きょうこつ。 3 頬骨骨折 (きょうこつこっせつ)・ 頬骨体部骨折(きょうこつたいぶこっせつ)

きょうこつとは何?Weblio辞書

きょうこつ

『』の登場人物は別項で解説する。 その名の通り、白骨化した姿のである。 井戸にうち捨てられた骸が激しい怨念によって死霊化したものとされる。 祟るために、あるいは捨てられた場所を知らせるために、狂骨となって現れる。 の小説「」でもその名が知られる。 創作作品において ゲゲゲの鬼太郎 に登場。 がバスガイドとして同行した小学校の修学旅行にて、古都巡りの最中に訪れた立ち入り禁止の古井戸の中に潜んでいた。 口から吐く炎は犠牲者を白く固めて消滅させ、戦闘においては自在に動いて相手を拘束する。 更に死人の魂の集合体なので、物理攻撃では瞬く間に再生してしまう。 元人間のヤクザの狂骨、が登場。 人間時代からのドスと銃で戦うが特殊な能力は持ってない。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

心筋梗塞とは?原因・症状・治療・手術方法をわかりやすく解説|ニューハート・ワタナベ国際病院

きょうこつ

凶骨の邪将クエイクス VR 闇文明 7 クリーチャー:デーモン・コマンド 6000 このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の他の闇のクリーチャー1体につき相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。 W・ブレイカー で登場した。 で他の味方のの数だけできる。 単体で出すとただのだが、味方のが並んでいる状況ならを撃てる。 7圏のならばやが存在するのではなかなか厳しい。 こちらの利点としてはにを残ること。 相手の選択肢を奪いながら打点を増やしていけると考えればそこそこ強力。 のやとは相性がいい。 多く並べれば並べるほどコストが減り、捨てさせられる手札の枚数が増える。 を含むではもしくはを使えば次ターンで綺麗に繋げる事ができ、捨てさせられる手札の枚数も増やせる。 そこからのなどに繋げると、を使わない相手には負担をかけることができる。 ただし、同コストで3枚までが可能なが存在している現状、の見劣りは否めない。 他にはやがいる。 前者は相手ののの数だけされ、でを撃てる。 後者はで自分のの数だけが可能。 登場初期はなどの系デッキの候補でもあり、当時は実際の対戦上2枚から3枚刈り取れれば十分であった。 だが、現在のに入れるにはやや重い。 並べやすいやを使うのも手。 他にもや、など、相性のいいカードは増えている。 しかし、後にでを放つが登場。 コストこそ10と重いが、このカードの立場が悪くなったのは間違いない。 更にの恩恵を受けられ3枚ができるが登場しますます立場が悪くなった。 と対になるカードである。 映画第3作の劇中で登場し、台詞もあったことからかではで登場したのにて出演を果たした。 ただし、クエイクス自身はになって久しく入手もやや難しい。 アニメ「デュエル・マスターズ」ではが戦で使用。 ハンデスをし、次のターンにに進化した。 では [ ] 凶骨の邪将クエイクス SR 闇文明 7 クリーチャー:デーモン・コマンド 6000 バトルゾーンに出た時、自分の他の闇のクリーチャー1体につき1枚、相手の手札をランダムに捨てさせる。 スレイヤー W・ブレイカー• ()ではに昇格。 が追加された。 スレイヤーが追加されたのは自身の武器であるがスレイヤー付与の効果を持つからだろう。 実装直後は「7枠しかないバトルゾーンに闇クリーチャーを蓄えておく」という条件が厳しそうに見え、ハズレアだという意見が一般的であった。 ところが、デュエプレではコストが8になったよりも1ターン早く使えることや、次ターンにへスムーズに繋がること、中型クリーチャーに1,2枚のランダムハンデスがあっただけでも十分強いことから評価が一転。 マナを伸ばす闇主体デッキで使える強力なカードという立ち位置に付いた。 関連カード [ ]• フレーバーテキスト [ ]• 玉座に座る凶骨の邪将は瞬く間に希望を摘み取った。 収録セット [ ] [ ]• illus. illus. [ ]• illus. 参考 [ ]•

次の

橈骨

きょうこつ

:きょうこつ 【英】:, 頬骨は頬のたをするほぼの骨で、、、、の4種の骨に囲まれている。 体および2を。 体は3面を。 面はにており、ほぼにがある。 この面より頬骨筋が起こる。 面は体の面にありの前壁をなすした面でがある。 面は体のにあり下の前壁をなすで、にひらく。 ここにはのであるがとおる。 は体よりに千つ骨の頬骨および大翼とする。 は体よりに、としてをする。 からみると、頬骨の縁は縁およびを、縁および後は縁をなし、前はする。 内における頬骨は大翼面および面とし、ではのように大翼とする。 のがのややでいのを出すが、このをという。 Zygomaticumはのzygon(軛 , )にするである。 したがってこの骨の名には「頬」の意味はない。 の頬骨はよい名前であるが、とになるのでを。

次の