河川 氾濫 マップ。 岩手県

宮崎市洪水ハザードマップ

河川 氾濫 マップ

大分市洪水ハザードマップを更新しました 最終改定 令和元年7月 ご利用条件• 大分市はこの情報の利用によって発生した、直接または間接の損失、損害等について一切の責任を持ちません。 提供する全ての地図情報の著作権は、大分市にあります。 洪水ハザードマップで得られた情報をあらゆる商業的目的および営利目的で活用することはできません。 洪水ハザードマップは、大雨により河川が氾らんしたときに、浸水が想定される区域と水深および、避難場所等を表示したもので、この区域に入っていない場所でも、水害が発生しないとは限りません。 洪水が発生した場合、あなたの家や今いる場所から一番近い避難所が浸水により使えなかったり、道路の冠水や土砂災害などにより避難できなくなることも考えられます。 このマップを使って、自分の家や今いる場所が浸水想定区域内に入っているかどうか、どの方向へ逃げれば安全か、避難途中に危ない場所はないか、といったことを事前に確認しておきましょう。 PDFファイルで確認する• 下図を参考に、該当するマップを選んでください。 大分市指定避難所については、から最新の情報を確認してください。 浸水想定区域内の要配慮者利用施設等については、に記載しています。 河川・みなと振興課(本庁舎6階 または各支所、本神崎および一尺屋連絡所の窓口で配布 無料 していますのでご利用ください。 個人で利用する以外に、法人による確認資料や、自治会や各種施設・団体等による防災活動として利用することもできますので、ぜひご利用ください。 浸水継続時間および家屋倒壊等氾濫想定区域を確認する• おおいたマップで確認する• おおいたマップのに洪水ハザードマップの情報を掲載しています。 洪水ハザードマップの説明に職員がお伺いします• 自治会や町内会、防災組織または職場等よりご要望があれば、洪水ハザードマップの説明のために職員を派遣します。 希望する日程や内容等がわかりましたら、河川・みなと振興課までご連絡ください 電話番号097-537-5632。 なお、諸般の事情により日程等を調整さていただく場合がありますので予めご了承ください。 リンク•

次の

河川ごとに洪水浸水想定区域図を紹介しています。

河川 氾濫 マップ

大分市洪水ハザードマップを更新しました 最終改定 令和元年7月 ご利用条件• 大分市はこの情報の利用によって発生した、直接または間接の損失、損害等について一切の責任を持ちません。 提供する全ての地図情報の著作権は、大分市にあります。 洪水ハザードマップで得られた情報をあらゆる商業的目的および営利目的で活用することはできません。 洪水ハザードマップは、大雨により河川が氾らんしたときに、浸水が想定される区域と水深および、避難場所等を表示したもので、この区域に入っていない場所でも、水害が発生しないとは限りません。 洪水が発生した場合、あなたの家や今いる場所から一番近い避難所が浸水により使えなかったり、道路の冠水や土砂災害などにより避難できなくなることも考えられます。 このマップを使って、自分の家や今いる場所が浸水想定区域内に入っているかどうか、どの方向へ逃げれば安全か、避難途中に危ない場所はないか、といったことを事前に確認しておきましょう。 PDFファイルで確認する• 下図を参考に、該当するマップを選んでください。 大分市指定避難所については、から最新の情報を確認してください。 浸水想定区域内の要配慮者利用施設等については、に記載しています。 河川・みなと振興課(本庁舎6階 または各支所、本神崎および一尺屋連絡所の窓口で配布 無料 していますのでご利用ください。 個人で利用する以外に、法人による確認資料や、自治会や各種施設・団体等による防災活動として利用することもできますので、ぜひご利用ください。 浸水継続時間および家屋倒壊等氾濫想定区域を確認する• おおいたマップで確認する• おおいたマップのに洪水ハザードマップの情報を掲載しています。 洪水ハザードマップの説明に職員がお伺いします• 自治会や町内会、防災組織または職場等よりご要望があれば、洪水ハザードマップの説明のために職員を派遣します。 希望する日程や内容等がわかりましたら、河川・みなと振興課までご連絡ください 電話番号097-537-5632。 なお、諸般の事情により日程等を調整さていただく場合がありますので予めご了承ください。 リンク•

次の

川崎市:洪水ハザードマップ

河川 氾濫 マップ

更新日:2019年12月6日 洪水ハザードマップ 区版 ダウンロード 中央区・南区版• 北区・東区版• 白石区・厚別区版• 豊平区・清田区版• 西区・手稲区版• 情報面には、各種情報等の入手方法、避難の目安や行動のフローなどの情報を掲載しています。 地図面には、河川管理者である北海道開発局と北海道が想定した浸水が想定される区域とその深さを色分けし、避難場所を重ねて表示しています。 いざというときのために、日ごろから、浸水が想定される範囲、防災情報の入手方法、避難の方法などを確認し、浸水の備えに役立ててください。 使用上の注意点• この洪水ハザードマップは、複数の計算パターンから得られた浸水範囲を同時に表示していますが、実際には、堤防が決壊する場所によって予想される浸水区域や浸水深は異なります。 短時間の激しい雨や長期間にわたる大雨などの雨の降り方によって、また、堤防決壊の想定をしていない小さな河川などの氾濫により、表示以上の深さになったり、浸水が予想されていない地域でも浸水が起こる可能性がありますので注意してください。 お問合せ先 浸水想定区域の指定・詳細に関すること 河川名 管理者 石狩川 (電話:011-611-0340) 豊平川 厚別川(下流) 月寒川(下流) 望月寒川(下流) 豊平川(上流) (電話:011-561-0413) 月寒川 精進川 望月寒川 厚別川 野津幌川 新川、中の川、琴似川、琴似発寒川 星置川 (電話:0134-25-2443) 避難に関すること• 札幌市危機管理対策室(電話011-211-3062)• 各区総務企画課 中央区(電話011-231-2400) 北区(011-757-2400) 東区(電話011-741-2400) 白石区(電話011-861-2400) 厚別区(電話011-895-2400) 豊平区(電話011-822-2400) 清田区 電話011-889-2400) 南区(電話011-582-2400) 西区(電話011-641-2400) 手稲区(電話011-681-2400) 気象に関すること 札幌管区気象台(電話011-611-0170) 札幌市管理の河川に関すること 札幌市下水道河川局事業推進部河川管理課(電話011-818-3415) 下水道に関すること 札幌市下水道河川局事業推進部施設管理課(電話011-818-3421).

次の