ポイント 引越し見積もり。 引越しを安く!見積もり比較の3つのポイント&価格交渉のスゴ技

引越し見積もりのキャンペーン比較!特典やプレゼントがある業者まとめ

ポイント 引越し見積もり

物件を選ぶ基準は人それぞれあると思いますが、引越し後に「しまった!」と後悔しないためにも入居前にきちんと確認しておくべきポイントを抑えておきたいですよね。 間取りや方位、共用部分の様子、また窓を開けたときの騒音や日差しの入り方などはその場で確認することができますが、時間別ごとの住環境の変化の様子や、上の階や隣の部屋の住人の生活環境などについては確認するのは難しいところです。 引っ越し前に確認できるポイントには限界があるのも事実ですが、中でも意外と見落としがちなのが、お風呂場や洗面所、台所の流しでの水圧です。 ・・・水圧? たしかに!! と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか? ホテルや旅館などでお風呂場の水圧が弱かったときほど、残念な気持ちになることってないですよね(^^;) 先日、近所の奥さんと話していたときのこと。 「お風呂場のシャワーヘッドを節水タイプに変えたら、主人から元に戻してくれと苦情が出た」とのこと。 節水シャワーヘッドって以前に比べれば水圧に関しては随分改善されてるようではあるのですが、それでもご主人にとっては物足りないレベルだったそうです。 空気を多く含むので奥様としては心地よいと感じる程度だったのですが、いつも強い水圧に慣れてしまっている人にとっては気に入らないのかもしれませんね。 やはり毎日使うシャワーや洗面所、そして台所の水道の出が悪いというのは、相当なストレスになるものです。 逆にもう一つ気にしておきたいポイントが、同じくお風呂場や洗面所の水はけです。 たまにありませんか?お風呂場の浴槽の水はけが悪い物件って。 浴槽はまだ我慢できますが、洗面所の流しの水はけの悪さってかなりのストレスになります。 パイプユニッシュなどのような水道管のつまりを解消する薬品を使っても水はけの悪さが改善されない場合は、その物件自体の問題となります。 ・・・ちなみに、これらの水道に関する問題は、物件見学時には確認できないというのが事実。 特に賃貸物件の場合は、前の住人が引き払って水道が止められている状態での見学となりますので水道栓をひねっても水は出ないですものね。。。 たとえば中古売買物件などの場合には、現在住人の方が生活している状態を見学することができるので水道の水圧や水はけなども確認できるでしょう。 もし仲介業者の人が嫌な顔をしないようなタイプの人であれば、ペットボトルに入れたお水を流しに勢いよく流して水はけをチェックするということはできるかもしれませんね。 水圧をチェックするのは難しいですが、水はけだけならなんとななるかもしれません(^^).

次の

【必見】引越し見積もり時に確認される・聞かなきゃ損する4つのポイント

ポイント 引越し見積もり

相見積もりは6社を比較するのが引越し業者選びのポイント 一般的に、「 相見積もり(あいみつ)」では、3つほどを比較すればOKとされています。 多くても4つ程度で、会社の経費を使って何かを買うときなども、 「3社の見積もりを取って比較をしろ」なんて上司から言われることが多いのではないでしょうか? しかし、 安い引越し業者を選ぶためには、その倍の6社の相見積もりが必要です。 実はこれ、引越しの業界を知る人のあいだでは当たり前のことなのですが、いったいなぜなのでしょうか。 よくあるケースを元に説明します。 また、引越し侍では「」をご用意しております。 相見積もりをするにしても、ざっくりとした料金の相場が早く知りたいという方におすすめです! 是非ご活用ください! 転勤族Aさん前回の引越し事例 2年と同じ条件でも引越し見積もり料金は変わる 某大手金融会社に勤める一人暮らしのAさんは、いわゆる転勤族。 入社5年目にして名古屋支社への転勤を命じられたAさんは、東京から名古屋に単身引越しをしました。 この時Aさんは自分で3社の見積もりを取り、一番安い引越し業者のB社を選びました。 引越しはなんの問題もなく完了し、Aさんは価格にもサービス内容にも大満足。 それから2年、Aさんは会社の辞令によって、再び東京本社に戻ることに。 前回利用したB社を気に入っていたAさんは、迷うことなくB社に電話して、引越しの見積もりを取りました。 「なぜ、前と全く同じなのに、こんなに見積もり金額が違うんですか!?」 B社の回答はこうでした。 3日後ならもっと安くできるんですが……」 むむ、そんなものかなぁ、と思いつつも、どうにも納得のいかないAさん。 B社はウソをついているのでしょうか? 実は、B社はまったくウソを言っていません。 移動距離や荷物の量などの条件はまったく同じでも、引越しする時期やその時の業者の状況によって、引越しにかかる料金は変動するものなのです。 【ポイント】• 同じ距離、同じ荷物、同じ業者でも引越し料金は変わる• これが、いわゆる 「混載便」です。 逆に、ちょうどよいトラックがないと、あなたのためだけに1台のトラックを用意してもらうことになります。 これだと引越しの費用が高くなることは、なんとなく想像がつきますよね。 なぜその日ならよいのか?混載便の他に、もう1つ 「帰り便」というものがあります。 「ん?混載便は確か同じ方面へ移動するトラックが他にあれば良いということだったよな?なんで方面が逆なんだ?」 こう思ったあなたはもう、「混載便」についての理解はバッチリですね。 実は、トラックの移動する方面が逆のパターンもあるのです。 分かりやすくするためにシンプルにして、もうすこし解説しましょう。 B社のトラックターミナルが東京にあるとします。 が、問題はこの次、このトラックはこの後どうするのでしょうか。 基本的には東京に戻ることになりますが、東京へ戻るついでに荷物を運んで戻るのと、からっぽのトラックで東京に戻るとでは、どちらがよいでしょうか。 もうわかりましたね? いわゆる「帰り便」とは、 1つのお客さんの荷物を運んだ「帰り」に、「今、来た道の帰り道にあたる引越しを希望」して、「荷物量も同じくらい」の場合のみ実現する、格安引越しプランなのです。 お得な引越しプランに出会うために相見積もりは6社必要 「混載便」「帰り便」で引越しができる業者に出会えるかは、ハッキリいって運でしかありません。 相見積もり社数が多ければ多いほど、「混載便」「帰り便」で引越しをできる業者を選べる可能性が高まるため、複数社へ見積もりを依頼することが大切です。 安い引越し業者を選ぶ方法として6社の相見積もりが必要なのはこのためです。 安い引越し見積もりをくれる業者を探す3つの方法 「帰り便」「混載便」の他にも安い引越し業者を選ぶ方法があります。 引越し一括見積もりサービスを利用する• 引越し希望日になるべく幅を持たせる• 引越し繁忙期を避けて引越しする時期を調整する 引越し一括見積もりサービスを利用する 一括見積もりサービスを利用するだけで、一番安い引っ越し業者が見つかるのは、「引越し見積もり」の仕組みに理由があります。 引越しの料金には「定価」がないため、同じ条件の引越しでも、業者によって見積もりが大きく変わることがあります。 実際に見積もりを取ると、「A社では3万円」「B社では5万円」「C社では6. 5万円」と、業者によって料金に2倍以上の差が出ることもあるのです。 そのため、一番安い引っ越し業者を見つけるには、1社でも多くの業者を比較しなければいけません。 しかし、複数の引越し業者に1社ずつ問い合わせをするのは、時間も手間もかかってしまいます。 そこで便利なのが、「一括見積もりサービス」です。 引越し侍の一括見積もりサービスでは、住所や荷物の量など簡単な情報を入力するだけで、最大10社の引越し業者に依頼することができます。 一括見積もりサービスでは、 最大で10社の引っ越し料金を比較することができるので、一番安い業者を見つけることができるのです。 比較する引越し業者が多ければ多いほど、安く引越しができる可能性は上がります! 少しでも安く引越しがしたい人は、ぜひ利用してみてください。 そして、2つめは、引越し希望になるべく幅を持たせて見積もり依頼をすることです。 時間も選ばないので、一番安くできる日にちでご提示お願いします」 という頼み方がオススメです。 これも「混載便」「帰り便」がある安い引越し業者を選ぶ方法の1つです。 引越しは3月~4月が繁忙期で、特に3月から4月の頭にかけては、ものすごく依頼が集中するため、引越し料金の相場も跳ね上がります。 会社の転勤や進学など、どうしても時期が3月になってしまう場合も少なくないと思います。 しかし、時期を自分でコントロールができるのなら、繁忙期の3月~4月、そして転勤が多い10月を避けることが、安い引越し業者を選ぶコツです。 を加工して作成 【ポイント】• 「帰り便」「混載便」のある安い引越し業者を選ぶ• 引越しの料金目安が跳ね上がる繁忙期の時期は避ける 地域密着業者の引越し見積もりも比較しよう さらに、引越し業者の選び方にはもう1つポイントがあります。 それが、「地域に根ざした地場の業者」の存在です。 引越し業界には、派手なテレビCMなどでおなじみの、誰でも知っているような会社さんがいます。 一方で、そのエリア毎に、地域に根ざして、サービスを提供している引っ越し業者もたくさんあります。 一例として、以下が挙げられます。 東北の引越しなら当社にお任せ!• ウチは愛知県の単身引越しなら得意です! 上述した通り、「限られたエリアや引越し対応であれば安くサービスが提供できるよ!」という業者が存在するのです。 あなたの住む地域に密着して営業している引越し屋さんを知っていますか? おそらくほとんどの人が知るはずがないでしょう。 引越しなんて人生で多くても数回しかしないのですから。 でも、いざ引越しをするという時には、名前の知れた大手の会社だけで見積りを取るのではなく、ぜひ、あなたの地域に根ざした業者にも見積りを依頼してみてください。 大手3社+地域の業者3社の合計6社の引越し業者から見積もりをとるのが安い会社を選ぶためにおすすめの方法です。 【ポイント】• 知名度はなくとも、安くて評判の良い地場の引越し業者がある! 地域に密着した引越し業者を選ぶときのポイント 「知名度がない引越し会社へ依頼するのは不安!」という方のために、地域に密着した業者の選び方を紹介します。 引越しの口コミやランキングを参考にする 引越し侍では、実際に引越しをされた方から集めたをサイトに公開しています。 自分と近しい条件の口コミをチェックして、任せても安心な引越し業者か判断しましょう。 また口コミの評判を元にしたも作成していますので、ぜひ参考にして下さい。 引越し運送保険の有無を確認する 引越しで一番トラブルになるのが、荷物の紛失や破損です。 特に、名前の知らない引越し業者の場合、「運搬方法は大丈夫なの?」と不安になるでしょう。 しかし、多くの引越し会社では運搬する荷物に保険をかけています。 見積もりの際などに、運送保険の有無を基準に業者を選べば、安心して依頼することができます。 訪問見積もり時の営業マンの対応で判断する 依頼する会社が同じでも、引越しのサービスの質は担当者によって大きく変わることがあります。 特に、地域に密着した引越し会社の場合、訪問見積もりの際の営業マンが当日の作業員としてやってくることも少なくありません。 そのため、訪問見積もり時の担当者の言動や、人柄も大きな決め手となります。 荷物量の確認もほどほどに営業トークを始めたり、説明がわかりづらい場合は断る方が無難です。 引越し業者は見積もりの安さだけで選んではダメ ここまで安い引越し業者を選ぶ方法を紹介してきました。 最終的に引越しをする業者と契約する際には、見積もり書の内容をきちんと確認して、冷静に判断するようにしましょう。 たとえ6社を比較して一番安い業者であったとしても、「引越し当日に荷物がトラックに載りきらず追加料金が発生した」や「スタッフの人数が少なくて引越しが時間通りに終わらなかった」といったトラブルに巻き込まれてしまうのは避けたいですよね。 そうならないためにも、は押さえておきましょう。 特に重要なのは、トラックの大きさ、引越し作業の開始時間、作業スタッフの人数です。 これらを業者ごとに比較して、気になるポイントがあれば引越し業者の営業マンに問合せるようにしましょう。 【ポイント】• 契約する引越し業者は見積書を冷静に比較して決定する 相見積もりをする引越し業者の数についてまとめ 引越しの見積もりには明確な料金の相場が存在しません。 そのため、 「帰り便」や「混載便」といった特殊な輸送ができる業者を探すことができれば、引越し料金を数万円も安くすることもできます。 加えて、あなたが知らない安くてサービスの良い引越し業者もあるかもしれないので、探して見比べることが重要です。 引越し侍は全国286社の引越し業者と提携し、あなたの条件にあった最大10社の業者へまとめて見積もりを依頼することができます。 サカイ引越センターやアート引越センター、アリさんマークの引越社といった大手はもちろん、各地域に密着した引越し会社に依頼することが可能です。 業者を比較した上でさらに料金を安くしたいという人は、引越し業者と値引き交渉するという手段もあります。 ぜひ、以下のページを参考にしてみてください!.

次の

引越しの見積もりで上手に値引きを交渉する方法とコツ

ポイント 引越し見積もり

荷物の量• 荷物の積み地と降ろし地• 引越し日時• オプションサービスの利用 荷物の量を確認する理由は、トラックのサイズや台数、作業員の人数を決めるため。 見積金額を算出するため欠かせない情報なので確認されます。 荷物の積み地と降ろし地は、基本的に旧居と新居になります。 引越し料金は移動距離で変わるのでこちらの情報も必要です。 引越し日時を確認する理由は、トラックや作業人員の空き状況を確認するためです。 また、引越し料金は混み具合によって変動するので、見積金額を算出するためにも必要な情報になります。 オプションサービスは、引越し料金に含まれていないサービスです。 具体的には、エアコンの取外し・取付け、ピアノの運搬、ハウスクリーニングなどがオプションサービスに分類されます(引越し業者により異なります)。 追加料金になるので、見積金額を算出するために確認されます。 引越しの見積もりでは、引越し業者から以上の情報などを確認されます。 訪問見積もりを受ける前に、これらの情報を整理しておくとスムーズに進むはずです。 以上、引越し見積もりで業者から確認されることを解説しました。 続いて、引越し見積もりで業者に聞くことを紹介します。 引越し見積もりで業者に聞くことチェックリスト4つ 引越し業者から見積もりをとったら、次のポイントを確認しましょう。 見積もり書か契約書• 引越しのスタート時間• 作業員数• 補償内容 1. 見積もり書か契約書 見積もりをとったら、最初に書類が見積書か契約書か確認します。 契約書の場合、サインをすると契約が成立します。 解約時期によってはキャンセル料を請求されるので、よく考えてからサインする必要があります。 引越しのスタート時間 引越しのスタート時間も確認したいポイントです。 基本的に、午前便以外はスタート時間が明確ではありません。 前の引越しが終わってから、作業開始となるからです。 スタート時間が決まっていないので、午前便に比べ料金は割安です。 午前便以外を利用する場合、いつ頃からスタートできるか目安だけでも確認しておくと安心して待つことができます。 作業員数 同じく、チェックしたいポイントが作業員数です。 基本的に、作業員数はトラックの大きさ、建物の条件で決まります。 よって、トラックの大きさが同じであれば作業員数も同じと考えられますが、必ず同じとは言い切れません。 他社に比べ引越し料金が安いと思ったら作業員数が少なかったということもありえます。 当然ながら、作業員数が少ないと引越し作業に時間がかかります。 見積金額とあわせて作業員数も確認しておきましょう。 補償内容 引越につきものなのがトラブルです。 気を付けて作業をしていても、建物や荷物が破損することはあります。 そこで重要になるのが、引越し業者が用意している補償です。 補償内容は引越し業者により異なるので、見積もり時に確認しておくことをオススメします。 以上、引越し見積もり時にチェックしたい確認事項を解説しました。

次の