お風呂 排水口 掃除。 排水溝・排水口掃除の仕方、用意する物!お風呂場などの汚れを綺麗に [掃除] All About

お風呂の排水口は重曹とクエン酸を使って5分でスッキリお掃除

お風呂 排水口 掃除

浴槽の汚れの原因の多くは皮脂汚れです。 特に浴槽内の壁部分、湯面に沿って付着します。 皮脂汚れは酸性ですので、使用する洗剤は弱アルカリ性の重曹がおすすめです。 軽い汚れの場合は、濡らしたスポンジに直接重曹を振りかけ、汚れ面に円を描くようにこすり、最後にシャワーで流せばOK。 汚れがひどい場合は、重曹ペーストを作って掃除します。 小皿などに重曹と水を3:1程度の割合で混ぜて、ペースト状にします。 壁面に塗ったときに垂れてこない固さが目安です。 このペーストを汚れ面に塗り、20〜30分放置後、スポンジでこすったらシャワーで洗い流します。 ペーストが柔らかく垂れてしまうときや汚れがひどいときは、上からラップをすればペーストが汚れ面に密着するのでさらに効果的です。 椅子やフタ、洗面器などを重曹でつけ置きするのもおすすめ! 天井は汚れがつきにくい箇所ですが、よく見ると点々と黒カビがついている場合があります。 このカビを放置すると胞子が浴室全体に飛び散り、他の場所にもカビが生える恐れがありますので注意が必要です。 一番手軽なカビ取り剤を使用したいところですが、天井にスプレーすると自分に降りかかってくるので非常に危険です。 使い古したタオルなどのボロ布に消毒用エタノールを染み込ませ、カビをひとつずつ拭き取りましょう。 高い位置なので、椅子や脚立などを準備し、安全に作業しましょうね。 また材質によっては変色の心配もあるため、目立たない箇所で試してから行うことをおすすめします。 床はクエン酸スプレー(スプレー容器に水200mlとクエン酸小さじ1を入れて混ぜたもの)または、お風呂用中性洗剤をスプレーし、ブラシを使ってこすりシャワーで洗い流します。 毎日行うことにより、水垢がたまりにくくなります。 壁も床と同じくクエン酸スプレーやお風呂用中性洗剤を使用し、スポンジで軽くこすり、シャワーで洗い流しましょう。 鏡や蛇口の掃除.

次の

お風呂の排水口は重曹とクエン酸を使って5分でスッキリお掃除

お風呂 排水口 掃除

塩素系漂白剤は強力ですが、小さいお子さんがいるおうちでは使うのをためらいますよね。 そんなおうちでは、体に害がない自然由来の「重曹」と「クエン酸」を使うのがおすすめです。 排水溝の掃除には、クエン酸と重曹をあわせて使うのが効果的なんですよ。 用意するのは、 粉のままの重曹を1カップ(200cc)と、水200mlに小さじ1杯のクエン酸を溶かした「クエン酸水」の2つだけ。 排水溝に 重曹をまんべんなくふりかけたら、その上からクエン酸水をかけてください。 すると、重曹とクエン酸が反応してシュワシュワと泡立ち始めるので、 30分以上放置すると泡の力で汚れを落としてくれます。 時間を置いたら、泡の力で浮き上がった汚れをシャワーで洗い流してください。 残った汚れは歯ブラシでサッとこすれば簡単に落ちますよ。 ゴミ受けにアルミホイルを入れておくと、水の流れを受けて金属イオンが発生し、菌の繁殖が抑えられてヌルヌルとした汚れが発生するのを抑えることができます。 アルミホイルを3cmほどに軽く丸めたものを、排水溝の受け皿に置くだけなので簡単ですよ。 ヌルヌルが発生しにくいので髪の毛などを取っておけば、洗剤を使って掃除する必要がなくなります。 排水溝にカバーをつける 排水溝に髪の毛などがたまって汚れがひどくなるので、髪の毛をこまめに捨てるのがキレイをキープするコツです。 できるだけ髪の毛を捨てやすくするために、次のような排水溝カバーを利用するのがおすすめです。 排水溝の上から貼り付けるだけで、髪の毛が流れ込むのを防げます。 たまった髪の毛はシートごと捨てるだけなので手間もかかりません。 お風呂の排水溝が汚れるのは、髪の毛がたまって汚れが滞留してしまうからです。 お風呂上がりに髪の毛を取るように心がけるだけでも、排水溝のヌメヌメとした汚れはかなり抑えられるはず。 毎日、最後にお風呂を出る人が排水溝にたまった髪の毛をティッシュやビニール袋で取るだけでもかまいませんし、排水溝カバーを利用するのでもかまいません。 一番やりやすい方法を選びましょう。 排水溝の目隠しをあえて外しておいて、髪の毛がたまっているのが目に見えるようにすることで、髪の毛の取り忘れを防ぐなんていう方法もありますよ。 汚れがひどくなると掃除するのも一苦労ですが、毎日髪の毛をとるくらいならほんの数秒ですみます。 お風呂の排水溝は「汚れてから洗う」のではなく、「汚れる前に洗う」姿勢が大切です。

次の

お風呂の排水口の髪の毛掃除を簡単にする100均グッズを使い比べてみた!

お風呂 排水口 掃除

髪の毛• 石鹸カス• 皮脂の汚れ• 靴下やタオルからのホコリ• 水垢やカビ• ヌメリやヘドロ このように、排水口の汚れは、単純なヌメリやカビだけでなく、詰まりの原因になりやすい髪の毛やホコリもあり、掃除をするのもなかなか面倒です。 ただ、 「また今度掃除しよう」と放置してしまうと、排水口が詰まってしまったり、汚れがどんどん溜まったりするので、しっかりと掃除する事が大切です。 効果的な掃除方法 お風呂の排水口を詰まらせずに、綺麗に保つためのポイントは、「 毎日の簡単掃除」と「 定期的なしっかり掃除」をする事です。 シャワーなどで汚れを洗い流した後に入る浴槽でも汚れがあるので、その汚れが溜まる排水口の掃除はやはり必須になってきます。 毎日の簡単掃除 毎日の掃除としては、まずは お風呂の後に髪の毛を取るだけの簡単な掃除でもOKです。 とはいえ、毎日排水口の蓋を外して髪の毛を取るとなってくると、意外と面倒なので三日坊主になる人も多いと思います。 毎日の浴槽の掃除などと合わせて掃除するのが1番ですが、なかなか続けられない場合は、2〜3日毎に取るようにしましょう。 お風呂の後ではなくて、 朝に取ると排水溝も乾燥しているので、お風呂の後だと排水溝に張り付いて中々取れない髪の毛もゴッソリと楽に取れます。 あと、お風呂の床掃除をするのも排水口の掃除に繋がっていたりします。 中性洗剤などで床の掃除をすると、流れていく洗剤で排水口も少し綺麗になっていたりしますので、排水口の周りは洗剤を多めに使うと良いかも知れません。 定期的なしっかり掃除 簡単な掃除をしていると、排水口の汚れも溜まりにくくはなりますが、やはり 定期的に3〜4週間毎のしっかりとした掃除も必要です。 最近の家のお風呂は、ユニットバスが多く、基本的に排水口は、「フタ」・「ゴミ受け」・「封水筒」の3パーツになっていると思います。 普段の掃除で、 「ゴミ受け」部分は簡単に掃除できますが、細かい汚れや「フタの裏」・「封水筒」の汚れは洗剤を使って汚れを落とさないとなかなか綺麗にならない場合も多いです。 これらの掃除方法ですが、基本的にはそれぞれのパーツを外して、カビキラーなどの洗剤で擦り洗いをしましょう。 フタ部分の汚れ ヌメリやカビ汚れなので、割と簡単に汚れは取れると思います。 カビ汚れが強い場合は、洗剤を数分浸け置きしてからブラシで擦りましょう。 ゴミ受けの汚れ まず、髪の毛やホコリなどを取り除きましょう。 網目状になっているので、それぞれの網目の端の細かい部分もブラシでしっかり擦ります。 面倒くさがらず、表裏のどちらからもブラシ掃除すると汚れも取れて綺麗になります。 封水筒 中々じっくりと見る機会もないですが、ゴミ受けを外して見てみると、ヌメリ汚れが結構ついていると思います。 常に水が貯まっている場所ですが、水が貯まっている上部分に泡タイプの洗剤などをスプレーしてからブラシで擦って掃除しておきましょう。 ヌメリ汚れ自体は、洗剤をかけて擦るとすぐに取れる事と思います。 お湯をかける時に勢いよくかけると洗剤が多く流れてしまうので、ゆっくりとかけましょう。 実際にこれだけで汚れが取れるのかどうかですが、そこまで甘くはなかったです。 上記の写真はある程度汚れは取れていますが、放置した後でブラシで擦った後の写真になります。 放置して水で流しただけでは汚れは取れきれていませんでした。 (そこそこ汚れている写真だったので載せるのはやめておきます。 ) ただ、 放置して水で流した後でブラシで擦ると、割と楽に汚れは取れたので、汚れを浮かす力はあると思います。 強くこびり付いてしまっていた一部のカビは残りましたが、全体的な汚れは取れて元と比べてかなり綺麗になりました。 あと、 排水口全体に泡が広がるので、ゴミ受けの網目状の部分や封水筒にも満遍なく洗剤洗い出来るという所は、他の洗剤よりも優秀だと思いました。 こすらず綺麗に掃除は難しいですが、元々仕上げにブラシ掃除をすると考えた場合は、そこそこ便利な洗剤ですので一度試してみるのも良いかもです。

次の