接続はプライベートではありません 証明書。 その通信は安全ですか? 本当は怖い「SSLサーバ証明書」の話 (1/3)

SSL/TLSサーバ証明書とは

接続はプライベートではありません 証明書

新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社対応について• デジサートとユビセキュア、取引主体識別子による次世代の組織アイデンティティソリューションのためにパートナーシップを締結• デジサートとユビセキュア、取引主体識別子による次世代の組織アイデンティティソリューションのためにパートナーシップを締結• デジサート、耐量子コンピューター暗号に関する調査結果の日本版を発表• デジサート、CNNにVerified Mark 証明書を発行、BIMIメール規格の重要基盤を構築• サイバートラスト社からDigiCert証明書をご購入いただいていたお客様へ• ヤフーがデジサートの新しい電子証明書を採用 安全で高速なモバイルウェブ環境を実現• 2 つのシステムは、サーバとクライアント(ショッピング Web サイトとブラウザなど)である場合も、サーバとサーバ(個人の身元を特定する情報や給与情報が含まれるアプリケーションなど)である場合もあります。 ユーザーとサイトの間、または 2 つのシステム間で送信されるデータを一切読み取れないようにすることで、セキュリティを強化します。 送信されるデータは暗号アルゴリズムで意味をもたないデータに変換されるため、接続を介した送信中にハッカーに読み取られることがありません。 クレジットカード番号などの情報、名前、住所といったあらゆる機密情報や個人情報が対象となります。 TLS(Transport Layer Security)とは、SSL のセキュリティを強化した後継プロトコルです。 デジサートでは、より一般的な用語を使って SSL と呼んでいますが、デジサートから場合、実際にはオプションに対応した最新の TLS サーバ証明書をご購入いただいていることになります。 HTTPS(Hyper Text Transfer Protocol Secure)は、Web サイトが SSL サーバ証明書で保護されている場合に URL に表示されます。 認証局や Web サイト所有者の企業名といった証明書の詳細は、ブラウザのアドレスバーに表示された鍵マークをクリックして確認できます。 SSL 証明書はサーバ側にインストールされますが、SSL によって保護されていることをユーザーに伝えられるよう、ブラウザ上で視覚的に表示します。 (「s」は「セキュリティ」の略) 認証レベルによって証明書が企業に発行され、セキュリティ接続が鍵のアイコンや緑色のアドレスバーで表示されます。 現在Googleは、あらゆる Web に HTTPS や SSL を導入することを推奨しています。 2014 年現在、セキュアなWebサイトには、検索エンジンでするという形で報酬を与えられており、さまざまなサイトがSSLをインストールする理由の一つとなっています。 Transport Layer Security(TLS)は、SSL の後継プロトコルです。 TLS は、SSL をバージョンアップしたものです。 これはSSL とほぼ同様に動作し、暗号化を使用することでデータや情報の転送を保護します。 今もSSL が広く使用されていますが、業界ではこの 2 つの用語を、同じ意味で使用しています。 デジサートの「SSL」サーバ証明書を購入された場合、SSL と TLS のプロトコルの両方をご使用いただけます。 SSL サーバ証明書はどのように機能するのか。 基本原理としては、SSL サーバ証明書をインストールしたサーバにブラウザが接続すると、SSL サーバ証明書により SSL(TLS)プロトコルが起動し、サーバとブラウザの間(またはサーバ間)で送信される情報を暗号化します。 もちろん、詳しく説明するともう少し複雑です。 SSL は TCP(Transmission Control Protocol)上で、セーフティブランケットとして有効に機能します。 セキュア接続を提供しながら、上位のプロトコルレイヤーは変更なく使用することができます。 そのため、SSL 層の下では他のプロトコルレイヤーが通常どおりに機能します。 SSL サーバ証明書を適切に使用していれば、攻撃者に見えるのは、接続している IP とポート、そしておおよその送信データ量のみです。 攻撃者が接続を強制終了することはできますが、サーバ側からもユーザー側からも、それが第三者による行為だと判断することができます。 ただし、いかなる情報も傍受できないため、このステップは無効だということになります。 攻撃者はユーザーが接続しているホスト名は確認できますが、URL のその他の部分を知ることはできません。 これは非常に重要です。 接続が暗号化されているため、重要な情報のセキュリティが維持されます。 SSL の確認方法 本ガイドの中で何度かご紹介したように、SSL サーバ証明書は、多くの場合ユーザや潜在顧客に大きな影響を及ぼす視覚的なインパクトを与えます。 では実際 SSL がサイトでどのように機能し、どのように見えるのでしょうか。 オンラインであろうとなかろうと、何かを購入する際、たいていの人は評判の良い業者から購入するものです。 特定の分野における信憑性や専門知識を実証する証明書は、顧客に安全性を感じてもらうために大いに役立ちます。 まさにそれが SSL サーバ証明書が潜在クライアントに与える視覚的インパクトなのです。 まず、アドレスバーに表示されます。 アドレスバーの鍵のアイコン表示が安全性の大きな目安となっており、顧客の接続が安全に暗号化されていることを顧客に保証します。 先ほど述べたように、これにより取引が完了される可能性が高くなります。 最高レベルの証明書を使用すると(Extended Validation SSL サーバ証明書)、アドレスバーに緑色で企業名が表示されます。 最後に、多くの SSL サーバ証明書にはシール画像が付いてきます。 サイトで使用されている SSL のブランドを提示するためにお使いいただけます。 安全性と情報が保護されていること顧客に伝えることで、金銭取引をするサイトの信頼性をさらに高めます。。 SSL 接続エラーとは アクセスされているページで何かしらのセキリティ上の問題がある場合、SSL 接続エラーが発生します。 ユーザ保護のために行われるもので、問題が継続する場合にはアクセスが中断され、セキュリティ上の懸念があることを通知します。 接続エラーにはさまざまな形態があり、お使いのブラウザにより異なります。 Google Chrome を使用すると、スクリーンにさまざまなメッセージが表示されることもあります。 「お使いの接続は、プライベートではありません」や単に「この Web ページは利用できません」も含まれます。 SSL接続エラーを迂回する方法はありますが、ユーザがそれをするのは全くお勧めできません。 開発しているの Web サイトの試行中に SSL 接続エラーが発覚した場合、迅速に対策を講じることが不可欠となります。 セキュリティ設定のアップデートや適切な SSL サーバ証明書を導入するなどです。 こうすることでサイトの安全性をブラウザが確認し、ユーザが安全に関する警告を受けずにアクセスできるようになります。 SSL サーバ証明書は E メールで機能するのか ほとんどの大手 E メールプロバイダは、SSL 暗号化を使用してユーザのメールを暗号にしています。 ほとんどの場合、SSL オプションは E メールの設定で自動的にオンにされています。 エラーメッセージが表示されたメールを取得するには、ユーザがこのオプションをオフにする必要があります。 ユーザがメールを取得するアカウントにSSLが導入されている場合、オプションを選択し、セキュリティで保護された接続を通じてデータを送信できます。 企業が独自の E メールサービスを設定している場合、SSL で保護されているかどうかを IT チームがプロバイダに確認する必要があります。 こうすることでビジネスメールや個人メールを送信する際にセキュリティ上ので問題が解消されます。 SSL サーバ証明書の実装方法 サイトがどのように、どこでホストされているかにより、SSL サーバ証明書を導入する方法はさまざまです。 サイトの e コマース要素がある場合、証明書を取得することが要件となっていることもあります。 主なホスティング プロバイダは、たいていSSL サーバ証明書を含めたパッケージを提供しています。 既にお持ちの SSL を別のホストに移行することも可能です(元のサーバからエクスポートし新しいサーバにインポートする)。 Web ホストのサイトで記載されている具体的な手順に従ってください。 証明書をホストするサーバごとにサーバのライセンスを購入することを義務付けている認証局もありますのでご注意ください。 インストールの手順はここをクリックしてください 鍵長 256 ビットのアルゴリズムを使用して、電子文書をスクランブル処理する。 鍵が長いほどセキュリティが強化される。 A 非対称暗号暗号化や複合処理中に 2 つの対となる鍵を示す暗号。 SSL や TLS では、公開鍵、非公開鍵と呼んでいる。 C 証明書署名要求(CSR)コンピュータで読み取り可能なデジサートの証明書の申請をするフォーム。 CSR は通常、公開鍵および申請者の識別名が含まれている。 認証局(CA)CPS(Certification Practice Statement)に基づき、証明書の発行、停止、更新、取り消しを行う実在する認定組織。 CA が発行するすべての証明書およびCRLの識別名で CA が分かるようになっている。 認証局は、認証局自身の公開鍵を公開するか、主要認証局に従属する場合は、公開鍵の有効性を証明する上位の CA からの証明書を提供する必要がある。 デジサートは主要認証局(PCA)です。 暗号スイートこれは、SSL のプロトコル内で使用される承認、暗号化、メッセージ認証のアルゴリズムを含む一連の鍵交換プロトコル。 コモンネーム(CN)証明書の識別名にある属性値。 SSL サーバ証明書でのコモンネームは、セキュリティを上げるサイトの DNS ホスト名になる。 ソフトウェア発行元証明書では、団体の名前を使用するのが一般的。 接続エラーサイトにアクセスしようとする際に、安全なセッションの開始を防止するセキュリティ上の問題にフラグが付く。 D SSL サーバ証明書の中で最もベージックなレベルで、証明書が発行される前にドメイン名の所有権のみが確認される。 ハッカーがよく使う総当たり攻撃で解読するのは非常に難しく、純粋な RSA 暗号よりも少ないコンピューターの処理で早くソリューションを提供する。 読み取り可能な(平文)データを理解不可能な形式(暗号文)に変換するプロセスで、元のデータは、復元することができない(一方向の暗号化)、または復号(二方向の暗号化)を使用せずに復元することができない。 ドメインを確認し、厳格に企業証明が求められ、アドレスバーでハイライトされる最も包括的なセキュリティ証明書の形式。 K ユーザとサーバがセッションのプリマスタシークレットを完全に確定する方法。 M マスタシークレット暗号鍵、MACシークレット、初期化ベクトルの生成に使用される鍵の情報。 メッセージとシークレット上にある一方向ハッシュ関数。 O ドメインの所有権と組織の実在性を認証する SSL サーバ証明書のタイプ。 P マスタシークレットの生成に使用される鍵の情報。 証明書に基づいたに公開鍵暗号システムのを総括的にサポートするアーキテクチャ、組織、技術、実践、手順のこと。 PKI は、公開鍵暗号システムの提供と実装を連携して行い、他の関連サービスからなるシステムで構成されている。 S SSL や TLS を使用してホスト Web ページを保護するサーバ。 セキュアサーバが使用されている場合、サーバはユーザに信頼できることを証明する。 さらに、インターネットで送信される前に、ユーザの Web ブラウザの SSL プロトコルによってユーザ情報が暗号化される。 情報はホストサイトの要請によってのみ復号されることになる。 1 つの SSL サーバ証明書で複数のドメインを保護するタイプの証明書。 SSLSecure Sockets Layer の略。 インターネットで送信されるデータの認証、暗号化、復号を可能にする Web ブラウザおよびサーバ用のプロトコル。 サーバとユーザ間で送信されるデータを暗号化すると同時に、ユーザに対してサーバの認証を可能にするサーバ証明書。 SSL サーバ証明書は、デジサート マネージド PKI for SSL センターで購入・発行できる。 安全なネゴシエーションのために SSL 内で使用されるプロトコル。 対称暗号化同じ鍵を暗示する暗号化方法は、暗号化・復号のどちらでも使用される。 T TCP Transmission control protocol は、あらゆるネットワークにおける主なプロトコルの 1 つ。 W 複数のサブドメインを保護するために使用されるタイプの証明書。

次の

「このWebサイトのセキュリティ証明書に問題があります」とは?

接続はプライベートではありません 証明書

新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社対応について• デジサートとユビセキュア、取引主体識別子による次世代の組織アイデンティティソリューションのためにパートナーシップを締結• デジサートとユビセキュア、取引主体識別子による次世代の組織アイデンティティソリューションのためにパートナーシップを締結• デジサート、耐量子コンピューター暗号に関する調査結果の日本版を発表• デジサート、CNNにVerified Mark 証明書を発行、BIMIメール規格の重要基盤を構築• サイバートラスト社からDigiCert証明書をご購入いただいていたお客様へ• ヤフーがデジサートの新しい電子証明書を採用 安全で高速なモバイルウェブ環境を実現• 2 つのシステムは、サーバとクライアント(ショッピング Web サイトとブラウザなど)である場合も、サーバとサーバ(個人の身元を特定する情報や給与情報が含まれるアプリケーションなど)である場合もあります。 ユーザーとサイトの間、または 2 つのシステム間で送信されるデータを一切読み取れないようにすることで、セキュリティを強化します。 送信されるデータは暗号アルゴリズムで意味をもたないデータに変換されるため、接続を介した送信中にハッカーに読み取られることがありません。 クレジットカード番号などの情報、名前、住所といったあらゆる機密情報や個人情報が対象となります。 TLS(Transport Layer Security)とは、SSL のセキュリティを強化した後継プロトコルです。 デジサートでは、より一般的な用語を使って SSL と呼んでいますが、デジサートから場合、実際にはオプションに対応した最新の TLS サーバ証明書をご購入いただいていることになります。 HTTPS(Hyper Text Transfer Protocol Secure)は、Web サイトが SSL サーバ証明書で保護されている場合に URL に表示されます。 認証局や Web サイト所有者の企業名といった証明書の詳細は、ブラウザのアドレスバーに表示された鍵マークをクリックして確認できます。 SSL 証明書はサーバ側にインストールされますが、SSL によって保護されていることをユーザーに伝えられるよう、ブラウザ上で視覚的に表示します。 (「s」は「セキュリティ」の略) 認証レベルによって証明書が企業に発行され、セキュリティ接続が鍵のアイコンや緑色のアドレスバーで表示されます。 現在Googleは、あらゆる Web に HTTPS や SSL を導入することを推奨しています。 2014 年現在、セキュアなWebサイトには、検索エンジンでするという形で報酬を与えられており、さまざまなサイトがSSLをインストールする理由の一つとなっています。 Transport Layer Security(TLS)は、SSL の後継プロトコルです。 TLS は、SSL をバージョンアップしたものです。 これはSSL とほぼ同様に動作し、暗号化を使用することでデータや情報の転送を保護します。 今もSSL が広く使用されていますが、業界ではこの 2 つの用語を、同じ意味で使用しています。 デジサートの「SSL」サーバ証明書を購入された場合、SSL と TLS のプロトコルの両方をご使用いただけます。 SSL サーバ証明書はどのように機能するのか。 基本原理としては、SSL サーバ証明書をインストールしたサーバにブラウザが接続すると、SSL サーバ証明書により SSL(TLS)プロトコルが起動し、サーバとブラウザの間(またはサーバ間)で送信される情報を暗号化します。 もちろん、詳しく説明するともう少し複雑です。 SSL は TCP(Transmission Control Protocol)上で、セーフティブランケットとして有効に機能します。 セキュア接続を提供しながら、上位のプロトコルレイヤーは変更なく使用することができます。 そのため、SSL 層の下では他のプロトコルレイヤーが通常どおりに機能します。 SSL サーバ証明書を適切に使用していれば、攻撃者に見えるのは、接続している IP とポート、そしておおよその送信データ量のみです。 攻撃者が接続を強制終了することはできますが、サーバ側からもユーザー側からも、それが第三者による行為だと判断することができます。 ただし、いかなる情報も傍受できないため、このステップは無効だということになります。 攻撃者はユーザーが接続しているホスト名は確認できますが、URL のその他の部分を知ることはできません。 これは非常に重要です。 接続が暗号化されているため、重要な情報のセキュリティが維持されます。 SSL の確認方法 本ガイドの中で何度かご紹介したように、SSL サーバ証明書は、多くの場合ユーザや潜在顧客に大きな影響を及ぼす視覚的なインパクトを与えます。 では実際 SSL がサイトでどのように機能し、どのように見えるのでしょうか。 オンラインであろうとなかろうと、何かを購入する際、たいていの人は評判の良い業者から購入するものです。 特定の分野における信憑性や専門知識を実証する証明書は、顧客に安全性を感じてもらうために大いに役立ちます。 まさにそれが SSL サーバ証明書が潜在クライアントに与える視覚的インパクトなのです。 まず、アドレスバーに表示されます。 アドレスバーの鍵のアイコン表示が安全性の大きな目安となっており、顧客の接続が安全に暗号化されていることを顧客に保証します。 先ほど述べたように、これにより取引が完了される可能性が高くなります。 最高レベルの証明書を使用すると(Extended Validation SSL サーバ証明書)、アドレスバーに緑色で企業名が表示されます。 最後に、多くの SSL サーバ証明書にはシール画像が付いてきます。 サイトで使用されている SSL のブランドを提示するためにお使いいただけます。 安全性と情報が保護されていること顧客に伝えることで、金銭取引をするサイトの信頼性をさらに高めます。。 SSL 接続エラーとは アクセスされているページで何かしらのセキリティ上の問題がある場合、SSL 接続エラーが発生します。 ユーザ保護のために行われるもので、問題が継続する場合にはアクセスが中断され、セキュリティ上の懸念があることを通知します。 接続エラーにはさまざまな形態があり、お使いのブラウザにより異なります。 Google Chrome を使用すると、スクリーンにさまざまなメッセージが表示されることもあります。 「お使いの接続は、プライベートではありません」や単に「この Web ページは利用できません」も含まれます。 SSL接続エラーを迂回する方法はありますが、ユーザがそれをするのは全くお勧めできません。 開発しているの Web サイトの試行中に SSL 接続エラーが発覚した場合、迅速に対策を講じることが不可欠となります。 セキュリティ設定のアップデートや適切な SSL サーバ証明書を導入するなどです。 こうすることでサイトの安全性をブラウザが確認し、ユーザが安全に関する警告を受けずにアクセスできるようになります。 SSL サーバ証明書は E メールで機能するのか ほとんどの大手 E メールプロバイダは、SSL 暗号化を使用してユーザのメールを暗号にしています。 ほとんどの場合、SSL オプションは E メールの設定で自動的にオンにされています。 エラーメッセージが表示されたメールを取得するには、ユーザがこのオプションをオフにする必要があります。 ユーザがメールを取得するアカウントにSSLが導入されている場合、オプションを選択し、セキュリティで保護された接続を通じてデータを送信できます。 企業が独自の E メールサービスを設定している場合、SSL で保護されているかどうかを IT チームがプロバイダに確認する必要があります。 こうすることでビジネスメールや個人メールを送信する際にセキュリティ上ので問題が解消されます。 SSL サーバ証明書の実装方法 サイトがどのように、どこでホストされているかにより、SSL サーバ証明書を導入する方法はさまざまです。 サイトの e コマース要素がある場合、証明書を取得することが要件となっていることもあります。 主なホスティング プロバイダは、たいていSSL サーバ証明書を含めたパッケージを提供しています。 既にお持ちの SSL を別のホストに移行することも可能です(元のサーバからエクスポートし新しいサーバにインポートする)。 Web ホストのサイトで記載されている具体的な手順に従ってください。 証明書をホストするサーバごとにサーバのライセンスを購入することを義務付けている認証局もありますのでご注意ください。 インストールの手順はここをクリックしてください 鍵長 256 ビットのアルゴリズムを使用して、電子文書をスクランブル処理する。 鍵が長いほどセキュリティが強化される。 A 非対称暗号暗号化や複合処理中に 2 つの対となる鍵を示す暗号。 SSL や TLS では、公開鍵、非公開鍵と呼んでいる。 C 証明書署名要求(CSR)コンピュータで読み取り可能なデジサートの証明書の申請をするフォーム。 CSR は通常、公開鍵および申請者の識別名が含まれている。 認証局(CA)CPS(Certification Practice Statement)に基づき、証明書の発行、停止、更新、取り消しを行う実在する認定組織。 CA が発行するすべての証明書およびCRLの識別名で CA が分かるようになっている。 認証局は、認証局自身の公開鍵を公開するか、主要認証局に従属する場合は、公開鍵の有効性を証明する上位の CA からの証明書を提供する必要がある。 デジサートは主要認証局(PCA)です。 暗号スイートこれは、SSL のプロトコル内で使用される承認、暗号化、メッセージ認証のアルゴリズムを含む一連の鍵交換プロトコル。 コモンネーム(CN)証明書の識別名にある属性値。 SSL サーバ証明書でのコモンネームは、セキュリティを上げるサイトの DNS ホスト名になる。 ソフトウェア発行元証明書では、団体の名前を使用するのが一般的。 接続エラーサイトにアクセスしようとする際に、安全なセッションの開始を防止するセキュリティ上の問題にフラグが付く。 D SSL サーバ証明書の中で最もベージックなレベルで、証明書が発行される前にドメイン名の所有権のみが確認される。 ハッカーがよく使う総当たり攻撃で解読するのは非常に難しく、純粋な RSA 暗号よりも少ないコンピューターの処理で早くソリューションを提供する。 読み取り可能な(平文)データを理解不可能な形式(暗号文)に変換するプロセスで、元のデータは、復元することができない(一方向の暗号化)、または復号(二方向の暗号化)を使用せずに復元することができない。 ドメインを確認し、厳格に企業証明が求められ、アドレスバーでハイライトされる最も包括的なセキュリティ証明書の形式。 K ユーザとサーバがセッションのプリマスタシークレットを完全に確定する方法。 M マスタシークレット暗号鍵、MACシークレット、初期化ベクトルの生成に使用される鍵の情報。 メッセージとシークレット上にある一方向ハッシュ関数。 O ドメインの所有権と組織の実在性を認証する SSL サーバ証明書のタイプ。 P マスタシークレットの生成に使用される鍵の情報。 証明書に基づいたに公開鍵暗号システムのを総括的にサポートするアーキテクチャ、組織、技術、実践、手順のこと。 PKI は、公開鍵暗号システムの提供と実装を連携して行い、他の関連サービスからなるシステムで構成されている。 S SSL や TLS を使用してホスト Web ページを保護するサーバ。 セキュアサーバが使用されている場合、サーバはユーザに信頼できることを証明する。 さらに、インターネットで送信される前に、ユーザの Web ブラウザの SSL プロトコルによってユーザ情報が暗号化される。 情報はホストサイトの要請によってのみ復号されることになる。 1 つの SSL サーバ証明書で複数のドメインを保護するタイプの証明書。 SSLSecure Sockets Layer の略。 インターネットで送信されるデータの認証、暗号化、復号を可能にする Web ブラウザおよびサーバ用のプロトコル。 サーバとユーザ間で送信されるデータを暗号化すると同時に、ユーザに対してサーバの認証を可能にするサーバ証明書。 SSL サーバ証明書は、デジサート マネージド PKI for SSL センターで購入・発行できる。 安全なネゴシエーションのために SSL 内で使用されるプロトコル。 対称暗号化同じ鍵を暗示する暗号化方法は、暗号化・復号のどちらでも使用される。 T TCP Transmission control protocol は、あらゆるネットワークにおける主なプロトコルの 1 つ。 W 複数のサブドメインを保護するために使用されるタイプの証明書。

次の

SSL/TLSサーバ証明書とは

接続はプライベートではありません 証明書

連載: 「身近な話題を例にITリテラシーを高めていこう」がコンセプト。 さらっと読めて人に話せる、すぐに身につく。 分かりやすさ重視で解説。 小ネタも扱います。 (編集:ITmedia村上) 本当は怖い「証明書エラー」 そもそもこのSSLサーバ証明書は何に使われるものなのでしょうか。 最近では多くのWebサーバが「HTTPS」での通信に対応し、皆さんのWebブラウザと通信相手であるWebサーバとの間の通信が「暗号化」されるようになりました(ITmediaもついにhttps化しました)。 WebブラウザのURLバーに「錠のマークが表示されていれば安全」と理解している方も多いでしょう。 しかし、これだけで100%安全という理解は間違っています。 錠マークは正確には「 自分と相手サーバとの通信が暗号化されている」ことだけを表しています。 錠マークが指し示すURL(Webサーバ)との暗号化通信が実現されているというだけで、その相手があなたの意図したサーバであるかどうかは不明です。 より具体的にいうと「相手がサイバー犯罪者の用意したWebサーバ」であったとしても、正しくSSLサーバ証明書が設定されていた場合、錠のマークが表示されます。 とはいえ、そのURL文字列だけで正当性を判断するのも難しいことではあります。 ましてや「SSLサーバ証明書エラー」が発生している場合は、最大限警戒して対処すべきです。 考えられるトラブルとしては、本当にフィッシング(詐欺)であるパターンだけでなく、通信状況によりうまくHTTPS通信が行えない場合(カフェなどの無料Wi-Fiでログインする前などにありがちです)や、そもそもWebブラウザが古い場合などが考えられます。 普段はうまくつながっていたにもかかわらず、突然SSLサーバ証明書のエラーが表示されている場合、まずは同じURLをスマートフォンの携帯通信回線で接続してみてエラーが出るかどうか、他のPCや別のWebブラウザでも同様のエラーが出るかどうかを確認してみてください。 ほとんどの場合は回線かデバイスかブラウザを変えればうまくいくはずですが、それでもダメな場合は相手側に問題があるかもしれません。 念のため、Webブラウザが最新になっているかどうかも確認してみてください。 「ルート証明書」がやられると…… もう一つSSLサーバ証明書関連で気を付けたいのは「 ルート証明書」です。 その前に、このSSLサーバ証明書がどのような考え方に基づくものかを簡単に説明します。

次の