奥歯 の 入れ歯。 奥歯2本欠損、部分入れ歯以外の治療法を薦められないのはなぜ?

奥歯は抜けたら入れ歯などの義歯にするべきなのか?専門家が解説!

奥歯 の 入れ歯

奥歯を抜くことになってしまった!そんな場合に真っ先に考えるのは抜いた後どうするか?ということではないでしょうか。 同時に費用のことも気になります。 奥歯に入れ歯を入れることになった場合、一体どれくらいの値段がかかり、また、どのような選択肢があるのかについて詳しく解説していまいります。 どんな場合に奥歯の入れ歯が適している? 奥歯を抜くということはイコール「入れ歯(義歯)」を入れることを意味するのかというと、そうではありません。 入れ歯とは取り外しが出来る人工的な歯のことを言いますが、入れ歯以外にも半永久的に装着することができる「ブリッジ」や「インプラント」という治療法を選択することもできるのです。 しかし、このブリッジやインプラントはどんなケースにおいても選択できるわけではありません。 例えば、抜く歯の周囲に残っている強度に問題があるときや抜く歯(もしくはすでに抜けている歯)の本数があまりにも多いときには治療法としてブリッジを選択することができません。 また、インプラントは麻酔が必要となるだけでなく、顎の骨にあなを開ける等の外科的手術が必要となります。 手術に抵抗がある人や持病があって手術が受けられない人、あるいは骨の条件が良好とは言えずにあなを開けるだけの耐性がない人はインプラントを選択できません。 ですが、入れ歯は特定の条件を必要としません。 そのため、ブリッジやインプラントが適用できないときでも、入れ歯は選択することができるのです。 奥歯の入れ歯の値段 奥歯の入れ歯の値段は、どんなタイプの入れ歯にするかによって随分と差が出てきます。 例えば、保険内の入れ歯の場合だと、5000円〜15000円程度で作ることができますが、保険適用外の入れ歯を選択すると素材や本数、タイプによって数万円から100万円以上かかる場合も出てきます。 奥歯の入れ歯の種類 奥歯の入れ歯には保険が適用されるものと保険が適用できないものがあります。 保険適用内の入れ歯はあまり種類がありませんが、保険適用外の入れ歯はバラエティに富んでおり、利用する人の悩みや希望によって好みの種類を選択することができるようになっています。 ただし、入れ歯は保険適用のものであっても保険適用外のものであっても、「取り外しが可能」であるために特定の共通するデメリットがあります。 それは、入れ歯が取れないようにひっかけている部分の歯に負担がかかることと着脱の際に歯以外の部分を傷つけてしまう可能性があること、口内に手を何度も入れることで細菌が入る可能性が高まること、そして他の歯と同じようにブラッシングや歯間ブラシだけでは裏面や金具の部分がキレイになりませんので、特別なお手入れをする必要が生じ、時間と手間がかかってしまうことです。 もちろん、それらのデメリットに対する解消手段がないわけではありません。 ひっかける部分の歯への負担は、ひっかける方法とひっかける部分の素材を保険適用外のものに変えることである程度減らすことができます。 また、口内を傷つける可能性も、ひっかける部分と入れ歯本体の素材を保険適用外のものにすることである程度減らすことが可能です。 口内に細菌が入ってしまうことは、入れ歯の着脱時に手をキレイに洗浄することで可能性を低減することができるでしょう。 お手入れに対する時間と手間は、特殊な洗浄液を使えばある程度は減らすことができるかもしれません。 ただし、入れ歯の素材によっては使用できない洗浄液もありますので、注意は必要です。 保険の入れ歯は、残っている歯のいくつかに金具をひっかけ、食べたり話しているときに外れてしまわないようにします。 場合によっては、入れ歯を外れにくくするために、反対側の歯にまで金属の腕をかけることもあります。 メリット 価格が安いことをメリットとして挙げられます。 広範囲の入れ歯が必要な場合でも、数万円で作ることができますので、安価な負担で生活上の不便を解消することができます。 デメリット 価格以外はデメリットが多いのが、保険適用内の入れ歯の特徴とも言えます。 まず、保険適用内の入れ歯は歯科用レジンというプラスチックを使用しますので、強度に問題があり、何度も噛みしめることで欠けてしまうこともあります。 また、すり減りやすい素材でもありますので、徐々に噛み合わせが悪くなることもあります。 周囲の健康な歯に金具をひっかけて着脱する方式となりますので、外す度に金具をひっかけている部分の歯に大きな負担がかかり、健康な歯を痛めてしまうことがあります。 また、取り外しや装着する際に、金具が頬や歯肉などの柔らかい部分に当たって、傷をつけてしまうこともあるでしょう。 その他にも、噛むときなどに、入れ歯にかかる力が金具を伝ってひっかけている部分の歯にかかり、健康な歯がもろくなったり欠けたりすることもあります。 審美的にも問題が多いです。 入れ歯の素材によっては入れ歯自身が目立つこともありますし、入れ歯の素材として自然な歯と馴染みやすいものを選んだとしても、他の歯にひっかける金具部分が目立ってしまうこともあります。 そして、お手入れにも時間がかかってしまうというデメリットがあります。 普通にブラッシングするだけでは入れ歯の下側や金具をキレイにすることができませんので、外したときに特殊な洗浄液で汚れを落としたり、専用のブラシを用いて裏側や金具をキレイにしたりすることも必要となるでしょう。 とにかく頑丈な入れ歯を、という人には・・ ・金属床義歯 入れ歯の本体がプラスチックでできていると、強度や耐性にどうしても問題が出てきます。 ですが、全体が金属でできていると、見た目に違和感がありますよね。 そのような悩みを解消できるのが「金属床義歯」です。 土台は金属でできていますので頑丈です。 また、被せている部分に金属以外の素材を使用すれば、違和感が少なくなります。 価格は土台となる金属や被せる素材によって異なります。 特に土台にチタンを使用すると、非常に薄くできるだけでなく、頑丈で装着したときの違和感が少なく、金属アレルギーを起こしにくいというメリットがあります。 また、硬いですので噛んだ時にたわみが少なくなり、金具をひっかける部分の歯へのダメージも少なめになります。 部分入れ歯として使用する場合で、値段は20万円から50万円ほどとなります。 入れ歯が入っているのを知られたくない人には・・ ・ノンクラスプデンチャー ひっかける部分の金具が気になる方や金属アレルギーが心配な方に向いているノンクラスプデンチャー。 金属を一切使わない弾力性に富んだプラスチックの留め具です。 審美的にも良い新しいタイプの素材ですので、人気が高まっています。 また、保険適用の金属のものと比べても外れにくいというメリットもあります。 使用する部分にもよりますが、価格は8万円から30万円ほどになります。 なるべくコンパクトな入れ歯を、という人には・・ ・アタッチメント義歯 奥歯の2〜3本を入れ歯にする場合でも、保険適用範囲内の治療を選択すると、違和感の強い大きな入れ歯になってしまうことが多いです。 審美的にも問題がありますので、なるべくコンパクトな入れ歯にしたいと考える人には、アタッチメント義歯が勧められるでしょう。 アタッチメント義歯は、入れ歯を金具で他の歯にひっかけるのではなく、他の歯に被せ物を作ることでひっかけます。 そのため、入れ歯をできるだけ小さくすることができるのです。 1ヶ所当たり1万円から10万円ほどがかかります。 ・コーヌステレスコープ こちらも入れ歯をなるべく小さく、審美的に入れたい人にピッタリの入れ歯です。 入れ歯を支える歯を削って内冠と呼ばれる薄いキャップをかぶせ、その上から入れ歯と一体型になったクラウン(かぶせ物)をします。 しっかりとはまり込み、食べる時も入れ歯が外れるということがないという利点もあります。 適用範囲によって異なりますが、30万円から150万円ほどかかります。 歯茎に痛みが出やすい人には・・ ・シリコン義歯 歯茎の部分が敏感で、入れ歯が歯茎に当たって痛みを感じるという人にオススメの入れ歯です。 歯茎に接する部分に特殊な柔らかいシリコンを使っているため、装着時の痛みを軽減することができます。 シリコンを貼り付ける費用として数万円から20万円程度かかります。 まとめ 保険外の入れ歯にはこのようにさまざまな選択肢があります。 これまでの入れ歯の感じを覆すような入れ歯もどんどん開発されてきていますので、興味のある人は一度歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。

次の

左右2つの入れ歯にするか、1つにつながった入れ歯にするか

奥歯 の 入れ歯

40代というと、年齢的にとても若いです。 ということは、これから先10年後、20年後、30年後を見据えて考えないといけません。 治療の方法によって、 さらに歯を悪くするのか、残っている歯をできるだけ長く保つことができるかの分かれ道になります。 そして、 若いあなたの入れ歯が他人から見てわからないようにすることが大切なのは言うまでもありません。 若い方のほとんどがインプラントと迷われているのはこのような理由からでしょう。 40代の方におすすめの入れ歯とは? 40代で初めて入れ歯を使う方の中には、今回のご質問のように奥歯の歯を失ったことがきっかけになることが多いと思います。 1本、2本失ったぐらいでしたら、慣れてしまう場合が多く、気にはなるけれど日々の忙しさもあり、ついつい放っておいてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか? しかし、奥歯でかみしめることができないということは、口元や顎だけではなく、全身にも影響を及ぼします。 口元の筋肉は下がり、年齢よりも老けて見られることもあるでしょう。 40代という、仕事においてもプライベートにおいても活躍されている大切な時期に、あなたの口元が健康であることはとても重要です。 ぜひ、審美的に美しいというだけではなく、奥歯でしっかりと噛み締められるような入れ歯を選んでいただきたいと思います。 患者さまの中には金具がみえるのが嫌だから、インプラントにしたとの意見をよく聞きます。 ですが、 金具がみえない自然な入れ歯があったら・・・・インプラント以外のもう一つの選択肢として考えることができますよね。 当院でお勧めしているテレスコープ義歯は、金具がないため、入れ歯であることが見た目にわかることはなく、 例えるのであれば、取り外しができるブリッジのような感覚です。 入れ歯を外すのは歯を磨く時だけ また、40代という年齢は、お仕事や子育てに忙しい時期だと思います。 基本的に入れ歯を外すタイミングは歯磨きをする時のみと思っていただければと思います。 外出時、外すタイミングがなければ、お口をゆすいでいただくだけでも構いません。 テレスコープ義歯による入れ歯は 夜寝るときに外す必要はありません。 夜、歯がない状態を家族に見られるのも抵抗があると思います。 夜寝る時、粘膜を圧迫するような入れ歯ではないため外す必要はありません。 家族やお友達と話をしていても、 歯に意識が集中して会話が楽しめないなんてつまらないですよね。 ご自分の一部として考えていただけるような、自然で違和感のない入れ歯を選んでいただきたいと思います。 40代の時期に、 しっかりとした方法を選択することで、将来できるだけ自分の歯を守ることができると考えます。 また、40代ですべての歯を失ってしまったとしても、諦めないでいただきたいと思います。 総入れ歯は、これまでの悩みを一気に解決することができ、また見た目に美しく、食事をすることに困っていた不安を解消することができる素晴らしい方法です。 稲葉歯科医院の総入れ歯専門サイトもぜひご覧いただければと思います。

次の

40代の方はどのような入れ歯を使っているのでしょうか?

奥歯 の 入れ歯

違和感、異物感が強く、食べた気がしない。 いちいち取り外すのが面倒で、大変だ。 年寄りみたいで、イメージがよくない。 噛むと痛くて食べられない。 金属の針金が見えて、笑うときに気になる。 食べるとき、しゃべるときに外れて困る。 入れ歯だと必ず上記のようなことがあるわけではありません。 しかし、自分の歯のときは感じなかった不自由感は少なからずあります。 私が皆さんに生涯の目標にしていただきたいことがあります。 それは 「一生、取り外し式の入れ歯のお世話にならない。 」ということです。 なぜなら、入れ歯は大きく生活の質を下げる可能性が高いからです。 社会生活において、機能的(食べにくい、違和感がある)、精神的(恥ずかしい、自信が持てない)に大きな影響があると考えています。 このステージが、部分入れ歯に頼らない人生になるラストチャンスです。 歯の欠損がこれ以降のステージに進むと治療は大掛かりになってしまいますので。 それでは2本連続欠損ができた場合の治療選択を見ていきましょう。 2本連続欠損になるパターンは主に3つです。 ブリッジを支えている歯に負担がかかり、その1本をむし歯や歯周病、破折で失うとき• 重度の状態の歯が2本あり、短期間に失うとき• 1番後ろの歯をすでに喪失していて、その1つ前の歯に負担がかかり、失ったとき 1番多いのは1つ目、ブリッジから2本目を失うパターンです。 ここでは下顎第1大臼歯に続き、第2大臼歯を喪失した場合をモデルにしています。 治療方法はインプラント2本か、取り外し式の部分入れ歯の2択です。 「歯を1本失ったところに人工の歯を1本入れる」という最も理にかなった明快な治療方法です。 歯があった頃とほぼ同等の感覚を得ることができます。 インプラントの何よりの利点は残存している周囲の歯を力から守ることです。 大臼歯を2本失うことにより、第2小臼歯に大きな負担がかかります。 そこで、インプラント治療を選択できれば、第2小臼歯を初めとする周囲の歯を助けることになります。 噛みやすさ、違和感の少なさ、見た目、長期安定性どれをとっても、1番期待できる治療です。 2.取り外し式の部分入れ歯 欠損の範囲が広くなると、取り外し式の入れ歯の適応となります。 入れ歯を装着すれば、歯がなかったところでも噛めるようになります。 義手や義足、義眼などに比べると義歯は見た目だけでなく、機能の回復も期待できます。 ただ、上の黄色枠に示した「違和感、異物感が強い」「取り外しが面倒」などの不都合もあります。 実は患者さんには気づきにくい取り外し式の部分入れ歯の最大の弱点があるのです。 それは「入れ歯を支えの歯に負担をかけること」です。 特に遊離端入れ歯(1番後ろの歯を含む入れ歯)は粘膜負担が大きくなるので、動きやすいです。 動くと支えの歯も動くため、経年的にぐらついたり、かぶせ物が外れたり、歯周病が悪化したりします。 取り外し式の入れ歯を選択した場合、比較的短期間で更なる欠損ができます。 すると、次のステージに進んで行くわけです。

次の