糖新生。 エネルギー枯渇時に起きる 糖新生のメリットとデメリット

糖尿病の理解に必要な「糖新生」:血糖値を維持するメカニズム

糖新生

糖新生とは 糖新生とは、血糖値が低下したときに体内に蓄えたタンパク質や脂質をブドウ糖に変えて、血糖値を維持し、脳のエネルギーを作り出す仕組みのことで、人の『 』のひとつです。 人の脳はブドウ糖しかエネルギー源として利用できず、脳の中枢機能を維持するには、滞りなくブドウ糖を脳へと送り続ける必要があります。 通常、人は食事から炭水化物などを摂取して、体内でブドウ糖に変換して血中から脳へと供給しており、食事から摂取するブドウ糖が脳の機能維持に使われています。 長時間の断食やダイエット時の摂取カロリーの減少などで、血糖値を維持するだけのブドウ糖が食事から得られない場合は、肝臓に蓄えられた『 グリコーゲン』という糖質をブドウ糖へと変換して血糖値を維持します。 しかし、肝臓のグリコーゲンの貯蔵量はさほど多くないため、すぐに底をついてしまいます。 グリコーゲンが尽きた状態で血糖値が低下し続けると、脳の機能は低下していき、やがては死に至ってしまうため、ブドウ糖が不足したときに脳に必要なエネルギーを産生して、生命を維持する仕組みとして備わっているのが『 糖新生』というわけです。 糖新生という仕組みが働かなければ、人は食事を断つと数日しか生きることができませんが、糖新生が働くおかげで、水さえ飲めれば、脂肪や筋肉をエネルギー源に変換して、数十日は生き延びることができるのです。 糖新生のほとんどは、この糖原性アミノ酸を媒体として起こります。 解糖とは、ブドウ糖をエネルギーとして利用しやすい形態に分解する働きのことを言います。 糖新生の一部は血中や筋肉中の乳酸も利用されます。 馴染みに言葉でいうと『 体脂肪』のことです。 臓器や筋肉のエネルギーとして用いられ、糖新生にも利用されて、グリコーゲンに変換されて脳のエネルギー源にもなります。 遊離脂肪酸は『 』を通過できないため、普段は脳のエネルギーにはなれないが、臓器や筋肉のエネルギー源となります。 また、糖新生が起こると脂肪酸の一部はケトン体になり血液脳関門を通過して脳のエネルギーにも利用されます。 ケトン体は血液脳関門を通過することが出来る物質で、ブドウ糖の枯渇時は、ブドウ糖に代わり脳のエネルギー源にもなる、 ブドウ糖の代替物質とも言える物質です。 また、脳以外にも筋肉や臓器のエネルギー源になります。 血中のケトン体濃度が一定値を超えた状態のことを『 ケトーシス』と呼びます。 ケトーシスになるとケトン体の一種であるアセトンが原因となり、ケトン臭という独特の臭いが発生し、 口臭や体臭が悪化する場合があります。 糖新生とグルカゴン は、血糖値を上昇させる働きを持つホルモンです。 血糖値が低下するとすい臓からグルカゴンの分泌が増加し、肝臓のグリコーゲンの分解を促進して血糖値を上昇させます。 肝臓のグリコーゲンが尽きても血糖値の低下がさらに進む場合、筋肉からアミノ酸を、脂肪からグリセロールと脂肪酸を分解して 糖新生を促進して血糖値を維持するよう働きます。 グルカゴンは血糖値上昇と、糖新生を促進する働きを持つホルモンです。 糖新生とコルチゾール は代表的なストレスホルモンで、グルカゴンと同じく血糖値を上昇させる働きと糖新生を促進する働きを持つホルモンです。 グルカゴンが血糖値の低下に即座に反応する、『 血糖値上昇の一番手』とも言うべきホルモンであるのに対し、コルチゾールは血糖値の低下に対してはグルカゴンほどすぐには反応せず、より危機的な状況になると分泌量が増加します。 より危機的な状況とは、いわゆる飢餓や絶食が続くような状態で、心や体が強い 下に置かれた状態を指します。 ストレス下で脳が栄養不足に陥ると生命維持が困難になるため、そうした状態を回避するためにコルチゾールは分泌が増加して、血糖値を維持するために糖新生を促進します。 また、コルチゾールはストレスに反応する性質があるため、血糖値があまり下がっていない状態でも、強いストレスを受けるとコルチゾールが分泌されて、肝臓でのグリコーゲン分解を促進させて血糖値を上昇させてしまいます。 血糖値が上昇すると が分泌されて血糖値を下げるように作用しますが、慢性的にコルチゾールが分泌され続けるようなストレス状態に陥ると、インスリン抵抗性が上がって、インスリンによる血糖値を下げる作用が損なわれてしまう事があります。 インスリン抵抗性が上がると血糖値が下がりにくくなってしまうため、強いストレスが長期間続くと糖尿病を起こす可能性が高まります。 尚、グルカゴンやアドレナリン以外にも、 や も血糖値を上昇させる働きを持つホルモンです。 怪我や病気の治療が必要な場合は、必ず事前に医師や医療機関にご相談ください。 詳しくは「」をお読み下さい。

次の

糖网病_百度百科

糖新生

1、控制血糖。 是治疗糖尿病视网膜病变的关键,使眼底病变经过光凝和导升明治疗,新病变不存在。 如血糖再升高,可能在视网膜其他部位,特别是黄斑部位,又产生新病变、黄斑水肿,仍然会造成视力进一步恶化,只有适当的控制血糖,让血糖不再高涨才能稳定眼底的病变。 2、控制血压。 高血压是早期视网膜病变的重要危险因素,对高血压的糖尿病患者,应特别注意,积极将血压控制在正常范围。 3、控制血脂。 视网膜渗出的快速发生往往合并总胆固醇、低密度脂蛋白和甘油三酯的增高,所以要想预防视网膜病变的发生,也要积极地控制好血脂问题。 对肥胖型糖尿病病人,还要控制总热量,降低体重。 5、有视网膜病变时要避免剧烈运动,否则容易引起眼底出血,加重视网膜病变。 6、定期进行眼底检查:本病早期临床症状不明显,易漏诊。 对病程较长的糖尿病人,不论有无视力减退,都应借助眼底镜、裂隙灯、三面镜等仪器检查眼底,这是早期发现本病的最好方法。 传统中医以消渴入手。 上个世纪八十年代钟学礼牵头我国五家大学的临床医院与法国合作,发掘出黄连、黄芪、金银花等有效药物。 九十年代后期,聂文涛指出消渴是高消耗应激,而高消耗应激与眼病关系密切。 中医对糖尿病视网膜病变早期多采用中医辨证论治。 阴虚燥热型:症见口渴多饮、消谷善饥、舌红苔黄。 眼底检查:视网膜出血、水肿、渗出。 治宜滋阴清热。 瘀血阻络型:本病日久,热灼营血,血瘀目络,眼底见视网膜出血、久不吸收,甚则玻璃体出血,舌紫暗或有瘀斑瘀点。 治宜凉血活血,方用:犀角地黄汤加味 犀角或用水牛角代替、生地、白芍、丹皮、丹参、麦冬、元参、三七粉、茜草根。 肾阴亏虚型:症见口干乏力、腰膝酸软、舌淡暗、苔白或少苔,眼底见视网膜出血,渗出、水肿或机化,治宜滋阴补肾,方用增液汤合六味地黄丸 生地、元参、麦冬、山药、泽泻、茯苓、山萸肉、丹皮 或六味地黄汤加女贞子、旱莲草、知母、黄柏。 对于视网膜病变及糖尿病性白内障早期服用中成药石斛夜光丸、明目地黄丸、杞菊地黄丸,也有一定疗效;对于视网膜出血者可服用云南白药;对于眼底出血久不吸收者,采用静脉滴注丹参注射液有一定疗效。

次の

脂肪を落とし筋肉を守る/ケトジェニックと糖新生

糖新生

1、控制血糖。 是治疗糖尿病视网膜病变的关键,使眼底病变经过光凝和导升明治疗,新病变不存在。 如血糖再升高,可能在视网膜其他部位,特别是黄斑部位,又产生新病变、黄斑水肿,仍然会造成视力进一步恶化,只有适当的控制血糖,让血糖不再高涨才能稳定眼底的病变。 2、控制血压。 高血压是早期视网膜病变的重要危险因素,对高血压的糖尿病患者,应特别注意,积极将血压控制在正常范围。 3、控制血脂。 视网膜渗出的快速发生往往合并总胆固醇、低密度脂蛋白和甘油三酯的增高,所以要想预防视网膜病变的发生,也要积极地控制好血脂问题。 对肥胖型糖尿病病人,还要控制总热量,降低体重。 5、有视网膜病变时要避免剧烈运动,否则容易引起眼底出血,加重视网膜病变。 6、定期进行眼底检查:本病早期临床症状不明显,易漏诊。 对病程较长的糖尿病人,不论有无视力减退,都应借助眼底镜、裂隙灯、三面镜等仪器检查眼底,这是早期发现本病的最好方法。 传统中医以消渴入手。 上个世纪八十年代钟学礼牵头我国五家大学的临床医院与法国合作,发掘出黄连、黄芪、金银花等有效药物。 九十年代后期,聂文涛指出消渴是高消耗应激,而高消耗应激与眼病关系密切。 中医对糖尿病视网膜病变早期多采用中医辨证论治。 阴虚燥热型:症见口渴多饮、消谷善饥、舌红苔黄。 眼底检查:视网膜出血、水肿、渗出。 治宜滋阴清热。 瘀血阻络型:本病日久,热灼营血,血瘀目络,眼底见视网膜出血、久不吸收,甚则玻璃体出血,舌紫暗或有瘀斑瘀点。 治宜凉血活血,方用:犀角地黄汤加味 犀角或用水牛角代替、生地、白芍、丹皮、丹参、麦冬、元参、三七粉、茜草根。 肾阴亏虚型:症见口干乏力、腰膝酸软、舌淡暗、苔白或少苔,眼底见视网膜出血,渗出、水肿或机化,治宜滋阴补肾,方用增液汤合六味地黄丸 生地、元参、麦冬、山药、泽泻、茯苓、山萸肉、丹皮 或六味地黄汤加女贞子、旱莲草、知母、黄柏。 对于视网膜病变及糖尿病性白内障早期服用中成药石斛夜光丸、明目地黄丸、杞菊地黄丸,也有一定疗效;对于视网膜出血者可服用云南白药;对于眼底出血久不吸收者,采用静脉滴注丹参注射液有一定疗效。

次の