解体 工 事業 豆 知識 青木 こう ぎょ う。 経営業務の管理責任者とは|解体工事・建設業許可に関する法律や要件など

ブログ|板橋区の解体工事は朋工業

解体 工 事業 豆 知識 青木 こう ぎょ う

代表取締役社長 林 亨二• 会社名 株式会社 H. Kダイヤ• 所在地 大阪府松原市天美東7丁目111 TEL: 072-339-3005 FAX: 072-339-3006• 支店・営業所 大阪支店 大阪府松原市天美東7丁目10-20 1F TEL: 072-321-8005 FAX: 072-321-8006 栃木営業所 栃木県宇都宮市御幸ヶ原町205-34 TEL: 028-661-5222 FAX: 028-661-5222• 役員 代表取締役 林 亨二• 設立年月日 平成22年 4月 設立• 取得資格許可 大阪府知事許可(般-30)第139350号 とび・土工工事業 解体工事業• 事業内容 建造物解体工事、土木工事、 低公害解体工法、コンクリート切断工事一式、各種ダイヤモンド切断穿孔工事、各種アンカー打設工事• 取引銀行 りそな銀行、池田泉州銀行、尼崎信用金庫、大阪シティ信用金庫• 主な取引先(敬称略) 信幸建設株式会社、株式会社プライムエコ、株式会社ハンシン建設、 東海カッター興業株式会社、五洋建設株式会社、三同建設株式会社、 株式会社大林組、株式会社大都、株式会社五大コーポレーション、 第一カッター興業株式会社、旭ダイヤモンド工業株式会社、株式会社シブヤ、 中央総業株式会社、株式会社コンセック、青木あすなろ建設株式会社.

次の

解体工事に必要な手続き|建物解体工事専門アヴァンセ株式会社|名古屋・愛知・岐阜・三重

解体 工 事業 豆 知識 青木 こう ぎょ う

解体工事業の技術者要件~経過措置終了で注意喚起 建通新聞 2020年2月17日 1面 建設業許可において29業種の工事業種があります。 実は、約4年前の平成28年(2016年)6月に43年ぶりとなる許可業種が新設され、28業種から29業種になりました。 その新設された業種というのが 我らが 【解体工事業】 というわけです。 解体工事業はそれまでは「とび・土工・コンクリート工事業」の中でざっくりとした感じでまとめられてましたが、これを機に、分離独立して 解体工事だけを手掛ける専門業種 になったということです。 私たち解体工事業者としては、専門性と独立性を確保できるようになった、建設業においての「解体工事業」新設は大きなニュースでもあり、ちょっとした独立した存在価値を認められたという点でも嬉しかったですね。 おそらく、全国解体工事業団体連合会さんも長年に渡り、「解体工事業」新設へ力を注いでくださったことかと思われます。 それにしても、なぜ「解体工事業」が新設させたかという背景についてちょっと気になって以前調べたことがあります。 経過措置 施行日(2016年6月)以降、500万円以上の解体工事を施工する場合は解体工事業の許可が必要になります。 とはいえ、法律が変わったからといって、すぐに切替ということではないのです。 何事においても、日本の法律は大体このような場合、『経過措置』という新しい法律にそった形に私たちが合わせるまでの期間を設けてくれます。 『所謂(いわゆる)、時間的猶予というものが与えられるので、それまでに、解体工事業をする者は建設業の許可業種その他諸々を変更してね』 といった状況になってます。 さて、解体工事業の新設にあたり、2つの経過措置が実はあるということはご存知でしょうか? 私自身、建設業許可の「解体工事業」を追加すればいいとだけ思っていたのですが、実際色々と改定に伴い、芋づる式で色々と考えなければならないことがあったので、ここに備忘録として書き記しておこうと思い、今回投稿をさせていただきました。 国土交通省も注意喚起を行っていることです。 施行日(2016年6月) 時点で 「とび・土工・コンクリート工事業」 の技術者に該当する者は、5年間(2021年3月31日)までは、 解体工事業許可の技術者資格の他、既存の とび・土工・コンクリート工事業の技術者資格でも解体工事業の許可が認められています。 よって、2021年4月1日以降は新しい解体工事業の技術者資格のみでの申請となります。 この経過措置は、現行の解体工事業者への影響を配慮したものとのことですが、経過措置満了後は、新しい要件での資格または実務経験が必須となるので、新たな技術や資格での解体工事業許可保有が望ましいということになります。 では、「解体工事業許可の技術者要件」について、もう少し詳しく説明したいと思います。 予約制ですが、経過措置期間が1年強となり駆け込み需要も見込まれると思われます。 つまり、 「とび・土工・コンクリート工事業」 の許可業者は2019年5月までに解体工事業の許可をとらないと、2019年6月からは500万円以上の解体工事はできなくなる。 (すでに経過措置満了) 技術者も、2021年4月からは、 「とび・土工・コンクリート工事業」 の技術者ではなく、「解体工事業」の技術者要件を満たさないと許可が維持できなくなる。 念のため、 経営業務管理責任者・技術者 の要件はしっかりチェックしましょうね。

次の

悪徳解体工事会社のトラブル、手口はどのようなものがありますか? プロが答える豆知識

解体 工 事業 豆 知識 青木 こう ぎょ う

皆さんこんにちは。 岡山・広島を中心に中国地方・四国地方・兵庫・大阪・九州北部で、墓石の設計・施工・販売・リフォーム・クリーニングなどを手掛けている有限会社西山石芸です。 お墓に関する依頼について、「墓じまいを依頼したら高額請求をされた」「国産の石材をお願いしたのに、外国製の石材を使われた」など、トラブルになるケースもあります。 石材やお墓づくりについて詳しくないと、安心できる業者なのか依頼前に見分けるのは難しいものです。 そこで、資格を保有しているかどうかがひとつの判断基準になります。 今回は、業者選びの参考になるように、お墓づくりに関する工事業者が保有する資格について紹介します。 一定規模の工事現場には資格を持った現場監督を必ず置くことになっていますし、電気工事士の資格保有者でなければ、電気工事を行ってはならないと法律で定められています。 しかし、お墓づくりの際には基礎工事が行われるにもかかわらず、基準や資格などの法的な定めはありません。 お墓には、地域によって様々な慣習があり、その土地の石材店によってお墓の基礎工事も変わってきます。 建築基準法に合わせたコンクリート構造にするものから、モルタルを敷くだけのものまでさまざまです。 土木工事では当たり前の基礎が、お墓の工事ではきちんとされていないケースもあるのです。 お墓に関する免許・資格は法律では義務付けられていませんが、各工事業者で公的な免許や資格を取得している場合も多くあります。 そのような業者を選べば、安心してお墓づくりを任せられます。 ・「お墓ディレクター1級・2級」(日本石材産業協会認定) お墓の種類や歴史・文化、供養に関する知識から、埋葬に関する法律や石材の種類、加工法まで、お墓に関して幅広い知識が必要とされる資格です。 日本石材産業協会が主催するお墓ディレクター検定試験に合格すると取得できます。 お墓を作ることが初めての方は、供養や慣習についてわからないこともあり不安に感じられるかと思います。 そのような時に、専門知識を持ってアドバイスしてくれるお墓ディレクターがいると心強いです。 ・「建築石材アドバイザー」(全国建築石材工業界認定) 石材の施工について幅広い知識が問われ、建築石材業のプロであることを認定する資格です。 アドバイザーとシニアアドバイザー(上級)の2種類があります。 ・「石材施工技能士1級・2級」(厚生労働大臣認定の国家資格) 石材施工技能士には、「石材加工作業」「石張り作業」「石積み作業」の3つに区分されています。 学科と実技試験に合格することで「石材施工技能士」を名乗ることができるようになります。 墓石作りにはいろいろな専門技術が必要になるので、国家資格の石材施工技能士がいる石材店であれば、品質の高いお墓づくりが期待できます。 ・職業訓練指導員(石材科) 厚生労働省管轄の職業訓練指導員免許のひとつです。 指導方法と石材学・安全衛生、デザインや加工法の学科試験と、石材加工などの実技試験に合格することで取得できます。 その他にも、クレーンやフォークリフトの免許、玉掛け技能など、土木作業をする際に必要な資格もあります。 また、産業廃棄物収集運搬業の資格を持つ業者であれば、お墓を撤去して他の墓地に移転させる墓じまいも可能になります。 ・建設業の許可(石工事) 石積み(石張り)工事やコンクリートブロック積み工事など、石材・コンクリートブロック・擬石などのの加工や積方により工作物を築造したり、工作物に石材を取り付ける工事を請け負う際に必要となる許可申請です。 墓石工事という点では、4m以上の墓石を建立する際には必須であり、一般的な大きさのお墓には必ずしも必要とはされません。 しかし建設業の認可を取得しているということは、墓石工事や石工事に対してきちんと向き合っているという企業姿勢のあらわれです。 こうした建設業の許可を確認することも、優良業者を見分けるコツの1つです。 ・廃棄物収集運搬業許可 お墓の撤去・解体、いわゆる「墓じまい」の際に必要となる許可になります。 一般的に、先祖の霊を埋葬・供養してきた「宗教的感情の対象物」である限り、廃棄物として取り扱うことは適切ではありません。 ただし墓じまいを行う場合は、墓の供養(閉眼供養)を行いますので、その後は宗教的感情の対象ではなくなり、廃棄物処理法に従う必要があります。 具体的には、何をどのようにどこへ処分したかを「建設系廃棄物マニフェスト」に沿って登録し、適切に収集運搬・処分しなければなりません。 お墓づくりには法的な免許が必要ないからこそ、技術を裏付ける公的な免許や資格を積極的に取得している業者だと安心ですよね。 西山石芸では、建築石材や造園工事なども手掛けているため、石工事や土木の建設業許可をはじめ、石材・建築関連の様々な資格を保有しています。 廃棄物収集運搬許可もあるため、墓じまいにも対応できます。 経験豊富な職人と、CADやパースを使った最先端の設計で納得のいくお墓づくりをご提案いたします。 大切なお墓づくりの際には、西山石芸にぜひお声がけください。 <西山石芸へのお問い合わせ先> TEL.0865-60-0555.

次の