仁 あらすじ。 ドラマ『JIN

【仁】結末をネタバレ!最終回は咲と未来の関係と手紙に感動!手術はどうなる?

仁 あらすじ

もくじ• 「JIN仁」(2009)の結末までのネタバレ 『JIN-仁- レジェンド』 を18日から3週連続で 土曜・日曜に放送することを 発表した。 そのトラウマから、仁は難しい手術から逃げるようになっていました。 そんなとき出会った怪しい患者ともみ合って、病院の階段を転がり落ちて目を開けると、幕末にタイムスリップしていました。 たどり着いた幕末で仁は、瀕死状態だった武士・橘恭太郎(小出恵介)を現代医術で助けた縁で、家に厄介になることになります。 その後、坂本龍馬(内野聖陽)と出会い、不治の病の伝染病コレラの治療に励みます。 仁自身も感染してしまいますが、恭太郎の妹・咲(綾瀬はるか)の看病により持ち直します。 吉原で野風に出会う ある日、坂本龍馬は仁を遊郭の吉原に連れて行きました。 そこで野風という花魁に出会いましたが、現代の恋人の 未来(中谷美紀)と同じ顔で驚きました。 実は佐久間象山も未来から来ていた! ねこまろ そんな中、皇女和宮(黒川智花)が餡ドーナッツを食べて倒れたことから、毒を仕込んだと疑われて仁と咲は投獄されてしまいます。 ドーナツにヒ素が入っていて、仁の活躍を疎ましく思う藩医の三隅俊斉(深水三章)の仕業でした。 仁友堂のメンバーはあらゆる手段を用いて仁を救い出します。 野風がフランス人のルロンと結婚することになって、もらった支度金を仁の賄賂に当てて、仁を助けていました。 そして、野風は、仁と咲が幸せになるように伝えて、去っていきます。 咲にプロポーズ そして仁は、常に支え続けてくれた咲にプロポーズ! しかし咲は、私の幸せは、先生と一緒になることではなく、仁友堂を後世に残すことが大事だと断りました。 スポンサーリンク 最終回結末のネタバレ! おお、『JIN-仁-』も再放送してくれるのか。 原作とは多少展開が違ったりもしたけど、ドラマとしての完成度は高かったし、何よりキャスティングが抜群に良かった。 そこで、咲は銃で撃たれてしまいます。 咲の銃弾を取り出しますが、傷は化膿していました。 傷は、緑膿菌に感染していて、ペニシリンが効きません。 仁は、タイムスリップする時にポケットに入れた薬を思い出しました。 「あれは、緑膿菌に効くホスミシンだったかも」 そんな中、仁の頭の中に龍馬の声が聞こえ始めて、崖から身を投げてしまいます。 現代へタイムスリップ 目を覚ますと、仁は現代の病院で手術が終わった状態で、包帯がグルグルと巻かれていました。 咲のためにホスミシンを手に入れて、階段を降りると包帯の男とすれ違い、タイムスリップした時と同じ状況になります。 仁が現代から持ってきたホスミシン! ねこまろ しかし、仁友堂のメンバーにもう一人いたような気がするが思い出せない! あげ出し豆腐が好きで、現代の10円玉を見つめながら、その人のことを好きだった記憶をたどっていました。 そこで、先生に向けて、手紙を書いていました。 改めて「橘咲は先生をお慕い申しておりました。 」 仁の目に涙が浮かびます。 仁も「咲さん、私もお慕い申しておりました。 」呟きます。 歴史は繰り返される? ある日、医師として復帰した仁のところに脳腫瘍の患者が運ばれてきました。 橘未来でした! 仁は執刀医に名乗りを上げました。 もう、JIN仁の音楽が流れて来て、鳥肌のラストでした! JIN仁の次は日曜劇場「とんび」が見たい!.

次の

JIN

仁 あらすじ

大沢たかおが出演するドラマ「JIN-仁-2(完結編)」の第1話「歴史の針が今、再び動き出す…人は人でしか救えない」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。 東京で脳外科医をしていた南方仁(大沢たかお)が江戸時代にタイムスリップしてから2年が経った。 南方仁は江戸で病院「仁友堂(じんゆうどう)」を開業していた。 南方仁(大沢たかお)が仁友堂に戻ると、橘咲(綾瀬はるか)は上の空だった。 南方仁は、「一度は橘の家へ言ってみてはどうすか」とアドバイスした。 橘咲(綾瀬はるか)の様子がおかしい原因は、結納の当日に南方仁(大沢たかお)を助けるため、結納から逃げ出した事だった。 橘咲は結納を断ったことで、家族に迷惑がかかるのではないかと心配していた。 南方仁(大沢たかお)は茶屋で、橘咲(綾瀬はるか)の兄・橘恭太郎(小出恵介)が差し控え(自宅謹慎)処分になっていたことを知る。 南方仁は橘家を訪れ、橘恭太郎(小出恵介)に謝罪する。 そのとき、橘恭太郎から母・橘栄(麻生祐未)が脚気(かっけ)になっていることを知った。 脚気(かっけ)はビタミンB1の欠乏によって発症する病気で、栄養が十分に摂取できる現代では直ぐに治る病気だったが、江戸時代では死に至る病だった。 南方仁(大沢たかお)は、母・橘栄(麻生祐未)を診察して、栄養を取るように勧めるが、生きる気力を失った橘栄は治療を拒否した。 仁友堂に戻った南方仁(大沢たかお)は、橘咲(綾瀬はるか)から、母・橘栄(麻生祐未)がカリントウが大好きだったことを聞き、甘い物で栄養と摂取させることを思いつく。 南方仁(大沢たかお)は、脚気を治療する薬として「道名津(ドーナツ)」の製造を開始する。 その後、橘咲(綾瀬はるか)が道名津にアンコをかけ、道名津は「安道名津(あんドーナツ)」へと改良するのであった。 そのころ、坂本龍馬(内野聖陽)は神戸にある海軍操練所へ駆け込み、勝海舟(小日向文世)に手紙を渡す。 手紙には、三条河原でさらし首となった佐久間象山(市村正親)は別人で、本物の佐久間象山は重傷を負ったが生きていることが書かれていた。 一方、吉原の花魁だった野風(中谷美紀)は、横浜の長屋で読み書きを教える塾を開いていたが、長屋の男達が浮き足立つため、女房たちから不評だった。 橘恭太郎(小出恵介)は、茶屋「大吉屋」の子供・喜市(伊澤柾樹)を使って、橘栄(麻生祐未)に道名津(ドーナツ)を食べさせようとするが、橘栄は1口食べると、道名津を置いてしまった。 橘家からの帰り道、南方仁(大沢たかお)は坂本龍馬(内野聖陽)と会う。 坂本龍馬は南方仁に、京へ上り佐久間象山(市村正親)を治療するように頼んだ。 しかし、南方仁(大沢たかお)は「橘栄(麻生祐未)が脚気のため、離れるわけにはいかない」と言い断った。 本当は有名な佐久間象山(市村正親)を治療すれば歴史にを変えてしまうのではないかと考えていたが、南方仁(大沢たかお)は橘咲(綾瀬はるか)の言葉を聞いて、佐久間象山の診療を決意し、京都へ上るのだった。 京都に着いた南方仁(大沢たかお)は佐久間象山(市村正親)を診察するが、瀕死の状態だった。 南方仁は佐久間象山が首から提げている小袋を見て驚く。 それは、江戸時代にはない現代の医療用ネットで作られていた。 佐久間象山は未来から来たのではないか…。 一方、長州軍が京都御所を攻撃していた。 しかし、長州軍は、薩摩藩・西郷隆盛(藤本隆宏)軍の反撃を受けて、敗走する。 幕府軍は長州藩の屋敷に火を放ち、京都は炎上した。 坂本龍馬(内野聖陽)は長州藩の久坂玄瑞(林泰文)を探し出す。 京都御所への攻撃に反対していた久坂玄瑞は自害しようとしてるところだった。 「」へ続く。

次の

JIN

仁 あらすじ

人気ドラマ『JIN-仁-』は何度見てもおもしろい いままではアニメばっかり見てたんですが、最近は でドラマも見るようになりました。 で、いまさらながら 『JIN-仁-』にハマりました。 原作の漫画『』は、16件のレビューで4. 6という高評価! 現代の医者が、幕末へタイムスリップ!という、あるあるSFネタ。 こういうのって、「現代人ってマジ神!」みたいな作品が多くて好きじゃないんですが、これはやられた。 文句なしにおもしろいです。 『JIN-仁-』1期のあらすじ 優秀な脳外科医、南方仁(みなかたじん)。 最愛の恋人、未来(みく)の手術に臨むも、あえなく失敗。 彼女は眠り続けることになってしまった。 そのトラウマから、仁はむずかしい手術から逃げるようになる。 そんなとき出会った妙な患者。 しかし過去を変えるとは、未来を変えるということでもある。 彼の医術は「歴史」になにをもたらすのか。 以下、詳細なあらすじ。 タイムスリップした南方仁が出会った少女 幕末で目を覚ました仁は、瀕死状態だった武士を現代医術で助けます。 その縁で、行く宛てのない仁は、助けた武士・橘恭太郎の家に厄介になることに。 恭太郎の母親は仁を「うさんくさい男」と言うものの、妹の咲は仁の医術に魅了され、江戸の生活に馴染めない仁のお世話をしはじめます。 仁はその後坂本龍馬との出会い、不治の病であった伝染病コレラの治療に励みました。 仁自身も感染してしまいますが、恭太郎の妹・咲の看病により持ち直します。 当時、女が医学をすることはまだ偏見が大きかったようですが、 咲は仁の弟子のように振る舞い医学の道を志します。 最愛の女性と同じ顔をした野風との出会い コレラも一段楽したところで、龍馬は仁を遊郭である吉原に連れて行きます。 そこで出会ったのが、野風という花魁。 そこで仁は驚きます。 なんと野風は、 仁が現代で助けられなかった恋人の未来(みく)と同じ顔をしていたのです。 先祖というわけですね。 さらに仁は、野風が病に冒されていることに気づきます。 もしかしたら助けられるかもしれない。 でも野風を助けて運命が変われば、未来が生まれることもなくなってしまうのでは、と苦悩します。 ひとりの医者として生きる南方仁 一方で仁は、 本来助からなかった人を助けることで歴史を変えてしまうのではないかと悩み始めます。 同時に、仁が助けた人も結局亡くなってしまい、「歴史は変えられないならなにをやっても意味がないのでは」とも思います。 さらに、異国でもまだ知られていない医術を持っていながら記憶喪失だと主張する仁を怪しみ、排除しようとする人たちも登場。 それでも仁は、江戸でできることをしようと、仁を信頼してくれる人とともに小さな診療所を開きます。 そこには、 ずっと仁を支えていた咲の姿もありました。 ですが仁の心のなかには常に、現代にいる眠ったままの恋人、未来がいます。 野風と咲の運命はいかに? 花魁である野風の身請け話が来ると同時に、咲にも縁談がきます。 咲はずっと仁を支え、仁のことを好いていました。 咲も、女としての義務である結婚を前に、自分の人生を考えます。 未来を変えないために、野風の病を伝えずにいた仁。 しかし決意を固め、身請け前の野風の手術に踏み切ります。 その手術の日は奇しくも、咲の結納の日。 もちろん、咲なしで手術に臨みます。 一方、咲は土壇場で、花嫁衣裳のまま仁のもとへ駆けつけることを決めました。 花嫁衣裳のまま手術を手伝った咲の尽力もあり、野風の手術は無事成功。 そして仁、咲、龍馬は、雪の降る日、身請けされて吉原を出る野風を送り出すのでした。 【ネタバレあり】ドラマ『JIN-仁-』2期のあらすじ 咲にプロポーズする仁 2期は歴史に関するシーンが増えてきます。 仁はその名が知られ始め、佐久間象山や西郷隆盛といった大物の治療にあたるほか、脚気に効くお菓子として餡ドーナッツがバカ売れし、さらに有名になっていきます。 しかし皇女がドーナッツを食べて倒れたことから、毒を仕込んだと疑われた仁は、なんと死罪を言い渡されます。 それを知った診療所メンバーはあらゆる手段を用いて仁を救い出します。 そして仁は、 常に支え続けてくれた咲にプロポーズ! しかし咲は、「診療所を後世に残すことが大事」だと断りました。 (この気丈さが咲の魅力ですね) 仁の心にほかの女性(現代の恋人・未来)がいるのもわかっていたからでしょう。 坂本龍馬の未来はどうなる!? 仁のもとに、龍馬が襲われたという知らせが入ります。 俗に言う寺田屋事件です。 その後暗殺される未来を龍馬に伝えようと長崎で龍馬に会う仁。 しかし頭痛に襲われ、まともに話すことはできませんでした。 さらに、異国の男のもとに嫁いだ野風が、全身にガンが転移しているうえ妊娠していることが発覚。 仁は未来がどうなるかはわからないけれど、 目の前にいる野風とお腹の子を必死で助けます。 そして歴史の針は動き、 大政奉還へ。 史実どおり暗殺の標的になり重傷を負った龍馬を手術する仁。 懸命の処置も虚しく、龍馬は還らぬ人に……。 幕末から再び現代へ 咲は旧政府軍vs. 新政府軍との戦いで負傷、その傷から緑膿菌に感染。 救うには、現代から薬をもってくるしかない状況。 そんななか、なぜか仁の頭の中には龍馬の声が聞こえ始めます。 そしてその声に従い目を覚ますと、 仁は自分が現代の病院で「救急患者」として運ばれていることに気づきます。 目の前には、現代の医者であったときの自分。 仁は咲を助けるため、病院から薬品を盗んでもう一度幕末へ戻ろう……とするも、階段から落ちて江戸時代に行ったのは、現代で医者をしていた自分。 未来が奇妙にゆがみます。 舞台は現代へ。 現代に戻った仁は、自分が歴史にどんな影響を及ぼしたのかを調べるために図書館へ行きます。 自分が作った診療所 「仁友堂」の存在が確認できました。 しかしその写真には自分(南方仁)がいない……。 咲がどうなったかを確かめるために橘家があった場所へ。 そこには「橘医院」があり、 橘咲という先祖がいて、彼女は生涯独身を貫いたこと、野風の子どもを引き取って育てたことなどが明らかにされました。 そしてそれを教えてくれた女性は橘未来(みく)と名乗り、野風と同じ顔をしていました。 つまり、咲に薬が届き命をとりとめ、その後医者として診療所を守った。 仁の目の前にいるのは、咲が引き取った野風の子どもの子孫、というわけです。 今更だけど『JIN-仁-』を見てほしい いやぁおもしろい。 ただの現代医療スゲードラマではなく、ヒューマンドラマですね。 一気見しました。 だと、 月額300円ちょっとで『JIN-仁-』が全話見れちゃうので、見ないと損です!! 完結篇含めて22話あるのに、日額じゃなく月額300円って……。 クリスマス、家でひとりで見るもヨシ、年末年始に実家に帰省する移動時間に見るもヨシ、テレビとちがってネットはどこでも見れるのがいいところだよね。 もちろん、ドイツでも! とにかく!やばいくらいおもしろいから!!見てみてください!!!.

次の