導き の 地 ディノバルド。 【MHWIB】導きの地、地帯Lv7コンプしたい話。

[mhwアイスボーン]導きの地で優先的に育てたいおすすめ地帯

導き の 地 ディノバルド

mhwアイスボーンの導きの地は、地帯が5つあります。 それぞれの地帯によって出現するモンスターが違い、 レベル上げは、多くの時間をかけてしまうので、どの地帯からレベルを上げるか悩むと思います。 この記事では、 導きの地でレベルを上げるのにオススメの地帯 を紹介しています。 どの地帯を育てるかの参考にしてみてください。 地帯レベル 導きの地のレベルは7まであります。 カスタム強化や護石の強化に使う素材は、高レベルになってから出現する、歴戦モンスターや古龍などのモンスター素材が多いです。 導きの地では、 全ての地帯をレベル7にすることはできません。 最大でも3つの地帯をレベル7にするのが限界なので、育てる地帯を選ぶ必要があります。 おすすめの地帯• 溶岩 陸珊瑚• 森林 1. 溶岩 地帯 溶岩地帯は、 全ての武器において、 カスタム強化の枠を増やせる、 ラージャンの歴戦素材が入手可能な地帯です。 カスタム強化枠の拡大によって、 レア度12の武器でも、会心率強化と回復能力付与の両立という 強力な構成を両立できます。 また、溶岩の レベル7で出現する歴戦古龍級のモンスターが、 テオ・テスカトル ナナ・テスカトリ クシャルダオラ バゼルギウス ラージャン と 特に多いのも、魅力の1つです。 古龍の出現率に困らないので、防具と武器のカスタム強化にたくさん使用する 大霊脈玉が手に入れやすいです。 他にも、歴戦ナナ・テスカトリの素材は、便利な護石の「挑戦者」「匠」の最大強化に使用するので、特に重要度が高いのが溶岩地帯です。 陸 珊瑚 陸珊瑚地帯は、 リオレウス希少種 ネロミェール キリン プケプケ亜種 の歴戦個体と戦えるのが良い点です。 特にネロミェールの歴戦素材が一番の魅力といってもいいでしょう。 ネロミェールの歴戦素材は、 主に レア度12武器の回復能力のカスタム強化に使います。 レア度12の武器は、 イヴェルカーナ武器 ネルギガンテ武器 ジンオウガ武器 ラージャン武器 などの強力で、特に 使用頻度の多い武器が該当します。 また、 レア度12の回復カスタムの2段階目の強化には、 リオレウス希少種の歴戦素材が必要になります。 荒地 この地帯の魅力は、 リオレイア希少種の歴戦個体 ディアブロス ディアブロス亜種 です。 他にも、武器のカスタム強化として、使用頻度の高い素材の、リオレイアやディノバルドが出現しやすいです。 リオレイア希少種の歴戦素材は、カスタム強化の 属性強化に使うので、 属性値が重要な、弓や双剣を使用している場合は、優先度が高いかもしれません。 歴戦ディアブロス亜種は、武器のカスタム強化の スロット付与に使用します。 また、 護石「挑戦者」のレベル3への強化に用います。 瘴気 この地帯の良い点は、 ティガレックス亜種と ヴァルハザク ディノバルド亜種 の素材が入手できます。 ティガレックス亜種の調査クエストや、防具などを作成したい場合は、レベル上げすべきです。 ヴァルハザクの歴戦素材は、 「耳栓」「集中」の護石の最終強化に使用する ので、使用している武器によっては必要になるかもしれません。 カスタム強化でも、属性強化の必要素材でもあります。 ディノバルド亜種の歴戦素材は、 剣士にとって欲しいスキル「匠」の護石の最大強化の素材の1つです。 森林 森林地帯の出現モンスターは、 他の地帯にも出現するモンスターが大半です。 レベルを上げても、 他の地帯よりも旨味は少ないでしょう。 森林は、 イャンガルルガの歴戦個体が唯一の魅力です。 イャンガルルガの歴戦素材は、 レア度11の回復能力のカスタム強化に使います。 イャンガルルガの歴戦素材は、一度手に入れさえすれば、マカ錬金で交換できます。 なので、 マルチプレイで他の人の探索に参加して、イャンガルルガの歴戦素材を入手するのがいいかもしれません。 おすすめのレベル上げ順番 ソロ 導きの地の素材は、後述するマカ錬金で、 別のモンスター素材を使って、ある程度は交換できます。 しかし、 マカ錬金の交換リストに載せるには、一度素材を入手する必要があります。 なので、 いろんな武器のカスタム強化と、護石の強化をしたい場合は、全ての地帯で一度は高レベルにする必要があると考えられます。 また、 地帯レベルが7になると、それぞれの地帯に応じた見た目の、チャームが手に入ります。 コレクションしたい人は注意しましょう。 地帯レベルの上げ下げは、とても大変で時間がかかるので、 事前にレベル上げの順番は決めてからのほうが良いでしょう。 レベルの調整が大変なので、レベル7をキープしたい地帯は、さほど欲しい素材の少ない地帯を終わらせてから、育てるのがオススメです。 陸珊瑚は ナルガクルガ プケプケ亜種 リオレウス希少種 ネロミェール リオレイア亜種 など 瘴気 ティガレックス ティガレックス亜種 ディノバルド亜種 ヴァルハザク オドガロン 等です。 現状の地帯レベルは、3つの場所でレベル7に出来るので、 最終的には 瘴気、丘珊瑚、火山が レベル7 森林、荒地が レベル1 に落ち着くのがいいと思います。 オンラインマルチでは、自分の育てていない地帯に行けるので、上手に活用すれば、わざわざ自分でレベルを上げなくてもいい可能性もあります。 今後のアップデートで、新しい地帯が追加される可能性もあるので、レベルの上げ方や、レベルの維持の仕方が変わることも考えられます。 マカ錬金 大半の導きの地におけるモンスターの素材は、マカ錬金で交換可能です。 導きの地モンスター素材の7~8割近くは、交換できるので便利です。 マカ錬金の注意点• 一度は素材を入手する必要がある 交換リストには、一度入手した素材しか載りません。 今現在は必要ない素材であっても、念のため一度は手に入れておきましょう。 地帯レベル7から出現する歴戦モンスターの素材は交換できない 古龍の歴戦 ラージャンの歴戦 バゼルギウスの歴戦 リオレウス希少種 リオレイア希少種 などは交換で入手できません。 これらの素材は、モンスターの落とし物や、討伐などで、自力で集める必要があるので注意しましょう。 地帯レベル上げで注意したいこと 地帯レベルは、モンスターの生息地の量で、レベルの上がり具合が決まります。 例えば、 ディアブロスの場合、荒地地帯が大幅に上昇して、他の地帯がすべて低下。 オドガロンの場合は、陸珊瑚と瘴気が上がり、他が下がる。 イビルジョーやアンジャナフ亜種、ネルギガンテなどは、 いろんな地帯で出現するので、全ての地帯でほとんど変動しない。 この地帯の上がり方を利用すれば、 特定の地帯を上げたくない場合は、戦うモンスターを変える等をして、 効率よくレベル上げが出来るようになります。 痕跡や、罠が効率的にレベルが上がる。 特に罠は、レベル上げで最も効率的です。 罠は、何回当ててもレベルが上昇します。 しかも、 戦うことなくレベルを上げるので、もっとも楽です。 おびき出しなどを使って、何回も罠を大量に当てれば、短時間で、地帯レベル7までいけると思います。

次の

ディノバルド

導き の 地 ディノバルド

Game• モンハンワールド:アイスボーン 2019年9月11日 Author:motuni モンハンワールド アイスボーン ゆる攻略 「導きの地」解析方法と特殊痕跡の集め方 昨日無事ストーリーをクリアしました!いやー、後半はみんな 体力が高くて3乙の恐怖というよりは、50分で収まるのかひやひやしながらプレイしておりました。 聞くところによるとマスターランクは 「クラッチクロー」からの壁当てによる大ダメージを想定したHPになっているらしいです。 (私は知っていながら1回くらいしか使いませんでしたが、、) 今回はストーリークリア後に行けるようになる 新マップ「導きの地」について紹介していきたいと思います。 特殊痕跡の集め方や解析の進め方など、ワールドが初モンハンな人たちはなかなか理解しづらい所があるかと思うので、わかりやすくまとめられればと思います。 この記事の目次• 「導きの地」とは 既存の4地帯がくっついた特殊マップ 「導きの地」とは、 ストーリークリア後に行ける新マップです。 森、荒地、珊瑚、瘴気の4つの地帯がくっついた1つのマップで、本来同じマップに存在しないはずのモンスターが同マップ上に生息する特殊マップとなっています。 地帯毎にレベルが設定されており、レベルによって出現するモンスターが異なる 「導きの地」に 出現するモンスターは通常で3体。 この3体はランダムで入れ替わり、 モンスターのランクは森、荒地、珊瑚、瘴気それぞれの地帯に設定されたレベルに依存します。 レベル1の地帯では、クルルヤックやボルボロスなど比較的初期にあたるモンスターしか出現しませんが、レベルが上がるにつれディノバルドやオドガロン亜種、アンジャナフ亜種など徐々に強敵となっていきます。 私はまだ見れていませんが、このレベルをどんどんあげていくことで ゆくゆくはマスターランクの古龍なども出現するとのこと。 ストーリー本編に出てこなかった新モンスターや新亜種などもいるようです。 各地帯のレベル上げと種別の解析で新モンスターを狩猟、捕獲する 「導きの地」では主に以下の2つを行っていく必要があります。 各地帯のレベル上げ• モンスター種別の解析を行いモンスターの「モンスターのおびきよせ」を行う 「各地帯」のレベル上げは上で説明したように、 高ランクのモンスターを出現させるために行い、 「おびきよせ」は特定のモンスターを「導きの地」に呼び出すことができる機能です。 それぞれ新しいモンスターに出会える可能性を秘めており、結構手間がかかるものなのでエンドコンテンツの一つとして今度更新がされていくのだろうと思われます。 「導きの地」の地帯レベルを上げる方法 「導きの地」に存在するモンスターの痕跡を集めていくことでレベルを上げていくことができます。 狩猟もしくは捕獲でもレベルを上げることができますが、出現するモンスターはすべて マスターランクなのでHPが高く時間がかかるのであまりお勧めできません。 ひたすら足跡集めをしたほうが効率的にレベルアップが行えるかと思います。 地帯を狙ってレベリングすることも可能です。 探索開始時に3体出現するモンスターはそれぞれ担当地帯が決まっています。 例えば「クルルヤック」は荒地、「プケプケ」は森、「ドスギルオス」は瘴気、といった感じで。 ここまで言えばわかると思いますが、森のレベルをあげたければ「クルルヤック」の痕跡集めを行えばよいということです。 地味ですが 探索装備で後ろに張り付いてひたすら痕跡を拾うのが良いかと。 ちなみに、 未検証ですが一定条件のもとレベルが「下がる」こともあるようです。 荒地が高くなってくると森が下がる的な感じで。 因果関係などはまだわからないので、かなり朧気な情報ですが頭に入れておくといいかもしれません。 「導きの地」で「モンスターのおびきよせ」を行う方法 こちらは 少々ややこしいです。 正直チュートリアルの説明ではよくわかりませんでした(笑)いろいろ試してみてわかってきたことも踏まえて説明します。 まず「解析対象」を発見する 「解析対象」の発見方法 「解析対象」を発見すると右上にこのようなゲージが表示されます。 「解析対象」がない状態でモンスターを狩猟し剥ぎ取りを行うと発見することができます。 ですので 同時に2つの「解析対象」を所持することはできない様子。 解析完了で出てくるモンスターはランダム 解析を行った結果 どのモンスターを呼び寄せることができるのかはランダムとなっています。 しかし、ランクでゲージの長さ(矢印の数)が異なるのでおよその見当は付きそうです。 ゲージの長い「解析対象」が出たら強力なモンスターの可能性大です。 初回の解析は牙竜種のジンオウガで固定 おそらく 「導きの地」初回時は牙竜種のゲージが出てると思います。 これをMAXまで貯めると「解析完了」となり、解析の結果判明したモンスターを「導きの地」に出現させることができます。 この「モンスターのおびきよせ」でないと初回発見にいたらないモンスターもいるようです。 というか ジンオウガはそうですね。 「導きの地」初回時の牙竜種のゲージはジンオウガで固定のようです。 初回の解析でてくるジンオウガは捕獲しておく ジンオウガはここで捕獲しておきましょう。 ストーリークリア時点ではフリーにジンオウガのクエストが無いのでここで捕獲して 特殊闘技場のフリークエストを出しておかないと、また「導きの地」でおびきよせるはめになります。 一度クリアしちゃうとフリーも常に出ているわけではありませんが、手間の度合いで言えばフリーの特殊格闘技場の方が楽です。 「解析対象」の解析を行う。 方法は3つ このゲージを貯めるためにはいくつかの手段があります。 「導きの地」に出現するモンスターの剥ぎ取り• 「導きの地」に出現するモンスターの部位破壊• 「導きの地」に出現するモンスターの縄張り争いで出る「特殊痕跡」の収集 この3つです。 剥ぎ取り、部位破壊は1モンスター1ゲージのみとなっているので、さっさと部位破壊してゲージが溜まったのを確認したら次のモンスターの 部位破壊を行いに移動してしまった方が高効率です。 あと、部位破壊ないし剥ぎ取りによる解析は必ず行われるものではありません。 体感的には部位破壊は1発で溜まることが少ない気がします。 「破壊王」などを付けて殴れば早くなると思います。 「特殊痕跡」はモンスターの縄張り争いの後に出てきます。 拾うとゲージ1つ進みます。 おそらくですが、ある程度地帯のレベルが上がっていないと出てこないようです。 レベル3くらいからぽつぽつではじめるくらいのイメージ。 そんな滅多に落ちているものではないので、あれば拾うくらいの感覚の方がよさそうです。 縄張り争いが起点になるのであれば、 ある程度「特殊痕跡」が落ちるポイントは絞れそうなので、もう少し検証してみたいと思います。 「解析」が完了したら「探索の報告」を行ってから受付嬢に話しかける ここの説明がゲーム内であまり無いので迷う人多いんじゃないかなぁと。。 初回の解析を完了すると受付嬢が帰ってきて報告しろ的なことを言ってるみたいですが、右に受付嬢の顔が出ると反射的に聴力が落ちる人なので聞き逃してました(笑) 解析を完了すると右のゲージが消えます。 この状態でキャンプにいる受付嬢に話しかけて、 まずは「探索の報告」を行いましょう。 ちなみに 「導きの地」は拠点に帰らずとも探索の報告をすることができます。 報告を終えると、受付嬢のメニューの1番下に 「モンスターのおびきよせ」の項目が選択可能になっていると思います。 これを選び呼び寄せるモンスターを選びましょう。 で、 重要なことがひとつ。 1回の解析=1回のおびきよせ です。 結構な手間なので何回も行けそうですが1回の解析で1度しか呼べません。 なので、ここで初めてあったモンスターはなるべく捕獲したほうがいいかもしれません(ジンオウガみたいにここでしか会えないモンスターがどれくらいいるのかにもよりますが、、) 私はこれに気付かずジンオウガを呼び寄せた状態で拠点に戻ってしまいました。。 装備の相性がめっちゃ悪くて、、とまぁ私はなかなかうまく行かないことが多かったのですが、 この流れを繰り返すのが「導きの地」での基本となります。 さいごに 私自身も「導きの地」自体は数時間のプレイなのでまだ理解しきれていないシステムや、要素などがあるかもしれませんが、 基本の流れはこんな感じだと思います。 それにしてもクリア後にこんなにボリューミーなコンテンツがあったなんてビックリです。 というか スタッフロール後も任務の追加があります(笑)イャンガルルガはクリア後に任務クエストで初お披露目ですし、ネギの特殊個体もクリア後になる様子です。 2日でスタッフロール到達となりましたが、これからもまだまだやることはたくさんあるので、随時記事も更新していきたいと思います!.

次の

モンハンワールド2chまとめ速報

導き の 地 ディノバルド

尻尾の仕様を覚える• 喉が赤熱化するとブレスが追加• 喉の赤熱中は特殊ダウンを狙える• 怒り状態は尻尾叩きつけを警戒• 背中へのクラッチが効果抜群 尻尾の仕様を覚える 尻尾の仕様解説 通常時 ・青くきれいな色をしている ・戦闘開始時と研ぎのあとはこの状態 ・ 尻尾が地面に触れる攻撃を繰り返すと、赤熱化する 赤熱化 ・熱した鉄のような色合い ・肉質が柔らかくなり、尻尾の切断が可能な状態 ・尻尾攻撃に火属性が付与される ・ 時間経過で錆状態になる 錆状態 ・茶色く錆ついている ・尻尾の形態中で最も肉質が硬い ・ 尻尾に噛み付いて錆を取ると同時に、通常に戻って喉が赤熱化する ディノバルドの尻尾は、戦闘中に3つの状態を行き来する。 慣れるまでは、 「赤いと火属性攻撃、錆びたらいつでも喉が赤くなる」ことだけは覚えておこう。 尻尾切断は赤熱化時のみ ディノバルドの尻尾は、赤熱化している時しか切断できない。 尻尾目的で戦う場合は注意すること。 ちなみに、切断した尻尾は地面に刺さる特別な仕様となっている。 尻尾が錆びてからしばらくすると、尻尾に噛み付いて研ぎを行う。 これにより尻尾が通常状態に戻り、喉が赤熱化する仕様だ。 喉が赤熱しているとブレスを吐くようになり、トリッキーな動きも加わるので注意しよう。 喉の赤熱中は特殊ダウンを狙える 赤熱中の喉にダメージが蓄積すると、ディノバルドはダウンする。 通常のダウンよりも拘束時間が長く、赤熱化も解除される。 ディノバルド戦での重要な要素なので、必ず覚えておこう。 怒り状態は尻尾叩きつけを警戒 ディノバルドは、 怒り状態では尻尾叩きつけが2連続となる。 一撃目を回避したら、間を置かずに左右に回避することで避けられるので意識しよう。 背中へのクラッチが効果抜群 ディノバルドの攻撃は、背中に判定が無いものが多い。 その気になれば、クラッチ攻撃だけで討伐も可能。 苦手だと感じる場合は、積極的に背中へのクラッチを狙うと良い。 瀕死時は尻尾にクラッチし放題 瀕死になったモンスターは一目散に逃走するため、中々追いつけない。 しかしディノバルドは尻尾が長いので、逃走中は何度もクラッチ攻撃が可能。 ダメ押し気味に狙って体力をさらに削ろう。 ディノバルドの主な攻撃 ディノバルドの主な攻撃パターン 【注意】 大回転攻撃 尻尾を咥えた状態の溜めから繰り出される攻撃。 大ダメージを受けるので、緊急回避で避けよう。 【注意】 ステップブレス ブレスを吐きながらステップする。 即座に噛みつきへつなげてくるため、当たってしまったらすぐに離れよう。 【注意】 炎ブレス 直線上に炎を吐く。 喉に熱を蓄えている時に使用する。 時間差で爆発するので注意。 尻尾叩きつけ ジャンプして身を翻しながら尻尾を叩きつける攻撃。 怒り状態では2回連続する。 噛みつき 一度上体を起こした後、前方に向かって噛み付く攻撃。 連続で使用する場合もある。 飛びかかり 狙ったハンターに飛びかかって攻撃。 背中クラッチ中も命中する。 左右に回避することを意識 ディノバルドの攻撃は、直線的かつ判定が一瞬のものが多い。 そのため、左右に回避すれば多くの攻撃を避けられる。 最小の動きで回避し、素早く反撃へ移ろう。 ブレスは避けても油断しない ディノバルドのブレスは、 地面に残って時間差で爆発する。 避けたと思って爆発に当たることが多いので、油断しないこと。 範囲が広く威力も高いが、予備動作が長い。 納刀の余裕は充分にあるので、緊急回避で避けよう。 前転回避も可能 大回転攻撃は判定が一瞬なので、前転の無敵時間でも避けられる。 ディノバルドが尻尾を口から離した瞬間に、進行方向へ前転すれば回避可能だ。 慣れたら練習してみよう。

次の