東武 鉄道 ダイヤ 改正 2020。 東武鉄道の2020年6月6日のダイヤ改正の内容が発表されました。

東武日光線・宇都宮線ダイヤ改正、南栗橋~東武宇都宮間で直通運転

東武 鉄道 ダイヤ 改正 2020

今回発表された内容は一般列車に関するもので、東武宇都宮線の直通運転化とワンマン運転の拡大、東武伊勢崎線の館林~太田間のワンマン化などが主な内容となっていますので項目ごとにまとめました。 亀戸線最終列車の繰り下げ 引用: 亀戸発曳舟行きの終電について、現行は亀戸 0:06発となっているところを改正後は亀戸 0:29発に23分繰り下げます。 曳舟発亀戸行きの終電についても、現行は曳舟23:56発となっているところを改正後は曳舟 0:18発に22分繰り下げます。 東武ワールドスクウェア駅に全列車が停車 引用: 現在、東武ワールドスクウェア駅には「」開園時間のみ列車が停車していますが、ダイヤ改正後は開園時間外も含め全ての列車を同駅に停車します。 これにより、「東武ワールドスクウェア」来園者のみならず、近隣施設等への来訪者の利便性向上を図ります。 南栗橋~東武宇都宮間直通運転化 引用: 現在、日光線の南栗橋~新栃木間と栃木~宇都宮線東武宇都宮間においてそれぞれ折り返し運転している列車について、一部列車を除き日光線南栗橋~宇都宮線東武宇都宮間における直通運転を実施します。 これにより同区間をご利用のお客さまの利便性が向上します。 また、南栗橋~栃木間でもワンマン運転を開始するとともに、同区間で運用されている20400型車両に車体側面に搭載したカメラでホーム上の安全確認を行う「車上ITVシステム」を導入し、ワンマン運転における更なる安全性の向上を図ります。 また、6050系の運用も減少し、廃車が出ることが見込まれています。 伊勢崎線ワンマン運転拡大など 引用: 伊勢崎線館林以北においては、特急列車以外の一般列車を全てワンマン運転とします。 これに伴い、浅草~太田間を直通運転している区間急行については、館林駅での乗り換えが必要となります。 日比谷線直通列車で初めて有料着席サービスが導入されることになります。 詳しくは上の記事をご覧ください。 リバティ会津は停車駅削減へ 引用: リバティ会津について、停車駅を見直すとともに交換待ち合わせの改善をおこない、速達性の向上を図ります。 これにより、浅草~会津田島間で下り最大10分、上り最大6分の所要時間を短縮します。 浅草11:00発リバティ会津117号、会津田島13:02発リバティ会津132号は 大谷向駅・大桑駅・小佐越駅を通過します。 また、会津田島17:49発リバティ会津150号を除き、リバティ会津は、野岩線 男鹿高原駅、会津線 七ヶ岳登山口・会津山村道場・会津荒海・中荒井駅を通過します。 これに加え、浅草11:00発リバティ会津117号、会津田島13:02発リバティ会津132号は野岩線 川治温泉・中三依温泉駅も通過します。 アーバンパークライナー増発 今回の改正に合わせ浅草発の発車時刻を見直すとともに、大宮~柏間で2往復を増発し、平日の夕夜間時に大宮・柏からそれぞれ3本ずつ特急アーバンパークライナーを運転します。 引用: 特急の停車駅・運行区間見直し 引用: 朝方上り(浅草9:52着まで)及び夕夜間下り(浅草17:09発以降)の特急列車が新たに曳舟駅に停車します。 これにより、亀戸線や東京メトロ半蔵門線直通列車との乗り換えができるようになり、利便性が向上します。 また、夕方時間帯の上りの特急スペーシア1本(きぬ142号)が新高徳駅に停車します。 新高徳駅16:47発 また、夜間時間帯を中心に特急列車の運転区間拡大・増発を行い、利便性向上を行います。 引用: この他、浅草~東武宇都宮間を運転する特急「しもつけ」については車両の老朽化に伴い運行を取りやめます。 なお、下りについては同時間帯に、浅草18:19発特急リバティけごん239号新栃木行きを設定し、新栃木駅で普通東武宇都宮行きと接続します。 SL・DL大樹を増発 引用: 現在3往復運行されている「SL大樹」については利用状況が好評なことから、改正後は、SL・DL車両を活用し土休日を中心に4往復(平日運転時は原則2往復運転)に増発するとともに、引き続き全列車とも下今市駅において特急列車と接続します。 なお、東武鉄道はSL大樹の複数機体制を目指しており、体制が整った際には4往復全てをSL大樹として運転する予定です。 改正後の運行ダイヤは以下の通りです。

次の

【東武鉄道】東武スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線・鬼怒川線などで6月6日にダイヤ改正を実施

東武 鉄道 ダイヤ 改正 2020

東武鉄道は11日、東武スカイツリーライン・日光線・鬼怒川線・宇都宮線などで2020年6月6日にダイヤ改正を実施し、日光線・宇都宮線南栗橋~東武宇都宮間において直通運転を実施 一部列車を除く すると発表した。 栃木~東武宇都宮間で折返し運転を行う20400型 南栗橋駅以北の日光線では、現在、日光・鬼怒川方面の急行・区間急行と普通に加え、南栗橋~新栃木間で折返し運転を行う普通も多く設定されている。 一方、宇都宮線は朝の時間帯に運転される南栗橋発東武宇都宮行の列車1本を除き、栃木・新栃木~東武宇都宮間で折返し運転を行っている。 ダイヤ改正後、それぞれ折返し運転を行っていた南栗橋~栃木~東武宇都宮間で直通運転を実施することにより、栃木駅または新栃木駅での乗換えが不要となるため、同区間の利便性が向上するとのこと。 日光線南栗橋~栃木間では、新たに20400型によるワンマン運転が行われる。 また、ワンマン運転拡大に合わせ、20400型に「車上ITVシステム」を導入。 車体側面にカメラを搭載し、撮影した映像を運転台に設置したITVモニタへ伝送することでホーム上の安全確認を行い、ワンマン運転におけるさらなる安全性の向上を図る。 その他、ダイヤ改正後の鬼怒川線で、東武ワールドスクウェア駅に全列車が停車。 「東武ワールドスクウェア」の開園時間外も停車するため、同施設の来園者だけでなく、近隣施設等の来訪者の利便性も向上するという。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

東武鉄道ダイヤ改正 南栗橋以北の急行・区間急行は存続

東武 鉄道 ダイヤ 改正 2020

はじめに 2020年6月6日、東武鉄道がダイヤ改正をします。 2020年2月28日の段階では特急と新サービスに関することしか公表されていません。 かなり変わるダイヤ改正になると個人的には思っています。 今回は東武鉄道のダイヤ改正で気になったところを中心に書きます。 実は鉄道会社で一番好きなのは東武鉄道です。 東武鉄道ダイヤ改正 2020年6月6日ダイヤ改正 新しいサービスも登場!特急に変化も! 東武鉄道でダイヤ改正の対象となる路線は? 冒頭でも書きましたが、2020年6月6日に変わるのは、東武スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線系統とアーバンパークライン。 東武東上線や越生線はダイヤ改正を行いません。 注意しないといけないのは、アーバンパークラインは、3月14日に急行運転開始などのダイヤ改正を行いますが、また特急系統でダイヤ改正をすること。 こちらのブログを参考にしてください。 今回のダイヤ改正の特徴は? 今回の目玉のひとつなのは「THライナー」の登場。 平日、土休日とも運転されます。 こちらのブログにも書きました。 運賃と運転時刻が公表されていましたが、やはり運賃はメトロ・東武線を合算するため、高めになっていますね。 どれだけ需要があるのか見極めて今後改善していくことになるのでしょう。 さらに個人的に大きいと思っているのは、 特急の曳舟駅の停車。 東京メトロ半蔵門線との直通列車と亀戸線の乗換駅で、利便性の向上を図るのが目的でしょう。 曳舟駅に停車するのは、朝方上り(平日が1日あたり平日が12本・土休日13本)、夕夜間下り(1日あたり21本)とのこと。 半蔵門線から乗り換えができるというのは便利になりますね。 今後は東急田園都市線から日光・鬼怒川方面へのアクセス強化として、曳舟駅がキーポイントになるかもしれません。 やっぱり廃止になった「しもつけ」 浅草から東武宇都宮を結ぶ「しもつけ」。 利用客があまり芳しくないからか、6月のダイヤ改正でなくなることになりました。 車両の老朽化(350型)もあるのでしょうが、残念です。

次の