浦島坂田船短編集。 浦島坂田船の短編集

【浦島坂田船】色んな気持ち。【短編集】

浦島坂田船短編集

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 声優は本人たちが演じている模様。 【良い点】 個性的というか変人な男子高校生たちが教室で駄弁っている、独特な雰囲気は悪くない。 モブを無視してのボケとツッコミのセンスもまずまず。 主要メンバーはアニメ声優としてはともかく、トーク慣れしている感があり、ショートコメディーとしては違和感少ない。 その他声優陣が結構豪華。 コメディーとしては終盤の爆弾騒ぎはそこそこ面白かった。 クロマティ高校」を彷彿とするネタ、展開やオチもベタながら笑えた。 【悪い点】 身内にしか伝わらないようなネタが多く、一見さんにとっては微妙。 各メンバーも各々個性的ではあったが顔と名前が覚えきれない。 アニメとしての作りがチープ、尺の短さもあり内容が乏しい。 面白かったネタがラストの爆弾ネタだけ。 【総合評価】 箸休めのショートコメディーと割り切ればまぁまぁ面白かった気はする。 評価は良いかちょっと迷うが届かない「普通」 もう少しアニメとしての作りが良ければ化けた可能性を感じる。 1話のみ視聴 まぁ、タイトルは「男子高校生」のパロディだってことはわかる。 うらた、志麻、アホの坂田、せんらの四人組の日常。 ストーリー性は、内輪ネタのノリもやはりあるが、ギャグそのものはそこまで悪くない。 適度に突っ込んでいるイメージ。 インパクトは弱いものの、安定はしているか。 コメディリリーフで話が進んでいく。 キャラクター描写も悪くない。 三者三様といった感じで、個性は出ているといえる。 そして、やはり元の人物を下敷きとしているのだろうか? しかし、それこそきっかけ作りとして割り切ることもできる。 その他、気になる点では、やはりプロというわけではないので、演技が若干素人くさいのが気になる、そして関西弁がやはりエセっぽい。 入りとしてはそこまで悪くなく、ショートアニメであることからも、そこまで肩肘張らずに見れると思う。 が、特筆すべき点もそこまで多くなく、可もなく不可もなくといった印象。 【普通と思う】で。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

#あほの坂田 #腐向け 短編集?

浦島坂田船短編集

坂「あかん?」 「!..... いいですよ!行きましょ!」 そう言うと 「ほんまに?!」と言ってパッと顔を明るした先輩 あの寂しそうな顔には勝てない 坂「ほな行こ!」 in 坂田家 部屋 「あのー....... 坂田先輩?」 坂「んー?」 さっきからずっと後ろから抱きついている 何でだろ 坂「YOUいい匂いー」 「ちょ、恥ずかし.... ぃです」 クンクン匂いを嗅いでくる 恥ずかしいて 坂「んー、しゃーないやんYOUの匂い好きやもん」 「....... 耳赤いで?」 そう耳元で言われて 余計暑くなる 坂「ふふ.... かわええなぁ... YOUこっち向いて?」 「....... あかん?」 そう寂しそうな声で言ってくる その声に負けて、坂田先輩の方をむき 目を合わせる 坂「かわいい.... YOU好きやで」 そう言われ 口を塞がれる 坂「....... YOU、口開けて」 「え..... なっ、ん」 言うすべもなくまたキスをされ 今度は舌を入れられる 「ん、んぅ.... せんぱ、ぃ.... ん」 坂「ん... まて、へん... っ」 下を深く絡めてくる先輩 腰をグッと寄せられているから 離れることが出来ない 「..... っ、ふ... YOU... かわい、もっと.. ん」 キスと同時に耳も触ってくるから 余計に感じてしまう 部屋にはいやらしい水音が響く 「んっ... ふ、ぁ.... 」 坂「んっ... 」 やっとキスが終わり 互いの口が離れる 「ちょ、せんぱぃ.... ん、だめ 坂「ん、お願い.... てか、我慢できへんから....... 俺とえっちしよ?」 そう言って 制服のネクタイを緩め始めた 坂「最後まで読んでくれてありがと!久しぶりの部活休みで、しかもYOUが家におるから我慢できへんかった.... かわいかったで?リクエストとかある時はコメントに書いてな!あと、コメントはそのリクエストしてきたキャラで返すで!」 この作品には 21種類の結果があります 感想を書こう! 携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります ニックネーム: 感想: - 今日は、ドS執事浦田さんでした!!うん、こんな執事欲しい。 するとなぜか変な気分になります。

次の

【浦島坂田船】色んな気持ち。【短編集】

浦島坂田船短編集

最近うらさんが帰り遅い… 〝いつ帰ってくる?夜ご飯一緒に食べよ?〟 〝ごめん。 今日も遅くなる。 先食べてて〟 連絡が帰ってくるのは早いのに…仕事かな? 最近新しい仕事が始まったって言ってたっけ… 夏ツアーが始まったら、ゆっくり家に帰ってくることも少なくなるのに… はぁ… 一人でいてもつまらない でも、遊びに行く気分にはならなくて放送でもしようかな パソコンを開いてエゴサ あれ、うらさんTwitter更新してるじゃん 『めんどくさ…』 え?これさっきだよね? 連絡めんどくさいって思われた? たしかに最近のLineはほとんど僕からで、いつ帰ってくる?とか、遅くなる?とかそんな事ばっか… めんどくさいと思われたんや… ごめん。 目頭が熱くなって、泣きそうになる ここで泣くのもなって思って寝室に移動した 1人にはデカすぎるツインのベッド 枕に突っ伏す はぁ、嫌われたかな… さっきから何度目かわからないため息 ピコンッ うらさんが更新したことを知らせる通知音 見たくないけど、きになって… 『ゆうとくん。 ありがとう!!』 後悔した。 もう終わりなのかもしれない。 [newpage] 次の25日 カレンダーのこの日に、ハートマークが付いている 記念日だから 大事な記念日だから 付き合って三年目の記念日 俺から何もしてこなかったから、今回こそするんだって なにか、世界に一つだけのものを作りたくて そういう専門店に詳しい ゆうとくんにきいて 何ヶ月も前なら準備していた 今、その専門店にきてて よく分からないことを聞かれてる… どうしよ、わかんねーよ… 店員さんにあれこれ聞かれて、そういうの苦手だから分からなくて 『めんどくさ…』 癖で少しの時間でも、呟いてしまう 〝いつ帰ってくる?夜ご飯一緒に食べよ?〟 大好きな坂田からのLINE お互いツアーが始まるまでの間 今が一番時間あるはずなのに、新しい仕事も始まってしまって ツアーに専念するためには今頑張らなくてはいけない… 後、あの準備も… だから、最近全然ゆっくり過ごせてない… 〝ごめん。 今日も遅くなる。 先食べてて〟 待ってね、坂田 もう少しだからね 坂田のLINEで、気持ちが軽くなった あ、そうだ ゆうとくんに聞こう! あ、さっきのやつじゃ 心配かけるかも… 『もう少し…がんばろう!いつも、ごめんね…』 purrr 「あ、ゆうとくん?今大丈夫?あのね…サイズって…」 『ゆうとくん。 ありがとう!』 23時過ぎ ガチャ 鍵を開けて入る あれ、夜ご飯なくね? 外食したのかな 寝室に入る 珍しく丸まって寝てる ベッド脇に座って、頭を撫でる こいつ髪伸びたな… 前髪を弄ってたら、目元に残る涙の跡… え?なんで…泣きながら寝たの?なんで??? ねぇ、坂田。 うん!じゃあ、11じに…「ん?うらさん?」 あ、またねじゃあね」 うらさんのこえがして、起きたら電話してるみたいで声かけたら焦って電話切っちゃった なんで? 「あ、さかたおはよ」 何事もないような顔するんだね 電話ゆうとくんでしょ… 「うん、おはよ…うらさん今日も出かけるの?」 「あっ、うん。 少しいってくる…坂田今日の夜いる?」 そっか… 「うん。 今日もなんもないよ…うらさんもう行くんやね」 もう準備完璧じゃん 何時から起きてたの…そんな髪型まで決めてどこいくの… なんて聞けない 聞いたら終わりな気がして… 「うん。 いってくる…坂田今日の夜は話そうね」 話って何… 別れちゃうのかな… [newpage] 坂田元気なかった… 昨日なんで泣いてたの?って聞きたかったけど、朝もほとんど目合わせてくれなくて… でも今日が、記念日だから 妙に張り切っちゃって、髪型もセンラマンに教えてもらったみたいにしてみた あんまり、記念日とか意識したことなかったけど… 今日の夜は、ちゃんと話して…喜んでもらいたいんだ 大好きだから 『今日は大事な日』 [newpage] 〝坂田、今日の18時にこここれる?〟 送られてきたのは、住所 どこ、これ…って調べたら 前に雑誌かなんかで見た、高級焼肉のお店 個室しかなくて、食べやすそうだけど値段が高いねって話したところ なんか、特別な日に行こうねって確か言ってたような そんなことより、うらさんが言ってた話っていうのが気になって結局今日も何も出来なかった 〝わかった、そこ行く〟 予定より少し早くついた もう来てるかな… 受付に行って、あの多分連れがいるんですけど… 「高橋様ですかね?一番奥の個室になります」 やっぱもう来てるんだ 案内された個室に入る 「あ!坂田!ごめんね、きゅうで…遅刻しなかったんだな」 いつも通りの、笑顔のうらさんに安心する このままいつも通りで… 「こんな、高級なとこ遅刻できんでしょ!」 あはは、そうだなって笑う 机には肉とサラダが並んでて コースなのかな… 焼いて、食べて 大体食べ終わった頃 少しの沈黙 いつもなら気にならないけど今日は… 「「ねぇ、」」 あ、 「いいよ、うらさん、どうしたの?」 少し俯く あの…って、小さい声 「あのっ…坂田は今日何の日かわかる??」 え、 今日?肉の日?え、夏の…暑い日 25日… あ!!!!!! 「あ、ごめん!!!!忘れてた!!!」 驚いた顔するうらさん でも、へへって笑う かわいい 「三年目やんね!あ、そか…今日で3年か…」 そうじゃん…付き合い始めて三年目 大事な日じゃん 「だからさ… ガチャガチャとうらさんは、横にある紙袋を出す 「これ…さかたに…」 え?白い紙袋 真っ赤な顔のうらさんと、紙袋を交互に見る 「え、なになに??」 紙袋の隙間から見えるのは小さな箱 「もう、いいから!はよあけろよな!!」 怒ってるのか、照れてるのか…きっと後者だけど そんなうらさんが可愛くて 小さな箱 開けたら え、指輪? ちょっと小さな指輪 赤い石が埋めてあって デザインもなんか、浦島坂田船ぽいカッコイイやつ 「えっと…あの…3年も俺と一緒にいてくれてありがとう…これからも、ずっと……だから。 」 好きだから 最後は声小さすぎて声になってなかったけど、伝わった ちらりと見ると、同じやつの緑のヤツがうらさんの小指にあった 目頭が熱くなる この前みたいな冷たいヤツじゃなくて、暖かいやつ 「ありがとう、うらさん…僕…きらわれたと…グズッ…だから、すごく…うれしい」 こんな所で泣きたくないけど、いつの間にか泣いてて 「え、なんで?なんで泣いてるの!てか、嫌われたって何????」 うらさんびっくりして、焦ってオロオロしてる…ちゃんと話そう 最近のこと、Twitterのこと全部話した 不安に思ったこと、寂しかったこと 「ごめん、俺…喜んで欲しくて…でも、仕事もあって…っていやこれ言い訳だよな…」 その後聞いた、うらさんのこと 何してたかとか、全部 指輪の専門店で、店員さんに彼女にあげると思われて色々聞かれてめんどくさかったこと はじめのことばっかで、ゆうとくんに頼ってしまったこと たくさん謝っちゃったけど、そんなのいらない だって、気持ちが嬉しすぎるから へへ、大丈夫だよ。 気持ち伝わっとるよ そんな意味を込めて、うらさんの手を握った ほんとに?って顔してるけど、本当だしね。 でも…ちょっとなーー 「ね、もうかえろ?家でゆっくりしよ?」 帰宅 家まではすぐだったから、歩いて帰ってきた 隣にうらさんがいて、人通りの少ない道では手繋いで 久しぶりな感じで、お互い照れちゃってあんまり話出来なかったけど 「ふぅーついたーー」 バターンって、ソファに倒れ込む 久しぶりに落ち着いて家に帰ってこれた 「こら、坂田!すぐ寝るな!片付けするぞ」 こういう、うらさんも久しぶり 「いいのぉー今日はゆっくりするのぉ~」 ほーらって、うらさんの手を引っ張る うわぁって、こっちに倒れ込んで 何すんだよって顔で見てる でも、ったくしょうがないなって小言いいながら体制を直して横に座る 「ねぇ、うらさん あのさ、一ついい?」 「なに?どしたの??」 一つだけ思った不満 「一応彼氏役、僕なんだけどなー」 はぁ?って顔でみて、気づいたのか真っ赤になる 可愛い 彼氏が、あげるものだよ指輪って 「そんなの、どっ…でもいいの。 あげたかったんだから…」 照れて俯いてよく聞き取れないけど… 「あ、あと…それ、ピンキーリングだから…」 ん?ピンキーリング? 小指ってこと?うん、小さめだと思ったよ… え?それが???? うらさんのことを見ると、え?気づかないの?みたいな顔で見てくる 「「え?」」 え、なに… 困ってゴニョゴニョ言ってるうらさんみて、あれ気づいてないことがダメみたいで気まづい雰囲気が流れる ギュッ え、えええ??うらさん どしたの急に抱きついて… まって、どーしたの 首に手を回して、体重をかける 肩に顔を埋めながら、 小さいけど、僕にだけ聞こえる声で 「薬指は空いて…るからね。 坂田から…待ってるからね」 うわぁぁぁあそういうことなの!!!! まって、まって可愛すぎなんだけど 焦りすぎて言葉にならず うらさんを抱きしめる力が強くなる 「うぇ、ちょ…坂田…痛い…」 ごめん。 でも今言葉に出来ないほど嬉しい だから… 少し体を離して チュッ 「待っててな」.

次の