫線を入れ、署名を書くのがビジネスメールの基本です。 入力する連絡先は勤務地ですが、学生やフリーランス等会社に勤務していない場合は自宅の連絡先を書きます。 【例文】 件名: 【新任のご挨拶】株式会社ニューエージェント 星野 美月 株式会社テクノグループ 人事部 松田様 初めてご連絡いたします。 株式会社ニューエージェント 営業部の星野と申します。 この度12月10日より、貴社の担当をさせていただく運びとなりましたのでメールを差し上げました。 至らぬ点はあるかと存じますが、全力で貴社のサポートをさせていただく所存でございます。 後日またご挨拶に伺いたく存じますが、取り急ぎメールにてご挨拶とさせていただきます。 今後ともよろしくお願いいたします。 M newanagent. com 挨拶と同時に新しく取引先の担当になったことを知らせるビジネスメールです。 挨拶は簡潔・短い文でまとめましょう。 最近はスマートフォンでメールを見る人も多く、1文が長いと読みづらくなる可能性があることから 適度に改行を入れるのも良いでしょう。 【例文】 件名: 【年末のご挨拶】株式会社ニューエージェント 星野 美月 株式会社テクノグループ 人事部 松田様 いつも大変お世話になっております。 株式会社ニューエージェント の星野です。 今年も残すところわずかとなりました。 お忙しくお過ごしのことと存じます。 本年は格別なご愛顧を賜り、深く御礼申し上げます。 さて、弊社の年末年始の休業日は下記の通りとなっております。 2018年12月27日 木 ~2019年1月6日(日) (新年は1月7日から業務を開始いたします。 ) 寒さが一段と厳しくなる時期ですが、くれぐれもご自愛ください。 来年も変わらぬお付き合いを宜しくお願い致します。 M newanagent. com 挨拶は簡潔に述べましょう。 年末年始は会社によって休業日や業務開始日が違っているため、取引先が連絡したら休みで対応が大幅に遅れてしまった…となっては大きなトラブルになりかねません。 そのため、こうした年末の挨拶メールを書くのです。 【例文】 件名: 【新年のご挨拶】株式会社ニューエージェント 営業部 星野 美月 株式会社テクノグループ 人事部 松田様 謹んで新年のお慶びを申し上げます。 株式会社ニューエージェント の星野です。 昨年は格別のご高配を賜り誠にありがとうございました。 本年も貴社のお力になれますよう、より一層精進いたします。 弊社は 1月7日(月曜日)午前10時 より業務を再開しております。 今年一年が松田様にとって発展ある年となりますよう、お祈り申し上げます。 何卒宜しくお願い致します。 M newanagent. com 年末の挨拶をした場合は、必ずしも新年の挨拶をする必要はありません。 また「あけましておめでとうございます」のような 年始ならではの挨拶をするのは 「松の内」という期間のみで、 1月7日まで(地域によっては 1月15日)なのにも注意しましょう。 【例文】 1月 「謹んで新年のお慶びを申し上げます。 」 2月 「まだまだ厳しい寒さが続く時期ですが、いかがお過ごしでしょうか。 」 3月 「春の訪れが近づいてまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 」 4月 「すっかり春めいた気候となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 」 5月 「ゴールデンウィークも終わり、初夏の足音が聞こえる日和が増えてまいりました。 」 6月 「梅雨に入り外出の機会も減る時期となりましたが、元気でお過ごしでしょうか。 」 7月 「いよいよ夏本番ですが、お変わりありませんでしょうか。 」 8月 「厳しい残暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 」 9月 「まだまだ暑さが残る時期ですが、お元気でお過ごしでしょうか。 」 10月 「秋らしくなってまいりましたが、お変わりありませんでしょうか。 」 11月 「落葉の候、いかがお過ごしでしょうか。 」 12月 「今年も残すところ僅かとなりました。 忙しくお過ごしのことと存じます。 」 ビジネスメールでも使える、各月ごとの季節の挨拶です。 ここで挙げているのは全て書き始めに使える言葉ですが、結びの挨拶にも季節の表現があります。 他の記事で詳しく解説されているので、以下のページを併せて見るのもおススメです。

次の

年末の挨拶メール例文|社外/社内/上司/友達/取引先/お客様

年末 挨拶 メール 取引 先

はじめに 皆さんも年末になると、顧客や取引先など、社外の方に年末のご挨拶メールを送る機会があると思います。 また、実際に会って、年末のご挨拶をすることも多いと思いますが、お世話になった社外の方への年末のご挨拶メールは、ビジネスにおいては不可欠です。 そこで、今回は、社外の方に向けた「年末のご挨拶メール」のポイントについて説明します。 年末のご挨拶メール(社外向け)のポイント! 社外向けの「年末のご挨拶メール」を書く際のポイントは、大きくは以下の3点です。 ・メール件名 ・メール本文 ・メールを送るタイミング 次からそれぞれのポイントについて説明します。 年末のご挨拶メール「件名」のポイント! 社外向けの「年末のご挨拶メール」の一つ目のポイントは「 メール件名」です。 年末のご挨拶メールにおける「件名」は、 シンプルで分かりやすい「件名」にすることがポイントとなります。 年末のご挨拶メール「本文」のポイント! 社外向けの「年末のご挨拶メール」の二つ目のポイントは「 メール本文」です。 年末のご挨拶メールにおける「本文」は、年末で忙しく、かつ、数多くメールを受信するであろう相手を考慮し、 長文は避けて用件を簡潔に記載することがポイントとなります。 また、年末のご挨拶メールには、自分の会社の 年末年始の営業予定などを入れることもポイントとなります。 年末のご挨拶メールを送るタイミング! 社外向けの「年末のご挨拶メール」の三つ目のポイントは「 メールを送るタイミング」です。 年末のご挨拶メールを送るタイミングは、 年内最後の出社日より前に送ることがポイントとなります。 その理由は、年内最後の出社日は、相手側も何かと忙しいことと、ぎりぎりに送ってしまうと、せっかく送った年末のご挨拶メールを読んでもらえないという可能性もあるため、 遅くても年内最後の出社日の2日~3日前には送っておくことをおすすめします。 そういう意味では、クリスマス頃からメールを出し始めるのが良いです。 また、可能であれば、 事前に相手の方の年内最後の出社日を確認しておくことにより、確実に年末のご挨拶メールを送ることができます。 ちなみに、 2020年については、12月29日(火)前後が仕事納めという方がほとんどだと思いますが、年末のご挨拶メールの送受信としては12月25日~12月29日(特に12月28日)がピークになると思われます。 年末のご挨拶メールの「例文」! 上記で説明した年末のご挨拶メールのポイントを踏まえて、下記に社外向けの年末のご挨拶メールの例文を記載します。 本年は大変お世話になりました。 本年は佐藤様のご支援により、円滑にプロジェクトを進めることができ大変感謝しております。 また、格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 なお、弊社の年内の営業は12月29日までとなり、新年は1月4日から営業開始となります。 来年も本年同様のご愛顧をお願い申し上げます。 どうぞ良いお年をお迎えください。 このように、シンプルで分かりやすい「件名」、長文を避けて用件を簡潔に記載した「本文」にすることがポイントです。 それは、年末のご挨拶メールは、同じような内容を色んな社外の方にまとめて送ることが多いと思います。 そのため、 宛先、件名、本文の内容を間違わないように!注意が必要です。 最後に 年末の後に、すぐに年始が始まりますが、あくまでも年末のご挨拶メールと年始のご挨拶メールは切り離して、重要な顧客や取引先、お世話になった社外の方には年末のご挨拶メールを出しておくことをおすすめします。

次の