お布施 中 袋。 お布施の袋は何を使えばよいか詳しく解説します!|お布施・袋|終活ねっと

法事・法要での、お布施袋の書き方マナー:袋の選び方、書き方、お金の入れ方

お布施 中 袋

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 葬儀や法事を仏式で行う場合、必ず来ていただく人物が僧侶です。 仏式の葬儀などでは僧侶にお経をあげていただかなければ式が成り立たず、故人の供養にもつながりません。 このため仏式の葬儀や法事では、必ず僧侶に来ていただいたうえで、読経してもらうのが一般的となっています。 そして葬儀や法事でお経をあげていただいたら、その謝礼として僧侶にお布施をお渡しするのが作法です。 お布施は金銭の形でお渡しすることになるため、金額相場が気になる方も多いでしょう。 しかし金額相場と同じようにぜひ知っておきたいのが、お布施に使う袋のマナーです。 具体的にどのような袋を使うべきなのでしょうか。 そこで今回「終活ねっと」では お布施を僧侶にお渡しする際に使う袋について解説していきます。 お布施について簡単に見てきたところで、ここからは お布施を包む際に使われる袋についていろいろと見ていきます。 実際にお布施の準備をする際に、以下の内容をぜひともお役立ていただければ幸いです。 奉書紙(ほうしょがみ)を使用する お布施を包む際に使われる袋で、最も丁寧な形といわれているのが 奉書紙(ほうしょがみ)を使うというものです。 奉書紙はもともと、役所の公文書で使われてきた紙で、現在では儀式の際に使われることが一般的とされています。 このため奉書紙を使ってお布施を包むことは、 僧侶に対して最大級の感謝を示すことにもつながる行為です。 特に僧侶に心から感謝したり、菩提寺と長い付き合いがあったりする場合は、ぜひとも奉書紙に包んでお布施をお渡しするとよいでしょう。 白の封筒を使用する もし奉書紙を用意するのが難しいという場合は、市販の 白い封筒を使うという方法もあります。 白い封筒を使う場合は、郵便番号欄など余計な印字のない無地のものを使うのが作法です。 仮に余計な印字の付いているものを使った場合、僧侶によっては不快な気持ちになるため、くれぐれも無地のものを選ぶようにするべきでしょう。 封筒の色に決まりはある? お布施に使う袋として、白い封筒を挙げました。 しかし市販の封筒には、白以外にも茶色やピンク、緑色といったさまざまな色のものもあります。 もし封筒を使う場合、 必ず白でなければいけないのでしょうか。 基本的には白い無地の封筒を使い、 白以外の色は避けるのが無難です。 確かに最近では、僧侶であまりマナーについてうるさく言う方もいませんし、それが原因でトラブルになることも多くありません。 しかし場合によってはトラブルになることもあることから、念のために白無地の封筒を使うのがよいでしょう。 水引は必要? 奉書紙や白無地の封筒を使ってお布施を包んだ場合、香典袋と同じように水引が必要なのかどうか気になる方もいるでしょう。 実は 水引を結ぶ必要はありません。 仏事で使われる水引は黒白や黄白が一般的ですが、これはあくまでも故人を供養するための水引で、僧侶にご不幸があったわけではないため、お布施に使うのはつじつまが合わないでしょう。 そこで お布施については、水引をかけないというのが一般的な作法とされています。 熨斗(のし)がついた袋を選ぶ もし地域の慣習やお布施の袋を準備する時間があまりない場合に、コンビニなどで販売されている 熨斗袋を使う場合は、水引のことを考えながら選ぶ必要があります。 基本的には黄白ではなく、双銀や黄白の色で、淡路結びや結び切りの結い方がしてあるものを選ぶのが作法です。 なお黄白の水引は、関西地方や北陸地方で一般的に使われるものとされています。 ただしお墓や仏壇の開眼供養についてはおめでたいことであるため 、紅白の水引が付いたものを選ぶのがマナーです。 お布施の封筒はどこで売っている? 実際にお布施の封筒を手に入れる場合は、 どこで販売されているのかを知っておくことが欠かせません。 基本的にお布施の封筒は、コンビニや百均で販売されています。 コンビニ コンビニではセブンイレブンをはじめ、どのチェーンでもお布施の袋を取り扱っています。 具体的には文房具コーナーのところに陳列されており、主に不祝儀袋や無地の封筒という形になっていることが多いです。 このため関西や北陸以外であれば、双銀の水引が入った不祝儀袋や白無地の封筒を、関西や北陸であれば加えて黄白の袋を購入して使うとよいでしょう。 百均・ダイソー ダイソーなどの百均、つまり 100円ショップでも冠婚葬祭用の袋を取り扱っているところが多いです。 こちらも文房具や封筒のコーナーで販売されています。 コンビニなどに比べて100円と安く買える点がメリットですが、その分お布施の袋に適したものがない場合もあります。 そのような場合は、 白い無地の封筒を買ってそのままお布施の袋に活用するとよいでしょう。 お布施の袋の書き方について お布施の準備をする際に、適切な種類の袋を選ぶことは非常に大切です。 そして袋を選べたら、次は表書きなどのお布施をお渡しするうえで必要な項目を書き込むことになります。 ここでは お布施の袋に表書きを書く作法についていろいろと見ていきましょう。 お布施の表の書き方 お布施の袋には表面と裏面がありますが、 表面にはお布施をお渡しする目的を示す表書きと、お布施を実際に包んだ方の名前を書くのが一般的です。 表書きといえば「御霊前」や「御仏前」というイメージが強いですが、いずれも葬儀などで香典に使われるもので、お布施の場合に使われる表書きは少し異なります。 お布施の袋に書く表書きは、 御布施やお布施と書くのが一般的です。 ほかにも「読経料」や「戒名料」という表書きも思い浮かびます。 ただしお布施は労働対価ではないという考え方から、これらの表書きを嫌う僧侶もいるため、避けた方が無難でしょう。 なお遠方から僧侶が駆け付けた際の交通費にあたるお車代は「お車代」や「御車代」を、会食代わりにお渡しする金銭である御膳料は「御膳料」と書きます。 名前の部分は、喪主・施主のフルネームか仏事を行った家の名前を書くのが一般的です。 お布施の裏の書き方 一方お布施を包む袋の 裏面にはお布施として包んだ金額と、実際に包んだ方の住所・氏名を書きます。 なお金額については、中包みの表面に書くというやり方もあります。 実際に包んだ方の住所や氏名については、 裏面の左下側に書くのが一般的です。 基本的に縦書きで書くため、数字の部分を記す際は普通の漢数字で書きます。 なお万一の場合に連絡が取れるように、郵便番号や電話番号も書いておくとなおよいでしょう。 電話番号を記す場合は、漢数字と縦ハイフンを使って書きます。 お布施の書き方で特に重要なのが表書きの部分ですが、 表書きの書き方についてより詳しく知りたい場合は、以下の記事もぜひご活用ください。 一:壱• 二:弐• 三:参• 五:伍• 六:陸• 七:漆• 八:捌• 十:拾• 千:仟• 万:萬 ここで注意すべき点が、 四と九を使わない点です。 この2つの数字は冠婚葬祭では忌み数と呼ばれており、四は「死」を、九は「苦」を連想させるという意味で縁起が悪いとされています。 お布施だけではなく、葬儀や法事の香典でも使わないため、ぜひ知っておくとよいでしょう。 薄墨を使う必要はある? 仏事で表書きなどを書く際に使う墨といえば、薄墨を使うイメージが強いです。 たしかに葬儀の際は、故人のご不幸を悲しむという意味で薄墨が使われます。 しかしお布施の場合は、僧侶がご不幸に見舞われたわけではないため、 薄墨ではなく普通の濃い墨を使って書くのがマナーです。 葬儀でも法事でもこの点は関係ないため、お布施の場合は黒い墨を使うことは頭に入れておくとよいでしょう。 名前はどうやって書く? 名前は基本的に喪主・施主のフルネームか、仏事を行った家の名前を書くという点は先ほども見たとおりです。 ただ喪主・施主の名前を書く方がより丁寧とされているうえ、 表面・裏面両方に書けるという点で便利です。 金額・住所は書く必要はない お布施の袋に書くべきとされている金額と住所ですが、必ずしも書かなければいけないと決まってはいません。 あくまで感謝の気持ちを伝えるためであるので、わざわざ書かないというやり方をとることもできます。 しかし何かあった場合に備えて、実際に包んだ金額と間違いがないことを示すためにも、念のため書いておいた方がよいでしょう。 お布施の封筒に表書きなどを書く際のマナーについては、以下の記事でさらに詳しく説明されています。 お布施を包むための袋が準備できたら、次は実際にお渡しする金銭を中に入れていきます。 ここで注意すべき点が、お布施を袋に入れる際も一定の作法があるという点です。 ここでは お布施を袋に入れていく際の作法を詳しく見ていきましょう。 古いお札は使用しない お布施として金銭を包む際、最初に気を配るポイントが 古いお札を使わないという点です。 仏事で古いお札を使うべきとされているのは香典を包む場合で、これは新札を香典として包むと、まるで故人のご不幸を予想していたと思われるためとされています。 一方お布施については、 僧侶に心から感謝する気持ちを示す意味があるため、香典のように古いお札を使うことは逆に失礼とされる行為です。 新札に折り目をつけて使用する お布施で古いお札を使うことが失礼であるとされているのであれば、どのようなお札を使えばよいのでしょうか。 お布施の場合は、銀行のATMなどで発行される新札、いわゆる ピン札を包むのが作法です。 ただお布施を包む際に、お札をすべて新札で準備することは簡単ではありません。 このためなるべく新札を用意するということにして、やや古いお札が含まれていても大丈夫です。 なお香典を包む場合も同じく、いつも手元に古いお札があるわけではありません。 特にお布施と香典を一緒に準備する際に、新札しかない場合はなおさら香典用のお札に気を配る必要があります。 もし香典とお布施を同時に準備する際に新札しかない場合は、 まずお布施を包んでその後で香典を包む際に新札に折り目を付けてから包むのがおすすめです。 お布施の袋の表にお札の顔が来るように 実際にお布施を包む際に使うお札の種類は、基本的に新札にするべきという点を見てきました。 実は袋に包む際にも作法があるため、この作法について知っておくことも重要です。 お布施を袋に包む際は、福沢諭吉などの 肖像が印字されているお札の表面を上に向けた状態にします。 そして肖像が、袋の口に近いところに来るようにして包むのがマナーです。 なお香典の場合は、お布施の場合とは逆にお札の裏面を上に向けたうえで、肖像が底側に来るように入れます。 これは故人のご不幸を悼む気持ちを、肖像が伏せてある状態で示すためです。 お札の向きを揃える なおお布施も香典も、お札を入れる際は 向きを揃えることが大切です。 お札の向きを揃えるのは、受け取った側が金額を確認しやすいようにするという狙いがあります。 お布施の正しい入れ方についてより詳しいことは、以下の記事で説明されていますので、ぜひともご活用いただければ幸いです。 お布施の袋に表書きなどを書き、さらに正しい作法に基づいてお金を包んだら、あとは奉書紙や白い封筒を使って包むだけです。 最後にここでは、 奉書紙や白い封筒を使って包む際の作法をいろいろと見ていきましょう。 奉書紙 最初に見ましたが、奉書紙を使ってお布施を包むのは、お布施を準備するうえで最も丁寧な形とされています。 それでは奉書紙を使ってお布施を包むのは、どのようなやり方なのでしょうか。 まず奉書紙をひし形に広げ、お布施を包んだ中包みを真ん中よりも少し右側に置きます。 このとき奉書紙の滑らかな表面が裏側に来るように広げ、ざらざらした裏面の上に中包みを置くというものです。 その後中包みの端に合わせるようにして、左・右・下・上の順番にたたんでいきます。 お布施は感謝の気持ちでお渡しする意味があるため、包み方は結婚式などで用意するご祝儀と同じ作法です。 白の封筒 お布施を包む際に白い封筒が使われることもありますが、最近では奉書紙を使う方が少なくなっている分、 むしろ白い封筒を使う方の方が多いです。 さて白い封筒を使ってお布施を包む場合は、金銭の入った中袋をそのまま封筒に包む形となります。 ただ中袋を入れた後、封筒の口は糊付けすることなく開いた状態にするのがマナーです。 これは僧侶が受け取った際に、お布施の金額を確認する際などに余計な手間をかけないという意味があります。 仮にお札の枚数が多い場合は、軽く糊付けしておいた方が無難でしょう。 なおお布施のお金を白い封筒に直接入れた場合は、逆に封筒の口を糊付けして閉じるようにするのが一般的です。 こちらの場合は、お金が落ちたり紛失したりすることを防ぐためとされています。 お布施の正しい包み方については、以下の記事でより詳しく説明されていますので、ぜひともご活用いただければ幸いです。 お布施とは、もともと仏教で信徒が行うべき6つの行動に数えられるもので、現在では葬儀や法事の際に僧侶に感謝の気持ちでお渡しする金銭を指す。 お布施の袋として使われるのは奉書紙や白い封筒で、特に奉書紙を使う形が最も丁寧とされており、封筒を使う場合は白無地で水引をかけないで使う。 お布施の袋を書く際、表面には表書きと名前を、裏面には金額や住所・氏名を書き、金額については漢数字の旧字体を使って書くのが作法とされている。 お布施の袋にお金を包む場合、僧侶に感謝の気持ちを示す意味があるために古いお札ではなく新札を包むのが作法で、肖像が袋の表側と口に近いところに来るように入れる。 お布施を包む際は奉書紙や白い封筒を使うが、奉書紙の場合はおめでたいことに包む作法と同じように包み、白い封筒に直接お金を入れる場合は口を糊付けして閉じる。 お布施を包む際に使われる袋は、奉書紙か白い封筒が一般的です。 ただし最近では、封筒がコンビニや100円ショップなどで手に入りやすいことから、白い封筒を使う方が非常に多くなっています。 このため白い封筒を使ってお布施を準備する作法を知っておくとよいですが、奉書紙を使ったやり方を知っておくことも悪くはないでしょう。 お布施を準備することは、葬儀や法事で喪主・施主を務めることになった場合、機会も多くなります。 いざという時に備えて、お布施の袋にまつわるマナーを知っておくことは大切なことです。 「終活ねっと」ではこの他にも葬儀に関する記事を数多く掲載しています。 他の記事に関してもぜひご覧ください。 今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

お布施 封筒】水引・書き方・入れ方・包み方・種類・黄色・金額・裏側・色・数字

お布施 中 袋

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 葬儀や法事を仏式で行う場合、必ず来ていただく人物が僧侶です。 仏式の葬儀などでは僧侶にお経をあげていただかなければ式が成り立たず、故人の供養にもつながりません。 このため仏式の葬儀や法事では、必ず僧侶に来ていただいたうえで、読経してもらうのが一般的となっています。 そして葬儀や法事でお経をあげていただいたら、その謝礼として僧侶にお布施をお渡しするのが作法です。 お布施は金銭の形でお渡しすることになるため、金額相場が気になる方も多いでしょう。 しかし金額相場と同じようにぜひ知っておきたいのが、お布施に使う袋のマナーです。 具体的にどのような袋を使うべきなのでしょうか。 そこで今回「終活ねっと」では お布施を僧侶にお渡しする際に使う袋について解説していきます。 お布施について簡単に見てきたところで、ここからは お布施を包む際に使われる袋についていろいろと見ていきます。 実際にお布施の準備をする際に、以下の内容をぜひともお役立ていただければ幸いです。 奉書紙(ほうしょがみ)を使用する お布施を包む際に使われる袋で、最も丁寧な形といわれているのが 奉書紙(ほうしょがみ)を使うというものです。 奉書紙はもともと、役所の公文書で使われてきた紙で、現在では儀式の際に使われることが一般的とされています。 このため奉書紙を使ってお布施を包むことは、 僧侶に対して最大級の感謝を示すことにもつながる行為です。 特に僧侶に心から感謝したり、菩提寺と長い付き合いがあったりする場合は、ぜひとも奉書紙に包んでお布施をお渡しするとよいでしょう。 白の封筒を使用する もし奉書紙を用意するのが難しいという場合は、市販の 白い封筒を使うという方法もあります。 白い封筒を使う場合は、郵便番号欄など余計な印字のない無地のものを使うのが作法です。 仮に余計な印字の付いているものを使った場合、僧侶によっては不快な気持ちになるため、くれぐれも無地のものを選ぶようにするべきでしょう。 封筒の色に決まりはある? お布施に使う袋として、白い封筒を挙げました。 しかし市販の封筒には、白以外にも茶色やピンク、緑色といったさまざまな色のものもあります。 もし封筒を使う場合、 必ず白でなければいけないのでしょうか。 基本的には白い無地の封筒を使い、 白以外の色は避けるのが無難です。 確かに最近では、僧侶であまりマナーについてうるさく言う方もいませんし、それが原因でトラブルになることも多くありません。 しかし場合によってはトラブルになることもあることから、念のために白無地の封筒を使うのがよいでしょう。 水引は必要? 奉書紙や白無地の封筒を使ってお布施を包んだ場合、香典袋と同じように水引が必要なのかどうか気になる方もいるでしょう。 実は 水引を結ぶ必要はありません。 仏事で使われる水引は黒白や黄白が一般的ですが、これはあくまでも故人を供養するための水引で、僧侶にご不幸があったわけではないため、お布施に使うのはつじつまが合わないでしょう。 そこで お布施については、水引をかけないというのが一般的な作法とされています。 熨斗(のし)がついた袋を選ぶ もし地域の慣習やお布施の袋を準備する時間があまりない場合に、コンビニなどで販売されている 熨斗袋を使う場合は、水引のことを考えながら選ぶ必要があります。 基本的には黄白ではなく、双銀や黄白の色で、淡路結びや結び切りの結い方がしてあるものを選ぶのが作法です。 なお黄白の水引は、関西地方や北陸地方で一般的に使われるものとされています。 ただしお墓や仏壇の開眼供養についてはおめでたいことであるため 、紅白の水引が付いたものを選ぶのがマナーです。 お布施の封筒はどこで売っている? 実際にお布施の封筒を手に入れる場合は、 どこで販売されているのかを知っておくことが欠かせません。 基本的にお布施の封筒は、コンビニや百均で販売されています。 コンビニ コンビニではセブンイレブンをはじめ、どのチェーンでもお布施の袋を取り扱っています。 具体的には文房具コーナーのところに陳列されており、主に不祝儀袋や無地の封筒という形になっていることが多いです。 このため関西や北陸以外であれば、双銀の水引が入った不祝儀袋や白無地の封筒を、関西や北陸であれば加えて黄白の袋を購入して使うとよいでしょう。 百均・ダイソー ダイソーなどの百均、つまり 100円ショップでも冠婚葬祭用の袋を取り扱っているところが多いです。 こちらも文房具や封筒のコーナーで販売されています。 コンビニなどに比べて100円と安く買える点がメリットですが、その分お布施の袋に適したものがない場合もあります。 そのような場合は、 白い無地の封筒を買ってそのままお布施の袋に活用するとよいでしょう。 お布施の袋の書き方について お布施の準備をする際に、適切な種類の袋を選ぶことは非常に大切です。 そして袋を選べたら、次は表書きなどのお布施をお渡しするうえで必要な項目を書き込むことになります。 ここでは お布施の袋に表書きを書く作法についていろいろと見ていきましょう。 お布施の表の書き方 お布施の袋には表面と裏面がありますが、 表面にはお布施をお渡しする目的を示す表書きと、お布施を実際に包んだ方の名前を書くのが一般的です。 表書きといえば「御霊前」や「御仏前」というイメージが強いですが、いずれも葬儀などで香典に使われるもので、お布施の場合に使われる表書きは少し異なります。 お布施の袋に書く表書きは、 御布施やお布施と書くのが一般的です。 ほかにも「読経料」や「戒名料」という表書きも思い浮かびます。 ただしお布施は労働対価ではないという考え方から、これらの表書きを嫌う僧侶もいるため、避けた方が無難でしょう。 なお遠方から僧侶が駆け付けた際の交通費にあたるお車代は「お車代」や「御車代」を、会食代わりにお渡しする金銭である御膳料は「御膳料」と書きます。 名前の部分は、喪主・施主のフルネームか仏事を行った家の名前を書くのが一般的です。 お布施の裏の書き方 一方お布施を包む袋の 裏面にはお布施として包んだ金額と、実際に包んだ方の住所・氏名を書きます。 なお金額については、中包みの表面に書くというやり方もあります。 実際に包んだ方の住所や氏名については、 裏面の左下側に書くのが一般的です。 基本的に縦書きで書くため、数字の部分を記す際は普通の漢数字で書きます。 なお万一の場合に連絡が取れるように、郵便番号や電話番号も書いておくとなおよいでしょう。 電話番号を記す場合は、漢数字と縦ハイフンを使って書きます。 お布施の書き方で特に重要なのが表書きの部分ですが、 表書きの書き方についてより詳しく知りたい場合は、以下の記事もぜひご活用ください。 一:壱• 二:弐• 三:参• 五:伍• 六:陸• 七:漆• 八:捌• 十:拾• 千:仟• 万:萬 ここで注意すべき点が、 四と九を使わない点です。 この2つの数字は冠婚葬祭では忌み数と呼ばれており、四は「死」を、九は「苦」を連想させるという意味で縁起が悪いとされています。 お布施だけではなく、葬儀や法事の香典でも使わないため、ぜひ知っておくとよいでしょう。 薄墨を使う必要はある? 仏事で表書きなどを書く際に使う墨といえば、薄墨を使うイメージが強いです。 たしかに葬儀の際は、故人のご不幸を悲しむという意味で薄墨が使われます。 しかしお布施の場合は、僧侶がご不幸に見舞われたわけではないため、 薄墨ではなく普通の濃い墨を使って書くのがマナーです。 葬儀でも法事でもこの点は関係ないため、お布施の場合は黒い墨を使うことは頭に入れておくとよいでしょう。 名前はどうやって書く? 名前は基本的に喪主・施主のフルネームか、仏事を行った家の名前を書くという点は先ほども見たとおりです。 ただ喪主・施主の名前を書く方がより丁寧とされているうえ、 表面・裏面両方に書けるという点で便利です。 金額・住所は書く必要はない お布施の袋に書くべきとされている金額と住所ですが、必ずしも書かなければいけないと決まってはいません。 あくまで感謝の気持ちを伝えるためであるので、わざわざ書かないというやり方をとることもできます。 しかし何かあった場合に備えて、実際に包んだ金額と間違いがないことを示すためにも、念のため書いておいた方がよいでしょう。 お布施の封筒に表書きなどを書く際のマナーについては、以下の記事でさらに詳しく説明されています。 お布施を包むための袋が準備できたら、次は実際にお渡しする金銭を中に入れていきます。 ここで注意すべき点が、お布施を袋に入れる際も一定の作法があるという点です。 ここでは お布施を袋に入れていく際の作法を詳しく見ていきましょう。 古いお札は使用しない お布施として金銭を包む際、最初に気を配るポイントが 古いお札を使わないという点です。 仏事で古いお札を使うべきとされているのは香典を包む場合で、これは新札を香典として包むと、まるで故人のご不幸を予想していたと思われるためとされています。 一方お布施については、 僧侶に心から感謝する気持ちを示す意味があるため、香典のように古いお札を使うことは逆に失礼とされる行為です。 新札に折り目をつけて使用する お布施で古いお札を使うことが失礼であるとされているのであれば、どのようなお札を使えばよいのでしょうか。 お布施の場合は、銀行のATMなどで発行される新札、いわゆる ピン札を包むのが作法です。 ただお布施を包む際に、お札をすべて新札で準備することは簡単ではありません。 このためなるべく新札を用意するということにして、やや古いお札が含まれていても大丈夫です。 なお香典を包む場合も同じく、いつも手元に古いお札があるわけではありません。 特にお布施と香典を一緒に準備する際に、新札しかない場合はなおさら香典用のお札に気を配る必要があります。 もし香典とお布施を同時に準備する際に新札しかない場合は、 まずお布施を包んでその後で香典を包む際に新札に折り目を付けてから包むのがおすすめです。 お布施の袋の表にお札の顔が来るように 実際にお布施を包む際に使うお札の種類は、基本的に新札にするべきという点を見てきました。 実は袋に包む際にも作法があるため、この作法について知っておくことも重要です。 お布施を袋に包む際は、福沢諭吉などの 肖像が印字されているお札の表面を上に向けた状態にします。 そして肖像が、袋の口に近いところに来るようにして包むのがマナーです。 なお香典の場合は、お布施の場合とは逆にお札の裏面を上に向けたうえで、肖像が底側に来るように入れます。 これは故人のご不幸を悼む気持ちを、肖像が伏せてある状態で示すためです。 お札の向きを揃える なおお布施も香典も、お札を入れる際は 向きを揃えることが大切です。 お札の向きを揃えるのは、受け取った側が金額を確認しやすいようにするという狙いがあります。 お布施の正しい入れ方についてより詳しいことは、以下の記事で説明されていますので、ぜひともご活用いただければ幸いです。 お布施の袋に表書きなどを書き、さらに正しい作法に基づいてお金を包んだら、あとは奉書紙や白い封筒を使って包むだけです。 最後にここでは、 奉書紙や白い封筒を使って包む際の作法をいろいろと見ていきましょう。 奉書紙 最初に見ましたが、奉書紙を使ってお布施を包むのは、お布施を準備するうえで最も丁寧な形とされています。 それでは奉書紙を使ってお布施を包むのは、どのようなやり方なのでしょうか。 まず奉書紙をひし形に広げ、お布施を包んだ中包みを真ん中よりも少し右側に置きます。 このとき奉書紙の滑らかな表面が裏側に来るように広げ、ざらざらした裏面の上に中包みを置くというものです。 その後中包みの端に合わせるようにして、左・右・下・上の順番にたたんでいきます。 お布施は感謝の気持ちでお渡しする意味があるため、包み方は結婚式などで用意するご祝儀と同じ作法です。 白の封筒 お布施を包む際に白い封筒が使われることもありますが、最近では奉書紙を使う方が少なくなっている分、 むしろ白い封筒を使う方の方が多いです。 さて白い封筒を使ってお布施を包む場合は、金銭の入った中袋をそのまま封筒に包む形となります。 ただ中袋を入れた後、封筒の口は糊付けすることなく開いた状態にするのがマナーです。 これは僧侶が受け取った際に、お布施の金額を確認する際などに余計な手間をかけないという意味があります。 仮にお札の枚数が多い場合は、軽く糊付けしておいた方が無難でしょう。 なおお布施のお金を白い封筒に直接入れた場合は、逆に封筒の口を糊付けして閉じるようにするのが一般的です。 こちらの場合は、お金が落ちたり紛失したりすることを防ぐためとされています。 お布施の正しい包み方については、以下の記事でより詳しく説明されていますので、ぜひともご活用いただければ幸いです。 お布施とは、もともと仏教で信徒が行うべき6つの行動に数えられるもので、現在では葬儀や法事の際に僧侶に感謝の気持ちでお渡しする金銭を指す。 お布施の袋として使われるのは奉書紙や白い封筒で、特に奉書紙を使う形が最も丁寧とされており、封筒を使う場合は白無地で水引をかけないで使う。 お布施の袋を書く際、表面には表書きと名前を、裏面には金額や住所・氏名を書き、金額については漢数字の旧字体を使って書くのが作法とされている。 お布施の袋にお金を包む場合、僧侶に感謝の気持ちを示す意味があるために古いお札ではなく新札を包むのが作法で、肖像が袋の表側と口に近いところに来るように入れる。 お布施を包む際は奉書紙や白い封筒を使うが、奉書紙の場合はおめでたいことに包む作法と同じように包み、白い封筒に直接お金を入れる場合は口を糊付けして閉じる。 お布施を包む際に使われる袋は、奉書紙か白い封筒が一般的です。 ただし最近では、封筒がコンビニや100円ショップなどで手に入りやすいことから、白い封筒を使う方が非常に多くなっています。 このため白い封筒を使ってお布施を準備する作法を知っておくとよいですが、奉書紙を使ったやり方を知っておくことも悪くはないでしょう。 お布施を準備することは、葬儀や法事で喪主・施主を務めることになった場合、機会も多くなります。 いざという時に備えて、お布施の袋にまつわるマナーを知っておくことは大切なことです。 「終活ねっと」ではこの他にも葬儀に関する記事を数多く掲載しています。 他の記事に関してもぜひご覧ください。 今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

お布施の中袋の書き方を解説!お布施の構成からお札の入れ方まで|終活ねっとのお坊さん

お布施 中 袋

親族が亡くなった際、その後の一連の法事・法要で、お坊さんにお布施(おふせ:謝礼・寄付のこと)を渡す機会も増えてきます。 ただ、お布施は「どのような袋を用い、どのように表書きや裏書きを書けばいいのかよくわからない」という声をよく聞きます。 昔のように、お坊さんとの深いお付き合いが少なくなってきたり、親が亡くなったりして、誰に聞けばよいのかわからない人も多いからです。 また、身内の法事・法要は、月参りなどの定期供養を除き、多くの人にとってそれほど多く経験する行事ではありません。 そうしたことから、お坊さんへ渡すお布施袋の書き方や渡し方の作法についても、未経験の人も多いのです。 法事・法要で使用するお布施袋については、「適した袋の選び方」「表・裏面の正しい書き方」の最低限のマナーを知っていれば、問題ありません。 初めてでも、お坊さんとの関係を良好に保て、法要を進めることができます。 今回は、法事・法要で、「お坊さんに渡す、お布施袋の選び方や書き方のマナー」について解説します。 1、お布施袋はどんなものを使えばいいのか? 1-1、お布施の本来の目的とは? お布施の一番の目的は、お坊さんへの感謝とお礼を伝えることです。 また、実質お布施とは寺院への寄付金であり、檀家(だんか)さんが属する檀那(だんな)寺を経済的にサポートすることを意味します。 一方、仏教的には信者であるあなたが欲を差し出す「修行」のひとつとされています。 修行のため財産を差し出して、我欲を捨てることがもともとのお布施の意味です。 そのため、お布施は本来あまり形式にこだわった、仰々しく豪華な袋である必要はありません。 また、葬儀やお通夜などの弔事で遺族に渡す御香典や御仏前とは意味合いが違います。 お布施は遺族に対するお悔やみの金品ではありません。 したがって、原則的には水引のついた不祝儀袋を使わなくてもよいとされています。 逆に簡易な袋を使用したからといって、お坊さんに対して失礼になることはほとんどありません。 ただ、現実には、仏事の種類や地域・宗派の違いなどにより、お布施袋にもいろいろなタイプのものが使用されています。 お布施袋のタイプや中袋の有無などによって、若干書き方も違ってきます。 以下ではそのお布施袋の4つのタイプについてみていきます。 それぞれ地域や宗派また、仏事の種類によって使われ方が違います。 あなたの状況に適したお布施のタイプを選びます。 ただ、どんな仏事でも共通して使えるお布施袋もあるので、あまり神経質になる必要はありません。 タイプ1:水引なしの無地に「御布施」と書かれたお布施袋 タイプ1のお布施袋は、水引が付いておらず「御布施」と印刷された市販の袋です。 または、無地の封筒に自分で「御布施」と墨で書いてもかまいません。 いずれも水引はなしです。 このタイプはどのような仏事でも使える万能お布施袋です。 どんなお布施袋がよいか迷ったらこのタイプ1を選べば問題ありません。 安価な単純封筒タイプのものと、少し高級感があって見栄えのする、折って使用する多当折りタイプ(中袋付き)のものがあります。 多当折りタイプの中にも、無地のものと装飾柄付きのものがあります。 また、多当折りタイプのお布施袋は、3万円~10万円以上を包む場合に適しています。 無地より装飾柄付きのほうが少し高級感があります。 こうしたタイプ1のお布施袋は、宗派を問わずあらゆる仏事で使えますので最も無難です。 私はいつもこのタイプ1のお布施袋を使っています。 アマゾンや楽天で注文すれば翌日届くので便利です。 ただ、地域によってはあるいは宗派によっては、水引のついた不祝儀袋を使う場合もあり、次に解説します。 タイプ2:黒白の水引がついた不祝儀袋 黒白の水引がついた不祝儀袋は、一般的には通夜・葬儀での香典や、その後の仏事での遺族への御仏前を包む際に用います。 また、地域によっては次の写真のように、お布施を包む際に用いられることがあります。 あなたが檀家さんであれば、檀那寺のお坊さんに一度確認してみると安心です。 檀家さんでない場合は、タイプ1のお布施袋で問題ありません。 タイプ3:黃白の水引がついた不祝儀袋 黃白の水引がついた不祝儀袋は主に関西地方で用いられます。 一周忌以降の仏事で、遺族に渡す御仏前を包む場合や、お坊さんに渡すお布施袋として用いられることが多いです。 私の実家は大阪なので、かつて法事の時はこうした黄白のお布施袋を使っていた記憶がありますが、現在では水引なしの袋を使用しています。 宗派により違いがあり心配な人は、檀那寺のお坊さんや実際にお布施を渡す予定のお坊さんに一度確認してみるのが確実です。 お坊さんに聞けなかったり、どうしたらよいか迷ったりしたら、タイプ1の水引なしのお布施袋を選んでおけば無難です。 地域により、お坊さんに渡すお布施や戒名料を包む際にも用いられることがあります。 寺院の格式が高くお布施金額も相当料を要求される場合などは、このタイプ4の双銀の水引がついたお布施袋を使用する例が多いです。 金額がそれほど高額でない場合(5万円以下)は、先述のタイプ1~3を使用します。 なお、浄土真宗の一部では、仏壇を買ったときの入仏供養と、お墓を作った時の供養で使用するお布施袋には、紅白の水引のついたお布施袋を渡す場合もあります。 浄土真宗の人は、そうした法要の際、一度菩提寺に確認してみることをお勧めします。 次に、お布施袋の書き方について解説します。 2、お布施袋の書き方、お金を入れる向き 2-1、お布施の表面の書き方 お布施袋の表書きですが、どのタイプのお布施袋でも共通して、漢字で上部に「御布施」と書きます。 または、市販の「御布施」と印刷されたお布施袋を使用します。 お布施以外に、交通費であるお車料や、宴席代であるお膳料を渡す場合は、それぞれ「御車料」「御膳料」と記してください。 そして、それぞれの袋の下部には、「名字のみ(例:鈴木)」または「フルネーム(例:鈴木一郎)」と書きます。 中袋のない単純封筒タイプのお布施袋の場合は、裏面に、「住所、氏名、電話番号、金額」を書いておけば、よりていねいです。 お布施はお坊さんに対する労働対価ではありませんので、本来は金額を書く必要はないとされています。 しかし、寺院の記録や経理・税務上、「書いてあった方が都合がよい」とお坊さんから聞きます。 そのため、書いておいたほうがより親切です。 なお、省略する場合は、住所などは書かずに金額のみでもオッケーです。 こうしたタイプの場合は、外包みの裏面ではなく中袋に書きます。 中袋の一般的な書き方は、表面に金額、裏面に住所・氏名・電話番号などを書きます。 次の写真のようになります。 さらに数字の頭に「金~」、最後に「~圓也」を入れます。 そして、うす墨(薄い墨)ではなく濃墨(普通の真っ黒な墨)を使用します。 葬儀などお悔やみ事・弔事では、親族に渡すお香典はうす墨で書く習慣があります。 ただ、お坊さんに渡す、お悔やみ事でないお礼としてのお布施は、普通の真っ黒な墨で問題ありません。 葬儀など急な弔事では、墨をゆっくり磨る時間がなく、薄い墨のまま急いで書いて駆けつける、ということが薄墨の由来です。 したがって、お布施は、お坊さんに対してしっかり準備しましたということを示すために濃墨が良いとされています。 このときに使用する筆は、市販の筆ペンが便利です。 なお、筆ペンには濃墨用とうす墨用があるので間違えないようにしてください。 最近は、サインペンの感覚で書ける筆ペンもあります。 ちなみに、だんだんと薄墨の習慣はなくなっているようです。 地域によっては濃い墨のお香典でも作法違反ではないとされているようです。 葬儀でのお香典などでは、古いお札を使ったり、新札にわざわざ折り目を入れたりして使用します。 これは「不幸に対してあらかじめ新札を準備している」という失礼を避けるためです。 その一方で、お布施はあらかじめ準備しておくものなので、新札を用意するようにします。 なお、袋にお金を入れる向きですが、お布施袋の表面に肖像画(=福沢諭吉さん)がくるように入れます。 お香典とは反対の向きになるので注意してください。 【お金・中袋・上包みの向き】 また、上包みの包み方は、もともとお布施袋を購入した時に折ってあった包み方をそのまま再現すればオッケーです。 通常は、裏面が上から重ねるようになる仏事用の包み方になっています。 お坊さんへの感謝とお礼を伝えることが、お布施の目的ですので、あまり形式張ったマナーに気を使うより、感謝の気持ちを込めることのほうが大切です。

次の