茨城 新聞 お悔やみ。 遺族の行政手続き一本化 小美玉市 : ニュース : 茨城 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン

日本全国47都道府県の訃報・お悔やみ情報 お悔やみの手紙やメール、弔電、供花お悔み花も│cocodama・ここだま・ココダマ

茨城 新聞 お悔やみ

うちの市の場合、新聞のおくやみ欄への掲載は葬儀社を通しての掲載になります。 まず、葬儀社が遺族に『無料ですがおくやみ欄に載せますか?』というように聞きます。 (お悔やみ欄よりも詳しく書いてくれる有料の死亡広告もありますし、著名人の場合は新聞社のほうからなので無料で載る場合があります) お悔やみ欄に載せる場合は、新聞社へ葬儀社から載せる内容と遺族の連絡先をFAXし、受け取った新聞社が遺族に電話して最終確認をします。 ここで遺族がやっぱり載せないと断れば載りません。 葬儀社を通してですので、葬儀社や遺族以外の人(赤の他人)が勝手に新聞へ載せることはありません。 近くの町では、昔は亡くなると町内放送でスピーカーから流れてきたので、その名残りで必ず新聞へ載せるという決まりがあります。 ですので亡くなると新聞に載るものだと思っている人も多いのですが、時代の流れで載せない選択をする人も増えてきて、忘れていると新聞社や葬儀社に苦情が多いそうです。 もしこういうこと・・・ですが、遺族が断ったというほかに、 新聞社は各社あるので、どの新聞に載せるかも聞いています。 見られた新聞に載っていなかっただけかもしれません。 あとは、掲載希望を連絡したのが遅く、葬儀後になってしまう場合。 そして、あってはいけませんが、新聞社への連絡ミスですね。 お悔やみ欄の情報自体は、通常は役所か葬儀社の人がFAX等で新聞社に送っています。 ですから掲載を断れば載りません。 近頃は仏壇や墓、ギフト関連の営業が激しく、一度乗せると営業マンが来たり、大量のカタログが送られてきたりしますから、載せる事によって何処かの誰かに知って頂く必要が無い場合は、特別載せることをしなくなりました。 近親者のみや、自分達で連絡の行き届く範囲のみの葬儀が増えたこともあり、むしろなるべくこっそり終えたいから知られないなら知られないままでおこうという人も増えましたので、そういう類だったのではないでしょうか。 追記:載せ方を聞いておられるわけではありませんので、載る時と載らない時の理由だけだけ説明しました。 訃報掲載は無料です。 大きく載せる場合だけが有料。 新聞を利用した死亡の告知には死亡記事(おくやみ記事)と死亡広告(黒枠広告)の二種類があります。 死亡記事(おくやみ記事)は家族の希望、判断によって掲載の有無を決定する記事であり無料です。 死亡広告(黒枠広告)はあくまで広告でありスペースに比例して有料となります。 ですので家族がおくやみ記事の掲載を希望しなければ掲載される事はありません。 補足ですがこの掲載については地元では葬儀社が葬家様に確認を行い地元紙やおくやみ情報センター(朝日、読売、毎日)に手配をします。 ちなみにこの掲載のメリットはお知らせが行きとどかない方にもお知らせする事が出来る為それらの理由で掲載を希望される方がおります。 デメリットは各業者がチェックしている為葬儀後法事の営業や仏壇の営業が来てしまう事ですね。 葬儀社の立場でお答え致しました。

次の

先日、知り合いがなくなりました。しかし新聞の『おくやみ』欄に載っていませ...

茨城 新聞 お悔やみ

うちの市の場合、新聞のおくやみ欄への掲載は葬儀社を通しての掲載になります。 まず、葬儀社が遺族に『無料ですがおくやみ欄に載せますか?』というように聞きます。 (お悔やみ欄よりも詳しく書いてくれる有料の死亡広告もありますし、著名人の場合は新聞社のほうからなので無料で載る場合があります) お悔やみ欄に載せる場合は、新聞社へ葬儀社から載せる内容と遺族の連絡先をFAXし、受け取った新聞社が遺族に電話して最終確認をします。 ここで遺族がやっぱり載せないと断れば載りません。 葬儀社を通してですので、葬儀社や遺族以外の人(赤の他人)が勝手に新聞へ載せることはありません。 近くの町では、昔は亡くなると町内放送でスピーカーから流れてきたので、その名残りで必ず新聞へ載せるという決まりがあります。 ですので亡くなると新聞に載るものだと思っている人も多いのですが、時代の流れで載せない選択をする人も増えてきて、忘れていると新聞社や葬儀社に苦情が多いそうです。 もしこういうこと・・・ですが、遺族が断ったというほかに、 新聞社は各社あるので、どの新聞に載せるかも聞いています。 見られた新聞に載っていなかっただけかもしれません。 あとは、掲載希望を連絡したのが遅く、葬儀後になってしまう場合。 そして、あってはいけませんが、新聞社への連絡ミスですね。 お悔やみ欄の情報自体は、通常は役所か葬儀社の人がFAX等で新聞社に送っています。 ですから掲載を断れば載りません。 近頃は仏壇や墓、ギフト関連の営業が激しく、一度乗せると営業マンが来たり、大量のカタログが送られてきたりしますから、載せる事によって何処かの誰かに知って頂く必要が無い場合は、特別載せることをしなくなりました。 近親者のみや、自分達で連絡の行き届く範囲のみの葬儀が増えたこともあり、むしろなるべくこっそり終えたいから知られないなら知られないままでおこうという人も増えましたので、そういう類だったのではないでしょうか。 追記:載せ方を聞いておられるわけではありませんので、載る時と載らない時の理由だけだけ説明しました。 訃報掲載は無料です。 大きく載せる場合だけが有料。 新聞を利用した死亡の告知には死亡記事(おくやみ記事)と死亡広告(黒枠広告)の二種類があります。 死亡記事(おくやみ記事)は家族の希望、判断によって掲載の有無を決定する記事であり無料です。 死亡広告(黒枠広告)はあくまで広告でありスペースに比例して有料となります。 ですので家族がおくやみ記事の掲載を希望しなければ掲載される事はありません。 補足ですがこの掲載については地元では葬儀社が葬家様に確認を行い地元紙やおくやみ情報センター(朝日、読売、毎日)に手配をします。 ちなみにこの掲載のメリットはお知らせが行きとどかない方にもお知らせする事が出来る為それらの理由で掲載を希望される方がおります。 デメリットは各業者がチェックしている為葬儀後法事の営業や仏壇の営業が来てしまう事ですね。 葬儀社の立場でお答え致しました。

次の

茨城 お悔やみ情報

茨城 新聞 お悔やみ

この茨城新聞をはじめ、ほとんどの茨城県で購読が出来る新聞には、亡くなられた方々の情報が書かれた「おくやみ欄」という記事があります。 お悔やみ欄には、亡くなられた方のお名前、年齢、居住地、亡くなられた日、お葬式の日程、場所、喪主の方のお名前と続柄などが表記されています。 町名までしか表記されないとする理由には諸説あり、以前は空き巣対策と言われていましたが、今では、あまり知られたくない・・・というご遺族のお気持ちもあるようです。 つまり、詳しい所在地が知られると、あまり親交の無かった、薄かった方々にもお葬式にご足労いただいてしまったり、わざわざ弔問にお越しいただくということに対して遠慮されたいという気持ちの表れということかと思います。 新聞のおくやみ欄に掲載しないという方法も選択肢の1つではありますが、それでは、お葬式に来ていただきたい方にお知らせすることができません。 しかし、最近では富士祭典でお葬式を執り行われる方のなかで、この新聞のお悔やみ欄に掲載されない方が増えてきました。 その理由の1つは、お身内だけで執り行う家族葬の増加があります。 ここ数年で家族葬を希望されるご遺族が多くなり、その名のとおり、ご家族だけのお葬式ですので、新聞でお知らせする必要性が薄いとのご判断で、掲載を見送ることが多いのが実情です。 以前も書かせていただいたことがありますが、このおくやみ欄への掲載見送りは、その後、色々な問題が発生していることも事実です。 ご不幸は新聞でお知らせしなくても、いつか風の便りのように伝わります。 すると、故人様と親交のあった方々はご自宅に弔問されることがあり、その弔問はいつお越しになるかわかりませんので、ご遺族様は留守にすることが出来ず、また、返礼品などを常に準備しておかなければならず、部屋が片付かないようです。 これからも、この家族葬というお葬式は増えていくと思いますが、ひょっとして10年後には新聞からお悔やみ欄が消滅するようなこともあるかもしれませんが、その代わりとして、インターネットやSNSのお悔やみ欄が登場するかもしれませんね・・・。 07月• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 01月•

次の