バイト 辞める 書類。 バイトを辞めるバイトを辞める時って何か書類とかって書きますか?

バイトを辞める理由が「他のバイトをやりたいから」はアリ?

バイト 辞める 書類

バイトを辞める理由が「他のバイトをしたい」はダメ? 今のバイト先の店長に辞めたい事を伝える時、 「他のバイトがしたいから」というのはNGなのでしょうか。 結論から言えば、これは管理者側の 受け取り方にもよるかと思います。 管理者によっては気にしない人もいるでしょうし、中には逆にあまり良い印象を受けないという管理者もいるでしょう。 「他のバイトがしたい」と言われると、 「ウチの仕事が嫌なんだな」と受け取る人もいるかもしれません。 (ちなみに私が管理者だったら気にしません) 本来で言えば期間の定めのない契約において、退職者はバイト先に具体的な 退職理由を伝える必要はありません。 「一身上の都合」でも良いですし、少し極端に言えば「辞めます」だけでも退職をすることが出来ます。 具体的な退職理由を言う必要はなく、労働者はいつでも退職の申し出をする事が可能です。 民法627条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、 いつでも解約の申し入れをすることができる。 この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。 ですが実際を言えば今までお世話になったバイト先ですし、店長からも「なんで辞めるの?」と聞かれる事も多いので、何かしらの退職理由を用意しておく人が多いかと思います。 もし「他のバイトがしたいから」と言いづらいようであれば、以下のように少し ニュアンスを変えてみることも出来ます。 新しいバイトに移るまでの期間 先ほども挙げたように、次のバイト先の採用が決まってから今のバイトを辞める人もいるでしょうし、逆に今のバイトを退職してから他のバイトを探し始める人もいるかと思います。 もし今のバイトを辞めた後に収入が途絶えるのが心配な場合には、単発や短期バイトを検討しても良いでしょう。 単発バイトや派遣バイトであれば1日単位から仕事を入れることが出来ますので、次のバイトが決まるまで無収入となるのを防ぐことが出来ます。 バイトを辞める理由が「他のバイト」まとめ バイトを辞める理由が他のバイトをしたいケースについて挙げてみました。 バイトを辞めたい理由は人それぞれなので、中には「他のバイトがしたいから辞めたい」という人もいるかと思います。 退職を告げる場合には、自分が伝えやすい言い方を見つける事も大切です。 他のバイトを始める際には、今のバイト先に迷惑をかけずにきちんと退職手続きを済ませてから始めるようにしたいですね。 またバイトを辞めることを上司に報告するのが 怖い・緊張するという方は、こちらの記事も参考にしてみてください。 参考記事: それでは今日はこの辺で。

次の

派遣バイトを辞めたいが途中で辞められるのか!?方法は?

バイト 辞める 書類

辞める理由がないなら、慣れ親しんだ職場でお金を稼ぐのもアリですよね。 就職しても引っ越す必要がない。 就活が終わって卒論も順調で授業も受けないから暇• バイト先の人間関係に恵まれているからギリギリまで働きたい こんな状況なら、3月まで働くことができます。 現実的には就職活動が本格的に始まる前に辞める人が多いですね。 少しずつ会社説明会や企業セミナーやOBOG訪問が始まる。 このまま行くとバイトの両立は難しいなと判断して辞めるケースが多いです。 私もこのタイミングで辞めました。 面接合格の電話がかかってきても、バイト中なら取れません。 次にまたかかってくるとは限らない。 そう判断して辞めました。 そして内定をもらってから、バイトをマイペースに再開。 つぎに辞めた時期が2月ですね。 4月から上京するので新居を探したり、引っ越しの準備をしたり。 あとは一度、実家にもどる期間も作ったので、2月にバイトを辞めました。 周りの友人も同じような時期に辞めていました。 いつ辞めるのが自然か?というなら就活前や、2月ごろになります。 バイトを辞めたいときの伝え方!辞める理由は正直でOK いざバイトを辞めるときは勇気がいると思います。 でも大丈夫!相手も大学4年生になったら言われる覚悟はできてるはず。 注意したいのは 言うタイミングですね。 できれば お店側が新しい子を採用できる期間を逆算して伝えるのが理想です。 「就活が忙しいので今月中で辞めます」というのは乱暴。 シフトの調整や新人バイトの募集や研修もあるので、 できるだけ早くから伝えた方がお店側にとっても楽です。 私も『いつ辞めるか』はわからない3年生のときから『就活が忙しくなったらやめる』と店長に話していました。 だから4年生になったら新人バイトが入ってきて、その子の教育係に。 面接が始まる5月ごろにはスムーズに辞めることができました。 このように、いつ辞めるかがわからなくても、大体の時期だけでも伝えた方が良いです。 辞める理由は正直でOK 「就活に集中したい」「卒業前に少し早く上京する」 こういった理由なら相手も引き止めることはできません。 辞める時期としては就活前と2月ごろ• でもできるだけ早くからバイト先には伝えておく この2つを抑えておきましょう。 ただ実際に内定を無事にもらうと、一つの問題があります。 それが内定後だとバイトがなかなか決まらないという問題。 私も内定をもらってしばらく家でダラダラしてたのですが、暇でアルバイトを再開しようと決意。 でも就活よりもバイト面接の方が難しいと思うくらい不採用の連続だったんです。 そこで私がオススメする案が2つあります。 スパっとバイトを辞めるより、ずっとメリットがありますよ。 具体的なお願いは 『シフトに融通をきかせてもらえないか』です。 例えば 就活時期はバイトに籍だけ置いたままにしてもらう。 そして内定をもらったら、復帰してこれまで通り卒業するまで働く。 また休止が難しいなら、 土日など面接や説明会がない曜日に固定してもらえないか頼んでみる。 これで内定後のバイト難民にならずにすみますし、以前から慣れた職場なのでストレスもありません。 お店にとっても即戦力なので、指導する必要がないのも助かるはず。 なにより就活は意外とお金がかかるんですよね。 スーツ、交通費、食事代、書籍代 これだけあったら十分だろ!と事前に貯めていたとしても、足りなくなる学生も多い。 こういった状況も土日だけバイトに入れば防ぐことができます。 就活時期に不採用が続くと塞ぎがちになるので、慣れ親しんだバイトが良い気分転換になりますよ。 今まで真面目に働いていたのなら、あなたとお店側の信頼関係ができてるはず。 まずはシフトに融通がきかないか、店長に相談してみましょう。 例えば就活中にぽっと空いた1日だけ気晴らしに働く。 または内定後に暇になったから、期間限定で1週間ほど働く。 このように シフトを自由に組める短期バイトに切り替えることで金欠に悩む心配もなくなります。 お金がなくなりそうになったら働ける こういった状況をつくっておけば、卒業旅行もぞんぶんに楽しめますし、最後の思い出作りもできますよね。 大学4年生になり就活中や就活後でも、バイトを無理なく続けるには短期バイトをするのもアリです。 短期バイトをするなら、バイトに採用された時点でお祝い金がもらえる求人サイトを使いましょう。 お祝い金+短期バイトで超コスパよくバイト代を稼ぐことができますよ。 就活や卒論や単位取得を最優先に考えるのは当然のこと。 だから『〇月まで働かないといけない』なんてルールはありません。 就活が忙しくなりそうなら就活前、単位がヤバいならテスト前、卒論に焦ったら年末 このように自分が納得できるタイミングで辞めていいんです。 ただ実際に辞めるときは、なるべく早めに伝えること。 お店側が新人を募集して教育する期間を逆算して伝えれば、気まずさもなくスッキリ辞めることができます。 もしお金が足りないこと、内定後にバイトが決まらないのが不安なとき。 そんなときは、今のバイト先にシフトのワガママを聞いてもらったり、短期バイトに切り替えましょう。

次の

【退職理由の例文アリ】バイトを今すぐ辞めることは可能?

バイト 辞める 書類

留学や卒業、他のバイトがしたくなったなど、学生がアルバイトを辞める理由はさまざま。 勤めていたアルバイトを辞めるとき、アルバイト先によっては電話連絡だけで大丈夫な場合もあれば、退職届を書いて提出するところもあります。 勤め先によって辞めるための形式は異なるようですが、退職届けは出すべき?それとも不要でしょうか? 今回のアンケートでは、アルバイト先に退職届を提出した経験があるかどうかを聞いてきました。 【質問】 アルバイトを辞める時に、退職届を提出したことはありますか? 【回答数】 ある:10 ない:90 90%以上の人が口頭で伝えただけという結果に 9割の人が退職届を出した経験がないと回答しました。 ・正社員ではなく、アルバイトならば、口頭で「1か月後にやめます」というだけで十分だと思ったから。 (20代/男性/学生) ・これまで口頭で言ってやめていた。 特別退職届が必要なところはなかった。 (20代/男性/学生) ・店長に退職を申し出たときにこちらで手続きするから特に書類類は必要ないと言われた。 (20代/男性/学生) ・すべて口頭で済ませてきたし、それで済むような職場だったので一度も提出した経験はありません。 (20代/女性/学生) ・ウェブアプリケーションで管理されていたため、電子申請形式でした。 (20代/男性/学生) ほとんどの回答に見られたのは、口頭で辞める意志を伝えるだけで大丈夫だったというもので、多くの会社やお店ではアルバイト店員に対して退職届を必要としていないことがわかりました。 しかし、少なからず口で伝える以外の方法をとる会社もあるようなので、アルバイトを辞める際に退職届が必要かどうかはアルバイト先に確認しておく必要があるでしょう。 会社や社長が提出を求めることも 残りの10%の人の経験談も聞いてみましょう。 ・店長へは口頭で伝えたが、本社へ退職届の提出が必要だったため、所定の用紙に記入し提出した。 (20代/女性/学生) ・本社にて手続きをするという理由で、退職届を提出するよう求められたため。 (20代/男性/学生) ・社員さんとお話しして、自ら書いたのではなく会社の規定の紙に名前を書きました。 (20代/女性/学生) ・店長からアルバイトを辞める際に記入を求められた書類の一つとして、提出しました。 退職日や辞める理由などを記入しました。 (20代/女性/学生) 少ないながらも退職届を提出した人たちの話によると、会社や社長から退職届を出すように求められたようです。 本社があるような大きな企業にアルバイトとして入った場合に提出を求められることがあるようなので、辞める際は社員や店長に聞いてみると良いでしょう。 退職届は自分で1から作成するのではなく、規定の書類が用意されていることが多いようです。 退職時にはアルバイト先に必ず確認を 今回のアンケートではほとんどの学生アルバイトで退職届は提出したことがないという結果になりましたが、自分で勝手に判断せず、アルバイトを辞めるときは必ず上司など上の人に提出の要不要を確認するようにしましょう。 退職届には辞める理由やいつ退職するかなどを書く必要があるので、提出が面倒だと思っても、求められたらきちんと書いて期日までに差し出すことが大切です。 お互いに気持ちよくお別れするためにも、アルバイトを辞めるときはきちんと職場の規則に従って行動しましょう。

次の