頷厭 押すと痛い。 偏頭痛の治し方で即効性がある方法。緊急時にはツボも効く!

こめかみが痛い頭痛...急に激しく痛むときは要注意 Doctors Me(ドクターズミー)

頷厭 押すと痛い

頭痛の原因と種類を見分けることは大切! ストレスや疲労で、時々起こる頭痛に悩まされている方は多いかもしれません。 しかし、「頭が痛い」と言っても、いろいろな痛み方があり、痛くなる頻度や伴う症状も色々あります。 実は頭痛は、その原因によっていくつかの種類があります。 首や肩や頭の筋肉が緊張することによって起きる緊張性頭痛、頭の中の血管の拡張によって起こる片頭痛、目に後ろにある動脈が拡張して起こる群発性頭痛などがあるようです。 また、頭痛の中にも命の危険伴うものと、そうでないものがあります。 この記事では、いろいろな頭痛の症状を理解して頭痛の種類を見分け、頭痛を解消する方法をご紹介します。 頭が痛くなる原因とは? 1. 睡眠不足 頭痛は、睡眠時間や睡眠の質と深い関係があると言われています。 例えば片頭痛は、睡眠不足によっても、睡眠のとりすぎによっても起こるようです。 また、緊張型頭痛も、睡眠不足で頭痛の症状を悪化させると言われています。 群発頭痛では、頭痛の発作によって睡眠を妨げるようです。 また、睡眠時無呼吸性頭痛やいびきのある人は、睡眠時に無呼吸状態が起こり、酸素不足によって起床時に頭痛を起こすと言われています。 ですから、頭痛の原因が睡眠障害から来ているということは、よくあるようです。 見出し「<日常生活の注意点>」より参照 2. 気候の変化 気温や気圧、湿度の変化によって起こる病気のことを「気象病」や「お天気病」と言います。 実は、頭痛を気象病としてとらえるドクターもいるようです。 気圧や気温・湿度の変化は、自律神経や血管血流に影響を与え片頭痛を誘発したり、梅雨や台風の時期には、筋肉の疲労物資の蓄積を増やし肩こりや頭痛を誘発すると言われています。 確かに、冬の寒い日や、雨の降る前に頭が痛くなる、という人は多いようですね。 見出し「片頭痛」より参照 3. 生理痛 女性の生理周期に関係した頭痛もあるようです。 生理周期は、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンの増減によって周期が繰り返されますが、生理直前のエストロゲンの量が急激に低下する時期に頭が痛くなると言われています。 エストロゲンの低下はセロトニンという脳内物質の低下と関連して頭痛を起こすようです。 しかし、ある統計では、5割以上の女性が生理周期と頭痛の関連に気が付いていないということが明らかになったようです。 たまに頭痛があるという女性の方は、一度意識して確認してみてください。 見出し「生理周期と頭痛の関係」より参照 4. 二日酔い お酒を飲みすぎた翌朝、頭が痛い! これはまさに二日酔いでしょう。 二日酔いで頭痛が起きるのは、アルコールの過剰摂取によって血流が促進され、その結果体温調節のために体の水分量が失われることで、脳の細胞にも脱水症状が起きるからだと言われています。 二日酔いのときにみそ汁や梅干しが効くと言われるのは、塩分摂取が脱水症状の改善を促してくれるからのようです。 見出し「二日酔いの頭痛 」より参照 5. ストレス ストレスは、頭痛の原因のなかでも大きな位置を占めるようです。 脳がストレスを感じると、セロトニンという脳内の神経伝達物質が増加し、脳の血管を収縮させてしまうと言われています。 脳の血管が収縮すると、それが拡張するとき頭痛が生じ、これが片頭痛と言われるようです。 また、ストレスで頭の筋肉が硬くなることで、血行不良が起こり、緊張性頭痛が起こると言われています。 ですからストレスは、慢性的な頭痛を生み出すと言ってもいいでしょう。 見出し「つらい頭痛・・・」「その原因は・・・」より参照 頭が痛いときはやっぱり風邪? 頭が痛いとき=風邪とは限らない! 頭痛=風邪、と考える方は意外に多いかもしれません。 しかし、頭痛の9割が片頭痛か緊張型頭痛と言われているそうです。 また、風邪の場合はウイルスの気道感染ですから、頭痛に加えて必ず熱や鼻やのどの症状が伴うと言われています。 症状が頭痛だけの場合風邪と考えるよりも、他の病気を疑ったほうがいいでしょう。 頭痛に風邪様症状が伴う場合に気を付けることは、副鼻腔炎や髄膜炎との区別が必要なことです。 副鼻腔炎や髄膜炎は風邪薬では治すことができず、治療が遅れると慢性化したり重症化する病気と言われています。 頭の痛みが強い場合には、早めに医療機関を受診したほうがいいでしょう。 見出し「2. 心配な頭痛」より参照 妊娠中の風邪が原因の頭痛は要注意! 妊娠中に風邪で頭痛があるとき、風邪薬の服用には注意が必要です。 妊娠中期以降には、風邪薬に含まれる解熱鎮痛成分のアスピリンやイブプロフェンの服用は胎児死亡の可能性があり、禁忌となっているようです。 また、妊娠初期から中期に起こりやすい緊張性頭痛でも頭痛薬の服用にも注意が必要です。 頭痛薬よりもストレッチやマッサージなどで頭痛を緩和する方法をすすめるドクターは多いようです。 また、妊娠後期の頭痛は、高血圧症や脳血管障害など胎児や妊婦の生命にかかわる場合があるので、早めに医療機関を受診したほうがいいでしょう。 見出し「妊娠していますが、かぜ薬を飲んでも大丈夫ですか?」より参照 子供が頭が痛いと言い出した時 「髄膜炎」や「脳炎」の初期症状は、風邪によく似ていると言われています。 ですから、子供が頭痛を訴え、かつ風邪症状がある場合には、髄膜炎や脳炎との識別が肝心です。 髄膜炎は、ウイルスや細菌が原因で脳のクモ膜と硬膜の間に、脳炎は脳実質に炎症が起こる病気です。 ですから、重症化すると命に関わったり後遺症が残ったりするので、ママが早めに気が付いてあげることが大切です。 また、子供も片頭痛を起こすようです。 子供の片頭痛の特徴は、2時間ほどの短い頭痛発作の場合もあること、頭の片方だけでなく両側を痛がるケースが多いこと、吐き気や食欲不振を伴うケースが多いことと言われています。 見出し「頭部を痛がっている場合」より参照 おすすめの風邪薬は? おすすめの風邪薬は、解熱鎮痛剤の配合された風邪薬です。 アセトアミノフェンやイブプロフェン、サリチルアミドなどの解熱鎮痛薬は頭痛にも効果があります。 また、無水カフェインは眠気を覚ましたり。 側頭部とも言います。 この場所には、側頭骨、側頭筋、側頭神経、側頭動脈があります。 側頭筋は後頭部の方向に広がっている比較的大きな筋肉なので、この筋肉が緊張すると、頭痛が起きると言われています。 また、側頭動脈炎という病気では、こめかみの片側もしくは両側の浅側頭動脈という血管に炎症が起こり、頭が痛くなると言われています。 見出し「側頭動脈炎のポイント」より参照 左こめかみが痛いときの病気 こめかみの右か左の片方どちらかが痛くなる場合には、片頭痛や群発性頭痛が考えられると言われています。 緊急に対応が必要な病気として、脳梗塞や脳腫瘍があげられますが、これらの病気では、頭の特定の場所に痛みが起きるという言い方はできないようです。 ですから、激しい頭痛や、長期に続く頭痛の場合には、早めに医療機関を受診するといいでしょう。 脳の血管の拡張が原因で起こる。 目の充血、鼻づまり、鼻水、発汗など の自律神経症状が伴う。 原因は、目の奥の内頸動脈という太い血管が拡張して起こると考えられている。 20-30代の男性に多い病気。 脳梗塞では頭痛よりも、めまい、手足が動かない、痺れる、うまくしゃべれないなどの症状多い。 頭痛がある場合は、緊急性が高い。 朝起きると頭が痛いのが特徴。 見出し「頭痛外来」より参照 右こめかみが痛いときの病気 片側のこめかみだけに痛みが起こるというのは、緊張性頭痛ではあまり起こらないようです。 緊張性頭痛 では、頭全体の締め付け感、圧迫感や頭重感があると言われています。 しかし、解離性動脈瘤という病気の場合、片側だけの首の後ろから後頭部にかけて、頭痛が起こるという特徴があるようです。 解離性動脈瘤と言う病気は、動脈血管の膜に亀裂が入り縦に裂けることで起こり、くも膜下出血や脳梗塞の原因となると言われている怖い病気と言われています。 急激に首をひねる動作(スポーツやカイロプラクティックなど)で発症し、めまいが伴うと言われています。 見出し「日常的な頭痛のタイプ」より参照 【後頭部編】頭が痛いとき — 筋緊張型頭痛に多い症状 後頭部の痛みとは? 後頭部はどのようになっているのでしょうか。 後頭部は後頭骨によって覆われています。 また後頭部には、首から椎骨動脈や脳底動脈という太い血管が伸びています。 また、後頭神経が後頭部から頭のてっぺんに向かって走っています。 また、首の後ろ側から後頭部にかけて、後頭下筋群と言われる大後頭直筋や小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋などの筋肉があり、肩の筋肉(僧帽筋)と接触しています。 後頭部に痛みがある場合は、これらの骨、血管、神経、筋肉に何らかのトラブルが起きているということが考えられるようです。 見出し「椎骨脳底動脈系梗塞とは」より参照 後頭部が痛いときの症状は? 後頭部が重苦しく痛い時には、めまいが起こることがあるようです。 めまいは、その種類によって症状が違うと言われています。 例えば、目がぐるぐる回ると言われる回転性のめまいは内耳の三半規管の異常が原因で起こると言われています。 後頭部痛に回転性のめまいが伴う場合には、小脳出血や脳梗塞、椎骨脳底動脈循環不全などの病気が考えられるようです。 また、動揺性のめまいと言ってふわふわするような、吸い込まれるような、と表現されるめまいが起こることがあります。 この動揺性のめまいは、首周囲の筋肉の緊張による血流障害がによって起こると言われています。 後頭部痛とこのようなふわふわしためまいがある場合には、緊張性頭痛が関係していて、吐き気を伴うこともあるようです。 見出し「5. 肩こり頭痛はストレッチと運動で予防」より参照 後頭部が痛いときの病気 後頭部が痛い場合には、前述したように緊張型頭痛が考えられますが、他にも考えられる病気があります。 後頭神経痛や副鼻腔炎は緊急性は無いようですが、くも膜下出血の場合は、すぐに医療機関を受診することが必要でしょう。 自然に治る場合があるが、痛みが強く、長く続く場合には、鎮痛剤を使用する。 副鼻腔炎を起こすと、近くにある三叉神経を刺激するので、前頭部痛や後頭部痛が起こる。 発症してすぐは、手足の麻痺は起きない。 嘔吐や意識障害を伴い、緊急に対処しなければ、命の危険がある。 頭部CTや髄液検査で診断をする。 見出し「副鼻腔炎と頭痛」より参照 頭が痛くなると吐き気を伴う原因 片頭痛 吐き気が起こる原因 片頭痛では、頭が痛いというだけではなく、吐き気や嘔吐も起こることがあると言われています。 ですから、ドクターの中には、片頭痛の発作時にはトリプタン系という血管の収縮を押さえて痛みを止める薬と同時に吐き気止めの薬(ナウゼリンやプリンペランなど)の服用をすすめる場合があるようです。 これは、せっかく服用した片頭痛の薬を吐いてしまうことを防ぐためと言われています。 見出し「片頭痛の発作には、一般の頭痛薬は効果がないことが多く、ひろがった動脈を元に戻す薬が特効薬として使用される。 」「吐き気止めの薬で片頭痛の痛みが止まることもある 飲んだ薬を吐いてしまえば薬の効果は期待出来ない」より参照 吐き気と一緒に起こる症状は? 片頭痛の発作では、寒気やめまい、腹痛、下痢、だるさなどが起こることがあります。 これは、前述したように嘔吐中枢という神経が刺激されることにより、迷走神経が反応し、腹筋の収縮、冷や汗や血圧低下、めまい、顔色が青くなる、頻脈、徐脈などの症状が起きるからだと言われています。 また、片頭痛に伴う症状として、光や音、匂い、気圧や温度の変化に過敏、風が顔に当たると痛い、頭皮が痛くてブラッシングできない、ピリピリしてメガネをかけているのがイヤ、手がしびれる、ベルトがつらい、などが起きるようです。 これは、アロディニア(異痛症)と言って、片頭痛で脳血管が拡張することにより三叉神経を刺激することで起こる過敏症状と言われています。 見出し 冒頭「嘔吐は何らかの原因により」より参照 吐き気は熱中症で起こる? 熱中症が原因で、頭痛や吐き気などの症状が起きることがあります。 熱中症では、喉が渇いたという自覚症状が無くても、症状が進行していることがあると言われています。 熱中症では、頭痛や吐き気の他にも立ちくらみ、めまい、疲労感、発汗、筋肉痛、体温の上昇、意識障害などの症状が現れるようです。 夏の時期の頭痛には、注意が必要だと言えるでしょう。 見出し「熱中症とは?」より参照 妊娠している場合は? 妊娠の初期から中期にはつわりの症状として、頭痛と吐き気が起きることがあります。 このつわりに伴う頭痛は、緊張性頭痛と妊娠によるホルモンの変化が関係していると言われています。 しかし、妊娠中は女性ホルモンの量の安定により片頭痛の発作は、少なくなると言われています。 嘔気と頭痛の症状が強い場合、妊娠と気が付かずくも膜下出血と間違われることがあるようです。 こうした場合に、CTなどの放射線検査を受けてしまうと後で胎児への影響が心配になったりすることがあります。 ですから、女性の場合は、頭痛と吐き気がある時には、まず妊娠の可能性を念頭に置いておくといいかもしれません。 見出し「頭痛」より参照 頭が痛い時に気持ち悪さを伴う原因 緊張性頭痛 気持ち悪くなるのは何で? 頭痛があると気持ち悪くなることがあります。 緊張性頭痛では、強い吐き気や嘔吐とは違い、気持ち悪さ(むかつき)が伴うことがあると言われています。 これは、緊張性頭痛が、ストレスに起因した自律神経の乱れと関係しているからかもしれません。 ストレスが起こると頭の筋肉が収縮し、ブラジキニンという痛みに関係した物質が分泌され、神経を刺激して頭痛が起きると言われています。 また、慢性的なストレス受けると、交感神経が活発になり自律神経の働きに影響を与えるようです。 自律神経が乱れると、機能性胃腸症という状態になることがあると言います。 機能性胃腸症では胃の働きが低下したり胃液の分泌が減少したり、胃の知覚過敏、胃の拡張能の低下が起こり、胃もたれや不快感を起こすと言われています。 ストレスは早めに対処しないと、頭痛だけでなく胃にも影響を与えてしまうということでしょう。 見出し「どんな症状?」より参照 気持ち悪さと共に起こる症状は? 緊張型頭痛は、肩のこり・首のこりの症状が非常に強い場合があるようです。 そのため緊張型頭痛 では、首筋や頭部の締め付け感、重い感じ、鈍痛が強いと言われています。 またこりがひどい場合には、後頭神経痛と言って、後頭部の神経が敏感になり、髪の毛を触っただけでもビリビリすることがあるようです。 また緊張型頭痛は、眼の奥の痛みや目の疲れ、重い感じを伴うことがあるようです。 これらの症状は目の周りの筋肉のこりから来ていて、眼精疲労の症状と似ているようです。 眼精疲労とは、ただの目の疲れではなく、眼の奥の痛みやかすみ、眼のけいれん、食欲不振や倦怠感、頭痛、頭重感、肩こり、不眠など全身に症状が起こる病気と言われています。 眼精疲労は目の酷使だけではなく、精神的なストレスが関係して起こると言われ、緊張型頭痛と関連性が深いようです。 見出し「2)肩こり頭痛とは 」より参照 頭が痛い時の対策法・治療法 ツボを押す ~緊張性頭痛に適しています~ 緊張性頭痛の場合には、ツボ指圧で頭皮や首や肩の筋肉をほぐすと、頭の痛みを取る効果があると言われています。 毎日セルフケアできるおすすめの指圧方法をご紹介します。 側頭筋をほぐします。 眼の周囲の筋肉をほぐします。 またこのツボは群発性頭痛の目の充血を改善するのにも効果があるそうです。 首や肩の筋肉をほぐします。 頭の血行を良くします。 見出し「偏頭痛をやわらげるツボ」より参照 痛いところを冷やす ~片頭痛に適しています~ 片頭痛では血管が拡張することで痛みが出るわけですから、「冷やすこと」で血管を収縮させ、頭痛を和らげることができると言われています。 入浴やマッサージで血行を良くすることは、逆効果なのでNGのようです。 冷やす方法としては、冷やした濡れタオルやアイスノンを薄いハンカチで包み、痛みのある場所に直接当てます。 安静にできる環境で行ったほうが効果が上がるようです。 見出し「片頭痛の対処法」より参照 ストレッチで体を動かす ~緊張性頭痛に適しています~ 緊張型頭痛では、長時間同じ姿勢をとったことで首や肩の筋肉の血行が悪くなり硬くなることで、痛みが増すと言われているので、筋肉をほぐして温めるストレッチは効果があると言われています。 職場でも簡単にできるセルフストレッチの方法です。 頭や肩が疲れた時に、ぜひやってみてください。 (5回) 見出し「緊張型頭痛の予防法」より参照 十分な睡眠をとる ~どんな頭痛にも効果的~ 睡眠をしっかりとることは、頭痛を起こさないため、頭痛を緩和するための基本と言えるようです。 しかし片頭痛では、「寝すぎ」はNGと言われているので、注意が必要です。 しっかりと睡眠をとるためのポイントを5つまとめてみました。 静かな音楽、アロマ、読書、ストレッチ、温浴など。 毎日同じ時間に同じことをする。 起床時間、就寝時間、食事、運動など。 どうしても寝つきが悪い人は、医師に相談して睡眠薬を服用する。 見出し「偏頭痛 生活上の注意」より参照 肩や首を温める ~緊張性頭痛に適しています~ 緊張性頭痛では、首や肩の筋肉をほぐして「こり」をとることが、痛みを和らげると言われています。 筋肉を温める温熱療法としておすすめの方法を5つピックアップしてみました。 見出し「温泉でリラックス」より参照 マッサージをする ~緊張性頭痛に適しています~ 自分で頭部をマッサージすることで、緊張によって硬くなった頭の筋肉をほぐし、緊張性頭痛の痛みを和らげることができます。 ぜひお試し下さい。 方法:指の腹の部分を使ってマッサージします。 5本指を立てるようにして、直接頭皮に当て、前後に動かしながら揉みこみます。 少しずつ指の位置を移動させて、頭全体をマッサージします。 頭皮の血流を促し、首や肩をリラックスさせる効果があるようです。 見出し「頭痛セルフケア法」より参照 バンダナなどで圧迫する ~片頭痛に適しています~ 片頭痛が起こるメカニズムには、頭の骨の外側にある動脈の拡張が関係しているようですから、この動脈の拍動を少なくして血流を少なくすることが、痛みを和らげるコツと言われています。 方法としては、痛い側のこめかみ(浅側頭動脈があるところ)を指の腹で押さえるといいいようです。 また、バンダナやタオルなどを少しきつめに縛っておいても効果があるようです。 見出し「3対策」より参照 カフェインを薄くして摂取する ~片頭痛に適しています~ カフェインは、血管を収縮させる効果があると言われていて、片頭痛の痛みを和らげるのに効果があるようです。 しかし、カフェインをとり過ぎると、カフェイン禁断性頭痛と言われ、カフェイン中毒のような状態となり、カフェインが切れた時に頭が痛くなると言われています。 ですから、「薄めのカフェイン」というわけです。 カフェインは、コーヒーや緑茶、紅茶、コーラなどに多く含まれています。 カフェインの摂取量が一日100mgを超えると、カフェイン禁断性頭痛が起こりやすいようです。 片頭痛の時には、飲む量を適度に調整して、カフェインをとりましょう。 見出し「カフェインで軽快する一方で…」より参照 まとめ 最後まで読んでくださり、お疲れさまでした。 頭痛と言っても色々な原因や症状があり、軽いものから命にかかわるものまで、様々です。 すぐに病院に行ったほうがいい頭痛とそうでない頭痛の症状を見分けるコツをぜひお役に立ててください。 また、片頭痛や緊張性頭痛で悩む人は多いようです。 頭痛に悩まされている人は、自分がどの頭痛なのか、チェックしてみてくださいね。 頭痛の原因の大半がストレスや緊張など身近なところにあることも分かりました。 頭痛が起きた時には、ストレッチやツボ押し、睡眠をとるなどのセルフケアを試してみてください。 また、頭痛が続く時には我慢しないで、早めに医療機関を受診しましょう。

次の

偏頭痛の治し方で即効性がある方法。緊急時にはツボも効く!

頷厭 押すと痛い

Q もう、一週間以上頭の右側の後頭部で、多分「風池」といわれる ちょうど首筋(うなじ)から2、3cm上で、くぼみがある箇所 箇所がズキンズキンと痛みます。 そこを触ると激痛が走り、触れない状態です。 また、その痛みが右のこめかめが同時にズキンズキンと痛んだりで困ってます。 持病でヘルペスを持っていたり、もう一ヶ月まえに(年始年末)に風邪を高熱を出したり、その時期に虫歯が進み歯痛に悩まされたりと 前日神経治療を完了済 、と思い当る節が多く、今まで頭痛を持った事がないので大変困っています。 「ツボ」の箇所で肩こり?や目の疲れなどに効くと聞いたことがあるのですが、今までそこが痛むということはなかったので、もしお分かりになる方がいれば想定原因と対策を教えてください。 また、現在海外で病院に検査に行くのも容易ではないので、病院で検査しましょう 以外でアドバイスをお願い致します。 livedoor. twmu. twmu. zutsu-online. html? Q 似たような質問があるかと思いますが、質問させてください。 2週間ほど前より、左側の首筋、具体的には「風池」と呼ばれるツボの上あたりにしこりができています。 そのしこりが徐々に大きくなってきて、さわるとはっきりとふくらんでいるのがわかるくらいになりました。 押さなくても一日中鈍痛がして、押すと痛みがあります。 元々目が悪く、度がきついコンタクトをしていて、しかもコンピュータ関係の仕事をしているので眼精疲労や肩こり、首筋の痛みがあり、その関係かと思っているのですが、場所が場所だけに心配です。 こういうのを診察してもらうのは脳神経外科になるのでしょうか? また、もちろん保険適用されますよね? (Webサイトを見ていたら保険適用外のお医者さんのページがあったので心配になりました) 同時に、川崎在住なのですが、京浜東北線沿いの横浜駅~品川駅あたりで、脳神経外科の名医?さんを紹介いただけると幸いです。 よろしくお願いします。 Q こんにちは。 以前からたまに頭の痛みで気になることがあったので相談いたします。 時々、頭が外から押すと痛いことがあります。 痛みのタイプとしては、例えば頭をぶつけてたんこぶができたときに 外から押すと痛いと思うのですが それに近いタイプの痛みです。 時々で、痛みが強いか弱いかは、場合により違います。 痛む場所は、頭頂部から少し後ろ側までの範囲で それも場合により異なります(いつも同じ場所ではありません) 触らなければ気がつかないのですが、 例えば痛みがひどい場合は、髪を直そうと思ってその辺に触れたときに 痛みを感じたりもするし、ひどくない場合は、頭の上に手をおいて 手の力を抜いたとき(手の自重をかけているくらい)で痛む場合もあります。 頭だし、万が一のことあったらということで 周りから病院に行けと言われ、病院には行く予定ですが こんな可能性が考えられるというものがあったら、教えてください。 ちなみに、痛む経験自体は何年も前から感じることはあります。 ここ最近急に感じているものではありません。 どうぞ、よろしくお願いします。 こんにちは。 以前からたまに頭の痛みで気になることがあったので相談いたします。 時々、頭が外から押すと痛いことがあります。 痛みのタイプとしては、例えば頭をぶつけてたんこぶができたときに 外から押すと痛いと思うのですが それに近いタイプの痛みです。 時々で、痛みが強いか弱いかは、場合により違います。 痛む場所は、頭頂部から少し後ろ側までの範囲で それも場合により異なります(いつも同じ場所ではありません) 触らなければ気がつかないのですが、 例えば痛みがひどい場合は、... Q 度々お世話になっております。 約1ヶ月前から左側の首に違和感があります。 普段周囲から見ると極度の猫背で、かなり姿勢が悪いです。 枕も合っていない様で、睡眠時に苦痛を感じることもしばしばあります。 そのせいか、違和感も朝起きたときが酷く感じます。 違和感は突っ張り感が主で、丁度サロンパスの様な湿布薬を張ったときの様に ピリピリと痺れる感覚もあります。 肩こりも慢性的に酷く、肩甲骨の内側など背中も痛みます。 違和感は耳の後ろ・耳の下・顎の周辺や首筋、時々は肩の方まで痛みます。 ただ、決まって左側だけで、右側は何ともありません。 顎の下や首にグリグリがあったので、今年4月に耳鼻咽頭科にて、 血液検査・造影剤CTをとりましたが、単なるリンパ節で、 元々細身の為に、特に腫れて無くても触れてしまうということでした。 今もグリグリはありますが、大きさは変わらず特に痛みはないです。 仕事で集中しているとき等はあまり違和感を感じません。 突っ張るので腫れている感じがしたのですが、主人に見て貰っても、 特別左が腫れているということはないと言われましたが、 多少、熱を持っている感覚があります。 首の突っ張り感や違和感はどういった原因が考えられますか? ここ1年の間に、肉親の死や第一子を流産と立て続けに起こり、 安定していた自律神経失調症とPDが悪化してきていることを実感しています。 時々発作を起こしかけることもあり、精神的な要因が大きいのかと自分では思うのですが、 心気症も伴って、悪い病気だったら?と考え始めると発作を起こしてしまいます。 今年結婚したばかりで、癌だったらどうしようと思うと夜も眠れません。 小さなことでも構いませんので、何か原因になるようなことがありましたら、 教えて頂けると嬉しいです。 宜しくお願い致します。 度々お世話になっております。 約1ヶ月前から左側の首に違和感があります。 普段周囲から見ると極度の猫背で、かなり姿勢が悪いです。 枕も合っていない様で、睡眠時に苦痛を感じることもしばしばあります。 そのせいか、違和感も朝起きたときが酷く感じます。 違和感は突っ張り感が主で、丁度サロンパスの様な湿布薬を張ったときの様に ピリピリと痺れる感覚もあります。 肩こりも慢性的に酷く、肩甲骨の内側など背中も痛みます。 違和感は耳の後ろ・耳の下・顎の周辺や首筋、時々は肩の方... A ベストアンサー 参考になればと思い、書き込みます。 私は筋緊張性頭痛と大後頭神経痛を持っています。 症状は頭痛はもちろんなんですが、 ひどい肩こりと、肩から頭までの、引っ張られるような痛み、 ひどい時には、神経にそってチリチリと痛みます。 首の筋肉は凝り固まって、張った感じは常にあります。 さらにひどくなると、耳鳴りまでします。 (涙) 筋緊張性頭痛の主な原因は、ストレスとPCなどによる目の使いすぎです。 こんな時の対処法として、マッサージに行って、もみほぐしてもらうとかなり楽になります。 また、市販の解熱鎮痛剤を飲むこともあります。 お風呂にゆっくり入ったり、目を使わないで休ませたりもします。 首もストレートネックなので、枕も合うのを見つけるのに非常に苦労しました。 すぐに寝違えるんです。 枕も、大手のデパートや東急ハンズなどで、 首の高さなどを測って、自分に合った枕を探してくれるところもありますので、 購入を考えてみてはいかがでしょうか? 私はそれで大分楽になりました。 取りあえず、頭痛もあるようでしたら、 脳神経外科を受診して、調べていただいてはどうでしょうか? 参考になればと思い、書き込みます。 私は筋緊張性頭痛と大後頭神経痛を持っています。 症状は頭痛はもちろんなんですが、 ひどい肩こりと、肩から頭までの、引っ張られるような痛み、 ひどい時には、神経にそってチリチリと痛みます。 首の筋肉は凝り固まって、張った感じは常にあります。 さらにひどくなると、耳鳴りまでします。 (涙) 筋緊張性頭痛の主な原因は、ストレスとPCなどによる目の使いすぎです。 こんな時の対処法として、マッサージに行って、もみほぐしてもらうとかなり楽になります... 私の肩こり首凝りと,ちょっと違う気がしますが。 質問者は軽度なのかも知れません。 血流に因る症状と,血流ならば必ず首の神経にも及ぼされますので,約13年間この苦痛で病院巡りに奔走して参りましたが決定的な治療法も無く,医療に対する不信感の下一切の医療行為から絶つ決断,次第に改善に向かい現在は普通に生活出来ます。 この症状の場合あらゆる治療も毒で,検査医療の副作用のみ毒を受ける始末ですから,質問者も体に優しいゆったりとしたライフスタイル,健康に良い食生活,血液がサラサラになる食生活,血が流れ易い様に小まめに水分補給を心がけましょう。 A ベストアンサー 後頭神経痛か、偏頭痛です。 実際は同じものでしょう。 昨晩回答したばかりなので、下記のURLをご覧ください。 html 原因は、目から来る自律神経の緊張と、パソコン作業等の首コリです。 コンを詰めて仕事するが、自分に無頓着な人の、職業病です。 自分のワーキングスタイルに原因があるので、それを何とかしないと、医者もマッサージも効果は今ひとつです、玄関を出れば元通りのコリコリになります。 私は、救急車のお世話になるところまでいきました。 お大事に。 Q 一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。 初めてなったのが3年前くらいです。 ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。 その時、会話は継続してできていました。 友達の声も聞こえています。 なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。 時間は0. 3秒くらいです。 頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。 エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。 周囲は暗くなっていません、見えています。 お風呂でのぼせる現象に近いですが、時間があまりにも短いし、下に落ちていく感覚がありますので、あきらかに「のぼせ」とは違います。 金縛りの経験は数年前に2回ありますが、あきらかに違います。 身体は倒れこんだり、座り込んだりしません。 体勢はしっかりとしています。 3ヶ月に一度くらい間隔で起きます。 現在まで、20回程度です。 おそらく自分では脳に関係している病状だと思います。 自分が一番気になるのは「エレベーターを一階分0. 3秒の一瞬で落ちるような感覚」です。 いずれ医者に行こうかと思っていますが、その前にこの症状に似ている病名、考えられる病名を知りたいと思っています。 また、同じような経験者様の声や、家族の方で同じ症状が居るというかたの話が聞きたいです。 とても一瞬なので周囲の人にはわかりません。 (気づかれません) 【症状説明】 *エレベーターを一階分落ちるような感覚 *会話をしていたり、テレビを観ていたりしていて一瞬体が落ちる感覚。 *頭がグラッと落ちる感覚。 *周囲の音が一瞬絞られるような感覚。 *症状が一瞬(0. 3秒くらい) *意識はある。 *症状の最中も会話はできている *音も聞こえる *吐き気・頭痛はまったく無し。 *倒れない。 *3ヶ月に一度くらい(20回程度) *脈は正常 *どうき・息切れの経験無し。 (どうき・息切れの症状がイマイチわからない) 【プロフィール】 *男 *30代後半 *身体や性格はかなり丈夫なので貧血や腰をぬかすといった経験はまったく無し。 *意識を失う経験は無し。 *人生いままでずっと血圧正常。 *大きな病気無し。 *服用している薬無し。 *酒やらない *タバコ1日、1箱未満。 *過去に薬物使用経験10年程度あり(症状が出る前にとうにやめている) ちょっと、ここ数日何度か連続して起き、最近は起きた後に数秒「よいん」が残るので質問してみました。 過去に薬物経験とありますが、ちょっとこれは説明が難しいのですが自分は薬物との「直接的な関係」はないと思っています。 たとえば「過去に薬物をしていたなら脳が正常ではない」のではないかとかですが、正常か異常かだと「異常」だと思います。 脳に関する異常だととくに目立って自覚はないのですが、経験のない人と比べると少なからず「記憶障害」くらいは後遺症としてあるのではないのかと思います。 もし目立って後遺症がでるならば、臓器にでていると思います。 もしあるとしたなら、「薬物と脳」の関係ではなく、血管注入していたので「血液と脳」に関する問題や、心臓には関係しているとは思います。 宜しくお願いいたします。 一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。 初めてなったのが3年前くらいです。 ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。 その時、会話は継続してできていました。 友達の声も聞こえています。 なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。 時間は0. 3秒くらいです。 頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。 エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。 周囲は暗くなっ... A ベストアンサー 一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。 人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。 健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。 心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。 心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。 心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓 血液凝固 を生じます。 血栓が脳の微細血管内で詰まると,脳血栓症 脳卒中の一症状 を起こします。 極めて微細な血栓が脳内で一瞬詰まって,ごく短時間に外れて回復するという事例は,四十代前後の成人でも時折見掛けられるようです。 加齢と共に血管老化により危険度は増します。 血栓が大きくなると,極めて危険です。 血栓の大きさと詰まった場所や経過時間によっては,命取りになる事も後遺症を残すこともありますが,ほんの一瞬で血管が開通すれば,貴方のような状態にもなり得ます。 大事に至らないためには,心房細動を防ぐこと,血流を良くするために血液の凝固防止剤 いわゆる『血液サラサラ薬』 の服用など,医師の診断による処方投薬等が必用です。 血栓は心臓弁膜の不正常でも起こります。 循環器内科,ハートクリニック等で受診されることをお勧めします。 一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。 人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。 健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。 心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。 心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。 心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓 血液... Q お世話になります。 仕事柄PCの前に長時間座っていることが多いのですが、ここ数年かなりひどい肩こりに悩まされています。 具体的な症状ですが、普段の生活をしていても事あるごとに首がぴしぴしと音を立て、さらに肩と腕の付け根には指で触ると石のようなゴリゴリができている状態です。 また、普段から頭がのぼせて、肩から首にかけて常に痛みがあります。 体験者から聞くヘルニアの痛みほどひどくは無いと思うのですが、とにかく鈍痛が四六時中続いているため、仕事を集中して行えずに困っています。 なんとか改善をしたいと思っているのですが、整形外科に行ってレントゲンを撮っていただいても「異常なし」と言われ、毎回湿布を渡されて帰らされます。 鍼灸院やマッサージにも通ったのですが、一向に良くなる気配がありませんでした。 というより、施術する人がそれぞれ「これの原因は~」と全く違うことを言うので疑心暗鬼に陥り、効果も出なかったことから一年ほどで通うのを辞めてしまいました。 この度改めて病院にかかりたいと思っているのですが、今回も湿布を渡されて「様子見てね」ではまた元同じ事の繰り返しになってしまうので、ご相談させて頂きました。 ・私の症状の場合、お医者様にかかるには何科を受信すれば良いでしょうか? ・個人的にはスポーツ医学的な体の歪みの矯正等によるアプローチに興味が出ているのですが、これは一般的な病院ではやっていただけないのでしょうか? できれば地方都市でも治療を受けられるような先生がおられればいいのですが…。 上記について、アドバイスいただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。 ちなみに、がんなどの内臓系の疾患は今のところは心配無さそうです。 定期的に人間ドックを受けておりますが特に問題がありません。 また、数年にわたって痛みが続いているので、重病であれば既に他の症状が出ているかと思います。 お世話になります。 仕事柄PCの前に長時間座っていることが多いのですが、ここ数年かなりひどい肩こりに悩まされています。 具体的な症状ですが、普段の生活をしていても事あるごとに首がぴしぴしと音を立て、さらに肩と腕の付け根には指で触ると石のようなゴリゴリができている状態です。 また、普段から頭がのぼせて、肩から首にかけて常に痛みがあります。 体験者から聞くヘルニアの痛みほどひどくは無いと思うのですが、とにかく鈍痛が四六時中続いているため、仕事を集中して行えずに困っています。 なんと... 無資格治療院です。 ですから健康保険はじめ自賠責など一切使えません。 病名によっては厚生労働省も警告しており、治療には 細心の注意が必要です。 リラクゼーションと位置づけ るのがベストでしょう。 腰痛や肩コリ、膝痛の治 療は出来ないのでご注意ください。 多くの整骨 院は、このシステムを悪用して不正を働いていま す。 その金額は毎年、なんと4000億円です。 この お金は全て、我々が納めた保険料です。 巷に溢れている整体、カイロプラクティックをはじめ、 ソフト整体、タイ古式、英国式、ボディケア、クイック リラクゼーション、エステなど大体無資格者です。 鍼とは揉んだり、押したり、捻ったりは しないので実は体に一番やさしい治療方法になります。 不調の原因特定は出来ませんが、分からないときは一番 安心の出来る治療方法になります。 もちろん医師です。 レントゲン は病院でしかとれませんから、膝痛などの原因は 絶対に整形外科でしか分かりません。 ちなみに脱 臼や捻挫でも、骨折を伴っている場合があります。 整骨院ではレントゲンを撮らずに骨の整復をするという 一部大変危険な考えの術者もいるようです。 ぶつけた転んだ など何かケガをしたときは必ず整形外科を受診されてください。 >・個人的にはスポーツ医学的な体の歪みの矯正等によるアプローチに興味が出ているのですが、これは一般的な病院ではやっていただけないのでしょうか? できれば地方都市でも治療を受けられるような先生がおられればいいのですが…。 歪みや矯正というのは非常に非科学的でお呪いや宗教の類です。 体表からふれることができる骨はごくわずかですから検査や治療後は必ずレントゲンが必要ですし、竹の様に柔らかくしなる組織を瞬間の矯正で形を変えることはできません(コルセットなど固定が必要)。 歪みなどの説明はセールストークだと思ってください。 実際に元整体師の私の知人もそう公言しておりました。 治療の動機付け、説明の為の文句にしか過ぎません。 それで実際そうなっているのかといえば、なっていないし、そもそもなっていることを証明することができないのです。 貴方の体をよく見てくれる整形外科、鍼灸院を根気よく探すしか方法はないと思います。 長文、乱文失礼しました。 ご参考になれば幸いです。 お大事にどうぞ。 無資格治療院です。 ですから健康保険はじめ自賠責など一切使えません。 病名によっては厚生労働省も警告しており、治療には 細心の注意が必要です。 リラクゼーションと位置づけ るのがベストでしょう。 腰痛や肩コリ、膝痛... Q 首の付け根と鎖骨が痛いのと、肩にかけてひきつった感じで我慢できなくなり、整形へ行きました。 レントゲンだと骨は綺麗だ、と言う話なんですが、せき髄など中身を見ないと分からないと言う事なんで来週、MRIを受けます。 ひょっとしたら頸椎ヘルニアかも知れないし、内側が原因かもと言う事で。 ヘルニアはレントゲンじゃ分からないのでしょうか。 首の内側に金具が刺さった感じで普通の痛さじゃないし、首を回す事が出来ません。 酷い時は眠れないし、頭痛もして本も読めないし、PC の画面も具合悪くなって見れません。 左腕も筋肉痛と麻痺がかってる感じで、違和感が有ります。 今は鎮痛剤を飲んでるので楽です。 これはヘルニアと症状が合うのでしょうか。 ヘルニアだと首が痛いと言うより、痺れると聞いたのですが・・ 一杯、質問して済みません。 不安で・・ A ベストアンサー レントゲンでは、骨しか写らないので、椎間板と神経の関係を見るにはMRIが必須です。 整形外科にかかっているので、骨格系の異常が検査されているようですが、症状から見ると首コリからくる「頸性神経筋症候群」と私は思います。 筋肉系の肩こりの専門医というのはいないので、なかなか原因がつかめないことが多いようです。 この私も、職場で嘔吐しめまいがして立てなくなり、救急車で脳外科に運ばれましたが、検査の結果異常なしで、立ち上がれないのに退院させられました。 肩こりは病気と認められていないようで、その病院でめまいを調べてもらった耳鼻科の先生からは、「めまいは、結果ですね。 原因ではないです。 最近多いんですよ、治るまで数年かかる人もいますね。 」と言われてしまいました。 自分でいろいろ考えて、首コリが原因と判断し治療しました。 その後、雅子妃のことで「頸性神経筋症候群」が話題になり、このような病気があることを確認し、自分の判断に自信を持ちました。 特に、頭の重さを引っ張っている沢山の筋肉が集合している頭蓋骨の後端部、両耳の下とぼんのくぼを繋いだ線のところが凝ると、ここには小脳に血を送る頸椎動脈があるので、身体全体の自律神経がおかしくなって、このまま死ぬんじゃないかという感じになります。 今回は長くなるのでこのへんで。 参考に首廻りの構造を詳しく説明したホームページのURLを入れておきます。 私は、内科で筋弛緩剤と睡眠導入剤を処方してもらい。 整体院で首から背中のコリをほぐしました。 毎日銭湯に行って大きな風呂でリラックスして、からだの緊張をほぐしました。 一時は鬱にもなりかかりました。 仕事を中心とした生活習慣のかかわる病気なので、治すのは時間がかかります。 こころして取り組んでください。 miyake-naika. html レントゲンでは、骨しか写らないので、椎間板と神経の関係を見るにはMRIが必須です。 整形外科にかかっているので、骨格系の異常が検査されているようですが、症状から見ると首コリからくる「頸性神経筋症候群」と私は思います。 筋肉系の肩こりの専門医というのはいないので、なかなか原因がつかめないことが多いようです。 この私も、職場で嘔吐しめまいがして立てなくなり、救急車で脳外科に運ばれましたが、検査の結果異常なしで、立ち上がれないのに退院させられました。 肩こりは病気と認め... A ベストアンサー たぶん耳鼻咽喉科だと思います。 私も以前、喉にしこりを感じて何科がいいのか分からなかったので大きな総合病院の総合診療科に行きました。 問診の用紙を渡されたので書いて看護師さんに提出し待っていると、「先生が耳鼻咽喉科に行くように言っています。 」と、書いた内容を見ただけで医師に判断され、同じ病院内で耳鼻咽喉科に行き診てもらいました。 始めからガンを疑われ、検査予約をして後日CTを受け、結果を聞くときは家族同伴でいいですよと看護師さんに言われ、どきどきしたのですが、結局何でもない、風邪のときリンパが腫れたのが残っているのだろうとのことで安心しました。 安心のためにも早く受診されることをお勧めします。

次の

頭が痛い……。頭痛を和らげるツボ・9つ

頷厭 押すと痛い

頭痛の原因と種類を見分けることは大切! ストレスや疲労で、時々起こる頭痛に悩まされている方は多いかもしれません。 しかし、「頭が痛い」と言っても、いろいろな痛み方があり、痛くなる頻度や伴う症状も色々あります。 実は頭痛は、その原因によっていくつかの種類があります。 首や肩や頭の筋肉が緊張することによって起きる緊張性頭痛、頭の中の血管の拡張によって起こる片頭痛、目に後ろにある動脈が拡張して起こる群発性頭痛などがあるようです。 また、頭痛の中にも命の危険伴うものと、そうでないものがあります。 この記事では、いろいろな頭痛の症状を理解して頭痛の種類を見分け、頭痛を解消する方法をご紹介します。 頭が痛くなる原因とは? 1. 睡眠不足 頭痛は、睡眠時間や睡眠の質と深い関係があると言われています。 例えば片頭痛は、睡眠不足によっても、睡眠のとりすぎによっても起こるようです。 また、緊張型頭痛も、睡眠不足で頭痛の症状を悪化させると言われています。 群発頭痛では、頭痛の発作によって睡眠を妨げるようです。 また、睡眠時無呼吸性頭痛やいびきのある人は、睡眠時に無呼吸状態が起こり、酸素不足によって起床時に頭痛を起こすと言われています。 ですから、頭痛の原因が睡眠障害から来ているということは、よくあるようです。 見出し「<日常生活の注意点>」より参照 2. 気候の変化 気温や気圧、湿度の変化によって起こる病気のことを「気象病」や「お天気病」と言います。 実は、頭痛を気象病としてとらえるドクターもいるようです。 気圧や気温・湿度の変化は、自律神経や血管血流に影響を与え片頭痛を誘発したり、梅雨や台風の時期には、筋肉の疲労物資の蓄積を増やし肩こりや頭痛を誘発すると言われています。 確かに、冬の寒い日や、雨の降る前に頭が痛くなる、という人は多いようですね。 見出し「片頭痛」より参照 3. 生理痛 女性の生理周期に関係した頭痛もあるようです。 生理周期は、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンの増減によって周期が繰り返されますが、生理直前のエストロゲンの量が急激に低下する時期に頭が痛くなると言われています。 エストロゲンの低下はセロトニンという脳内物質の低下と関連して頭痛を起こすようです。 しかし、ある統計では、5割以上の女性が生理周期と頭痛の関連に気が付いていないということが明らかになったようです。 たまに頭痛があるという女性の方は、一度意識して確認してみてください。 見出し「生理周期と頭痛の関係」より参照 4. 二日酔い お酒を飲みすぎた翌朝、頭が痛い! これはまさに二日酔いでしょう。 二日酔いで頭痛が起きるのは、アルコールの過剰摂取によって血流が促進され、その結果体温調節のために体の水分量が失われることで、脳の細胞にも脱水症状が起きるからだと言われています。 二日酔いのときにみそ汁や梅干しが効くと言われるのは、塩分摂取が脱水症状の改善を促してくれるからのようです。 見出し「二日酔いの頭痛 」より参照 5. ストレス ストレスは、頭痛の原因のなかでも大きな位置を占めるようです。 脳がストレスを感じると、セロトニンという脳内の神経伝達物質が増加し、脳の血管を収縮させてしまうと言われています。 脳の血管が収縮すると、それが拡張するとき頭痛が生じ、これが片頭痛と言われるようです。 また、ストレスで頭の筋肉が硬くなることで、血行不良が起こり、緊張性頭痛が起こると言われています。 ですからストレスは、慢性的な頭痛を生み出すと言ってもいいでしょう。 見出し「つらい頭痛・・・」「その原因は・・・」より参照 頭が痛いときはやっぱり風邪? 頭が痛いとき=風邪とは限らない! 頭痛=風邪、と考える方は意外に多いかもしれません。 しかし、頭痛の9割が片頭痛か緊張型頭痛と言われているそうです。 また、風邪の場合はウイルスの気道感染ですから、頭痛に加えて必ず熱や鼻やのどの症状が伴うと言われています。 症状が頭痛だけの場合風邪と考えるよりも、他の病気を疑ったほうがいいでしょう。 頭痛に風邪様症状が伴う場合に気を付けることは、副鼻腔炎や髄膜炎との区別が必要なことです。 副鼻腔炎や髄膜炎は風邪薬では治すことができず、治療が遅れると慢性化したり重症化する病気と言われています。 頭の痛みが強い場合には、早めに医療機関を受診したほうがいいでしょう。 見出し「2. 心配な頭痛」より参照 妊娠中の風邪が原因の頭痛は要注意! 妊娠中に風邪で頭痛があるとき、風邪薬の服用には注意が必要です。 妊娠中期以降には、風邪薬に含まれる解熱鎮痛成分のアスピリンやイブプロフェンの服用は胎児死亡の可能性があり、禁忌となっているようです。 また、妊娠初期から中期に起こりやすい緊張性頭痛でも頭痛薬の服用にも注意が必要です。 頭痛薬よりもストレッチやマッサージなどで頭痛を緩和する方法をすすめるドクターは多いようです。 また、妊娠後期の頭痛は、高血圧症や脳血管障害など胎児や妊婦の生命にかかわる場合があるので、早めに医療機関を受診したほうがいいでしょう。 見出し「妊娠していますが、かぜ薬を飲んでも大丈夫ですか?」より参照 子供が頭が痛いと言い出した時 「髄膜炎」や「脳炎」の初期症状は、風邪によく似ていると言われています。 ですから、子供が頭痛を訴え、かつ風邪症状がある場合には、髄膜炎や脳炎との識別が肝心です。 髄膜炎は、ウイルスや細菌が原因で脳のクモ膜と硬膜の間に、脳炎は脳実質に炎症が起こる病気です。 ですから、重症化すると命に関わったり後遺症が残ったりするので、ママが早めに気が付いてあげることが大切です。 また、子供も片頭痛を起こすようです。 子供の片頭痛の特徴は、2時間ほどの短い頭痛発作の場合もあること、頭の片方だけでなく両側を痛がるケースが多いこと、吐き気や食欲不振を伴うケースが多いことと言われています。 見出し「頭部を痛がっている場合」より参照 おすすめの風邪薬は? おすすめの風邪薬は、解熱鎮痛剤の配合された風邪薬です。 アセトアミノフェンやイブプロフェン、サリチルアミドなどの解熱鎮痛薬は頭痛にも効果があります。 また、無水カフェインは眠気を覚ましたり。 側頭部とも言います。 この場所には、側頭骨、側頭筋、側頭神経、側頭動脈があります。 側頭筋は後頭部の方向に広がっている比較的大きな筋肉なので、この筋肉が緊張すると、頭痛が起きると言われています。 また、側頭動脈炎という病気では、こめかみの片側もしくは両側の浅側頭動脈という血管に炎症が起こり、頭が痛くなると言われています。 見出し「側頭動脈炎のポイント」より参照 左こめかみが痛いときの病気 こめかみの右か左の片方どちらかが痛くなる場合には、片頭痛や群発性頭痛が考えられると言われています。 緊急に対応が必要な病気として、脳梗塞や脳腫瘍があげられますが、これらの病気では、頭の特定の場所に痛みが起きるという言い方はできないようです。 ですから、激しい頭痛や、長期に続く頭痛の場合には、早めに医療機関を受診するといいでしょう。 脳の血管の拡張が原因で起こる。 目の充血、鼻づまり、鼻水、発汗など の自律神経症状が伴う。 原因は、目の奥の内頸動脈という太い血管が拡張して起こると考えられている。 20-30代の男性に多い病気。 脳梗塞では頭痛よりも、めまい、手足が動かない、痺れる、うまくしゃべれないなどの症状多い。 頭痛がある場合は、緊急性が高い。 朝起きると頭が痛いのが特徴。 見出し「頭痛外来」より参照 右こめかみが痛いときの病気 片側のこめかみだけに痛みが起こるというのは、緊張性頭痛ではあまり起こらないようです。 緊張性頭痛 では、頭全体の締め付け感、圧迫感や頭重感があると言われています。 しかし、解離性動脈瘤という病気の場合、片側だけの首の後ろから後頭部にかけて、頭痛が起こるという特徴があるようです。 解離性動脈瘤と言う病気は、動脈血管の膜に亀裂が入り縦に裂けることで起こり、くも膜下出血や脳梗塞の原因となると言われている怖い病気と言われています。 急激に首をひねる動作(スポーツやカイロプラクティックなど)で発症し、めまいが伴うと言われています。 見出し「日常的な頭痛のタイプ」より参照 【後頭部編】頭が痛いとき — 筋緊張型頭痛に多い症状 後頭部の痛みとは? 後頭部はどのようになっているのでしょうか。 後頭部は後頭骨によって覆われています。 また後頭部には、首から椎骨動脈や脳底動脈という太い血管が伸びています。 また、後頭神経が後頭部から頭のてっぺんに向かって走っています。 また、首の後ろ側から後頭部にかけて、後頭下筋群と言われる大後頭直筋や小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋などの筋肉があり、肩の筋肉(僧帽筋)と接触しています。 後頭部に痛みがある場合は、これらの骨、血管、神経、筋肉に何らかのトラブルが起きているということが考えられるようです。 見出し「椎骨脳底動脈系梗塞とは」より参照 後頭部が痛いときの症状は? 後頭部が重苦しく痛い時には、めまいが起こることがあるようです。 めまいは、その種類によって症状が違うと言われています。 例えば、目がぐるぐる回ると言われる回転性のめまいは内耳の三半規管の異常が原因で起こると言われています。 後頭部痛に回転性のめまいが伴う場合には、小脳出血や脳梗塞、椎骨脳底動脈循環不全などの病気が考えられるようです。 また、動揺性のめまいと言ってふわふわするような、吸い込まれるような、と表現されるめまいが起こることがあります。 この動揺性のめまいは、首周囲の筋肉の緊張による血流障害がによって起こると言われています。 後頭部痛とこのようなふわふわしためまいがある場合には、緊張性頭痛が関係していて、吐き気を伴うこともあるようです。 見出し「5. 肩こり頭痛はストレッチと運動で予防」より参照 後頭部が痛いときの病気 後頭部が痛い場合には、前述したように緊張型頭痛が考えられますが、他にも考えられる病気があります。 後頭神経痛や副鼻腔炎は緊急性は無いようですが、くも膜下出血の場合は、すぐに医療機関を受診することが必要でしょう。 自然に治る場合があるが、痛みが強く、長く続く場合には、鎮痛剤を使用する。 副鼻腔炎を起こすと、近くにある三叉神経を刺激するので、前頭部痛や後頭部痛が起こる。 発症してすぐは、手足の麻痺は起きない。 嘔吐や意識障害を伴い、緊急に対処しなければ、命の危険がある。 頭部CTや髄液検査で診断をする。 見出し「副鼻腔炎と頭痛」より参照 頭が痛くなると吐き気を伴う原因 片頭痛 吐き気が起こる原因 片頭痛では、頭が痛いというだけではなく、吐き気や嘔吐も起こることがあると言われています。 ですから、ドクターの中には、片頭痛の発作時にはトリプタン系という血管の収縮を押さえて痛みを止める薬と同時に吐き気止めの薬(ナウゼリンやプリンペランなど)の服用をすすめる場合があるようです。 これは、せっかく服用した片頭痛の薬を吐いてしまうことを防ぐためと言われています。 見出し「片頭痛の発作には、一般の頭痛薬は効果がないことが多く、ひろがった動脈を元に戻す薬が特効薬として使用される。 」「吐き気止めの薬で片頭痛の痛みが止まることもある 飲んだ薬を吐いてしまえば薬の効果は期待出来ない」より参照 吐き気と一緒に起こる症状は? 片頭痛の発作では、寒気やめまい、腹痛、下痢、だるさなどが起こることがあります。 これは、前述したように嘔吐中枢という神経が刺激されることにより、迷走神経が反応し、腹筋の収縮、冷や汗や血圧低下、めまい、顔色が青くなる、頻脈、徐脈などの症状が起きるからだと言われています。 また、片頭痛に伴う症状として、光や音、匂い、気圧や温度の変化に過敏、風が顔に当たると痛い、頭皮が痛くてブラッシングできない、ピリピリしてメガネをかけているのがイヤ、手がしびれる、ベルトがつらい、などが起きるようです。 これは、アロディニア(異痛症)と言って、片頭痛で脳血管が拡張することにより三叉神経を刺激することで起こる過敏症状と言われています。 見出し 冒頭「嘔吐は何らかの原因により」より参照 吐き気は熱中症で起こる? 熱中症が原因で、頭痛や吐き気などの症状が起きることがあります。 熱中症では、喉が渇いたという自覚症状が無くても、症状が進行していることがあると言われています。 熱中症では、頭痛や吐き気の他にも立ちくらみ、めまい、疲労感、発汗、筋肉痛、体温の上昇、意識障害などの症状が現れるようです。 夏の時期の頭痛には、注意が必要だと言えるでしょう。 見出し「熱中症とは?」より参照 妊娠している場合は? 妊娠の初期から中期にはつわりの症状として、頭痛と吐き気が起きることがあります。 このつわりに伴う頭痛は、緊張性頭痛と妊娠によるホルモンの変化が関係していると言われています。 しかし、妊娠中は女性ホルモンの量の安定により片頭痛の発作は、少なくなると言われています。 嘔気と頭痛の症状が強い場合、妊娠と気が付かずくも膜下出血と間違われることがあるようです。 こうした場合に、CTなどの放射線検査を受けてしまうと後で胎児への影響が心配になったりすることがあります。 ですから、女性の場合は、頭痛と吐き気がある時には、まず妊娠の可能性を念頭に置いておくといいかもしれません。 見出し「頭痛」より参照 頭が痛い時に気持ち悪さを伴う原因 緊張性頭痛 気持ち悪くなるのは何で? 頭痛があると気持ち悪くなることがあります。 緊張性頭痛では、強い吐き気や嘔吐とは違い、気持ち悪さ(むかつき)が伴うことがあると言われています。 これは、緊張性頭痛が、ストレスに起因した自律神経の乱れと関係しているからかもしれません。 ストレスが起こると頭の筋肉が収縮し、ブラジキニンという痛みに関係した物質が分泌され、神経を刺激して頭痛が起きると言われています。 また、慢性的なストレス受けると、交感神経が活発になり自律神経の働きに影響を与えるようです。 自律神経が乱れると、機能性胃腸症という状態になることがあると言います。 機能性胃腸症では胃の働きが低下したり胃液の分泌が減少したり、胃の知覚過敏、胃の拡張能の低下が起こり、胃もたれや不快感を起こすと言われています。 ストレスは早めに対処しないと、頭痛だけでなく胃にも影響を与えてしまうということでしょう。 見出し「どんな症状?」より参照 気持ち悪さと共に起こる症状は? 緊張型頭痛は、肩のこり・首のこりの症状が非常に強い場合があるようです。 そのため緊張型頭痛 では、首筋や頭部の締め付け感、重い感じ、鈍痛が強いと言われています。 またこりがひどい場合には、後頭神経痛と言って、後頭部の神経が敏感になり、髪の毛を触っただけでもビリビリすることがあるようです。 また緊張型頭痛は、眼の奥の痛みや目の疲れ、重い感じを伴うことがあるようです。 これらの症状は目の周りの筋肉のこりから来ていて、眼精疲労の症状と似ているようです。 眼精疲労とは、ただの目の疲れではなく、眼の奥の痛みやかすみ、眼のけいれん、食欲不振や倦怠感、頭痛、頭重感、肩こり、不眠など全身に症状が起こる病気と言われています。 眼精疲労は目の酷使だけではなく、精神的なストレスが関係して起こると言われ、緊張型頭痛と関連性が深いようです。 見出し「2)肩こり頭痛とは 」より参照 頭が痛い時の対策法・治療法 ツボを押す ~緊張性頭痛に適しています~ 緊張性頭痛の場合には、ツボ指圧で頭皮や首や肩の筋肉をほぐすと、頭の痛みを取る効果があると言われています。 毎日セルフケアできるおすすめの指圧方法をご紹介します。 側頭筋をほぐします。 眼の周囲の筋肉をほぐします。 またこのツボは群発性頭痛の目の充血を改善するのにも効果があるそうです。 首や肩の筋肉をほぐします。 頭の血行を良くします。 見出し「偏頭痛をやわらげるツボ」より参照 痛いところを冷やす ~片頭痛に適しています~ 片頭痛では血管が拡張することで痛みが出るわけですから、「冷やすこと」で血管を収縮させ、頭痛を和らげることができると言われています。 入浴やマッサージで血行を良くすることは、逆効果なのでNGのようです。 冷やす方法としては、冷やした濡れタオルやアイスノンを薄いハンカチで包み、痛みのある場所に直接当てます。 安静にできる環境で行ったほうが効果が上がるようです。 見出し「片頭痛の対処法」より参照 ストレッチで体を動かす ~緊張性頭痛に適しています~ 緊張型頭痛では、長時間同じ姿勢をとったことで首や肩の筋肉の血行が悪くなり硬くなることで、痛みが増すと言われているので、筋肉をほぐして温めるストレッチは効果があると言われています。 職場でも簡単にできるセルフストレッチの方法です。 頭や肩が疲れた時に、ぜひやってみてください。 (5回) 見出し「緊張型頭痛の予防法」より参照 十分な睡眠をとる ~どんな頭痛にも効果的~ 睡眠をしっかりとることは、頭痛を起こさないため、頭痛を緩和するための基本と言えるようです。 しかし片頭痛では、「寝すぎ」はNGと言われているので、注意が必要です。 しっかりと睡眠をとるためのポイントを5つまとめてみました。 静かな音楽、アロマ、読書、ストレッチ、温浴など。 毎日同じ時間に同じことをする。 起床時間、就寝時間、食事、運動など。 どうしても寝つきが悪い人は、医師に相談して睡眠薬を服用する。 見出し「偏頭痛 生活上の注意」より参照 肩や首を温める ~緊張性頭痛に適しています~ 緊張性頭痛では、首や肩の筋肉をほぐして「こり」をとることが、痛みを和らげると言われています。 筋肉を温める温熱療法としておすすめの方法を5つピックアップしてみました。 見出し「温泉でリラックス」より参照 マッサージをする ~緊張性頭痛に適しています~ 自分で頭部をマッサージすることで、緊張によって硬くなった頭の筋肉をほぐし、緊張性頭痛の痛みを和らげることができます。 ぜひお試し下さい。 方法:指の腹の部分を使ってマッサージします。 5本指を立てるようにして、直接頭皮に当て、前後に動かしながら揉みこみます。 少しずつ指の位置を移動させて、頭全体をマッサージします。 頭皮の血流を促し、首や肩をリラックスさせる効果があるようです。 見出し「頭痛セルフケア法」より参照 バンダナなどで圧迫する ~片頭痛に適しています~ 片頭痛が起こるメカニズムには、頭の骨の外側にある動脈の拡張が関係しているようですから、この動脈の拍動を少なくして血流を少なくすることが、痛みを和らげるコツと言われています。 方法としては、痛い側のこめかみ(浅側頭動脈があるところ)を指の腹で押さえるといいいようです。 また、バンダナやタオルなどを少しきつめに縛っておいても効果があるようです。 見出し「3対策」より参照 カフェインを薄くして摂取する ~片頭痛に適しています~ カフェインは、血管を収縮させる効果があると言われていて、片頭痛の痛みを和らげるのに効果があるようです。 しかし、カフェインをとり過ぎると、カフェイン禁断性頭痛と言われ、カフェイン中毒のような状態となり、カフェインが切れた時に頭が痛くなると言われています。 ですから、「薄めのカフェイン」というわけです。 カフェインは、コーヒーや緑茶、紅茶、コーラなどに多く含まれています。 カフェインの摂取量が一日100mgを超えると、カフェイン禁断性頭痛が起こりやすいようです。 片頭痛の時には、飲む量を適度に調整して、カフェインをとりましょう。 見出し「カフェインで軽快する一方で…」より参照 まとめ 最後まで読んでくださり、お疲れさまでした。 頭痛と言っても色々な原因や症状があり、軽いものから命にかかわるものまで、様々です。 すぐに病院に行ったほうがいい頭痛とそうでない頭痛の症状を見分けるコツをぜひお役に立ててください。 また、片頭痛や緊張性頭痛で悩む人は多いようです。 頭痛に悩まされている人は、自分がどの頭痛なのか、チェックしてみてくださいね。 頭痛の原因の大半がストレスや緊張など身近なところにあることも分かりました。 頭痛が起きた時には、ストレッチやツボ押し、睡眠をとるなどのセルフケアを試してみてください。 また、頭痛が続く時には我慢しないで、早めに医療機関を受診しましょう。

次の