エクセル セル に 色 を 付ける。 【Excel】エクセルで一定以上、以下の数値の色を付ける方法【指定値よりも大きい、小さい(未満)のセルの色分け】

EXCELの関数でセルに色を設定

エクセル セル に 色 を 付ける

Excelで横や縦に長い表の場合、アクティブセルのある行全体や列全体に塗りつぶしを設定すると、見やすくなることがあります。 行番号、列番号を見間違えることがなくミスの軽減にもつながります。 条件付き書式を使って設定する方法です。 Excelで横に長い表を操作する場合、[]を使って列を固定して見やすくすることもできますが、それでも似たような数字が並んでいると見間違えやすいですね。 アクティブセルのある行に色を付けて見やすくできないかなと検索すると、たくさんヒットしました。 その中でも一番分かりやすく設定しやすいと思ったのが、以下のページで解説されているものでした。 このページで解説されているとおりに設定して、とても便利になりました。 人- 謝謝 ! 条件付き書式の設定 今回、この設定方法を図説して記録しておきます。 まず、条件付き書式の設定をします。 設定したい範囲を選択します。 アクティブセル領域を選択するショートカットキーです。 [ホーム]タブの[スタイル]グループにある[条件付き書式]をクリックして、[新しいルール]をクリックします。 [新しい書式ルール]ダイアログボックスが表示されたら、[数式を使用して、書式設定するセルを決定]を選択して、[次の数式を満たす場合に値を書式設定]のテキストボックスに以下のように入力します。 これで、アクティブセルの行が色付きになります。 指定したシートのみで動作させたい時 [ThisWorkbook]にコードを記述すると、ブック内で上記の条件付き書式を設定したすべてのシートで有効になります。 COLUMN は、COLUMN関数が入力されているセルの列番号が返されます。 これで、アクティブセルの行と列が色付きになります。 条件付き書式のルールの削除(ルールのクリア) 条件付き書式のルールを削除する方法です。 [ホーム]タブの[スタイル]グループにある[条件付き書式]をクリックして、[ルールの管理]をクリックします。 そして、削除したいルールを選択して[ルールの削除]をクリックします。 または、[ホーム]タブの[スタイル]グループにある[条件付き書式]をクリックして、[ルールのクリア]をポイントして表示されるサブメニューの[選択したセルからルールをクリア]や[シート全体からルールをクリア]などを選択してもいいです。 目的に合った方法で削除してください。 参考コードを削除する場合は、コードを入力したThisWorkBook、またはシートモジュールを表示して、入力したコードを全て削除してください。 関連以下は、条件付き書式に関するページです。

次の

条件付き書式を使って、特定の文字列を含むセルに色を付ける

エクセル セル に 色 を 付ける

エクセルで最大値の色分けを行う方法 それでは、実際のデータ(架空のもの)を使用して、データ中の最大値に色づけを行う方法を解説していきます。 続いて、データ範囲全体を選んだ上で、条件付き書式、新しいルールと選択していきます。 続いて、「数式を使用して書式設定するセルを選択」を選らんでいきます。 なお、 最大値に対するセルの色分けを行うために、MAX関数と呼ばれるデータ内における最大値を出力する関数を用いて、条件の指定を行います。 なお、今回はデータの開始位置がB3であるためそうなっているだけであり、あなたが対処する場合のセルシートに応じて変化させましょう。 さらに、書式を選び、この条件に当てはまるときにどのような書式にするのかを選択します。 今回は最大値のセルの背景色を黄色にするとします。 上タブの塗りつぶしから、黄色マークを選び、OKとします。 再度OKを押すと以下のよう、最大値のみが色分けされました。 それでは、最小値を色付けするにはどのようにするといいのでしょうか。 最小値のセルの色を付ける方法 エクセルでデータの最小を色分けするときには、基本的に最大値の色付けと同様に条件付き書式を使います。 セル自体の変更は関数を使用しないことを覚えておくといいです。 具体的な手順を確認していきます。 先ほどと同様に、データ範囲全体を選択し、条件付き書式、新しいルールと選んでいきます。 続いて、数式を入力していきます。 最小値に対するセルの色分けを行うためには、MIN関数と呼ばれるデータ内における最小値を出力する関数を用います。 後は指定条件を満たすセル(最小値)の色などを指定しましょう。 最小値のセルを今回は青色にしていきます。 上タブの塗りつぶしから、青色を選択し、OKを二度押します。 すると、最大値に加えて最小値のセルの色分けも実行されました。 まとめ ここでは、エクセルで最大値、最小値のセルの色分けを行う方法について解説しました。 最大、最小に色を自動でつけるには、条件付き書式と新しいルールで、条件を指定していきましょう。 なお、数式中には最大値を表示する関数のMAX関数や、最小値を出力するMIN関数を用いていくといいです。 最大、最小のセルに色をつけるなど対処方法を理解して、データ処理を効率化させましょう。

次の

【Excel】1行おきに色を付けると大きな表でも見やすくなる!エクセルで行の背景をストライプにするテク

エクセル セル に 色 を 付ける

条件付き書式 まずは基本から。 以下の表に条件付き書式を設定したいと思います。 売上が60,000円より大きいなら「赤」• 売上が30,000円より小さいなら「緑」 まずは、 売上が60,000円より大きいなら「赤」から設定します。 条件付き書式を設定したいセル(色を付けたい範囲)を 範囲選択します。 「ホーム」タブになっていることを確認してください。 条件を設定する画面が表示されます。 今回の条件 「60000」を左側の欄に入力します。 右側の「書式」には 「濃い赤、明るい赤の背景」が設定されています。 設定ができたら「OK」をクリックしましょう。 選択した範囲内の数値が「60000」より大きいセルには赤い色が付きました。 同様に、 売上が60,000円より小さいなら「緑」 を設定しましょう。 今回の条件 「30000」を左側の欄に入力します。 先ほどの条件に加えて、今回の条件が追加され「30000より小さい」セルには緑の色が付きました。 条件付き書式の変更 設定した条件を変更してみましょう。 「30000より小さい」場合の色を 「緑」から「黄色」に変更します。 先ほど設定した2つの条件が表示されます。 変更したい条件の方をクリックして 「ルールの編集」ボタンをクリックします。 「書式ルールの編集」画面が表示されます。 現在の条件と書式が確認できますね。 今回は書式(色)を変えるので、 「書式」ボタンをクリックします。 変更したい色をクリックして「OK」をクリックしましょう。 選択した色に変わっていることが確認できますね。 「OK」します。 ここでもう一度確認をして「OK」します。 色が変わりました。 空白セルに色を付ける 続いては予約表。 予約が入っていない「空白のセル」に色を付けて目立たせてみたいと思います。 設定したい範囲を選択します。 「新しい書式ルール」画面が表示されます。 ルールの種類: 「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択して• 続いて色を設定したいので 「書式」をクリックします。 空白の場合に付けたい色を選択して「OK」をクリックします。 条件と書式が設定されました。 「OK」をクリックしましょう。 空白のセルに設定した色が付きました。 予約が入って名前を入力すると、 確定すると、空白セルではなくなるため色が消えますね。 逆に、予約がキャンセルになって名前を消すと空白になるため色が付きます。 自分の目で見て色を付けたり消したりしていると、時間もかかるし、消し忘れなど必ずミスが出てしまいます。 Excelなら「自動」でやってくれるので 「時短&ミス防止」になります。 条件付き書式の削除 最後に設定した条件付き書式を削除する場合です。 条件付き書式が削除されました。 今回は条件付き書式の基本についてご紹介しました。 条件付き書式は使い方次第で、かなり作業効率をアップすることができます。

次の