山崎 賢人 ひげ。 山崎賢人、役作りのため「毎日血が出るぐらいひげを剃った」(SmartFLASH)

松岡茉優:山崎賢人の無精ひげに触る無邪気な姿 映画「劇場」の新場面写真が解禁

山崎 賢人 ひげ

4月17日公開の山崎賢人主演映画『劇場』より、本予告映像が公開された。 本作は、お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹の同名小説を、『世界の中心で、愛をさけぶ』『ナラタージュ』の行定勲監督によって実写映画化する恋愛映画。 劇作家を目指す主人公・永田と、彼を必死に支えようとする沙希の恋を描く。 ヒロイン役を務めるのは、『万引き家族』の松岡茉優。 女優になる夢を抱き上京し、服飾の学校に通っている学生で、公私ともに永田を支えていく沙希を演じる。 そのほか、寛一郎、伊藤沙莉、浅香航大、King Gnuのボーカル井口理、上川周作、大友律、三浦誠己らが出演する。 映画『劇場』本予告映像 公開された本予告では、演劇の世界で夢を追う永田と、彼の夢を信じ一途に支え続ける沙希の仲睦まじい様子が描かれる一方で、理想と現実とのはざまで悩み、「夢を叶えることが、君を幸せにすることだと思ってた」という気持ちとは裏腹に、次第にすれ違っていく2人の姿が映し出される。 「一番会いたい人に会いに行く。 こんな当たり前のことがなんでできなかったんだろうね」という永田の想い、さらに「ごめんね」と涙ながらにつぶやく沙希の表情、そして朝方の桜並木の中を、自転車で2人乗りしながら走っていく永田と沙希の姿が収められている。 また、映像には同じ劇団員である野原(寛一郎)や、永田と仲たがいしながらも彼を心配し見守る青山(伊藤沙莉)、永田と同い年ながら演劇界のホープとして謳われる演劇人・小峰(井口理)らも登場している。

次の

山崎賢人さんの無精ひげ姿が予想以上のカッコ良さだった。。。

山崎 賢人 ひげ

山崎賢人主演で又吉直樹の恋愛小説『劇場』が映画化され、2020年に公開されることが決定した。 本作は、劇作家を目指す主人公・永田と、彼に恋をし必死に支えようとする沙希の、生涯忘れることができない7年間の恋を描いた又吉の恋愛小説『劇場』を映画化するもの。 『世界の中心で、愛をさけぶ』『ナラタージュ』の行定勲監督がメガホンを取る。 脚本は、2009年『まほろば』で第53回岸田國士戯曲賞を受賞し、行定監督とは『ピンクとグレー』に続いてのタッグとなる蓬莱竜太が担当する。 主演の山崎は、演劇に身も心も捧げながら、実生活では社会や周囲の人々とうまく協調できない不器用な青年・永田を演じる。 山崎は、撮影前に何度も監督とエチュードを重ね役を作り上げ、人生初のひげを生やしたという。 また、葛藤や迷いを抱えながらも、純粋に彼を愛そうとする健気なヒロイン・沙希を松岡茉優が演じる。 中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田。 しかし、前衛的な作風は上映ごとに酷評され、客足も伸びない。 劇団員と永田の関係も悪く、永田は言いようのない孤独を感じていた。 そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履いている沙希を見かけ声をかける。 突然の出来事に沙希は戸惑うが、様子がおかしい永田が放っておけなく一緒に喫茶店に入る。 女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まった。 沙希は自分の夢を重ねるように永田を応援し続け、永田は自分を理解してくれ支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実と間を埋めるようにますます演劇に没頭していくが……。 撮影は6月初旬から始まり、演劇の聖地・下北沢を中心に都内で行われている。 山崎、松岡、行定監督、又吉からはコメントが寄せられている。 コメント一覧 山崎賢人 初めて本を読んだ時、人としてダメな部分ばかりですが、表現者としてとても共感できる弱さを見せる永田をすごく魅力的だと感じました。 自分にとってとても挑戦的な作品でしたが、以前からご一緒したかった行定監督のもと、今しか出せない自分のものを全部出せているのではないかと感じています。 撮影を通して、とても魅力的な原作にさらに映画としての魅力を盛り込んだ作品になるのではないかと思っています。 松岡茉優 沙希役の松岡茉優です。 同い年の山崎賢人君とは実は昔共演しているのですが、直接一緒にお芝居するのは初めてです。 永田と沙希について、撮影中何度も2人で話し合いました。 2人とも脚本に心底惚れており、意見が違ったことはありませんでした。 とても繊細な本で、私たちの演じ方が変わってしまうと、話の到着すら変わってしまいそうで。 行定勲監督が若い私たちを導いてくれました。 全国の恋する、愛する、はたまた情で離れられなかったり、何かのきっかけを失っているパートナー達が救われる映画になると思います。 完成を楽しみにしていてください。 行定勲監督 小説『劇場』はあまりにも身に覚えがある場面ばかりで胸をかきむしるような想いで読んだ。 私は又吉さんが書いた主人公がまとう空気をどうしても撮りたくなった。 ザラザラとした、夜が明ける頃に感じる切なくて淋しい空気を。 下北沢、渋谷、井の頭公園、そこかしこで錆つきそうな青春が吹き溜まっている。 山崎賢人と松岡茉優という稀代の若く鋭い感性と共に、自戒を込めてどうしようもない男と女の在り方を映画として映し出せたらと思います。 又吉直樹 『劇場』という小説は、恋愛というものの構造がほとんど理解できていない人間が書いた恋愛小説です。 恋愛小説と呼べるものになっているかすらもわかりません。 ただ、若くて未熟な二人がともに過ごしたどうしようもない時間を必死で書いているうちに、作家のわずかな能力を超えて濃密な風景が幸運にも立ち上がったと感じています。 ちょっと表現まわりくどいですか? 「こいつなに一丁前に作家ぶっとんねん」と思いました? でも、本心なんです。 それくらい自分にとって、大事な作品です。 信頼している行定勲監督、そして山崎賢人さん、松岡茉優さんをはじめ、魅力的な俳優陣によって映像になることを嬉しく思っています。 普通、原作者はシンプルな言葉で感謝を綴るくらいが丁度いいと思うのですが、思わず長文になってしまい恥ずかしいです。 そして、言い訳しているせいで、より長くなってしまいました。 すみません。

次の

山崎賢人、役作りのため「毎日血が出るぐらいひげを剃った」(SmartFLASH)

山崎 賢人 ひげ

略歴 [ ] 生い立ち [ ] 会社員の父と、歌の大好きな母との間に三男として生まれる。 兄弟は4歳上の長兄、2歳上の次兄、本人、2歳下の弟の4人兄弟。 幼い頃は、甘えん坊で引っ込み思案な少年だった。 幼稚園のときにをみて感動。 CDを購入し何度もアニーの曲を歌っていた。 音程の確かな歌声を聞き引っ込み思案を心配していた母が、なにかの自信になればと歌のレッスンをすすめ、小学校3年生のときに通うことになった。 、にて審査員特別賞を受賞。 ちょうど同じごろ、歌の先生から企画のアルゴミュージカル『フラワー』のオーディションを勧められ、初挑戦。 3000人の中から主役に抜擢され、、に主演。 厳しいレッスンを乗り越え、本番初日のカーテンコールの拍手に感動。 野球選手になる夢もあったが、「野球でなく、この世界で僕はいきていきたい」とミュージカル俳優になることを決心。 以後、中学3年生でを迎えるまで舞台・テレビなどに出演。 変声期を迎え、オーディションに受からなくなる日々に絶望的な気持ちを味わう。 母をはじめクラシックの先生の勧めで、ミュージカルをやるならクラシックや声楽などの基礎勉強をすすめられ、音楽系の高校受験を決心。 中学3年生の夏休みから、受験勉強を開始し、楽器を習ったことがない状態から、受験科目にあるピアノなどを猛特訓した。 4月、声楽科に入学。 留学経験のある兄二人の影響をうけ、7月、にあるノースカントリー・ハイスクールへ語学留学。 5月、全米高校生クラシック声楽コンクールのミズーリ州大会にて上位入賞、同年6月に帰国し同年9月より高校2年生2学期開始。 帰国後は、家族がそれぞれ別の場所で活動していたため、要介護の祖父母と3人暮らし。 学校と介護の両立を続けた。 2月、Music Power Station東京大会出場。 2004年3月、SDオーディションで約2万人の中から最終10名に選出される。 3月、東邦音楽大学附属東邦高等学校声楽科を卒業。 声楽演奏家コースに進学。 俳優活動 [ ] 大学在学中にミュージカル『』の日本初演20周年記念公演のオーディションにてマリウス役に抜擢され、9月に大学を2年中途退学して、翌の同公演で正式デビュー。 、初主演映画『』が公開。 12月、舞台『』で初の出演。 4月、『』での演技により第36回・演劇賞を受賞。 4月1日、から研音へ移籍。 21歳で『レ・ミゼラブル』のマリウス役、24歳で『モーツァルト! 』のヴォルフガング・モーツァルト役、26歳で『』のクリス役、29歳で『』のルイジ・ルキーニ役と目標としてきた4作品への出演を20代のうちに実現し、ミュージカルファンから「プリンス」の愛称で親しまれるようになって、「ミュージカルというジャンルをもっと知ってほしい。 役者としての幅を広げたい」と次のステージとして『』に出演していたミュージカル界の先輩・の紹介でにも進出。 にTBS系ドラマ『下町ロケット』で一躍注目を浴び、以降、ドラマに数々出演。 、テレビ朝日系ドラマ『あいの結婚相談所』で初主演を果たす。 、『』にてとと共にMCを務めバラエティー番組初MC。 春、同年度前期放送の『』でに初出演。 演じる主人公の幼馴染で歌手となる佐藤久志役を演じ 、劇中で歌声を披露して話題を呼ぶ。 歌手活動 [ ] 2007年11月14日、ボーカルグループのメンバーとしてアルバム『愛の流星群』でメジャーデビュー、2008年12月末までESCOLTAに所属。 、『』内の企画バンド「サザエオールスターズ」にボーカリストとして加入。 6月23日、よりアルバム『愛の五線譜』でソロデビュー。 同年6月30日、C. Lemonホール(現:)でソロデビュー・コンサートを開催。 同年7月31日、『夏休みフィギュアスケート名曲コンサート〜スケート・ファンタジー IN SUMMER2010〜』で初司会。 5月8日、、とのユニットの としてミニアルバム『StarS』でデビュー。 、カバーアルバム『1936 〜your songs〜』で、・企画賞を受賞。 1月23日、、とユニット『 (あいまい)』を結成。 ユニット名は3人の名前のアルファベットの頭文字を組み合わせたものである。 同年4月20日にオーチャードホールで旗揚げ公演が開催された。 また、3月20日の引退試合となったMLB日本開幕戦(東京ドーム)にて、日米両国歌を歌唱。 イチローの大ファンである本人にとっても忘れられない一日となった。 私生活 [ ] 2015年12月29日、2011年7月の舞台『』で夫婦役で共演した元のと4年間の交際期間を経て結婚。 2016年7月26日に長男誕生。 2018年10月31日、第2子男児の誕生を発表。 人物 [ ]• スカウトとして有能。 小学生のころは、少年野球チームを強くするために、同学年の体格のよい子を次々とスカウト。 6人の勧誘に成功する。 ミュージカル界で本格的に活動するようになったややも彼がミュージカルをすすめたといわれている。 歌を始める前に力を注いでいたのは。 小学校1年生のときに、高輪クラブという地元の少年野球チームに入団。 4年生のときに、低学年チームのキャプテンをまかされる。 6年生のときには副キャプテンを務め、全国ベスト8の成績を残す。 自身の野球チームがあるほど野球好き。 背番号は「19」。 あこがれの選手は元ヤクルトスワローズの選手。 メガネ姿の古田選手にあこがれて、小学校のとき視力検査でわざと間違え、メガネを購入してもらい、メガネをかけているうちに視力が悪くなったエピソードがある。 ラジオ番組 の初回ゲストコメント(録音)は古田選手。 おたく。 一人レミゼができるくらい歌いこんでいた。 大学時代は、レ・ミゼラブルのマリウス役をどうしてもやりたいために、声楽科の友人を誘い、学生だけの『レ・ミゼラブル』を上演。 また、19歳の同時期に東宝の「レ・ミゼラブル」のオーディションに挑戦し、当時世界最年少でマリウス役を射止めている。 高校生のとき、全校生徒2000人のアジア人一人のような場所に留学。 いじめにあうが、ダンスパーティーで勇気をだして踊ったところ、一夜にしてヒーローに。 高校生のときにみた帝国劇場での「モーツァルト! 」の舞台。 いつか演じたいと夢みていた。 念願かなって23歳のときに主演のモーツァルト役に抜擢される。 稽古では、演出家のから「(父親役の)さんが主役にしか見えない」と言われることも。 帝国劇場の主役という重圧に耐えなんとか迎えた初日、舞台上でにヒビをいれる怪我をしてしまう。 本番後に鎮痛剤をうちながら、周囲に隠して無事千秋楽までつとめあげる。 ピアノは高校受験のために譜面を読めない状態から猛特訓したが、今ではラジオ番組でリクエストに応え初見で弾き語りできる腕前。 趣味は野球の他に。 ミズーリ州に留学した際、双子のアダムとジェイドと一緒によくゴルフに行ったのがきっかけ。 一時は共演者のやとゴルフに行くことも。 ベストスコア88。 好きな料理は肉料理。 することも好きで、レシピなしで料理することができる。 トリュフオイルを使って、カキときのこのパスタなどを作ったり、実家のピザ窯でピザを焼いたりしている。 スポーツ界では、フィギアスケーターのと交流がある。 「いつか自分が歌うなかで大ちゃん(高橋大輔)に滑ってもらいたい」と語っている。 中学生時代は、『六番目の小夜子』で共演した俳優のと仲がよく、週4〜5日、実家の山崎育三郎の部屋に泊まって遊んでいた。 のと、双方のファンの間で「顔が似ている」と言われており、山崎育三郎は「弟」、重岡大毅は「いくにー」と呼び合う仲。 のお祭りマンボで、お互いの衣装を取り替え、ジャニーズWESTとのコラボレーションを果たした。 出演 [ ] 舞台 [ ]• 1998年、「フラワー」 - ペルモ 役• 1998年、 - ヴェルナー 役• 1999年、「フラワー・メズーラの秘密」 - ペルモ 役• 1999年、 - キンタ 役• 2007年、 - マリウス 役• 2007年、ハレルヤ! - 広志 役• 2008年・2010年、〜雨が運んだ愛〜 - ドンヒョン 役• 2008年 - 2009年、〜籠の中の道化たち〜 - ジャン・ミシェル 役• 2009年、 - 吉田 役• 2009年、 - マリウス 役• 2010年、 - ティム 役• 2010年 - 2011年・2014年 - 役(とWキャスト主演)• 2011年、 - マリウス 役• 2011年、 - エドガー 役• 2011年、 - ロミオ 役(Wキャスト主演)• 2011年 - 2012年、 - アルフレート 役• 2012年、 - ハンギョル 役• 2012年、 - クリス 役• 2012年、観る朗読劇「100歳の少年と12通の手紙」 - オスカー 役• 2012年、• 2013年、 - マリウス 役• 2013年、 - サトル 役(と共にダブル主演)• 2014年、 - ロビン・ブレイク 役• 2014年 - 2015年、 - ヴォルフガング・モーツァルト 役(井上芳雄とWキャスト主演)• 2015年、 - ルイジ・ルキーニ 役• 2016年、 - ティック(ミッチ) 役• 2016年、エリザベート - ルイジ・ルキーニ 役• 2017年、レディ・ベス - ロビン・ブレイク 役• 2018年、 - ヴォルフガング・モーツァルト 役(古川雄大とWキャスト主演)• 2019年、プリシラ - ティック(ミッチ)役• 2019年、エリザベート - ルイジ・ルキーニ役• 2020年、エリザベート - トート役 テレビドラマ [ ]• (2000年4月8日 - 6月24日、) - 加藤彰彦 役• 劇中劇「キスで乾杯」(2013年11月23日・12月7日、)• (2015年6月19日、) - 安藤光輝 役• (2015年10月18日 - 12月20日、) - 真野賢作 役• (2016年1月19日 - 3月15日、/) - 砂清水誠 役• (2016年1月20日 - 3月23日、TBS) - 園部優斗 役• (2016年4月21日 - 6月16日、系) - 赤星元 役• (2017年1月23日 - 3月20日、フジテレビ系) - 神谷暁人 役• (2017年4月18日 - 6月20日、TBS) - 小田原真吾 役• (2017年6月17日 - 7月15日、) - 役• (2017年7月28日 - 9月1日、テレビ朝日系) - 主演・藍野真伍 役(初主演作)• (2017年12月2日 - 2018年1月27日、・) - 岩城槇雄 役• 第26回 - 最終回(2018年7月15日 - 12月16日、NHK総合) - 西郷どん紀行「西郷どん紀行〜道しるべ〜」作詞・歌唱• (2018年10月12日 - 12月14日、NHK・ドラマ10)- 有楽亭助六(初太郎)役• (2019年5月22日 - 26日、テレビ朝日) - 国平幸一郎 役• (2019年6月30日、日本テレビ) - 山崎育三郎 役(写真のみの出演)• (2019年12月7日 - 21日、テレビ朝日) - 獅子丸怜二 役• (2020年5月5日 - 、NHK) - 役 映画 [ ]• (2008年)• (2018年) - 日下 役• (2020年1月10日公開、東宝、監督:佐藤東弥) - 西野佳志 役 テレビアニメ [ ]• (1998年10月5日 - 2000年12月1日(第1 - 第3シリーズ)、) - 星野 役• 第11話(2000年4月5日、) - 新之助 役 劇場アニメ [ ]• (2019年) - レオン・ロー 役 吹き替え [ ]• (2017年) - 〈〉 役• (2020年) - マンカストラップ〈ロバート・フェアチャイルド〉 役 ゲーム [ ]• セシリウス役(2018年) ラジオ [ ]• (2007年10月 - 2008年10月、• (2017年5月6日 - 、) バラエティ [ ]• (2009年、) - として出演• あなたもカラオケマスター 〜心をふるわせる8つのボーカルレッスン〜(2017年12月5日 - 、)• (2018年1月15日 - 9月10日、) - 千鳥と高見侑里と共にMC CM・広告 [ ]• (2017年1月 -2018年12月 )• まるでエステ なふたり時間 2018年2月 -• 「2019 お正月」福結びスクラッチ(2018年12月25日 - )• StarSのコンサートは「」を参照。 IMYのコンサートは「」を参照。 ソロコンサート [ ] 山崎育三郎 CD発売記念 ソロデビュー・コンサート 『愛の五線譜』• 2010年6月30日、C. Lemonホール(現:) 山崎育三郎 コンサート ~1936 your songs~• 2017年1月15日、東京・チームスマイル/ 山崎育三郎 LIVE TOUR 2018• 2018年 1月14日、豊洲PIT• 2018年 1月15日、豊洲PIT• 2018年 1月18日、• 2018年 1月19日、 山崎育三郎LIVE TOUR 2019〜I LAND〜• 2019年1月12日、埼玉・• 2019年1月14日、宮城・• 2019年1月19日、大阪・• 2019年1月20日、愛知・ビレッジホール• 2019年1月26日、東京・• 2019年2月2日、福岡・メインホール• 2019年2月3日、広島・大ホール• 2019年2月10日、滋賀・• 2019年2月11日、静岡・ 山崎育三郎 LIVE TOUR 2020 〜MIRROR BALL〜• 2020年1月10日、東京・• 2020年1月12日、大阪・• 2020年1月13日、広島・広島JMSアステールプラザ 大ホール• 2020年1月18日、福岡・ ザ・グランドホール• 2020年1月19日、愛知・ 大ホール• 2020年1月25日、新潟・• 2020年1月26日、石川・• 2020年2月1日、東京・• 2020年2月8日、静岡・• 2020年2月15日、栃木・ ESCOLTAコンサート [ ] 1st コンサート『Singing Drama Vol. 2007年7月2日、STB139 2nd コンサート『Singing Drama Vol. 2007年9月5日、STB139 1st Tour 『Singing Drama 2008』• 2008年2月9日、東京 紀尾井ホール• 2008年2月29日、大阪 ザ・フェニックスホール• 2008年3月1日、名古屋 今池ガスホール• 2008年3月5日・6日 グローリア・チャペル キリスト品川教会 2nd Tour 『Singing Drama 2008 Autumn』• 2008年9月23日、 大ホール• 2008年9月26日・27日、東京 中劇場• 2008年9月29日、名古屋 アートピアホール• 2008年10月1日、三重県総合文化センター• 2008年10月11日、大阪芸術ホール• 2008年10月14日、 ホールC その他 [ ] 夏休みフィギュアスケート名曲コンサート〜スケート・ファンタジー IN SUMMER2010〜• 2010年7月31日・8月1日、 大ホール - 司会 M. リーヴァイの世界〜2nd Season〜ウィーン・ミュージカルコンサート• 2012年2月26日 - 3月7日、• 2012年3月25日、東京国際フォーラム ホールC 笹本玲奈 15th Anniversary Show『Magnifique』• 2014年2月2日、 - ゲスト出演 『VOICE OF WONDERS』Amazing! Musical Stars Concert 2014• 2014年6月27日 - 29日、 岩谷時子メモリアルコンサート• 2014年9月30日、 ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2014 秋公演• 2014年10月1日・2日、 岡幸二郎 ベスト・オブ・ミュージカル• コンサートホール(2014年11月26日) - ゲスト出演 Umeda Arts Theater 10th Anniversary『Golden Songs』• 2015年2月13日 - 23日、東京国際フォーラム ホールC• 2018年8月19日、イオンレイクタウンkaze 1階光の広場 受賞歴 [ ]• 2010年 第36回菊田一夫演劇賞• 2014年 第5回 岩谷時子賞「奨励賞」受賞(StarS)• 2016年 今年のヒット人• 第58回 日本レコード大賞企画賞、山崎育三郎のカバーアルバム「1936~your songs~」(2016年12月)• 第14回 助演男優賞(『』) ディスコグラフィー [ ]• StarSのディスクは「」を参照。 ESCOLTA時代 [ ] シングル• 今も好きだから〜時は流れて(2008年7月30日) アルバム• 愛の流星群(2007年11月14日)• 愛の五線譜(2010年6月23日)• I LAND 2018年7月25日)• 『ラ・カージュ・オ・フォール』ハイライト・ライヴ録音盤(2009年5月5日)• 『レディ・ベス』ハイライト・ライヴ録音盤(2014年7月19日)• 『エリザベート』ハイライト・ライヴ盤録音盤(2015年12月20日) DVD [ ]• ESCOLTA『The Marble Shot』(2008年9月23日)• 舞台『』(2011年1月19日)• コンサート『StarS First Tour -Live at TOKYU THEATRE Orb』(2014年2月12日)• ミュージカル『モーツァルト! 』山崎育三郎Ver. (2015年4月30日)• 『エリザベート』2016年版キャストDVD White ver. (2016年12月16日)• 『レディ・ベス』2017年版キャストDVD Flower version(2018年5月30日)• 山崎育三郎 LIVE TOUR 2018~keep in touch~ 2018年6月6日 著書 [ ]• シラナイヨ(2016年7月16日、) フォトブック [ ]• IKUSABURO 山崎育三郎ファーストフォトブック(2011年5月16日、 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• VIPタイムズ社. 2020年5月12日閲覧。 online. 2018年4月30日. 2020年5月24日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2020年5月23日. 2020年5月24日閲覧。 山崎育三郎 2013年12月17日. インタビュー. 2020年5月12日閲覧。 2020年5月12日. : p. 2020年5月12日閲覧。 イベンダフルニュース. 2009年12月7日. 2015年7月17日閲覧。 山崎育三郎 2015年11月22日. インタビュー. ORICON NEWS. 2020年5月12日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社.. 2019年9月6日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年9月6日. 2020年5月12日閲覧。 2019年9月6日. 2020年5月12日閲覧。 2020年5月12日. 2020年5月12日閲覧。 ステージナタリー. 2016年11月18日. 2016年11月18日閲覧。 「1936」は「育三郎」に因んだタイトルであり、()(昭和11年)の楽曲をカバーしているわけではない。 M-ON! MUSIC 2019年1月23日. 2019年1月23日閲覧。 日刊スポーツ 2015年12月29日閲覧. ORICON STYLE. 2015年12月29日. 2015年12月29日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン. 2016年7月27日. 2018年5月11日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年10月31日. 2018年10月31日閲覧。 日刊スポーツ 2017年2月15日. 2017年2月15日閲覧。 音楽ナタリー 2019年12月5日. 2019年12月5日閲覧。 ORICON NewS inc.. 2019年11月12日閲覧。 com 2015年4月27日. 2015年4月27日閲覧。 シネマカフェ 2015年12月21日. 2015年12月31日閲覧。 SANSPO. COM 株式会社 産経デジタル. 2015年12月1日. 2015年12月1日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年12月1日. 2015年12月1日閲覧。 Smartザテレビジョン 2016年2月29日. 2016年3月7日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2017年4月26日. 2017年4月26日閲覧。 2018年12月20日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2018年7月4日. 2018年7月4日閲覧。 ザテレビジョン kadokawa. 2019年11月22日. 2019年11月22日閲覧。 アニメイトタイムズ. 2019年2月4日. 2019年2月4日閲覧。 Disney. JP 2017年1月31日. 2017年2月1日閲覧。 映画ナタリー. 2019年11月18日閲覧。 [ ]• ステージナタリー 2016年2月9日. 2017年3月22日閲覧。 ORICON NEWS 2017年12月19日. 2017年12月19日閲覧。 株式会社キャリアデザインセンター 2017年2月4日. 2017年2月4日閲覧。 イオン 2018年12月25日. 2019年1月3日閲覧。 M-ON! Press 2019年2月13日. 2019年2月13日閲覧。 日経クロストレンド. 2016年11月3日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年2月1日. 2019年2月1日閲覧。 ステージナタリー. 2016年6月22日. 2016年6月22日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年6月2日. 2016年6月1日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 30383022417 -.

次の