初穂 料。 神社のご祈祷で渡す初穂料とは?玉串料との違いとのし袋の書き方

初穂料とは何か?お金の入れ方やのし袋の書き方について解説

初穂 料

玉串料(たまぐしりょう)の意味と使い方 玉串料とは神様にお供え物としてお供えする玉串の代わりとなるものです。 玉串とは榊の枝に紙垂 しで や木綿の紙で作られた飾りをつけたもので、祈祷を依頼した場合に依頼主が本来玉串を用意しなければならなかったのですが、時代が進むにつれてそれが困難になって、神社が榊を用意するようになりました。 この用意にかかった金額と謝礼をあわせた金額を玉串料と言う形で神社に渡したのが玉串料の由来となっています。 玉串料が最も使われるのは地鎮祭 建築で基礎工事にかかる前に土地の神を祭り、工事の無事を祈る祭事 ですが、もちろん神前式の御礼としても使うことが可能です。 他にもお宮参り・七五三・お見舞金・お祓い・通夜・葬儀・法事などといった場面で玉串料は使われ、白黒ののし袋を用意するのが一般的だと言われています。 一つ注意点として挙げられるのは、 お守り、御札の購入には玉串料は使えないということです。 お守り、御札の購入の際には、次に説明をする【 初穂料】としか書くことが出来ません。 【合わせて読みたい記事】 玉串料の金額の目安は? 玉串料の金額は神社によって異なりますが、だいたい5千円〜1万円が目安になっています。 「金額はお気持ちから」としている神社もあるので、その際は神前結婚式に詳しい方やご親族に相談してみるといいでしょう。 玉串料の書き方 玉串料のお金は「のし袋」という封筒に入れます。 中袋にお金を入れ、外包で包む形となっています。 中袋の表から見てすぐ肖像が見える向きでお札を入れる。 中袋の裏面左下に自分の住所・氏名を記入する。 外包の裏の折り方は、上を先に折り、下部分が上に来るようにする。 外包の表に「玉串料」「施主の氏名」を記入する。 玉串料の書き方をまとめるとこのようになります。 細かい決まりがいくつもあるので、一つ一つチェックしながら書きましょう。 初穂料(はつほりょう)の意味と使い方 まずは先程同様初穂料の意味について説明致します。 昔から神様に捧げるものは農作物か榊かとされていました。 初穂料は農作物が供物として奉納されていたものが由来となっています。 初穂とはその年の最初に収穫した農作物をさし、それを神様に捧げたのが初穂料の始まりです。 玉串料と同じように時代が進むに連れて、農業をしないような人達が増えて行き、初穂料として神社にお金を渡したのが初穂料の由来とされています。 初穂料の使い方としては神前式・地鎮祭・竣工式・お宮参り・七五三・各種祈祷・お守り・お札など種類様々。 初穂料も使えない場合があり、神式の葬儀の場合はNGとなっていますので注意が必要です。 【合わせて読みたい記事】 初穂料の金額の目安は? 初穂料も神社によって異なりますが、だいたいの目安を記載しておきますのでご参考にしてください。 書き方は玉串料とほとんど同じになりますが、外包の表書きには「御初穂料」と記入しましょう。 玉串料と初穂料の注意点まとめ 初穂料は神社に祈願をお願いする際のお礼として支払うので、さまざまな場面で使用することが可能です。 神様への感謝の気持ちを表す意味合いが強いため、お祝い事によく使われると覚えておくと分かりやすいですね。 反対に 玉串料はご祝儀としても不祝儀としても使われ、葬儀の際は玉串料を用意します。 納める場合には水引き(紙の紐)で結んだのし袋を使用します。 初穂料と同じくさまざまな場面で使われますが、お守りや御札の購入には使えません。 水引の結び方 玉串料と初穂料を入れる封筒は水引というひもで結びます。 結び方には「 結び切り」「 あわび結び」「 蝶々結び」といった種類があります。 結び切りは1度結んだら解けないことから、病気や事故のお見舞いのように、重ねて起きてほしくないことに使われます。 慶弔ともに使える結び方です。 あわび結びは結び切りの一種。 緩やかな結び目に見えますが、両端を引っ張ると固く結ばれて、解けないのが特徴です。 蝶々結びは何度でも結び直せるため、何度あっても嬉しいことのお祝いに使います。 具体的には、出産祝いや長寿のお祝いなどです。 結婚は何度もしないことが望ましいため、結婚祝いでは結び切りかあわじ結びをすることになります。 何度も結び直せる蝶々結びは、結婚祝いには不向きなため、お気をつけください。 いかがでしたか。 今回は玉串料と初穂料についての意味と使い分けについて解説致しました。 どちらも一般的に使えるものなのですが使えないところもあるそうです。 間違いのないよう、しっかりと事前確認を行うようにしましょう!.

次の

初穂料の封筒の書き方。裏や金額の書き方を中袋なし、ありで解説。

初穂 料

スポンサードリンク 神社のご祈祷で渡す初穂料とは? 神社に行くと見かける「初穂料」。 初穂料は「 はつほりょう」と読みます。 お守りやお札を売っているところなどで、 「初穂料 1000円」 などと書かれているのを見かけたことはありませんか。 七五三詣やお宮参り、 厄除けや安産祈願など、 神社で「ご祈祷」をお願いしたい時にお渡しするのも初穂料です。 ご祈祷というのは、神社の社殿に上がって、神さまのご守護をいただけるように願い求める神事のこと。 「 ご祈願」ともいいます。 ちなみに、お正月の初詣のように、お社の前で、お賽銭を入れて拝礼するのは略式参拝(一般参拝)。 お社の前が略式参拝(一般参拝)、 中に入るのがご祈祷になり、その際は初穂料をお渡しします。 また、地鎮祭などの出張祭典を受ける時にお包みするのも初穂料です。 初穂料とは? 初穂料とは、神さまにお供えするお金のことです。 初穂の「穂」は稲穂のことで、 初穂は初めての稲穂、 つまりその年に初めて収穫されたお米(稲穂)のことを言います。 昔の日本人は、初収穫のお米を真っ先に神さまにお供えすることで、一年の豊作と天の恵みに感謝していました。 お供えで感謝の気持ちを表すと共に、無事にお米が収穫できたことを祝うお祭りも行われました。 その風習がお米だけにとどまらず、 やがて野菜や果物、魚類などの 初物(はつもの:これらも広い意味の初穂ですね)も、全て神さまにお供えするようになったのです。 今もこの風習は受け継がれています。 全国の神社で秋に執り行われる「秋祭り」や「収穫祭」の名称で行われるお祭りがそうです。 初穂がお金になった由来 初穂や初物は神さまにお供えし感謝の気持ちを表すものですが、 農業や漁業以外の仕事をしている人はお供えすることが出来ません。 そこで初穂や初物の代わりに「お金」が神さまにお供えされるようになりました。 こうしたことから、初穂といえば 「 神さまに供えるもの」 という意味に用いられるようになり、 現在では神さまに供える金銭を「初穂料」と言っているのです。 初穂料は神さまにお供えしてお渡しすると共に、 「祝詞をあげてくださる神職や巫女に対しての謝礼」 という意味も含まれるようになりました。 初穂料はどんなときに使う? 初穂料は神社で執り行う殆どの祭事で使えます。 交通安全祈願• 厄除祈願• 安産祈願• 初宮詣(お宮参り)• 七五三詣• 合格祈願• 地鎮祭• 竣工式• 神前結婚式 御守や御札などを授かる時も初穂料を使います。 初穂料は神様に対する感謝の気持ちを表すものなので、神道で執り行われるお葬式には不向きです。 初穂料のお金は新札を用意した方がいいの? 安全祈願や七五三などの際の初穂料は、必ずしも新札でなくてはならないということはありません。 ですが、あまりに汚いお札を使うのはマナー違反。 できるだけきれいなお札を用意しましょう。 初穂料の本来の意味は、その年に収穫された初めての稲穂を神さまにお供えするもの。 その代わりに用いるのが初穂料ということを考えると、新札を包むことで、気持ちが新たに引き締まります。 こうしたことから、新札を用いる方も多くいます。 スポンサードリンク 初穂料と玉串料の違いは? 一般的なご祈祷料の表書きには、初穂料のほかに「 玉串料」というものがあります。 「玉串」というのは、榊(さかき)の枝に紙垂(しで)や木綿 ゆう (=こうぞの皮から作った糸)をつけたもの。 榊には神さまが宿るとされています。 玉串を捧げることは神さまに捧げものをする儀式を簡略化したもので、玉串は参拝者(祈願者)自らが神前に捧げます。 神前結婚式の新郎新婦や、地鎮祭で施主が受け取っているのを見たことがあるかもしれません。 玉串料とは 玉串料は、神さまにお供えするお金のこと。 初穂料の初穂と同じように、神さまにお供えすべき玉串を用意できない代わりに「お金」をお供えするようになったものです。 そして、「ご神前にお供えするもの」という意味から、神前にお供えするものを「玉串料」と呼ぶようになりました。 このあたりは初穂料と同じですね。 玉串料はどんなときに使う? 玉串料は初穂料と同様に、神社で執り行う殆どの祭事で使えます。 初穂料では使わない神葬祭、神道式のお葬式でも使えます。 玉串料は神様への捧げ物という意味合いがあるので、お札やお守りを受け取る時は初穂料を使います。 初穂料と玉串料はどう違う? 初穂料も玉串料も、神社にご祈祷をお願いする際に納める金銭なので、共通するシーンで用いられます。 どちらも、神さまにお供えするものという意味です。 ただ、上述のように「初穂」と「玉串」は由来が異なるため、違った呼び方になっています。 前述したように、• 神道式のお葬式では玉串料(初穂料はNG)• お守りやお札を授かる謝礼には初穂料(玉串料はNG) 上記以外では、どちらを使ってもかまいません。 ご祈祷で渡す初穂料ののし袋の書き方 いざ初穂料を渡す場合、 お金をどのように包んで渡したらよいのかをお伝えしますね。 のし袋や封筒のデザイン 一般的な神事の初穂料では、水引きが紅白ののし袋、または白い無地の封筒を使います 「のし」はなくても構いません。 ここでいう「のし」とは、のし袋の右上にある赤い紙を折り畳んだ部分です。 のし袋の紅白の水引には蝶結びと結び切りの2種類ありますが、 七五三のような何度あっても喜ばしいことに関しては、結び直すことができる蝶結びのデザインを選びます。 神前結婚式の際の初穂料の場合には、水引きが紅白の結び切りのものを使います。 のし袋や封筒の書き方 水引を境にして筆ペンなどで上段に「御初穂料」と書きます。 下段には、ご祈祷・ご祈願を受ける人の名前をフルネームで書きます。 お宮参りや七五三などの場合、祝詞をあげていただく子どもの名前を書きます。 読み方が難しい場合には、名前にふりがなをふっても良いでしょう。 中袋の書き方 中袋には表面に金額を漢数字で記入します。 裏面にご祈祷・ご祈願を受ける人の住所、名前を記入します。 お金の包み方 お札は出来れば新札を用意します。 上述したように、用意できない場合は、なるべくきれいなものを選んでくださいね。 神さまにお供えする稲穂の代わりとしてのお金ですから、シワシワのお札や汚れたお札はNGです。 お札には表と裏があります。 人物がある方が表、人物がない方が裏です。 人物が印刷されている表面を表にして中袋に入れ、 中袋の表面が表になるようにのし袋に入れます。 のし袋が封筒タイプでない場合、上下で重なる部分ができますが、先に上を折りそのあと下を折って水引で止めるようにしましょう。 初穂料の渡し方 神社には「社務所」と呼ばれる事務所があります。 社務所で声がけして、受付の方に 「本日は宜しくお願いします」 と初穂料を渡します。 神社のご祈祷で渡す初穂料のまとめ 初穂料は神さまにお供えするお金のこと。 初穂料は神社で執り行う殆どの祭事で使えますが、神道式のお葬式の時には玉串料を使います。 のし袋や封筒の書き方は、地方によって異なることもあります。 初穂料の納め方や金額などでわからない場合は、直接ご祈祷をお願いしたい神社に確認すると丁寧に案内してくれますよ。

次の

初穂料?玉串料? その違いとは・・・

初穂 料

神社でご祈祷を受けられる際、地鎮祭など出張祭典を受けられる際にご祈祷料をご用意いただきます。 このご祈祷料に関して、 「熨斗袋(のしぶくろ)の表書きは何て書けばいいのか?」というご質問をよくいただきます。 一般的にご祈祷料の表書きには 「初穂料」「玉串料」「祈祷料」「御礼」などお書き添えください。 ここでは分かるようで分かりにくい、「初穂料」と「玉串料」の意味と使い分けについてご説明します。 初穂の代わり 初穂料 初穂料の意味 「初穂」とはその年に初めて収穫されたお米のことです。 この初穂、まずご神前にお供えして収穫と豊作を神様に感謝する習慣があります。 それは広く農作物や魚類にも広がり、現在でも「初物」としてお供えされています。 現在でもこの習慣は受け継がれ、全国神社で秋に執り行われる「新嘗祭」や「秋祭り」「収穫祭」の名称でお祭りが行われています。 初穂、初物は神様にお供えし感謝の気持ちを表すのですが、生産者以外の方、また季節がずれると初穂・初物は手に入りません。 そこで初穂・初物の代わりとして「お金」が神様にお供えされるようになりました。 また初穂そのものも「神様にお供えするもの」という意味合いが強くなり、神前にお供えする金銭を「初穂料」と呼ぶようになりました。 初穂料とは初穂・初物に代わるものという意味• 初穂料とは神様にお供えするものという意味 使える場面、使えない場面 初穂料は様々な場面で使うことができます。 交通安全祈願、厄除祈願、安産祈願、初宮詣、七五三詣など神社で執り行うすべての祭事で使えます。 唯一使用を控えるべき場面は「神葬祭」、すなわり神道式のお葬式です。 「初穂料の意味」でも記載していますが、どちらかといえば「感謝の気持ち」を表す言葉ですので、 弔意を以て臨むお葬式には不向きといえます。 お葬式には「玉串料」または「御榊料」などを用いるとよろしいでしょう。 玉串の代わり 玉串料 玉串料の意味 「初穂料」が「初穂」の代わりですので、「玉串料」は「玉串」の代わりです。 「玉串」とは榊(さかき)の枝に紙垂(しで)をつけたものです。 玉串は米、酒、魚、野菜などの神饌(しんせん、神様のお食事物)と同様に神様にお供えするものです。 これら神饌と異なる点は、祭典のなかで「玉串拝礼」「玉串奉奠」の行事で、祈願者自らがお供えします。 この玉串の意味については別の機会にご紹介したいと思います。 初穂・初物と同様に、神様にお供えすべき玉串を用意できない代わりに「お金」をお供えすることになってきます。 また「初穂料」同様に「ご神前にお供えするもの」という意味から、神前にお供えするものを「玉串料」と呼ぶようになりました。 玉串料は玉串に代わるものという意味(玉串拝礼を行う場合でも)• 玉串料は神様にお供えするものという意味 使える場面、使えない場面 初穂料同様に様々な場面で使えます。 神社で執り行う各種ご祈祷、結婚式はもとより神葬祭、すなわち神道式のお葬式でも使えます。 ただし、御守・御札などを受ける際には玉串料はあまり使用しません。 この場合は初穂料を使います。 まとまりのない文章ですが、少しご理解いただけたでしょうか。 なお「初穂料」「玉串料」どちらもあくまで「神様へ捧げるもの」であります。 ですのでその取り扱いは大切にすることが必要です。 熨斗袋でご用意いただければ結構ですが、場合によっては封筒で代用される方もいらっしゃいます。 なかにはお財布から直接出される方もいらっしゃいます。 もちろん御守・御札などを受ける場合にはその方が合理的ではありますが、 ご祈祷やご祈願をされる場合など突発的な出来事ではないはずで、前以てご用意される時間もあろうかと思います。 お電話でご質問された方には「熨斗袋などに入れていただければ丁寧です」とお答えしております。 最後に・・・ 神社では 「お布施」は使えません! 「お布施」とは仏教用語で「他人に施しを与える」ことだそうです。 確かに祈祷料を受け取っているのは神職、つまり人間ですが、 先にも述べたとおり祈祷料は「神様への捧げもの」であり、「人が神様に施しを与える」などということはありません。 どうぞご注意ください。

次の