優待利回りと配当利回り。 株主優待ランキング(配当利回り)|株主優待ガイド

株主優待ランキング(優待利回り)|株主優待ガイド

優待利回りと配当利回り

配当利回りや優待利回りという言葉はよく耳にしますが、今回はちょっとだけ深掘りして考察してみたいと思います。 もしかしたら投資を始めたばかりの方は利回りへの意識が若干変わるかもしれません。 スポンサーリンク 配当利回りと優待利回りどちらを優先? 配当利回りと優待利回りの意味は分かっている前提でのお話になりますが、どちらを優先させたら良いのか。 いくつかのケースを挙げてみたいと思います。 配当が年間で3000円 (株主優待はなし) B. 優待が年間で3000円(例えばクオカード) (配当は0円) 上記の場合は、どちらが良いでしょうか? 私なら、Bを選択します。 というのは、 Aの場合は税金が引かれて、実質2400円の収入に対して、 Bの場合は3000円のクオカードで3000円分の買い物が可能です。 もし、金券ショップに売った場合でも一般的に2800円以上で売れるので、換金する場合でも得です。 実際には他の損益にも関係してくるので、一概には言えませんが、優待は税金がかからないのが特徴です。 換金売りした場合などで一定額を超えた場合には本来は確定申告の必要がありますが、しなくてもまず分かりません。 よって、現金同様で使える優待の場合で同等金額であれば、優待を戴いた方がよいのかもしれません。 配当が年間で3000円 (株主優待はなし) B. 優待が年間で3000円商品(例えばジュース3000円分など) (配当は0円) 上記の場合はどうでしょうか? Aの場合は税金が引かれて、実質2400円の収入に対して、 Bの場合は3000円の商品になります。 本当に欲しいもので、ディスカウントされる商品ではない場合はBが良いと思います。 しかし、上記の場合はジュースということで、実売価格が一般的には6〜7割程度のものも多いために Aの方がお得になるケースが圧倒的に多いです。 酷いものだと3000円相当の商品でも半額以下で揃えることができるものもあります。 優待価値は人それぞれ 金券など以外の優待価値は人それぞれです。 優待利回りが高く、価値観が異なりそうな銘柄として、ダイドーリミテッド(3205)を具体例に挙げてみます。 それぞれの利回りを計算すると 配当利回り・・・約2. 肝心の優待商品は以下が戴けます。 (昨年実績) この価値はみなさまおいくらでしょうか?? 4000円と感じる方もいれば「500円でも要らないよ。 」という方もいらっしゃるともいます。 原価が低くても優待利回りは高くできる 商品を優待に設定している場合には、原価の関係で利回りが良いことが多いです。 先ほどの会社の場合は4500円が定価だとしても原価率は相当低いと思います。 よって企業にとってはクオカードなどで2000円の優待を実施するよりもコストは低く、かつ表面上の優待利回りを向上させることが可能になります。 飲食系の企業などが自社の食事券を優待にするのも同じ発想です。 飲食系の優待は普段利用する店舗であれば、非常にお得になります。 スポンサーリンク まとめ 配当利回りは大事です。 しかし、優待利回りは人それぞれで違うケースがあります。 どちらを取るかはケースにより、また人によって異なってくることがあります。 また 投資するにあたっては配当も優待も変更の可能性があるため、企業業績や配当性向・株主還元方針なども考慮した方が良いかもしれません。 配当増額、優待増になりそうな銘柄、長期保有で優待が増える銘柄などを考えた上で、将来的なことを考える必要もありますのでご注意ください。 最悪のケースも想定して行動するようにしてください。

次の

配当&株主優待“ダブル取り”、利回り「4%超」好業績株を追え! <株探トップ特集>

優待利回りと配当利回り

千葉銀行は千葉県千葉市に本店を置く地方銀行。 略称は「ちばぎん」。 千葉銀行は2020年3月期の期末配当(3月)予想を、前回予想の「1株あたり8円」から「1株あたり10円」へと修正した。 これにより、実施済みの中間配当(9月)「1株あたり8円」と合わせると、合計の年間配当額は「1株あたり18円」に増額されることになり、 千葉銀行の配当利回りは2. 88%にアップした。 なお、2019年3月期の年間配当額は「1株あたり16円」なので、前期比で「2円」、割合にして12. 2003年3月期の年間配当額は「1株あたり5円」だったので、2020年3月期の「1株あたり18円」が予想通り実現すれば、この17年間で年間配当額は約3. 6倍に増額されたことになる。 88% 千葉銀行の配当利回りは2. 88%。 2020年1月の東証1部の平均利回りは2. 00%(配当実施企業のみ)なので、 千葉銀行の配当利回り比較的「高め」と言えるだろう。 千葉銀行は「増配」と同時に「株主優待」の変更も発表! 優待の権利獲得には「1年以上の継続保有」が必須条件に! また、 千葉銀行は「増配」と同時に 「株主優待」の変更も発表している。 千葉銀行の株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「1000株以上1万株未満保有する株主に『特産品(3000円相当)または金融クーポン1枚』を、1万株以上保有する株主に『特産品(6000円相当)または金融クーポン2枚』を贈呈」というものだった。 今後も保有株数の条件は変わらないが、優待品の 「金融クーポン」の贈呈は終了となり、 新たに「1年以上の継続保有」が必須条件となった。 この株主優待の変更は、2021年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。 千葉銀行の配当+株主優待利回りは? 千葉銀行の2020年2月7日時点の株価(終値)は625円、配当利回りは2. 48% 配当+株主優待利回り=2. 88%+0. 09% 配当+株主優待利回り=2. 88%+0. 株主優待利回りは1000株保有時で0. 48%と低めだが、配当利回りが2. 88%にアップしたこともあり、配当+株主優待利回りは2. 97%となる。 6倍になっている「増配株」でもあるので、長期保有を検討してみてもよさそうだ。 千葉県内企業のメインバンクシェアで首位。 地銀でありながら海外にも支店を持つ。 2019年7月に発表した横浜銀行との業務提携でさらなる企業価値向上を目指す。 2020年3月期(通期)の連結業績予想は、経常利益4. 0%増と堅調(すべて前期比)。 88% 【2020年7月2日時点】 【証券会社おすすめ比較】 手数料、取引ツールetc. 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。 楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。 また、取引から情報収集、入出金までできる トレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。 ツール内では 日経新聞の記事も無料で読むことができる。 さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、 長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。 小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。 米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。 多彩な注文方法や 板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。 中でも、日本株、米国株、先物取引について ロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。 毎月5000円の掛金から始められる 低コストなiDeCoサービスも行っている。 買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると 業界最低水準の売買手数料となっている。 スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。 また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0. 05%と 単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。 現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。 さらに、 信用取引の売買手数料はなんと0円で、 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 com証券のおすすめポイント】 国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、 最大のメリットは売買手数料の安さ。 1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、 約定金額が大きいほど割安度が高い。 また、 売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。 取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。 スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、 初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。 2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。 委託販売のみなので割当数は少なめだが、 口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。 新規口座開設で1カ月間手数料無料。 また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。 口座開設手続きが期間に迅速で、 最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】.

次の

配当利回りランキング【株主優待】

優待利回りと配当利回り

配当利回りランキング 株主優待銘柄の配当利回りランキング!株主優待銘柄で配当利回りの高い銘柄を総合・月別にランキングしています。 優待利回りや投資金額での並べ替え、カテゴリの絞り込みも可能。 あなたの知りたい条件で絞って検索できます。 気になる銘柄があればお気に入り登録も可能です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の