彼女 幸せ 言われた。 涙が出ちゃう!…彼女に「好き」と言わなくなった男の本心 #148 — 文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子

彼女に言われて心に響いた別れの10の言葉

彼女 幸せ 言われた

ずっと一緒にいたい!彼女の「癒し行動」あれこれ 1. お弁当に手紙をつけてくれる 「俺の仕事は外回りがメインで、夏場はお昼の頃にはもうバテバテ。 同棲している彼女がお弁当を作ってくれるのですが、食欲がなくて残すこともあって、すごく申し訳ないと思います。 が、先日お弁当の包みを開いたら、 『ご飯は少なめにしているけど、無理せず残してね。 いつもお仕事を頑張ってくれて本当にありがとう』 って手紙が入っていて。 心配してくれているんだな、と思うと感謝しかないし、量を調節もしてくれる気遣いとか本当にありがたいなと思います」(33歳/営業) 「お弁当だけでもありがたいのに」、とこちらの男性は嬉しそうに話してくれましたが、応援だけでなく調子を気遣ってくれる彼女の気持ちに癒やされるそう。 見守ってくれる恋人がいると、やる気が出るのは男性も同じ。 手紙を書いている彼女を想像すると、幸せな気持ちになりますね。 「あなたの体調が優先だから」と休ませてくれる 「残業が続いてろくに連絡できなくて、やっと時間がとれた夜に彼女と電話で話していたとき、『疲れているでしょう、もう休んで』と言った彼女に驚きました。 お互いまだ話したいこともあるんだし、確かに疲れてはいるけどまだ構わないよ、と答えたら 『私だって話したいけど、あなたの体調が優先だから。 声が聞けただけでも幸せ』 と言われて胸がジーンとしましたね。 『ありがとう』と返したら『早く会いたいね』って、ああ彼女も本当は話したいんだよな、でも俺の体調を考えてくれるんだと思うと今すぐ会いに行きたくなりました」(25歳/薬剤師) 久しぶりの電話なら、本当は何時間でも声を聞いていたのが本音ではないでしょうか。 それでも、彼氏の体調や仕事を考えてそちらを優先する彼女の気持ちが、男性の愛情をぐっと深めます。 自分からは会話の終了をなかなか言い出せないとき、先回りしてくれる彼女の気遣いに感謝する男性は多いですが、こんな優しさに大きな癒しを感じるのですね。

次の

彼女が美人だと幸せなの?それとも3日で飽きる?美人な彼女をもつ男の本音

彼女 幸せ 言われた

【クラブ佑雪】vol. 148 「最近、好きと言ってくれない彼の真意は?」 最近彼の気持ちがわかりません。 私はバツイチで中2と小6の娘がいます。 彼もバツイチで10歳年上で、成人し独立した娘と中3の息子がいます。 付き合って5年、お互い子どもが成人してから結婚しようと決めています。 部署は違いますが、同じ職場で知り合いました。 彼が人事権を持つ役職にいるので、周囲には秘密にしています。 彼の息子が小5のとき、彼が職場の近くに住まなくてはいけなくなり、息子は転校したくないからと彼の実家に預け、彼は独り暮しです。 もともと彼は離婚したときに元妻の借金がありました。 しかし不運にも最近報道もされるような大きな詐欺に遭い、裁判で銀行に負けて、その分も返さなくてはいけなくなりました。 彼から「借金返済で恋愛どころじゃない」「みほたちを幸せにする自信がない」「別れてほしい」と言われましたが、私は好きだし、寄り添って彼を支えたいと思い、話し合って継続することにしました。 もちろんデートは一変し、借金のほかに独立した娘も職が安定しておらず、いつお金がかかるかわからないし、結婚資金や中3の息子の進学資金も貯めなくてはいけません。 そんな状況で「私が出すから飲みに行こう」と言っても断られどこにも連れていってもらえず、月1で彼の家で過ごし、私も娘たちがいるので、次の日帰るという日々を過ごしています。 自分が納得して付き合いを継続したので借金返済までしょうがないと思っています。 しかし、以前は「私のこと好き?」とたずねると「好きだよ」「愛してるよ」と明確に答えてくれていたのに、今は「わからない」と言うようになりました。 最初は意地悪で言っているのかと思っていましたが、何回聞いても「わからない」としか答えなくなりました。 質問を変えて「ほかに気になる人ができたの?」「私がほかの男性といてもいいの?」「私がいなくて寂しくないの?」とたずねると「いない」「嫌だ」「寂しい」と言います。 「じゃあ、好きなんじゃん」と言っても「わからない」としか言いません。 1度だけ、私の誕生日に「誕生日にプレゼントあげるんだから好きに決まってるじゃん」とは言っていました。 彼の気持ちは「好きだけど、前ほど好きじゃなくなった」「ただからかっているだけ」「本当にわからなくなった」のどれなんでしょうか? 彼の気持ちがわからなくなり不安です。 涙なくして読めませんでした。 もっと彼の気持ちを理解してあげて! 離婚しただけでもダメージなのに、別れた元妻の借金を肩代わりし続け、それだけでもだいぶしんどいのに、今度は詐欺に! いいですか? 普通、生きてて、しかも公務員として生きてて、詐欺に遭うことなんてないですよ。 それなのに遭っちゃった。 しかも裁判までした。 いいですか? 普通、なかなか裁判なんてしないものなんですよ。 で、裁判ってめちゃ大変なんですよ。 さらに負けた。 そして返済額が増えた。 負けて、負けて、負けて、負けて。 よく生きてるなってくらいしんどいはず。 息するのがやっとなはず。 でも、お子さんのためにも頑張っている。 その大変さ、わかってますか? わかってないから、「えー好きって言ってくれないなんて、私のこと好きじゃないのかな」って少女漫画の主人公みたいなことが言えるんですよね。 あのね、あなたが瞳がキラキラした恋する乙女が出てくる『りぼん』の世界にいるとしたら、彼は『カイジ』とか『闇金ウシジマくん』とか『ナニワ金融道』の世界で地面にはいつくばって泥んこになってるんですよ。 絵柄が全然違うところにいるんです。 裁判に負ける前は、まだ、彼も頑張って瞳にキラキラ入れて、ご相談者さまの夢物語に登場することができた。 でも、今はできないんです。 そんな余力ないんです。 もうクタクタなんです。 男性と女性の恋愛や結婚に対する考え方の違いって、今後徐々に変わっていくとは思うんですが、アラフィフ世代の彼にとっては「真剣交際」=「お相手を経済的にも守っていくこと」なんですよね。 その面では責任感があってすごくいい方です。 だから、ご相談者さまも惹かれたんでしょう。 まして、今回のケースではご相談者さまにもお子さんがいて、その将来についても責任をもたないといけない。 別にいけなくもないかもしれませんが、「いけない」というのが彼の考えにあるはず。 ところが、現在、彼は自分の子どもを守るだけで精一杯。 老後だって不安なはずです。 そんな状況でご相談者さまの老後、引いてはご両親まで含めた2ファミリーへの責任なんて、とてももてない。 そんな自分には、ご相談者さまを好きだと言う資格がないと思ってるんです。 彼にとって「好き」っていう言葉がもつ意味はそれくらい重いものなんです。 自分と自分の子ども、自分の親の今後発生するであろう介護からお墓の費用。 プラス、ご相談者さま一家の同様な費用まで見込んでの「好き」ということですから。 ご相談者さまにとっての「好き」が心を潤す、フワフワした夢のようなものであるのに対し、彼にとっての「好き」はお金として計算できる現実的なものなんです。 このことを理解し、なおかつ、ご相談者さまが彼に対して経済的な支援ができるのであれば、結婚も可能かと存じます。 お気軽ににどうぞ! 藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ) 元リアル銀座のクラブのホステスを経て、WEB上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママ。 占い師・開運アドバイザー。 著書に『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。 WEBサイト『TABI LABO』で「「今、ツラい」が自由になる! 12星座占い」、『食ベログマガジン』で『出世ごはん』の連載中。

次の

【彼女を絶対に幸せにする30個の方法】幸せにしたいなら今すぐ必見!

彼女 幸せ 言われた

彼女が楽しそうにはしゃいでいるとき 「なにをしているときとかはとくにないけど、彼女がはしゃいで楽しそうにしている姿を見ると、こっちまでつられて楽しい気分になるし、幸せ。 二人とも笑顔でいられる時間がすごく好き」(30代・不動産) 「彼女が幸せそうなら、自分も幸せ」というなんとも親っぽい愛情を持った男性も多いようです。 そう、あなたが楽しそうにしているだけで、彼氏は十分幸せ、ということもあるんですね。 綺麗な風景を二人で眺めているとき 「ドライブがてら海に行って、彼女と堤防に座ってぼーっと海を眺めている時『幸せってこれか!』とわかった気がした。 ほかに人はいなくて、目の前には真っ青な海だけで、隣には好きな人がいて……なんか、安心感と幸せで満たされた気がしました」(30代・証券) 綺麗な景色を二人で眺めているときには、心が洗われる感じのような、なんとも言えない心の穏やかさを感じることでしょう。 甘い言葉は言わなくとも、彼はあなたとのその空間・時間をじっくり味わって満足するはずです。 お泊まりした翌朝、一緒に朝食 「彼女の家に泊まった次の日、天気が良かったので、ベランダで一緒に朝食を食べたんだけど、気分良かったな。 のんびりゆったりした朝食タイムで、ほっこり癒やされた」(20代・営業) 天気のいい日、外で食べるご飯ってより美味しく感じますよね。 同棲していないと彼とのデートって、一緒に夕飯を食べることはあっても、朝食を食べることはあまりないはず。 たまには、一緒に朝食を食べるというのも、いいデートになるのかもしれませんよ。 初めての旅行中は終始ハッピー 「去年、今の彼女と初めて海外旅行に行ったんだけど、終始楽しくハッピーだった! よく旅行中にケンカするカップルもいるって聞くけど、うちはケンカとは無縁で、常にワクワク・ノリノリだった」(30代・IT) 二人で初めての旅行となるとテンションも上がりますよね! そして、ケンカすることなく、帰国するまで楽しい時間が過ごせたら、幸せな気分はもちろん、二人の関係に自信がつきます。 まだ彼と旅行に行ったことがない方は、ぜひ、彼と一緒に遠出する機会を設けてみてはいかがでしょう? 幸せの回数を増やす 口に出して「楽しい」だの「幸せ」だの言わないかもしれませんが、意外となにげないときにささやかな幸せを感じたりしているんです。 幸せを感じる回数を積み重ねていけば、よりいい関係が築けるはずですよ。 (美佳/ライター) (愛カツ編集部).

次の