英語 自己 紹介。 【英語で自己紹介】趣味を英語で伝えるには?すぐに使える例文を紹介

英語で自己紹介!ビジネスで必ず役立つ極意と例文

英語 自己 紹介

英語で自己紹介をした経験はどれくらいありますか?日本語での自己紹介も緊張してしまうのに、英語で自己紹介をするなんて一体何をどう話せば良いのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。 難しそうに思える英語での自己紹介も実は日本語で行うものとそれほど違いはありません。 特定のフレーズさえ覚えておけば、自信を持って英語で自己紹介ができるようになります。 ここではビギナーにも覚えやすい英語での自己紹介の仕方を紹介します。 笑顔で相手の目を見て挨拶をしましょう。 人数が多い場合は全体を見渡すようにすると良いです。 よろしくお願いします。 自己紹介とは相手に自分のことを知ってもらうために行います。 ですので、自分が相手に知ってほしいことを簡単に話せば良いのです。 そんなこと言われても急には思い浮かばないよ、という方のためにいくつか例をあげておきます。 名前 まず、自分の名前です。 グループではなく、個人や友人同士の自己紹介の場合は苗字なしで簡単に自分の名前だけを言ってしまってもかまいません。 」 My nameはもう古いと言う方もいるのですが、やっぱり複数人の前での自己紹介やビジネスの場、プレゼンやスピーチの時に行う自己紹介といったいわゆるフォーマルな場所ではMy nameを使っての自己紹介を行うことが多いです。 」 また、日本人の名前は英語圏の方には発音がし辛いことが多いです。 自分で呼び名やあだ名を考えておくとより親しみが湧きやすく覚えてもらいやすいです。 」 出身地 ざっくり日本から来ましたという説明でも良いと思いますが、自分の生まれた場所や育った場所を簡単に紹介できると、初対面でも話が弾みやすいです。 」 家族 自分のルーツについて簡単に聞かれたりすることもありますので、簡単な家族の紹介の仕方を覚えておくと良いと思います。 例えば、家族が何人いるか、結婚してどのくらいかなどと言った話も会話を始めるのには良いきっかけになったりします。 」 職業 職業について話すときは、学生の場合は何の専攻か、仕事の場合は何の仕事なのかといったことがわかるように具体的に伝えるのがポイントです。 」 学校関係で使える英単語• college「二年制大学」 university「四年制大学」• freshman「一年生」 sophomore「二年生」 junior「三年生」 senior「四年生」 graduate「院生」• 」 仕事関係で使える英単語• Advertising「広告」 Publishing「出版」Public relations「広報」• Financial「金融」 Fashion「ファッション」 IT「IT」• Sales「営業」 Accounting 「経理」 趣味 自分の好きなものや趣味について話しをしておくのも、相手との会話の良いきっかけになります。 そして、この話から想定される質問を事前に考えて準備しておくと相手との会話がもっと広がります。 自己紹介が終わった後、去り際に相手に声をかけることも忘れないようにしましょう。 」 英語で自己紹介してみよう! いかがでしたか?突然英語で自己紹介して!と言われると誰でも緊張してしまうものです。 でも、知らない人に自分を知ってもらうチャンスでもあります。 自分がどんな人でどんなところを知ってもらいたいのかということ念頭に置いて、いつでも誰かに自分を紹介できるようにしておくとよいですよ。 また、普段から話したいことを決めて練習しておくと突然自己紹介するようなことになっても、うろたえることなく自然な自己紹介できるはずです。 たくさん練習して英語での自己紹介も得意なものにしてしまいましょう!.

次の

英語 自己紹介

英語 自己 紹介

英語での自己紹介というと、英会話初心者向けの話題と思われがちですが、実は中級者にとっても、スムーズに自己紹介をするのは難しいものです。 英語での自己紹介がスムーズにできない原因は2つあります。 1つ目は、自己紹介の決まり文句を知らないということです。 日本語でも「はじめまして」から始まり、「よろしくお願いします」で終わる自己紹介のパターンがあります。 英語でも自己紹介のパターンを覚えてしまうと便利です。 2つ目は、話す内容を準備していないということです。 スムーズな自己紹介には準備が必須です。 スムーズな自己紹介は良好な英会話コミュニケーションのスタート 自己紹介は、そのあとに続くコミュニケーションがスムーズに進むかどうかを左右するのでとても大切なものです。 自己紹介の目的は、自分の情報をオープンにすることで相手に興味を持ってもらうことです。 また、趣味の話題や家族に関する話題を提供することで、会話のきっかけになります。 共通の趣味を持った友達ができるチャンスかもしれません。 話す内容としては、名前、出身地、住まい、家族構成、職業、趣味、などが基本です。 相手の興味がありそうなことにフォーカスして、自己紹介するのもおすすめです。 例えば、相手が高校生や大学生の場合は、昔読んだ日本の漫画や好きだったテレビアニメの話を自己紹介に盛り込むと興味を持ってくれるかもしれません。 相手がビジネスマンの場合は、自分の仕事について話してみたり、主婦の場合は、自分の好きな料理について話してみるなど工夫するとよいでしょう。 内容が明確でシンプルな自己紹介を作成してみてください。 シチュエーションに応じた適切な自己紹介のコツ 自己紹介する際には、英語の発音が多少変だったとしても堂々と話す方が、よい印象を与えられます。 自信を持って話すには、話す内容を準備して練習しておくことが大切です。 ビジネスでもプライベートでも、初対面の相手に自己紹介をする場合は、相手の目を見て笑顔で話すようにします。 ビジネスの場では握手をすることも多いですが、握手をする際はためらわずにしっかりと握るようにしましょう。 お辞儀は不要なので、顔を上げたまま笑顔で握手をするということが大切です。 就職の面接などで自己紹介をする場合は、自己紹介の出来が合否に大きく関わります。 働く熱意や信頼がおける人物かどうかを相手に伝えなければなりません。 話す内容を簡潔にまとめて準備し練習をすることで、自信をもって自己紹介できるはずです。 英会話教室でビジネスに使える自己紹介は学べるのか ビジネスでもプライベートでも自己紹介の流れはほぼ同じなので、英会話教室で初めて会う先生との会話を想定してみましょう。 You can call me Pat. (先生:こんにちは、パトリシアです。 パットと呼んでくださいね。 ) Student: Hi, Pat! Nice to meet you. (生徒:こんにちはパット、初めまして。 ヨウコです。 ) Teacher: Nice to meet you too, Yoko. Could you tell me about yourself? (先生:初めまして、ヨウコ。 自己紹介してもらえますか?) Student: Sure. I like sports. I love skiing and snowboarding. (生徒:はい、私は東京出身で、いま大学生です。 スポーツが好きで、スキーやスノーボードが大好きです。 ) このような流れで話が続きます。 出身地や、学生か社会人か、趣味が読書や映画なら、どのようなジャンルの作品が好きなのかなど。 その理由も自己紹介に盛り込むことをおすすめします。 簡単で覚えやすい便利なおすすめフレーズ 自己紹介でよく使用する定番フレーズをいくつか紹介します。 【趣味】 挨拶と自己紹介はコミュニケーションのスタートです。 初対面のときはお互いに相手がどんな人なのか、とても興味があります。 良い関係を築きたいと誰もが思うはずです。 英会話の自己紹介フレーズを覚えて自分用にアレンジするだけで、自分自身のことを伝えることができるのです。 準備と練習をした分だけ、初対面の相手とも会話がはずむようになるので、その効果をぜひ体験してください。 スマートに会話を始めることができるように、紹介したフレーズを使って自己紹介を作成してみましょう。 作成したフレーズは、お風呂のときにぶつぶつ独り言でもよいので声に出して練習します。 一度、自己紹介がスラスラと口から出てくる体験をすると、フレーズを作るのが楽しくなるはずです。

次の

英語で自己紹介!ビジネスで必ず役立つ極意と例文

英語 自己 紹介

Thank you very much for taking time out of your busy schedules. お忙しい中お時間を頂きありがとうございます。 I'm pleased to have the opportunity to make the presentation. プレゼンする機会を頂き嬉しく思います。 As introduced, my name is ~ from XX Electronics. I've been in charge of ~ for 3 years. 紹介頂いたように、XX電機の~と申します。 ~を3年間担当しています。 以前の記事で、プレゼン開始時によく使われる英語表現をまとめてありますので参考にして頂けたら幸いです。 冒頭の挨拶が終わったら本題に入る前に軽く自己紹介のスライドを入れるといいでしょう。 自己紹介なんて冒頭に口で軽くすれば良いと思っていませんか? 自己紹介スライドの有無でプレゼンの印象や雰囲気がかなり変わります。 ビジネスの世界では堅苦しい雰囲気になりやすいです。 ともすればお互いに緊張しています。 場の雰囲気を和ませるような、ユニークな自己紹介スライドを入れてみましょう。 自己紹介スライドの例 自己紹介スライドの一例を紹介します。 経歴説明のページ まず学校や専攻に関して説明します。 理系の人は研究内容を簡単に記載しても良いでしょう。 この際1, 2, 3はアニメーションにしてスライドインするような感じにするにも良いでしょう。 気を付けて欲しいのですが、 聴衆は基本的に文字を読んでいません。 アニメーションで小出しにすると、注目を集めやすく読んでもらいやすくなります。 文字の詰めすぎはダメ! 文字を詰めすぎると非常に読みにくくなります。 そして、基本的に聴衆は文字なんて読みません。 いろいろなことを伝えたくて、内容を詰め込みたくなる気持ちはよくわかります。 ですが英語プレゼンの基本はシ ンプルです。 文字のギュウギュウ詰めはよく犯してしまう失敗ですね。 見出しだけを印象的に記載して、あとは口で説明するようにしましょう。 自己紹介趣味のページ 有名海外企業のCEOや外人のプレゼンではこんな感じのスライドをよく見かけますね。 ここで堅い雰囲気を和らげるように持っていけたら成功です。 英語ではアイスブレイキングといいます。 英語があまり上手くないようなら、尚更ここでポイントを稼いで強い印象を残しましょう。 趣味を3~4つ紹介すると、聴衆にとって一つくらい被る趣味があるはずです。 人は共通の項目がある相手に親近感と好意をもちます。 趣味や自分の人となりを紹介することにより、ぐっと聴衆を引き付けるチャンスです。 プレゼン・自己紹介の例文 以下の記事でもプレゼンや自己紹介の例文を載せていますので、どうぞご参考にしてください。 面白くユーモラスに 私自身プレゼンを行うときは、とにかく印象を残すことを心掛けています。 自己紹介の趣味の写真はユーモラスなものを選んでます。 スポーツしているところや、株に熱中している写真やら、アイドルのイメージやら。 どうすればウケるか、いろいろと試しています。 自己紹介はユーモラスに、本編の内容はウィットに富みつつ真面目に、など工夫することが大切です。 皆さんもいろいろとトライしてみてください。 英語を武器にキャリアアップしよう このサイトの目的は、 キャリアアップして年収を上げる方法を紹介することです。 キャリアアップの手段の一つとして、英語は非常に有効です。 英語は、転職市場で自分の価値を上げる王道の手段の一つでしょう。 「営業+英語」、「技術職+英語」のようにあなたの価値を上げるエッセンスとして便利な道具です。 以下の記事に、英語が堪能であることのメリットをまとめています。 皆さんにも英語を利用して、キャリアアップ、年収アップに繋げて頂けたらと思います。 そのためにも、下手でもいいから英語プレゼンに慣れていきましょう。 英語でプレゼン!自己紹介の例。 パワーポイントを上手く使おう。 - 終わりに 近年では、英語が出来るだけで出世がしやすかったり、転職市場で評価される傾向があります。 例えば、入社試験や管理職への昇進にTOEICの点数が求められたり、といった具合です。 キャリアアップのためにも、英語にチャレンジしましょう。 今回はパワーポイントを使用したプレゼンでの自己紹介の例を解説しました。 英語プレゼンは慣れです。 場数を踏めば自然と上手くなりますので、チャンスがあれば自分からプレゼンを申し出ましょう。 今回の記事が皆様のお役に立てたら幸いです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 皆様のプレゼンが上手く行くことを祈っています。 以下の記事もおすすめです。

次の