個別指導塾 料金。 個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方(料金や特徴など)を徹底解説

個別学習のセルモ:個別指導塾 料金比較

個別指導塾 料金

なかでも学習塾への毎月の費用は、どれくらいになるのでしょうか。 同じ調査によれば、お子様が小学生の場合と高校生の場合は、「10,000円未満」がもっと多いという結果になりました。 年間1円以上支出者のみの、補助学習費の平均額は以下の通りです。 <公立校> <私立校> 出典: 全体的に、 家庭教師よりも学習塾の方が年間でかかる費用が高いようです。 試験前や長期休みなど、一定の期間だけ家庭教師を利用する方が多いことがわかります。 従来の塾とは違い、 Z会の良質な映像授業、対話式トレーニングによるアウトプット、トレーナーによるカウンセリングを軸とする、全く新しい進学塾です。 大学受験ディアロの 月々にかかる費用は月謝のみで、コース、キャンペーン、入塾時期によっても変わります。 詳しい料金については、各校舎にお問い合わせして確認できます。 また、今なら 満足度99. また、プロ講師による少人数演習指導「DUO指導」や、プロ講師と1対1の「ONE'S授業」、「推薦総合対策講座」など、目的に合わせて幅広いコースを用意しています。 最先端AI技術を用いた画期的な予備校なので要チェックです。 気になる城南予備校DUOの料金・費用ですが、コースによって変わってくるので、各校舎でお問い合わせしてみることをお勧めします。 安い塾はどこ? 料金が安い塾の一つに、があります。 個別教室のトライは、120万人 以上の指導実績かつ、自分の好きなカリキュラムを組むことができます。 個別指導塾で安いところはどこ? 個別指導塾で安いところも、です。 個別指導は集団塾と比べて、入会金や授業料が高くなります。 ですが、個別教室のトライの場合、予算に合わせたカリキュラムを組むことができるので、オススメです。 安い塾っていいの? 安い塾だからといって、質が悪いとは一概に言い切れません。 また、塾選びで大切なのは、講師の質・授業内容・システム・料金・実績などたくさんあります。 StudySearchでは、料金のみで塾を選ぶことをオススメしていません。 自己管理など、自分で勉強のスケジュールなど組めない方は、に頼んでみてもいいでしょう。

次の

料金(授業料・月謝)が安い塾ランキング、個別指導・集団塾|StudySearch

個別指導塾 料金

ただし、集団クラスに比べて時間単価は高く、一般的に集団授業の 3~6倍ほどの学費がかかると言われています。 講師から丁寧な指導を受けられる分、授業料やテキスト代などの料金は高くなるため苦手科目だけ個別指導で対策を行っている人が多くいらっしゃいます。 いっぽう、授業料の安さを売りにしている個別指導塾の場合は、アルバイト講師で一人で多くの生徒を見ることができる「巡回型」の指導方法を採用しているケースが多いようです。 また、個別指導の場合、地域、対策コース、回数によって授業料が異なってくるため、ホームページなどでは掲載していない場合が多いようです。 したがって、気になる方は 資料請求や最寄の教室に料金を直接問い合わせるなどして確認してみましょう。。 授業料の安い集団指導塾のほうがおトク? 集団指導塾の場合、講師1人あたりの生徒の人数が多いので、個別指導塾の半額程度の授業料で受講できるケースも少なくありません。 では、個別指導塾に行くのは経済的に損かというと、必ずしもそうとは言い切れません。 まず、学校の授業に付いていけてない人は集団塾も学校と同じく一斉授業を行うため取り残されるリスクがあり、結果として塾に通ったものの成績はあまり改善されなかったという声をよく耳にします。 これでは、 お金を払って塾に通った意味がありません。 そんな人は丁寧に指導をしてくれる個別指導塾のほうが、学習方法を一から教えてもらえるので 成績も伸びやすい傾向があります。 個別指導塾は授業料が少し割高になりがちですが、講師から直接指導してもらえるので授業に付いていけず取り残されてしまう心配もなく、学力を着実に向上していけます。 授業料と指導力とのバランスが重要 個別指導塾は一般的に集団クラスよりも高い傾向がありますが、これは講師を1人または2人で独占して教えてもらうため、それだけ人件費がかかってしまうからです。 最近では、個別指導塾の増加に伴い授業料の安さをアピールする教室も増えてきましたが、重要なのは費用や料金の安さではなく子供を信頼して預けられるかどうかです。 授業料が安くても相性が悪かったり、アルバイト学生による指導で成績が伸び悩んでいたりしては、 かえってお金の無駄となります。 予算をオーバーしてしまうようなら 苦手科目に絞って個別指導塾に通塾させ、あとは集団クラスで学ばせるのも1つの方法です。 講師から直接丁寧に指導してもらえるため短期間で飛躍的に学力を伸ばせるのが個別指導塾の魅力です。 体験授業や学習相談会を通じて「授業料の予算」と「指導力」とのバランスを見極めながら、割安で質の高い学習塾を見つけていきましょう。 授業料負担を軽減する方法 個別指導塾はマンツーマン講義が基本であり、その分集団講義形式の塾よりも授業料が高く設定されています。 少しでも授業料やテキスト代などの料金負担を安くするためには、全科目ではなく 苦手科目に絞って単科で授業を取ることをおすすめします。 数学や英語といった苦手を作るとなかなか克服することが難しい科目や、偏差値を上げる為に足を引っ張っている科目で個別指導塾のマンツーマン指導を受けることにより、安い授業料で苦手克服に一歩前進することができます。 また、講義もマンツーマンではなく 1対2や 巡回型のコースを受講することによってマンツーマンより授業料を安く抑えることができます。 少人数指導なら、一緒に勉強するライバルがいるため競争心が湧いてマンツーマンより高い学習効果を得られるケースもあります。 個別指導塾によっては、単科での通学や少人数制授業に参加するだけでも専用自習室を利用することが可能であったり、チューターにいつでも質問が可能となっているため料金面で非常にお得と言えます。 個別指導塾の授業料相場を調査 個別指導塾は、少人数制の授業で先生一人当たりが指導する生徒の数が少ないため、一般的には他の授業スタイルの学習塾と比較すると授業料がどうしても高くなってしまう傾向があります。 もちろん、各個別指導塾ごとに授業料は異なりますし、1対1なのか1対2以上かによって料金に差が出て来るので一概には言えませんが、まずはおおよその目安として個別指導塾の授業料の料金相場はだいたいどれくらいなのかを解説していきたいと思います。 条件1:入会金、テキスト代、などその他諸々の料金を抜かし、週に1回60〜90分の授業を受講した際の月謝料金 中学生の授業料 11,000円〜16,000円 高校生の授業料 15,000円〜20,000円 というように、こちらが個別指導塾の月謝料金のおおよその料金相場です。 ただし、中学生・高校生でも3年次の受験対策コースなどでは料金が高額になることもあります。 次に、個別指導塾は、一般的に他の授業スタイルの学習塾に比べると授業料が高いと言われているものの、実際にどのくらいの料金の差が生じるのかわからないという人のために、他の授業スタイルの学習塾と比較した場合の個別指導塾の授業料の平均的な料金相場を調べてみました。 完全個別指導塾 個別指導塾 集団塾 家庭教師 授業回数(週) 2回 2回 3〜4回 2回 授業料(月) 30,000円 26,000円 20,000円 32,000円 入会金 10,000円 13,000円 10,000円 20,000円 諸経費(月) 1,000円〜3,000円 1,000円〜3,000円 1,000円〜3,000円 500円〜1,000円 月謝料金 31,000円 27,000円 21,000円 32,500円 上図の対象となる学年は中学1年生とし、授業時間は80〜90分の場合の平均的な授業料を含めた料金を示した表になっています。 このように、やはり個別指導塾は他の授業スタイルの学習塾と比較しても授業料が高い傾向にあることが伺えます。 しかし、ここで考えなければならないことは、学習塾の授業料は安ければ良いというわけではないということです。 当然ですが、授業料が安くても質が低くて何の効果も得られなければ何の意味もなく、逆に授業料が高くても自分にとって最適な環境で自分の目標を達成できれば、 それは非常に意味のある投資であったと言うことができます。 その中でも個別指導塾は、授業料は高いものの1人1人の目標に向かって自分のペースで学習できるため、非常に学習効果の高い塾だと言えます。 学年別の学習塾費用の平均 個別指導塾では、通常の授業の他に 夏季講習や冬期講習などの短期講習を行っていることが多いです。 対象は小学生、中学生、高校生と全学年が対象です。 入塾している生徒以外も受講することができることがほとんどなので、個別指導塾がどのような雰囲気か実際に体験してみたいという生徒が講習を受けることも可能です。 夏期講習や冬期講習は短期限定の授業になるため、料金も通常の授業料も抑えた金額になっていることが多いです。 個人指導塾の雰囲気を見てみたいという場合には非常に良い機会になるでしょう。 一般的に、個別指導塾で開かれている夏期講習・冬期講習の料金相場は、1教科あたり 4,000~5,000円程度(講座4回分の料金)。 講座のコマ数や教科の数によって料金が高くなったり、入塾料やテキスト代などの料金がかかる場合もあります。 また、小学生、中学生、高校生の学年によっても料金が変わることがあります。 このような休み期間の講習は、苦手科目の対策や学期に学んだ内容の復習などがメインです。 ただ個別指導塾の雰囲気を見るだけでなく、学力向上のためにうまく活用してみてください。 個別指導塾によっては、兄弟・姉妹が通塾している場合には料金割引などのキャンペーンを行っていることもあるので、そういったお得な料金割引を利用してみるのもおすすめです。 学年別の学習塾料金・費用の平均 ここでは、平成30年度に文部科学省によって発表された「子どもの学習費調査」をもとにどれだけ塾にお金をかけているかを見ていきたいと思います。 小学生、中学生、高校生の学年別で、1年あたり学習塾にどれくらいの費用をかけているかを表にしてみました。 学校 学年 公立 私立 小学校 平均 53,313円 252,790円 1年生 17,991円 114,452円 2年生 30,278円 121,978円 3年生 40,629円 162,612円 4年生 47,773円 257,528円 5年生 84,579円 384,113 円 6年生 96,289円 485,494円 中学校 平均 202,965円 153,365円 1年生 110,774円 117,141円 2年生 178,408円 156,644円 3年生 313,780円 186,569円 高校 平均 106,884円 129,313円 1年生 71,534円 85,200円 2年生 98,567円 120,636円 3年生 150,650円 183,807円 小学生の塾料金・費用 公立小学校の場合、中学受験を目指す生徒が小学生5・6年次に塾を利用する頻度が多くなるため費用が増加しています。 いっぽう、私立小学校の場合は小学生1年次から高い塾費用が発生しているのが特徴です。 これは、 これは、 公立に比べて私立小学校の学習スピードが速いことと、中学受験を行う生徒は早くから塾に通うため、小学生低学年でも高い学費が発生しています。 小学校は6学年と長いため中学生・高校生と正確に比較はできませんが、表によると私立小学校の 塾費用平均が一番高い金額になっています。 個別指導塾や集団塾に関わらず、講座の料金自体は中学生・高校生と比較して小学生はあまり高くないのが一般的ですが、それだけ私立小学生の塾の需要が高いことが伺えるでしょう。 中学生の塾料金・費用 中学生を見てみると、公立中学校に通う生徒の塾費用が私立中学や高校生よりもお金がかかっていることが分かります。 これは、公立中学に通う生徒は高校受験を控えているためであり、表からも分かるように3年次の平均塾費用が一番高いです。 中間一貫校の公立はまだまだ少なく、 大半の中学生は高校受験を受ける必要があるため、多くの生徒が塾を利用して対策を行います。 いっぽう、私立中学に通う生徒の塾費用が少ないのは 中高一貫校が増えており、高校受験を経験しない中学生が増えているからです。 また私立中学で塾に通う生徒は、国立上位や医学部など超難関入試の現役合格を目指す生徒が多いですが、まだまだ大学入試までは時間があるうえ、進学校は学校授業も大学入試に備えて力の入った指導・カリキュラムが取り入れているため、塾は授業の補てん的位置づけが強いようです。 ただし、私立中学生も6年間という余裕のある学生生活のなか早くから大学入試に備えて学習を始めることは上位大学や医学部へ現役合格するためには重要です。 塾を有効活用していきましょう。 高校生の塾料金・費用 高校の場合は、大学へ進学する生徒もいれば、就職や専門学校を選ぶ生徒もいるため、塾に通う生徒は中学生と比較すると少なくなります。 ただし、子供の学習費調査によると、高校生の通塾率は公立高校が37. 8%、私立高校が38. 2%という結果がでており、 3人に1人が塾に通っていることになります。 少子化に伴う大学全入時代の到来と叫ばれる昨今の事情を鑑みれば、ほとんどの高校生が大学を目指すのは自然の流れかもしれません。 大学進学を目指す人は 高3生になる頃には塾や予備校で対策を行う人がほとんどのため、費用も高額化しています。 私立高校の進学校であれば、中高一貫校も多く早い段階から大学入試を見据えた対策が行われるため、塾費用も高2生から増加しているのが分かります。 一般的に塾や予備校の授業料・テキスト代などの料金は、大学入試を控える高3生が授業数や教科も増えていくため高くなります。 大学卒業するまでの教育費はいくら? 昨今の世の中では学力社会が謳われており、小学生から進学塾に通わせる家庭も少なくありません。 子供を予備校や個別指導塾に通わせたりするため、子供にかける塾の授業料や学習教材の料金などといった教育費は年々増加傾向にあります。 その他にも、習い事に通わせたりすればさらにお金がかかってしまうため、子供を育てるには多額のお金がかかってしまうのが現状です。 そこで、ここでは子供が幼稚園から大学を卒業するまでにかかるお金の平均的な額を、表を用いて解説していきたいと思います。 表の金額は全て1年間でかかるお金を、習い事等に通った場合とそうでない場合に分けて記載しております。 特に私立に通わせた場合、小学生・中学生・高校生を通して公立と比較すると学費に大きな差が生まれることがわかります。 しかし、平成30年度の文部科学省「子どもの学習費調査」によると、私立の小学校に通う生徒の割合が全体の 1. 小学生、中学生の年代では多くの生徒が公立の学校に通っているということです。 そのため、たとえ私立学校に通うとしても、多くのお子さんが高校、大学から私立学校を選ぶという可能性がに高くなると言えるでしょう。 特に、大学では国公立大学に合格することは非常に狭き門で、多くの生徒が私立の大学に通うことになります。 その上、親元を離れて暮らす子供には大学の授業料に加えて生活費もかかってしまうため、子供が大学に通うには多額のお金がかかるでしょう。 浪人して1年間予備校に通うとになったら、100万円以上の学費が追加で発生してしまいます。 現役合格または比較的学費の安い国公立大学を目指すのであれば、 早いうちから個別指導塾や学習塾で対策するに越したことはありません。 個別指導塾に通うと授業料が発生しますが、浪人したり私立に進学してしまうことを考えると、かえって経済的になることもあります。 個別指導塾の価値 一般的に、集団授業と比較したら、先生1人あたりが教える人数が少ないため、授業料などの料金が割高になってしまう個別指導塾ですが、高い授業料を払ってまで個別指導塾に通わせることにどんな価値があるのでしょうか。 では、そもそも「塾」の存在意義とはなんなのでしょう。 勉強は1人でできるにもかかわらず、生徒はなぜ塾へ行くのでしょうか。 親はなぜ授業料やテキスト代などの高い料金を払ってまでして塾に行かせるのでしょうか。 その問いに対して細かく答えれば、たくさんありますが、やはり一番は勉強する環境を求めて塾に行くのではないでしょうか。 当然、多くの子供は勉強が嫌いで、できればしたくないと思っています。 しかし、これから大人になっていく上で勉強は不可欠ですし、名門と呼ばれる中学・高校・大学に行くためにも勉強をしなければなりません。 そのため、その目標・目的を達成する手助けをするために塾が存在していると言えます。 では、集団授業や家庭教師を選択せずに、あえて授業料の高い個別指導塾を選択することにどれだけの価値があるのでしょうか。 個別指導塾では、なんといっても先生1人あたりが教える人数が少ないため、先生が生徒と深く向き合ってくれます。 そして、生徒に合わせたカリキュラムを組んでもらえるため、自分のペースで 目標に向けて最短距離で学ぶことができます。 集団授業だと、どうしても授業の形式が学校と何も変わらないため、クラスごとにレベル分けされても一人ひとりのペースに完全に合致しているとは言えません。 また、生徒によっては質問できなかったり、怠けてサボってしまったりすることさえあり得ます。 特に、子供の意志とは反対に親が半ば強制的に塾に通わせている場合は、嫌々通っているため、十分な効果を得るどころかマイナスに作用することだってあり得ます。 しかし、このようにせっかく教材の料金や決して安いとは言えない授業料を払っているのにもかかわらず、このような事態に陥ってしまうとなんの意味もありません。 そのため、個別指導塾に通うことは、ある意味確実な成果を得るために行くといっても過言ではありません。 個別指導塾は授業料が割高ではありますが、多くのメリットがあり、一概には言えませんが高い授業料を払ったぶん大きな成果を得ることができます。 最近では授業料が高くないところも増えており、個別指導塾のなかでも 多種多様な指導を行っています。 個別指導塾の価値は、このように集団塾では得られない確かな学習環境にあります。 個別指導塾を検討する際には、個別指導塾の最大のメリットとも言える学習環境をチェックするためにも、体験授業などを利用して雰囲気を確かめてから選ぶことをおすすめします。 授業料の返金や違約金などはあるの? 少人数制で質の高い指導を受けられるため、比較的授業料も割高になってしまう個別指導塾ですが、人によっては合わないこともあります。 満足のいく効果が得られない場合もあるため、その場合は退塾も選択肢の1つとなってきます。 しかし、中途解約をする際などであれば、 違約金等が発生してしまうのかは気になりますよね。 まず、個別指導塾を退塾しようと考える際に一番に確認しなければならないことは契約内容です。 入会金、授業料、教材費などの料金について、自分の契約内容を確認する必要があります。 基本的に個別指導塾などを退塾する際は、即日退塾することはできず、多くの塾が一ヶ月前の申告制を取り入れています。 また、退塾する際には、 翌月の月謝もしくは20,000円程度の退塾費用の支払いが発生する教室もあるようです。 もちろん、個別指導塾によっては退塾の際に料金を払わなくても良いところもあり、場合によっては未受講分の授業料を返金してくれる個別指導塾もあります。 このように各個別指導塾によって異なってくるので、入塾前にしっかりと確認しておきましょう。 高い授業料を払って個別指導塾に通っていることを考えると、満足できない場合は思い切って解約することも時には必要です。 個別指導塾の特待生制度を利用できる 個別指導塾は手厚いサポートが受けられる反面、授業料や模試代、テキスト代を含めた料金は割高になってしまいます。 しかし、個別指導塾によっては、特待生制度を利用することによって、授業料などの料金を 全額免除・一部免除を受けることができます。 個別指導塾などの学習塾は、生徒を集めなど健全な塾運営のためには実績が重要。 各教室の価値は進学実績で決まると言っても過言ではありません。 そのため、学習塾側の立場から考えても、難関校に合格できるポテンシャルを持った生徒が集まれば合格実績の向上とアピール材料に直結するため、そのような生徒は料金を免除しても是が非でも欲しいのです。 よって、学習塾や予備校では、入塾テストや各塾が指定する模試などで基準を満たすと特待生に認定され、授業料や模試代やテキスト代などの料金を免除してもらうことができます。 しかし、個別指導塾では、集団授業の大手予備校などと比較すると、授業料などの料金が高い上に、特待生制度を導入している 個別指導塾は少ないです。 そもそも、個別指導塾に通う生徒は、集団授業に適応でないが故に個別指導塾を選んだ生徒が多くいます。 元々勉強ができる生徒が弱点補強のために個別指導塾を利用することもありますが、多くの場合は勉強が苦手な生徒が個別指導塾を利用する傾向にあります。 個別指導塾は、勉強ができる生徒をより上のステージに導くことはもちろんですが、勉強が苦手な生徒に寄り添って勉強を教えていくことにも重きを置いている教室が多いです。 しかし、個別指導塾でも、特待生制度を設けている個別指導塾もあります。 生徒の努力に応じて、ある一定の基準の成績向上が見られれば、奨学金を支給したり、授業料などの料金を割引している個別指導塾もあります。 むしろ、難関受験に力を入れた個別指導塾も増えてきているので、 差別化も含めて今後は特待生制度などの料金割引を取り入れる教室の増加が期待されています。 成績保証とは 高い授業料や教材費などの料金を払ってまで個別指導塾に通っているのにも関わらず、肝心の成績が上がらなかったら何の意味もありません。 そこで、質の高いサービスを提供することを確約する意味も込めて、成績保証という制度を導入している個別指導塾があります。 成績保証とは、定期テストなどで、教科ごとに各個別指導塾が定める点数以上の成績アップが成し遂げられなかった際に、その教科の授業料などの料金を 免除するという制度です。 成績保証があることで個別指導塾としての自信を示すだけでなく、生徒自身も具体的な数字で目標設定することでモチベーションアップにも繋がります。 しかし、いくら基準となる点数の成績アップが成し遂げられなかった場合に授業料を免除してもらえる成績保証とはいえ、毎回保証が適応されるわけではありません。 成績保証では、基本的には目標とする点数を一度でもクリアすれば、成績保証の制度は即終了します。 そのため、成績保証とは厳密にいうと、対象期間内に個別指導塾が定める基準点をクリアできなかった場合に授業料が免除される制度になります。 成績保証を導入するということは、個別指導塾としての 指導力の高さを自負している自信の表れででもあります。 多くの生徒に成績保証制度を適用してしまえば、塾側も売上がそれだけ途絶えてしまうため運営が困難になってしまいます。 とはいえ、実際に制度を利用する・しないは関係なく、成績保証制度を打ちだしているのは個別指導塾が期間内に成績を上げられるだけの実力がある証拠でもあります。 塾選びの際は判断材料の1つにすると良いでしょう。 料金で比較!授業料が魅力の個別指導塾.

次の

個別指導塾を徹底比較!料金の相場やメリットも紹介

個別指導塾 料金

中3のEさん 「勉強習慣をつけてテストで平均点以上取りたい!」 入塾時の学力 中3のEさんは、英語数学ともに、平均点に届かない点数でした。 全くわからないわけではないけど、演習を家でしないために成績が伸び悩んでいました。 その後も安定して平均点を超え、長期休み中にしっかりと復習を行ったことにより、休み後のテストでは英語数学ともに80点を超える点数を取るようになりました。 中3のEさん 「勉強習慣をつけてテストで平均点以上取りたい!」 入塾時の学力 中3のEさんは、英語数学ともに、平均点に届かない点数でした。 全くわからないわけではないけど、演習を家でしないために成績が伸び悩んでいました。 その後も安定して平均点を超え、長期休み中にしっかりと復習を行ったことにより、休み後のテストでは英語数学ともに80点を超える点数を取るようになりました。 中2のNさん 「授業についていけない英語をなんとかして、他教科も頑張りたい!」 入塾時の学力 中2のNさんは、英語に関しては、中学1年の一学期で習うような単語や文法から出来ておらず、学校の授業を聞いていても何を言っているのか全く理解できない状態でした。 数学に関してはおおよそ平均点前後の成績でしたが、応用問題は中々点数が取れない状態でした。 通塾後の学力 週4コマのWAYSでの学習を週3回、学校の教科書やプリントで分からない内容を全て勉強するため猛特訓をしてもらい、残り1コマを数学に関して自分でできない問題などを勉強してもらいました。 中2のNさん 「授業についていけない英語をなんとかして、他教科も頑張りたい!」 入塾時の学力 中2のNさんは、英語に関しては、中学1年の一学期で習うような単語や文法から出来ておらず、学校の授業を聞いていても何を言っているのか全く理解できない状態でした。 数学に関してはおおよそ平均点前後の成績でしたが、応用問題は中々点数が取れない状態でした。 通塾後の学力 週4コマのWAYSでの学習を週3回、学校の教科書やプリントで分からない内容を全て勉強するため猛特訓をしてもらい、残り1コマを数学に関して自分でできない問題などを勉強してもらいました。 通塾後の学力 週5コマで試験範囲と試験範囲の問題を解くための過去の必須単元の復習を行いました。 その後、コマ数を減らさずに、定期テスト対策だけでなく、大学受験の準備を行い、模試の偏差値も15以上上昇致しました。 通塾後の学力 週5コマで試験範囲と試験範囲の問題を解くための過去の必須単元の復習を行いました。 その後、コマ数を減らさずに、定期テスト対策だけでなく、大学受験の準備を行い、模試の偏差値も15以上上昇致しました。 通常指導 指導回数 週2コマ 週3コマ 週4コマ 週5コマ 週6コマ 指導料金(税別) 27,000 円 34,000 円 41,000 円 47,000 円 53,000 円 コマ単価 3,375 円 2,833 円 2,562 円 2,350 円 2,208 円• 入塾金は20,000円です。 別途消費税がかかります• 1回120分の個別指導です。 兄弟姉妹は2人目以降入塾金無料です。 設備費として月々1,980円(税別)を頂いております。 4週間分の目安料金表です。 実際は指導予定回数にて計算します。

次の