ばく サイト 薩摩 川内 市。 薩摩川内市の特産品[たくさんとくさん]

薩摩川内市雑談掲示板|爆サイ.com九州版

ばく サイト 薩摩 川内 市

) ・「使用時間」には、準備や観客の入退場、後片付けなどに要する時間も含まれますので、 無理のない時間設定をお願いします。 ) の6箇月前の日より受け付けます。 以下「使用日」という。 )の属する月の1年前の同月の初日から申請書の受付を開始 する日の前日まで受け付けます。 還付 【大ホール】 使用開始の日から5日前(40%相当額)、30日前(60%相当額)、 90日前(80%相当額)を還付します。 【第1会議室及びホワイエ】 使用開始の日から5日前(60%相当額) 30日前(80%相当額)を還付します。 【第2〜10会議室】 使用開始の日から5日前までに取消を申し出たとき、全額を還付します。 ・公の秩序または善良な風俗を乱すおそれがあると認めるとき。 ・施設等をき損し、または汚損するおそれがあると認めるとき。 ・その他、管理上支障があると認めるとき。 ・施設使用の権利は、譲渡したり転貸することはできません。 ・特に認める場合を除き、使用許可後の使用日の変更はできません。 ・施設使用を取り消す場合は、直ちに連絡してください。 その際、プログラム、台本、進行表などを提出してください。 ) ・打合せ後、変更が生じたときはその都度協議してください。 ・催物の看板、舞台装飾品、事務用品等は主催者側で用意してください。 ・宅配便等で文化ホールに直接荷物を送られる場合は、お客様の使用許可時間内で到着日時を ご指定下さい。 ・使用終了後は、直ちに設備、備品等を元の状態に戻してください。 その際、担当職員の点検を受 けてください。 ・施設・設備・備品等を損傷、または滅失したときは、直ちに職員に届け出て 点検を受けてください。 なお、使用者の故意または過失による損害等については賠償していただきます。 ・施設内外の壁、柱、ガラス等に貼紙をしたり、釘類を打たないで下さい。 ・大道具類の搬入、搬出は使用当日のみとし、これらの保管はできません。 ・貴重品等の保管については各人で責任を持って行ってください。 ・ホール内の条例、規則使用許可条件または職員の指示に違反したときは使用許可の取消または使 用を停止することもあります。 【各施設への問い合わせ先】 川内文化ホール TEL. 0996-22-5211 入来文化ホール TEL. 0996-44-2822 中央図書館 TEL. 0996-22-3542 総合体育館 サンアリーナせんだい TEL. 0996-25-8282 総合運動公園 TEL. 0996-27 -0188 丸山自然公園 TEL. 0996-37-2300 川内歴史資料館 TEL. 0996-20-2344 川内まごころ文学館 TEL. 0996-25-5580 せんだい宇宙館 TEL. 0996-31-4477 公益財団法人 薩摩川内市民まちづくり公社 事務局(総務課) 〒895-0054 鹿児島県薩摩川内市若松町 3番10号 TEL. 0996-22-8500 FAX. 文化施設、社会体育施設、 公園その他公共施設を利用した 生涯学習推進に関する事業。 生涯学習推進を図るための調査 研究に関する事業。 文化施設、社会体育施設、公園 その他公共施設の管理受託に 関する事業。 文化施設、社会体育施設、公園 その他公共施設の運営等に係る 関係機関及び団体との連絡調整 に関する事業。 その他目的を達成するために 必要な事業。

次の

公益財団法人 薩摩川内市民まちづくり公社

ばく サイト 薩摩 川内 市

>薩摩川内市という出身市町村別の有名人 このサイトに登録されている有名人の数:70,856人 このサイトに登録されている「薩摩川内市」という自治体出身の有名人の数:43人 スポンサーリンク 1 大迫希 大迫 希(おおさこ のぞみ、1990年11月27日 - )は、鹿児島県出身のサッカー選手。 登録ポジションはミッドフィールダー。 2 木下航志 木下 航志(きした こうし、1989年5月8日 - )は全盲の日本のミュージシャン。 鹿児島県薩摩川内市出身。 3 金子彩 金子 彩(かねこ あや、1988年9月6日 - )は日本の女性タレント・モデル。 鹿児島県薩摩川内市出身。 サンミュージックブレーン所属。 4 濱田玲子 濱田 玲(はまだ れい、1985年3月2日 - )は、鹿児島県薩摩川内市出身のモデル。 FRONT Model Agency 所属。 モデル名はREI(れい)[リンク切れ]。 5 徳重健太 徳重 健太(とくしげ けんた、1984年3月9日 - )は、日本のサッカー選手。 Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。 ポジションはゴールキーパー。 6 山田孝之 山田 孝之(やまだ たかゆき、1983年10月20日 - )は、日本の俳優。 鹿児島県出身。 スターダストプロモーション所属。 7 木佐貫洋 木佐貫 洋(きさぬき ひろし、1980年5月17日 - )は、鹿児島県川内市(現在の薩摩川内市)出身の元プロ野球選手(投手)である。 8 田ノ上信也 田ノ上信也(たのうえ しんや、1980年2月5日 - )は鹿児島県薩摩川内市出身の元サッカー選手で、ポジションはミッドフィールダー。 9 井手迫弘美 井手迫弘美(いでさこ ひろみ、1980年9月22日 - )は、福岡で活躍するローカルタレント、モデル。 エーエスオー(ASO)所属。 鹿児島県出身。 鹿児島県立川内高等学校卒業。 西南学院大学卒業。 10 原信生 原 信生(はら のぶき、1979年9月6日 - )は鹿児島県薩摩川内市出身の元プロサッカー選手。 現在はセレッソ大阪のスクールコーチ。 れいめい高校卒。 ポジションはミッドフィールダー。 11 小西真奈美 鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)[要出典]出身。 エリートジャパン(現・ネイムマネジメント)、スマイルカンパニー、ユマニテ、CATAMARANを経て、有限会社エレメンツ所属。 12 濱野勇気 濱野 勇気(はまの ゆうき、1978年6月23日 - )は、鹿児島県薩摩川内市出身の元サッカー選手。 ポジションはDF。 13 牛鼻健 牛鼻 健(うしばな たけし、1977年9月21日 - )は、鹿児島県薩摩郡樋脇町(現薩摩川内市)出身のサッカー選手。 14 徳重隆明 徳重 隆明(とくしげ たかあき、1975年2月18日 - )は、鹿児島県出身のサッカー選手。 ポジションはMF(両サイド)、フォワード。 15 前園真聖 前園 真聖(まえぞの まさきよ、1973年10月29日 - )は、鹿児島県薩摩郡東郷町(現・薩摩川内市)出身の元サッカー選手。 現在はサッカーコメンテーター・タレント。 所属するマネジメント事務所はジャパンエフエムネットワーク、サニーサイドアップ。 16 久保里美 久保 里美(くぼ さとみ、1965年10月3日 - )は、KKT熊本県民テレビの社員(元アナウンサー)。 17 にわのまこと にわの まこと(1964年5月1日 - )は、日本の漫画家。 鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)出身。 東京都練馬区在住。 18 鹿島忠 鹿島 忠(かしま ただし、1961年10月7日 - )は、鹿児島県出身の元プロ野球選手(投手)、野球指導者。 19 児玉泰介 児玉 泰介(こだま たいすけ、1958年7月26日 - )は、日本の陸上競技指導者・元選手で、愛知製鋼陸上競技部監督。 20 窪薗晴夫 窪薗 晴夫(くぼぞの はるお、1957年 - )は、日本の言語学者。 専門は音声学・音韻論。 国立国語研究所教授。 英語への興味から研究生活を始めたものの、イギリス留学時代の「母語である日本語のことをほとんど知らない」という体験によって、日本語への探求へと研究対象を変えてゆくこととなる。 近年は母方言である鹿児島方言の調査や借用語の促音挿入問題を中心に、言語接触による言語変化についての研究を行っている。 名古屋大学出身 21 花増幸二 花増 幸二(はなます こうじ、1955年5月29日 - )は、鹿児島県出身の元プロ野球選手(投手)。 22 恒松郁生 恒松 郁生(つねまつ いくお、1951年 昭和26年 - )は、ロンドン夏目漱石記念館館長、作家、崇城大学図書館長、副学長を経て現在、教授。 筆名、サミー・恒松。 23 小倉一郎 小倉 一郎(おぐら いちろう、1951年10月29日 - )は、鹿児島県出生(東京都新宿区育ち)の俳優である。 テロワール所属。 日本大学豊山高等学校中退。 趣味・特技は作曲、ギター演奏、篆刻、俳句(俳号は蒼蛙)、大阪弁、京都弁。 24 シゲ福山 シゲ福山(しげ ふくやま、1950年1月28日 - )は、日本の元プロボクサー。 本名は福山 茂文(ふくやま しげふみ)。 鹿児島県川内市出身。 協栄ジム所属。 タイトルに縁こそなかったが、世界王座挑戦を含め、海外の強豪相手にスリリングな打撃戦を展開したファイター。 最高位は東前頭6枚目(1963年7月場所)。 現役時代の体格は176cm、90kg。 得意手は左四つ、突っ張り、出し投げなど。 26 草野大悟 草野 大悟(くさの だいご、1939年9月7日 - 1991年2月27日)は、日本の俳優。 台湾・台中市出身。 女優の田島和子は妻。 明治大学出身 27 松下忠洋 松下 忠洋(まつした ただひろ、1939年(昭和14年)2月9日 - 2012年(平成24年)9月10日)は、日本の建設官僚、政治家。 京都大学出身 28 古川洽次 古川 洽次(ふるかわ こうじ、1938年4月26日 - )は、日本の実業家。 三菱商事取締役副社長等を経て、日本郵政グループで、ゆうちょ銀行取締役兼代表執行役会長や、郵便局代表取締役会長、日本郵便代表取締役会長を歴任した。 29 宮尾すすむ 宮尾 すすむ(みやお すすむ、1934年3月8日 - 2011年7月12日)は、日本のタレント、司会者。 本名は山口 進(やまぐち すすむ)。 30 太刀風義経 太刀風 義経(たちかぜ よしつね、1930年8月2日- )は、鹿児島県薩摩郡樋脇町(現役当時、現・同県薩摩川内市)出身で、1950年代に活躍した大相撲力士。 井筒部屋に所属していた。 最高位は東前頭20枚目(1957年1月場所)。 本名は岩下 義経(いわした よしつね)。 得意手は右四つ、寄り、下手投げなど。 現役時代の体格は175cm、90kg。 31 上山和人 上山 和人(かみやま かずと、1929年11月25日 - 2010年8月13日)は、日本の政治家、元参議院議員 社会民主党。 32 有馬元治 有馬 元治(ありま もとはる、1920年1月1日 - 2006年12月15日)は、日本の官僚、政治家。 元自由民主党衆議院議員。 鹿児島県川内市(現薩摩川内市)出身。 東京大学出身 33 勝野ふじ子 勝野 ふじ子(かつの ふじこ、本名:勝野フジノ、1915年 大正4年 3月5日 - 1944年 昭和19年 3月21日 は、日本の小説家。 鹿児島県薩摩郡入来村(現・薩摩川内市)生まれ。 入来尋常小学校卒業後、鹿児島県立川内高等女学校に進学。 その1年後に転校し、鹿児島県立第二高等女学校卒業。 1937年より『九州文学』同人。 34 若松幸禧 若松 幸禧(わかまつ ゆきよし、1911年(明治44年)- 1944年(昭和19年)12月18日)は、大日本帝国陸軍の軍人。 戦闘機操縦者。 最終階級は中佐。 鹿児島県薩摩郡高江村(現在の薩摩川内市)出身。 通り名・異名は「赤鼻のエース」。 35 上野十蔵 上野 十蔵(うえの じゅうぞう、1892年3月10日 - 1972年11月18日)は日本の実業家。 中外製薬創業者・元代表取締役社長。 一橋大学出身 36 今井白楊 今井 白楊(いまい はくよう、1889年12月3日 - 1917年8月2日)は、日本の詩人である。 37 山本実彦 山本 実彦(やまもと さねひこ、1885年(明治18年)1月5日 - 1952年(昭和27年)7月1日)は、日本のジャーナリスト。 改造社社長。 鹿児島県薩摩川内市出身。 日本大学卒。 雅号は亀城。 日本大学出身 38 西ノ海嘉治郎 初代 西ノ海 嘉治郎(にしのうみ かじろう、1855年2月19日(安政2年1月3日) - 1908年(明治41年)11月30日)は、薩摩国高城郡(現:鹿児島県薩摩川内市)出身の元大相撲力士。 第16代横綱。 本名は小園 嘉次郎(おぞの かじろう)。 39 岩谷松平 岩谷 松平(いわや まつへい 1850年6月[2] - 1920年3月10日)は薩摩国(鹿児島県)出身の実業家、政治家。 岩谷商会会長。 別名、岩谷天狗。 40 宍野半 宍野 半(ししの なかば、1844年10月20日(弘化元年9月9日) - 1884年(明治17年)5月13日)は、富士講諸派を結集した教派神道の一派である扶桑教の初代管長で、扶桑教の設立に尽くした日本の宗教家、国学者。 41 中馬兼四 Wikipedia未登録 大日本帝国海軍軍人 旧:上東郷村後の東郷町出身 42 松若勲 Wikipedia未登録 騎手 旧:川内市出身 43 海原しおり Wikipedia未登録 漫才師.

次の

鹿児島県/郷土の偉人

ばく サイト 薩摩 川内 市

郷土の偉人 幕末(ばくまつ)・維新(いしん)に大活躍(かつやく) 薩摩藩(さつまはん)出身の西郷隆盛(さいごうたかもり)や大久保利通(おおくぼとしみち)、小松帯刀(こまつたてわき)などが一生懸命(いっしょうけんめい)がんばって明治維新(めいじいしん)を成し遂げ(なしとげ)、日本を近代国家へと変えていきました。 西郷隆盛(さいごうたかもり)(1827-1877) もとは下級武士でしたが、島津斉彬(しまづなりあきら)に才能(さいのう)を見いだされて幕末(ばくまつ)・維新(いしん)のころに活躍(かつやく)しました。 薩長同盟(さっちょうどうめい)や戊辰戦争(ぼしんせんそう)、江戸城(えどじょう)の無血開城(むけつかいじょう)など、新政府(せいふ)樹立(じゅりつ)のために力を尽くした(つくした)郷土(きょうど)の英雄(えいゆう)です。 鹿児島市や霧島(きりしま)市、和泊(わどまり)町のほか、東京の上野公園にも銅像(どうぞう)が建てられ、多くの人に親しまれています。 大久保利通(おおくぼとしみち)(1830-1878) 西郷隆盛(さいごうたかもり)とともに明治維新(めいじいしん)で活躍(かつやく)した郷土(きょうど)の英雄(えいゆう)です。 新政府(せいふ)が外国の視察(しさつ)や調査などのために派遣(はけん)した使節団(しせつだん)の副団長(だんちょう)として、アメリカやヨーロッパを訪問(ほうもん)しました。 帰国後は、政府(せいふ)の中心人物として、国内産業の近代化などに力を尽くし(つくし)、近代日本の礎(いしずえ)を築き(きずき)ました。 天璋院篤姫(てんしょういんあつひめ)(1836-1883) 今和泉島津(いまいずみしまづ)家に生まれ、斉彬(なりあきら)の養女となり、第13代将軍(しょうぐん)の徳川家定(とくがわいえさだ)に嫁ぎ(とつぎ)ました。 しかし、わずか1年半で家定(いえさだ)が亡くなった(なくなった)ため、天璋院(てんしょういん)と名前を改めました。 江戸城の無血開城(むけつかいじょう)に力を尽くし(つくし)、生涯(しょうがい)、徳川(とくがわ)家の立場を貫いて(つらぬいて)第16代当主である徳川家達(とくがわいえさと)の養育につとめました。 小松帯刀(こまつたてわき)(1835-1870) 天璋院篤姫(てんしょういんあつひめ)と同じ年の生まれで、1861年に島津久光(しまづひさみつ)の側役(そばやく)となり、翌年(よくねん)には28歳(さい)の若さで薩摩藩(さつまはん)家老(かろう)の大役に就き(つき)ました。 坂本龍馬(さかもとりょうま)とも親しく、小松の招き(まねき)で龍馬(りょうま)は鹿児島を訪れています。 薩長同盟(さっちょうどうめい)や大政奉還(たいせいほうかん)などで活躍(かつやく)し、新政府(せいふ)でも要職(ようしょく)に就き(つき)ましたが、若くして病死したため「幻(まぼろし)の宰相(さいしょう)」と呼ばれる明治維新(めいじいしん)の実力者です。 調所広郷(ずしょひろさと)(1776-1849) 薩摩藩(さつまはん)は財政(ざいせい)が苦しく、19世紀前半には500万両もの借金(しゃっきん)に悩んでいました。 藩(はん)から財政再建(ざいせいさいけん)の命令を受けた調所(ずしょ)は、密貿易(みつぼうえき)や出納(すいとう)の合理化(ごうりか)などで藩(はん)の財政(ざいせい)を建て直すことに成功しました。 この財政改革(ざいせいかいかく)の成功が、後の集成館(しゅうせいかん)事業とや明治維新(めいじいしん)を進める基(もと)になりました。 寺島宗則(てらしまむねのり)(1832-1893) 斉彬(なりあきら)の医者を務め(つとめ)、薩摩藩(さつまはん)が取り組んだ近代化事業では洋書の翻訳(ほんやく)を手がけました。 1861年に福沢諭吉(ふくざわゆきち)たちと幕府(ばくふ)の使節団(しせつだん)の一員としてヨーロッパに渡り、4年後には薩摩藩(さつまはん)英国留学生(りゅうがくせい)を引率(いんそつ)しました。 明治維新(めいじいしん)の後は、外国との不平等(ふびょうどう)条約(じょうやく)の改正に力を尽くし(つくし)ました。 医師、通訳、外交官として多彩(たさい)な活躍(かつやく)をしました。 川路利良(かわじとしよし)(1834-1879) 日本の警察(けいさつ)制度(せいど)の創設(そうせつ)者。 フランスの警察(けいさつ)制度(せいど)を学んで帰国し、1874年に初代の東京警視庁(けいしちょう)大警視(だいけいし)に就任(しゅうにん)しました。 これは、現在(げんざい)の警視総監(けいしそうかん)です。 故郷(ふるさと)の鹿児島市の皆与志(みなよし)には、「大警視(だいけいし)」というバス停があります。 大山巌(おおやまいわお)(1842-1916) 西郷隆盛(さいごうたかもり)のいとこ。 三度のヨーロッパ訪問(ほうもん)で兵学(へいがく)を学び、日本陸軍を創設(そうせつ)しました。 1885年、日本初の内閣(ないかく)である伊藤博文(いとうひろぶみ)内閣(ないかく)で、初代の陸軍大臣(りくぐんだいじん)に就任(しゅうにん)。 また、日露(にちろ)戦争の時は、満州軍(まんしゅうぐん)の総司令官として、その当時は世界最強といわれていたロシア陸軍を破りました。 東郷平八郎(とうごうへいはちろう)(1847-1934) 薩摩藩(さつまはん)とイギリスが戦った薩英(さつえい)戦争で、海岸や海上の守りの必要性(せい)を感じ、新政府(せいふ)では一貫(いっかん)して海軍の前線に立ちました。 日露(にちろ)戦争では、連合艦隊(れんごうかんたい)司令長官としてロシアのバルチック艦隊(かんたい)を日本海で撃破(げきは)し、世界を驚か(おどろか)せました。 イギリスで活躍(かつやく)した海軍司令官の名前にちなんで「東洋のネルソン」と称え(たたえ)られ、鹿児島市の多賀山(たがやま)公園に銅像(どうぞう)が建っています。

次の