玉ねぎ 涙出ない方法。 玉ねぎを切ると涙が出る理由と対策

【裏ワザ10選】玉ねぎを切る時に涙が出ない切り方とは?

玉ねぎ 涙出ない方法

これに、プラスで包丁を冷やすとさらに、効果がアップします。 電子レンジで温める 皮をむいて丸ごとラップでくるんで20秒ほど電子レンジでチン! 温めることによって硫化アリルが気化して弱まり、涙が出にくくなります。 火の近くで切る 刺激成分の硫化アリルは、熱に弱いのでコンロなどの火のそばで切ると刺激成分の発生を抑えることが出来ます。 包丁の切れ味をよくする 玉ねぎを切るときに、 細胞がつぶれることで、刺激成分が発生してしまいます。 なので、包丁の切れ味をよくすることで、細胞がつぶれにくくなり、結果、刺激成分が出にくくなります。 繊維にそって切る 玉ねぎには繊維があるのですが、その 繊維に直角に切ると硫化アリルが出やすくなってしまいます。 なので、 繊維に沿って切ると刺激成分が出にくくなります。 また、みじん切りの場合、まず繊維に沿って切り、次に繊維に直角に切るといった順番で切ると効果的です。 対策2:硫化アリルを体内に入れないようにする 硫化アリルを体内に入れないようにするには、下記のような方法があります。 素早く切る 時間をかけてしまうと、刺激成分が体内に入ってしまうので、出来るだけ時間をかけずに素早く切ることが大事です。 ある程度、ざく切りにしたら、フードプロセッサーを使うのも、いい方法だと思います。 口を開けたまま切る 硫化アリルは 鼻から侵入して目に到達するため、口呼吸すれば涙は出ません。 さらに、口で呼吸することで、口の中が乾くので脳から唾液を出すように刺激が出て、涙が出にくくなるそうです。 鼻にティッシュを詰める 両方の鼻の穴に、ティッシュを詰めます。 そうすると、鼻の粘膜から刺激成分が入りにくくなります。 さらに、この方法は鼻がふさがれるので自然と 口呼吸になりますね。 そうすると、上記の口呼吸の時と同様の効果も得られます。 よって唾液を出すように指令が出るので涙は出にくくなります。 換気扇を回す 換気扇を回して、硫化アリルを外に逃す。 窓を開けて外に逃すのも効果的! 玉ねぎを切る時、涙が出てしまう原因 玉ねぎを切る時、涙が出ない方法をご紹介してきましたが、そもそも原因とは?と感じていますよね。 冒頭では、少しだけ説明してましたが、さらに詳しくご説明します。 玉ねぎを切る時、涙が出てしまう原因は、 「硫化アリル」という刺激成分が原因です。 この硫化アリルが気化して 目や鼻の粘膜を刺激してしまう。 そして、この刺激成分を脳が体の外に出そうとして、涙が出るように、指令を出し、その結果・・・涙が出てしまいます。 玉ねぎを切った時、涙が出るのは、 粘膜を守るための自然な体の反応だったんですね。 人間の体って凄い! まとめ いかがでしたでしょうか? 涙が出ない玉ねぎの切り方や、涙が出てしまう原因をご紹介してきました。 様々な方法がありますが、刺激成分である硫化アリルを発生しにくくし、体内に取り込まないようにすれば、涙は出にくくなります。 よって、今回紹介した方法を合わせて行ってみると効果もアップすると思いますので 様々な方法をミックスして是非、試してみて下さい!.

次の

玉ねぎを切るときもう泣かない!プロに聞いた、涙が出ない5つの方法

玉ねぎ 涙出ない方法

「事前にたまねぎを冷蔵庫で冷やす」(28歳/主婦) 「氷水につけてから切る」(39歳/主婦) 「玉ねぎを冷凍庫で冷やす」(29歳/学生・フリーター) 女性492名に「あなたがたまねぎを切るときに涙が出ないように工夫していることを具体的に教えてください」と質問したところ、もっとも多くの人が挙げたのが、玉ねぎを冷やすことでした。 望月:調理の前に玉ねぎを十分に冷やすことで硫化アリルが気化しにくくなりますので、中1個あたり2時間ほど冷やしておくと良いと思います。 玉ねぎは通常は、風通しのよい場所での常温保存が適しているといわれますが、調理する前には冷蔵庫に移しましょう。 「鼻にティッシュを詰める」(38歳/主婦) 「玉ねぎの臭いをかぐと目がしみるというのを聞いたことがあるので、切ってるときは息をしないようにしています」(28歳/主婦) 「鼻を洗濯バサミでつまむ」(36歳/学生・フリーター) 「鼻呼吸だと鼻にツーンときて涙が出るので、口呼吸にする」(30歳/主婦) 上記のように、目ではなく鼻を守るという意見もありました。 望月:硫化アリルは粘膜を刺激するので、多少防ぐかもしれませんが、揮発性で呼吸以外に自然と鼻に入ってくるので、有力ではないと思います。 また、目からも吸収されるので、鼻呼吸をしなくても目に刺激がいきます。 それにしても、息をしないようにしたり、鼻呼吸しないようにしたり、皆さん玉ねぎを切るときに、大変な努力をされていたんですね。 「よく切れる包丁ですばやく調理」(47歳/その他) 「切り方を決めてから迷わずにさっと切る」(22歳/学生・フリーター) 「包丁を定期的に磨いで切れをよくしておく」(37歳/医師) 「繊維に沿ってきる」(38歳/主婦) 素早く切る。 そのために包丁の切れをよくしておく……という意見もありました。 望月:素早く切ると、硫化アリルが揮発する前に切れるので、涙が出づらいです。 また、包丁の切れ味をよくすると、切り口が雑にならないので、細胞の破壊による硫化アリルの流出を防ぐことができ、多少効果があるかもしれません。 繊維を断つように切ると硫化アリルが流出しやすいので、繊維と同じ向きに切るのもよいと思います。 みじん切りの場合は、どうしても繊維を断たざるを得ませんが、くし型切りの場合は、繊維の向きに注意するとよさそうですね。 「舌を出す」「ガムを噛む」というのは、今回のアンケートで実際に寄せられたアイディア。 筆者自身がネットで少し調べてみたところ、「唾液が出ると、その分涙が出にくい」という情報が見つかったのですが、はたして本当に効果はあるのでしょうか? 望月:信ぴょう性はあまりないかと思われます。 それよりも早く調理する方が有効です。 唾液で成分が流れやすいかもしれませんが、微量ではないでしょうか。 冷蔵庫で冷やしたり、レンジで加熱したり、水にさらしたりなどは有効なようなので、いつも涙と格闘しながら玉ねぎを切っている人はぜひ試してみましょう。 【取材協力】 望月理恵子・・・株式会社Luce代表取締役、管理栄養士、山野美容芸術短期大学講師、服部栄養専門学校特別講師、健康検定協会主催、日本臨床栄養協会評議員、サプリメント・ビタミンアドバイザーなど栄養・美容学の分野で活躍。

次の

玉ねぎみじん切りで涙が出ない方法!理由や原因成分は?硫化アリル?

玉ねぎ 涙出ない方法

Contents• 玉ねぎで涙が出る理由 玉ねぎには、硫化アリルという物質が含まれていて、通常は玉ねぎの細胞で守られています。 しかし、包丁で切られることによって細胞が壊れ、アミノ酸などと混ざり合って硫化アリルが出てきます。 硫化アリルが空気に触れて蒸発すると、目や鼻を刺激し、体が「早く洗い流したい!」と警告を出すので、涙が出てきます。 体としては、自分の身を守るために必要なことであり、玉ねぎが悪いわけでも体調が悪いわけでもありません。 ただ、硫化アリルに体が反応して追い出そうとしているからといって、硫化アリルが体に悪いのか?なんてことはないんです。 硫化アリルは、消化液を分泌させる働きを持っていて、 食欲不振などの際は消化を助けて、疲労回復にも効果が期待できます。 ビタミンを吸収するので、豚肉などと一緒に食べるとより効果や効能を感じやすくなるんです。 涙が出やすい切り方 玉ねぎを切って涙が出るメカニズムがわかれば、自ずと涙の出やすい切り方がわかるというわけでもないので、しっかりと涙が出やすい切り方を知っておきましょう。 知ることによって、ついついやってしまいがちな切り方を防ぐことができます。 涙の出やすい切り方というのは、 みじん切りや繊維とは逆に切ることです。 料理方法によっては仕方がない、と思うかもしれませんが通常の薄切りなどであれば、繊維に逆らって切るのはやめましょう。 繊維の薄切りが壊れると、玉ねぎの細胞が壊れてしまって硫化アリルが作られやすい環境になります。 特にみじん切りは四方八方に包丁を入れるので、かなり涙が出やすい切り方だと言えます。 みじん切りは、ハンバーグやピラフなどを作る時にどうしてもしなくていけない切り方なので、必要以上に抵抗感を感じなくてもいいです。 それでも、みじん切りは涙の出やすい切り方だから、と諦めるのは違いますよね。 涙が出にくい切り方 玉ねぎを切って涙が出ても仕方ないと諦める前に、涙が出にくい切り方もあるので、知っておくようにしましょう。 まず、大事なことは、 冷やすことです。 玉ねぎそのものを冷やすことも大事ですが、包丁を冷やしておくことも大事で、そうすることによって硫化アリルが飛び散りにくくさせることができます。 また、包丁も最初に研いでおきましょう。 よく切れる包丁を使用すると、玉ねぎの細胞破壊を抑えることができて、硫化アリルの発生を少なくすることができます。 よく切れると玉ねぎを切る時間が短くなるので、その分涙が出てしまう前に切り終えられるということも大きなメリットです。 次に、切り方としては基本的に繊維に沿って切ることが望ましいですが、どうしても難しい時は 換気扇の下で切ると効果的です。 硫化アリルが空気中に出て来た時に、換気扇が追い出してくれるので、涙が出ることはありません。 玉ねぎを換気扇の下で切る方法は、プロの料理人も実践している効果が期待できる方法なのでぜひやってみてください。 その他にも、流水で流しながら玉ねぎを切ったり、ガムを噛んで唾液を出しながら切ると涙が出にくいので、1つ1つ自分に合う方法を見つけられるように試してみましょう。 おわりに 玉ねぎで涙が出にくくさせる切り方についてご紹介しました! 基本的に、みじん切りをするとどうしても涙は出やすくなります。 しかし、事前の準備と切る場所によっては 涙を出にくくすることができるので、ぜひ試してみてくださいね。 涙が出てしまう原因となる成分は、玉ねぎの良さがぎゅっと詰まっている成分でもあるので、玉ねぎを上手に料理に取り入れるようにしましょう!.

次の